CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«★あすぴあフェスタ2018 | Main | ★NPO法施行20周年記念フォーラム これからの市民社会20年を語る»
★『NPO法成立20周年記念フォーラムin九州』に参加 [2018年11月19日(Mon)]

平成30年11月18日(日)14:00〜 博多バスターミナルホール(第1+第2)
九州のNPOによる実行委員会形式でのこのフォーラムに参加してきました。

当法人は大分県内での広報のため、「協力」という形での応援でしたが、残念ながら大分県内からは山下のみの参加。

第一部 「NPO法の意義・理念と制定プロセス」
ここではNPO法をつくるのに一番ご足労された、
堂本暁子元千葉県知事、
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会松原明さんからの当時の様子をふりかえり、
いまの現状の問題、今後NGOがどうなるのかというシビアな話を聞かせていただきました。

DSC_3286ss.jpg


当時設計したNPO法がまちがいなく、今の市民活動に影響を与えたのは間違いないのですが、運用のかけ違いやNGO・NPOの正しく理解されずに市民が誤解しているところも多いということもあります。

松原氏の今後の教訓としては
・実践と尊重
・自力、組織をもっとしっかりする
・社会構造をしっかり考える
・(自分だけではできないことを)人を最大限使う意味で他力本願であれ
・場の設計プロデュース、連携
ということです。なるほどと思うところがありますね。

DSC_3285ss.jpg


第二部では、自転車の活用、里山維持、子どもの支援の活動されている現場のNPOからの今後の活動についてプレゼンいただきました。
NPOとして法の目的を再認識し、市民を巻き込んでいきたいという新たな意識覚悟を話されました。

これを受けて、大分県で行う『NPO法施行20周年記念フォーラムinおおいた』につなげていきたいです。

 山下
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1410106

コメントする
コメント