CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 東日本大震災:ボランティア»
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
プロフィール

oka_voc_saigaiさんの画像
リンク集
広島市土砂災害復興支援ボランティアバス 活動報告 [2014年09月19日(Fri)]
広島市土砂災害復興支援ボランティアバスの活動報告です。

第2便 9/19  無事活動を終えています。
【概要】
八木が丘団地内の個人宅で裏庭の泥だしを行いました。参加者20名と引率3名、18歳から79歳まで(平均年齢46歳)のチームでした。お互いに声を掛け合い、効率的に活動をすることができました。参加者のみなさんお疲れ様でした。ありがとうございました。また、昼食時に広島市安佐南区の地域活動支援センター「you-縁」さんによる被災者・ボランティアのための炊出しをいただきました。あたたかい心のこもった昼食のおかげで午後からも一層頑張れました。ごちそうさまでした。
20140919_1420002.jpg
活動スケジュール
06:00 集合
06:15 岡山駅西口発 小谷SAで休憩
09:00 安佐南区災害VC八木サテライト着 説明を受け徒歩で活動場所へ
    活動場所付近の中継地で資機材を受け取り現場へ移動
09:40 活動開始 熱中症対策のため20分に1回のペースで休憩
14:30 活動終了・片付け・八木サテライトへ移動
15:30 八木サテライトで報告を終え、出発
18:00 岡山駅西口着


第1便 9/18  無事活動を終えています。
【概要】
駅西口で出発式を終え、安佐南区VC八木サテライト経由で、八木9丁目の個人宅で自畑の泥だしを行いました。参加者18名、20歳から74歳までの平均年齢58歳のチーム。経験者、未経験者いるため土嚢袋の結び方などお互いにレクチャーし協力合いながら、皆さんの気づきを取り入れつつ、元気に活動してきました。県社協 西村・佐原 備前市社協 青木 の3名が引率し、一緒に汗をかきました。参加された皆さん、本当にありがとうございました!
写真 2014-09-18 11 30 54.jpg
活動スケジュール
06:00 集合
06:30 岡山駅西口発 小谷SAで休憩
08:40 安佐南区災害VC八木サテライト着 説明を受けバスのまま活動場所へ
    活動場所付近の中継地で資機材を受け取り現場へ移動
09:15 活動開始 30〜40分に1回のペースで休憩
14:15 活動終了・片付け・バスで八木サテライトへ移動
14:50 八木サテライトで報告を終え、出発
17:00 岡山駅西口着 
平成25年度 災害救援専門ボランティア研修のご案内!! [2013年12月25日(Wed)]
災害時には、全国各地から多くのボランティアの方々が駆けつけ、支援活動を行っています。
その調整機関として、多くの市町村では、災害ボランティアセンターを設置し、災害ボランティアコーディネーターが被災者の抱える多様な生活ニーズとボランティアの方々の思いを受け止めながら、両者をつなぐ役割を担っています。
本研修では、被災者支援に求められる視点や役割を学ぶとともに、災害時にボランティアコーディネーターとして活躍できる人材、平時から地域の防災意識向上に取り組む人材を養成することを目的に開催します。

■日時/会場/主な内容
 【第1回】平成26年1月25日(土)10:00〜16:00
      /きらめきプラザ 4階 401会議室
      /災害ボランティアについて・災害対応カードゲーム
 【第2回】平成26年2月 2日(日)10:00〜16:00
      /きらめきプラザ 3階 301会議室
      /災害ボランティアコーディネートについて・災害ボランティアセンターについて
 【第3回】平成26年2月22日(土)10:00〜16:00
      /きらめきプラザ 3階 301会議室
      /災害ボランティアセンター設置演習・研修振り返り・平時を考える

■講師: 日野ボランティア・ネットワーク 山下 弘彦氏・森本 智喜氏
■定員: 80名
■参加費 : 無料
■対象: 災害ボランティアに関心のある方他
■参加申込 : 下記添付の開催要項の申込用紙に必要事項記載の上、1月20日(月)までに、下記あてFAX等により申込ください。
※詳細については、下記開催要項をご確認ください。

■問い合わせ先 : 岡山県社会福祉協議会 地域福祉部
          ボランティア・NPO活動支援センター
          TEL:086−226−2835  FAX:086−225−6602

 詳細・申込はこちら ⇒⇒⇒ 開催要項・申込用紙.pdf
大雨被害状況について  [2013年08月05日(Mon)]
7月17日からの大雨による災害に関する情報です。

以下は、8/2時点でのの状況ですが、この週末は、萩市、山口市の災害ボランティアセンターともに、500名を超えるボランティアの方が来られたようです。
萩市は、本日昼ごろに確認した限り、本日は250人ほどのボランティアが参加されているようです。詳しくは、下記のHPをご覧ください。
各地でボランティアバスの募集も始まっています。
・鳥取県社協 災害ボランティア情報 http://www.torivc.jp/volunteer/detail.php?id=14
*岡山県、岡山市では現在ボランティアバスの運行は予定していません。他の地域での情報は随時UPしていきます。

*近県の情報を中心に抜粋して掲載しています。その他の情報は、上記HPをご覧下さい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成25年度 被災地支援・災害ボランティア情報(14号)
 7月17日からの大雨被害状況について(第12報)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
        平成25年8月2日(金)19時00分発行
          全国社会福祉協議会 地域福祉部
          全国ボランティア・市民活動振興センター
           http://www.saigaivc.com/
===========================================
┏━━━┓
 島根県
┗━━━┛
■■津和野町■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
津和野町社会福祉協議会の活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 7月28日の大雨により被害に対し、町社協では通常のボランティ
アセンターにおいて、被災者支援活動を行っています。
 本日8月2日は30名のボランティアによる活動を実施しました。
 詳しくは島根県社協HPおよび津和野町HPをご覧ください。
http://www.fukushi-shimane.or.jp/
http://www.tsuwano.net/www/contents/1375227193294/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
島根県内の動き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 島根県社協は29日、県社協災害救援本部を立ち上げました。
 本日8月2日は県社協職員2名を派遣して、被災者支援活動の支援等
を行っています。

┏━━━┓
 山口県
┗━━━┛
■■萩市■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
萩市災害ボランティアセンターの活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 7月28日の大雨により、山間部を中心に、床上浸水700棟、床下
浸水800棟(2日11時県庁公表)の被害が出ています。
 30日より萩市災害ボランティアセンターが設置されています。
 宿泊施設は用意されていないため、県内および近隣県にお住まい
で通える方をボランティア募集しています。
 本日は、早朝より降った雨に伴い、大雨警報及び土砂災害警報
が発令されたため、ボランティアの活動を中止していましたが、
天候が回復したことで、田万川、須佐地域で活動を行いました。
 
 詳しくは山口県社協HPおよび萩市役所HP、萩市災害ボランティア
センターFacebookをご覧ください。
http://www.yamaguchikensyakyo.jp/index/page/id/537
http://www.city.hagi.lg.jp
https://m.facebook.com/profile.php?id=487819694642373&_user=100005000341559
■■阿武町■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
阿武町社会福祉協議会の活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 災害ボランティアセンターは設置せず、通常業務の中で、被災
者支援を行っています。
■■山口市■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
山口市災害ボランティアセンターの活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 7月28日の大雨により、床上浸水71棟、床下171棟(2日11時県庁
公表)の被害が出ています。
 31日より山口市災害ボランティアセンターが設置されています。
 宿泊施設は用意されていないため、県内および近隣県にお住まい
で通える方をボランティア募集しています。
 本日は天候不良のため活動を中止しました。
 詳しくは山口県社協HPおよび山口市社協ブログをご覧ください。
http://www.yamaguchikensyakyo.jp/index/page/id/537
http://d.hatena.ne.jp/y-shakyo/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
山口県社会福祉協議会の活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 山口県社協は29日、災害対策本部を立ち上げました。
 本日8月2日は萩市に県社協職員4名、市町社協職員4名、山口市に
県社協職員1名を派遣し、それぞれの災害ボランティアセンター運営
支援を行っています。
災害ボランティア県民フォーラムのご案内! [2012年12月05日(Wed)]
県では、災害ボランティアの現状と課題についての認識を深め、災害時におけるボランティア精神を育むとともに、地域コミュニティの絆の大切さや災害ボランティアとの協働についての理解を促進することを目的に、災害ボランティア活動に関わってきた研究者、地域活動実践者等を招き県民フォーラムを開催することとし、次のとおり参加者を募集します。

1 開催概要
◇セッション1:津山会場
日 時:平成25年1月6日(日)13:30〜16:00
場 所:グリーンヒルズ津山(津山市大田920)
講 師:綾部 誠 山形大学大学院理工学研究科 准教授
「緩やかなネットワークと地域性を活かした災害ボランティア活動」
報告者:八重樫 綾子 いわてGINGA−NET 代表
「学生ボランティアによる復興支援の取り組み‐平常時の取り組みから学ぶこと‐」

◇セッション2:総社会場
日 時:平成25年1月27日(日)13:30〜16:00
場 所:サントピア岡山総社(総社市秦1215)
講 師:小村 隆史 富士常葉大学社会環境学部 准教授
 「『支援のこない地域を作らない』『最後の一人まで寄り添う』をどうやって具体化するか−災害ボランティアによる静岡図上訓練8年の歩みを振り返って−」
報告者:小山 益生 三重県紀宝町災害ボランティアコーディネーター
「台風12号水害災害での災害ボランティアセンターの運営『振り返りと今後について』」

◇セッション3:岡山会場
日 時:平成25年2月17日(日)13:30〜16:00
場 所:ピュアリティまきび(岡山市北区下石井2−6−41)
講 師:室崎 益輝 関西学院大学総合政策学部 教授
「減災におけるコミュニティケアとボランティアケア」
報告者:島田 福男 仙台市青葉区川平学区連合町内会長
「3.11 東日本大震災 その時 地域は!」

2 募集人数   各会場100人(先着順)

3 参加申込について
災害ボランティア県民フォーラム参加申込はこちらからどうぞ

https://www.enavi-okayama.jp/SinseiSimpl/AppliInput.jsp?FormID=7KLQinIrLoPEaZ0lumoqdjLfwGpWQ%2FIT

郵送、ファックス、携帯電話による参加申込みも可能です。
1)郵送によるお申込み
  参加申込書にご記入のうえ、
  〒700−8570 岡山市北区内山下2−4−6
  岡山県庁県民生活交通課(県民協働推進班)
  までお送りください。
2)ファックスによるお申込み
  参加申込書にご記入のうえ、
  ファックス番号 086−232−5354
  に送信してください。
3)携帯電話によるお申込み
  チラシ掲載のQRコードから携帯電話でアクセスしてください。

※開催要項はこちら
saigaiforum.pdf

4 お問合せ先
  岡山県庁県民生活交通課(県民協働推進班)
  TEL 086−226−7287
  E-mail:svco@pref.okayama.jp
平成24年度 災害救援専門ボランティア研修のご案内! [2012年10月04日(Thu)]

◎災害ボランティアについて学びたい!  ◎地域で防災に取り組みたい!
◎災害ボランティアセンターの仕組みを知りたい!
この機会に学んでみませんか? 多くのご参加お待ちしております。

災害時には、全国各地から多くのボランティアの方々が駆けつけ、支援活動を行っています。
その調整機関として、多くの市町村では、災害ボランティアセンターを設置し、災害ボランティアコーディネーターが被災者の抱える多様な生活ニーズとボランティアの方々の思いを受け止めながら、両者をつなぐ役割を担っています。
本研修では、被災者支援に求められる視点や役割を学ぶとともに、災害時にボランティアコーディネーターとして活躍できる人材、平時から地域の防災意識向上に取り組む人材を養成することを目的に開催します。

■日時/会場/主な内容
 【第1回】平成24年11月4日(日)10:00〜16:00
      /きらめきプラザ401会議室
      /災害ボランティアについて・災害対応カードゲーム
 【第2回】平成24年11月18日(日)10:00〜16:00
      /きらめきプラザ301会議室
      /災害ボランティアコーディネートについて・災害ボランティアセンターについて
 【第3回】平成24年12月9日(日)10:00〜16:00
      /きらめきプラザ301会議室
      /災害ボランティアセンター設置演習・研修振り返り・平時を考える

■講師: 日野ボランティア・ネットワーク 山下氏・森本氏
■定員: 80名
■参加費 : 無料
■対象: 災害ボランティアに関心のある方他
■参加申込 : 下記添付の開催要項の申込用紙に必要事項記載の上、10月29日(月)までに、下記あてFAX等により申込ください。
※詳細については、下記開催要項をご確認ください。

■問い合わせ先 : 岡山県社会福祉協議会
          ボランティア・NPO活動支援センター
          TEL:086−226−3551 FAX:086−225−6602

■開催要項はこちら↓
h24saigaivo.pdf
近畿地方の大雨による災害、九州北部豪雨等による災害について [2012年08月17日(Fri)]
※受入の状況等、日々、変化いたしますので、必ず、活動先の下記ホームページをご確認ください。

◆8月13日からの大雨による近畿地方を中心とした災害に関する情報です。
┏━━━┓
 京都府
┗━━━┛
 府南部の10市町で、450棟を超える床上浸水、1,800棟を超える床下浸水等の住宅被害が発生しました(京都府HPより、8/15 18:30現在)。被害の多くが宇治市に集中しています。

■宇治市
 宇治市では、激しい雨により河川が氾濫し、多くの家屋が浸水し、山間部では土砂崩れにより集落が孤立するなどの被害が発生しました。
<宇治市の被害状況(京都府HPより、8/15 18:30現在)>
 床上浸水約400棟
 床下浸水約1,000棟

 市社協では、常設型の災害ボランティアセンターを非常時体制に移行し、対応を行っています。
 京都府内に在住、在勤、在学の方を対象にボランティアを募集しています。
 詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
 宇治市災害ボランティアセンター http://www.uji-saigai-v.net/index.html


◆九州北部豪雨による災害に関する情報です。
┏━━━┓
 福岡県
┗━━━┛
■八女市災害ボランティアセンター
 災害ボランティアセンター(立花支所)の活動を、8月18日(土)から再開します。従来の案内では、土日を中心に活動を再開するとしていましたが、予定より活動件数が多く見込まれるため、18日以降も、土日だけでなく、平日も活動を行なうこととしています。(八女市社協HPより 8/15 18時現在)

八女市社会福祉協議会ホームページ http://yamesyakyo.jp/

┏━━━━┓
 熊本県
┗━━━━┛
■阿蘇市災害ボランティアセンター
 8月13日(月)以降については、既に団体で申込んでいるボランティアで対応していくこととしています。(阿蘇市社協HPより8月15日18時現在)

 阿蘇市社協ホームページ http://www.aso.ne.jp/a-syakyo/
九州北部豪雨による災害等について [2012年07月23日(Mon)]
7月3日からの大雨による大分県での災害ならびに7月11日からの九州北部豪雨による福岡県、大分県および熊本県での災害に関する情報です。

※受入の状況等、日々、変化いたしますので、必ず、活動先の下記ホームページをご確認ください。
┏━━━┓
 福岡県
┗━━━┛
■久留米市災害ボランティアセンター
  久留米市社会福祉協議会ホームページ http://www.heartful-volunteer.net/
■柳川市災害ボランティアセンター
  柳川市社会福祉協議会ホームページ http://yanagawa-shakyo.or.jp/
■八女市災害ボランティアセンター
  八女市社会福祉協議会ホームページ http://yamesyakyo.jp/
■筑後市災害ボランティアセンター
  筑後市社会福祉協議会ホームページ http://www.chikugo-shakyo.or.jp/
■みやま市災害ボランティアセンター
  福岡県社会福祉協議会ホームページ http://www.fsw.or.jp/
■うきは市災害ボランティアセンター
  うきは市社会福祉協議会ホームページ http://www.ukiha-shakyo.or.jp/
■朝倉市社会福祉協議会
 災害ボランティアを募集して被災者支援にあたっています。
  http://asakurashi-shakyou.jp/

■福岡県社会福祉協議会ホームページ http://www.fsw.or.jp/

┏━━━┓
 大分県
┗━━━┛
■竹田市災害ボランティアセンター
 竹田市ホームページ http://www.city.taketa.oita.jp/
■日田市災害ボランティアセンター
 日田市社会福祉協議会ホームページ http://www.hitashakyo.jp/
■中津市災害ボランティアセンター
 中津市社会福祉協議会ホームページ http://www.nakatsu-s.or.jp/

■大分県社会福祉協議会ホームページ
 http://www.oitakensyakyo.jp/
 大分県社協では、平日のボランティア不足に対応するため、ボランティアバスを継続的に企画・実施しています。

┏━━━━┓
 熊本県
┗━━━━┛
■熊本市災害ボランティアセンター
  熊本市社協ホームページ http://www.kumamoto-city-csw.or.jp/
■阿蘇市災害ボランティアセンター
  阿蘇市社協ホームページ http://www.aso.ne.jp/a-syakyo/
■菊池市災害ボランティアセンター(7月18日設置)
  菊池市社会福祉協議会ホームページ http://kikuchi-shakyo.or.jp/
■南阿蘇村災害ボランティアセンター(7月16日設置)
 ・ニーズ調査を実施中。被災地域の避難指示が続いており、ボランティアの受け入れ時期に関しては未定。
 
■熊本県社協ホームページ
 http://www.fukushi-kumamoto.or.jp/
 熊本県社協では、平日のボランティア不足に対応するため、ボランティアバスを企画し、参加者を募集しています。
大分県における大雨災害等について [2012年07月10日(Tue)]
7月3日からの大雨による大分県での災害等に関する情報です。
┏━━━┓
 大分県
┗━━━┛
■■日田市■■
 日田市では、激しい雨により河川の氾濫や堤防の決壊があり、多くの家屋が浸水するなどの被害が発生したため、日田市社協は7月5日から災害ボランティアセンターを設置して被災者支援を行っています。平日のボランティアが不足している状況です。

<活動状況>(7月9日)
○ボランティア活動者数 88人
○活動ニーズ件数 14件
○明日以降の継続ニーズ件数 52件
○主な活動内容
・屋内および敷地内の泥だし作業 ・家具の移動・濡れた畳上げ
・屋敷拭き掃除 ・ゴミ及び泥の運搬

※詳細はホームページをご参照ください。
 日田市社会福祉協議会ホームページ http://www.hitashakyo.jp/

■■中津市■■
 中津市では、激しい雨により河川が氾濫し、多くの家屋が浸水するなどの被害が発生しました。市社協では、災害ボランティアを募集して被災者の生活復旧の支援を行っています。

<活動状況>(7月4日〜9日の延べ数)
○ボランティア受付数 41団体、個人105人
○活動人数 382人
○主な活動内容
・ゴミなどの屋外への運び出し  ・家具や屋外の拭き掃除、泥落とし作業
・屋内および敷地内の泥の書きだし作業 ・仮置き場への積み込み、運搬

※詳細はホームページをご参照ください。
 中津市社会福祉協議会ホームページ http://www.nakatsu-s.or.jp/

┏━━━━┓
 鹿児島県
┗━━━━┛
■■肝付町■■
 土砂崩れによる道路の寸断が続いた肝付町(きもつきちょう)では、7月7日に社協が災害ボランティアセンターを設置して、被災者の生活復旧の支援を行っています。

○被害状況(鹿児島県ホームページより・7月9日16時現在)
 人的被害 なし  建物被害 全壊2 床下浸水14

<活動状況>(7月9日午前の時点)
○ニーズ受付件数 5件
○明日以降の継続ニーズ件数 2件
○ボランティア活動者数 22人
○主な活動内容 住宅に入った土砂・泥の除去作業等
○明日はニーズ把握のために全戸にチラシを配布する予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
災害救助法の適用
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【大分県】
〔法適用7月3日〕
 日田市(ひたし)、中津市(なかつし)
【福岡県】
〔法適用7月3日〕
 朝倉市(あさくらし)
ボランティア活動保険について [2012年04月10日(Tue)]
被災地で活動する方は、事前にボランティア活動保険(天災プラン)にご加入ください。
*地元で加入することで、被災地に向かう行きの道中も保険対象となります。

ボランティア活動保険は、年度(4月1日〜3月31日)の保険になりますので、昨年度(H23年度)の保険にご加入の方は、H24年度の保険にご加入ください。

加入については、お住まいの地域の社会福祉協議会で加入できます。
■県・各市町村社協の窓口・連絡先はこちら※開所時間:平日8:30〜17:15(但し、倉敷市は月曜休館)

ご不明な点は、事前に各社協へ連絡いただくと、スムーズに手続きを進められます。
お越しになられる際は、加入申込者の印鑑をご持参ください。

ボランティア活動保険についての詳細については、下記を参照ください。
⇒「ボランティア活動保険について

■天災Aプラン補償金額:
死亡保険金1,400万円、入院保険金日額7,000円、
通院保険金日額4,000円、賠償責任保険金5億円 等
岡山県災害救援専門ボランティア研修会のご案内(受付終了しました) [2011年12月02日(Fri)]

※定員に達しました! 多くのお申込みありがとうございました!

◎災害ボランティアについて学びたい!  ◎地域で防災に取り組みたい!
◎災害ボランティアセンターの仕組みを知りたい! ◎被災地での心のケアを考えたい!
この機会に学んでみませんか?

 災害時には、全国各地から多くのボランティアの方々が駆けつけ、支援活動を行っています。その調整機関として、多くの市町村では、災害ボランティアセンターを設置し、災害ボランティアコーディネーターが被災者の抱える多様な生活ニーズとボランティアの方々の思いを受け止めながら、両者をつなぐ役割を担っています。本研修では、被災者支援に求められる視点や役割を学ぶとともに、災害時にボランティアコーディネーターとして活躍できる人材、平時から地域の防災意識向上に取り組む人材を養成することを目的に開催します。

■日時/会場/主な内容
 【第1回】平成24年1月21日(土)10:00〜16:00
      /きらめきプラザ401会議室
      /災害ボランティアについて・災害対応カードゲーム
 【第2回】平成24年2月4日(土)10:00〜16:00
      /きらめきプラザ301会議室
      /災害ボランティアコーディネートについて・災害ボランティアセンターについて
 【第3回】平成24年2月26日(日)10:00〜16:00
      /きらめきプラザ301会議室
      /災害ボランティアセンター設置演習・研修振り返り・平時を考える

■講師: 日野ボランティア・ネットワーク 山下氏・森本氏
■定員: 100名
■参加費 : 無料
■対象: 災害ボランティアに関心のある方他
■参加申込 : 添付の開催要項の申込用紙に必要事項記載の上、1月13日(金)までに、下記あてFAX等により申込ください。
※定員に達したため、申込受付を終了しました!

※詳細については、下記開催要項をご確認ください。

■問い合わせ先 : 岡山県社会福祉協議会
             ボランティア・NPO活動支援センター
             TEL:086−226−3551 FAX:086−225−6602

■開催要項はこちら↓


| 次へ