CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 おかえりblog

里親家庭や児童養護施設等を巣立った人たちの自立支援を目的とした団体です。


<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
ハンドトリートメントでスキンシップ [2017年10月21日(Sat)]
おはようございます(*^^*)

昨年12月に開設した「ファミリーホーム Cheerful」。
現在、6人の子どもたちが生活しています。


※「ファミリーホーム」とは:厚生労働省が定めた第二種社会福祉事業で「小規模住居型児童養育事業」を行う住居を「ファミリーホーム」といいます。
 「ファミリーホーム」は、家庭環境を失ったこどもを里親や児童養護施設職員など経験豊かな養育者がその家庭に迎え入れて養育する「家庭養護」です。事業という言葉がつきますが、あくまでも養育者の家庭の中で、5〜6人のこどもを預かり、こども同士の相互の交流を活かしながら、基本的な生活習慣を確立するとともに、豊かな人間性及び社会性を養い、将来自立した生活を営むために必要な知識及び経験を得ることに主要な目的があります。(「日本ファミリーホーム協議会」様HPより引用)



両親が「養育里親」として初めて里子を迎え入れて10年。
昨年12月に、「おかえり」の事業の一つとして「ファミリーホーム Cheerful」を開設しましたが、それまでの場所と人は変わることなく、それまで暮らしていた子どもたち、そして新たに迎え入れた子どもたちも一緒に生活を共にしています。

その子どもたちと過ごす夜のひととき。


「ハンドトリートメント」を一人ひとりにしています。

IMG_3867.JPG


アロマハンドトリートメント


ハンドトリートメントは両手15分ほどかけてゆっくりと行うのですが、6人全員となるとたくさんの時間が必要。そこで、子どもたちと考え、片手ずつ行うことに。


「ハンドトリートメントしてもらったから、昨日よく寝れてん」「いい匂いする〜」「気持ちいい」「今日学校でこんなことがあってん」など、トリートメントをしている間、思い思いにお話ししています。

「次、私ー!」と順番を待っている子どもたちも傍で見ています。


こうしたスキンシップの大切さや心地良さをさらに実感しています。



ふみ
Posted by ふみ at 10:41 | ファミリー | この記事のURL | コメント(0)
コメント
プロフィール

NPO法人 おかえりさんの画像
リンク集
検索
検索語句