CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
人の縁 [2010年03月28日(Sun)]
 ごたぶんにもれずというべきか、いつものようにと言うべきかお尻に火がついている。世間様では人事異動なる怪物が幅を利かして闊歩しているが、小生もその余波をもろにかぶっている。その話はまた後ほどに・・・

 我が家の2月3月は長女和太郎(先月、佐賀のほうかごゆうこさんとお会いしたときに「ワタロウ」と読むとばっかり思ってたと言われ、音読みと訓読みをごっちゃにするな!とえらそうに説教を垂れ、今はちょっと自信がないのだがこれは「カズタロウ」と読んで欲しい)の就職と、次女マキの介の大学受験で大揺れに揺れていた。

 同じ姉妹でも志向や性格は全く違い、幼稚園の時から姉は植物の絵ばかり描いていて、妹は保育所の頃から動物ばかり描いていた。姉の将来の夢はカウンセラーであったりアイドル歌手だったり、国連職員と脈絡がなかったが、妹は終始一貫「獣医さん」。高校も完全理科系のクラスには入らずに「ちょっと理科系クラス」に入って宮崎大学の獣医学科を目指した。小生の友達にちょっと名の知れた獣医がいるので、そいつに大学(獣医学科)の新入生にする講義の一等最初の講義をするように頼み込んだ。

 周りの期待というかなんというか、成績が上がれば「医学部も大丈夫じゃないの?」下がれば「バイオも有望だし、理学部もいいよ。教育学部という手もあるよ・・・」頑固な答えは「なんで私がそんなとこに行かにゃいかん?興味ないとよ!!」と聞く耳持たず。 ところが難関の獣医学部、ちょっと心配になってきた。私立という手は親(私です)の経済力から無理だし、浪人(我が家は父親2浪、母親結果1浪(私立に席を置いて→国立)、長女は1浪)はしたくない。
 1月になって突然「樹医さんもいいかな・・・」と言い出した。宮崎大学に森林緑地環境科が新設されるらしいが、そこならちょっと興味ある・・・。

 当然、瞬時に小生は電話をかけた。相手の迷惑なんて考えない(なにもおっしゃらなかったが、ブログから推測するとご子息の誕生パーティーだったらしい)。

 2年前に宮崎にフォーラムのパネリストで来て頂いただけの「縁」なのに、「娘が進路に悩んでいて、新設の森林緑地環境科という学科に興味を持ったみたいだから、そこんとこ話してよ。よろしく」なんという失礼千万、非常識な頼みに「え、えっ。え〜」と言いながら親切に応えていただいたのが、丸亀市の職員で樹木の専門家「へんこつ侍」殿だった。   
 
1次試験が終わり、獣医学科に届かなかった娘は迷わず「樹木医」に希望を変えた。周囲からは、もう一つ上のランクも大丈夫というアドバイスもあったようだが、聞く耳を持たなかった。「へんこつ侍殿」が何を言ったのかは全然知らないが、そのアドバイスは娘の心に届いたようだった。力任せに押したのではなく、ちょっと背中を押していただいたのがありがたかった。
コミュニティケアつくり研修会 [2010年03月15日(Mon)]
コミュニティカフェを切り口に地域再生を考える研修会をやってます。
二次会 [2010年03月14日(Sun)]
いつもの言いたい放題大会第二段。
みんなでココアを飲んでしゃべってるけど…やっぱりちょっと変
花より団子 [2010年03月14日(Sun)]
今日は花見の宴なのに食い物に釣られるおじさん達。豚シャブ+生ハム+焼鳥。
満足

映画監督乱入 [2010年03月14日(Sun)]
いつものぐだぐた会議をやってると、珍客がやって来た。
映画監督の花堂氏、今から審査会だからといいながら日本酒飲んで立ち去りました。
久しぶりのMAMA会 [2010年03月14日(Sun)]
陽心桜の下で焼肉と豚シャブバーティ。5時集合で半過ぎに来たら長老二人が火起こししてます。
元気がなりより!
DVDが7枚、観たい!! [2010年03月12日(Fri)]

 今、NPO活動支援センター長の机(僕の机だけど仕事雰囲気ではない!)の上には映画のDVDが7枚ものってます。

 どれも観てないのです。昨夜からちょっと頑張ったから自分にご褒美をあげたいのですが、明日は今年度最後の講座があります。僕は昼からワークショップをするのです。その準備ができてないのです!!

 だから観れないのです。でもさっきちょっとだけ「ウッドストック」を観ました。ジョーン・バエズもジョー・コッカーもすごくいいのです。ちょっとだけどジャニス・ジョップリンも写っています。でも明日の準備ができないと皆さんにすごく迷惑をかけるので自制心を発揮して消しました。なんてエライんだろうと思いつつ、机の上いっぱいにDVDを広げたら当然仕事はできないのです。やっぱりエラクないと思います。

 でも、宮崎キネマ館のナダッチマネージャーから「是非感想を聞かせてください」と預かった映画まであるのです。『苦い蜜〜消えたレコード〜』という作品です。BEATLESの音楽が全編に流れるそうです。僕が観なくて誰が観るんだ!!という、タイトルからそそる映画のデモまであるのです。

 こんなこと書いてないで仕事して明日はゆっくり映画を観ます。
『芸人お好み弁当』吉川潮+山藤章二 [2010年03月07日(Sun)]
 その昔、落語に関係する本を読み漁った時期があったのだが、そんな折に読んだ『江戸前の男』という春風亭柳朝の評伝で作家の名前は覚えていた。
 ごつい顔で江戸の職人(大工や左官の親分)を思わせる風貌で威勢のよい噺家だった記憶があるが、多分一般的には名人上手で名前の残る人ではない(まとはずれな感想かもしれないけど)と思うのだが、そんな芸人さんを愛情こめての書きっぷりに芸も芸人も好きな作家なんだろうなぁと思っていた。

 時々思い出したように落語のCDを聴いたりしているのだが、先日仲間の事務所で懐かしい名前を見つけて借りて読んだが面白かった。

 「熱狂的な志ん朝ファンにはなぜか談志嫌いが多く、ことさら談志をけなすことで志ん朝の素晴らしさを強調する人たちがいる。彼らは両師匠がお互いを認め合って、お互いの健康を心配していたことを知らない。志ん朝が入院後、<円歌・志ん朝二人会>の代演を談志に頼み、談志が快く引き受けたことも知らないだろう。そう。<談志・志ん朝二人会>は落語ファンの夢の顔合わせであった。」

 という談志・志ん朝の紹介。また、談志が志ん生襲名を促し、その際の口上は引き受けるなどという両名人の会話・エピソードを紹介するなど読みどころ満載の読み物だった。

 今、落語はブームだそうだが、こんな本で落語界の裏話やおかしな芸人達の生態を垣間見るのも楽しい。ちなみに小生、談志の話も好きだが志ん朝派です。

PS.ところで、先日お役人と雑談してて、落語協会の会長に柳家小三治がなったと聞きました。久しぶりに聞く落語の嬉しい話でした。
企画力向上講座 [2010年03月06日(Sat)]
今日は助成財団の助成金獲得講座です。
日本財団の荻上氏が講師です。
午前中の座学から皆さん真剣に話しを聞いています。
慰問コンサート [2010年03月02日(Tue)]
チェリィスト吉川よしひろさんが演奏してるのは、家族や地域での看取りを実践するNPO法人ホームホスピス宮崎の施設「かあさんの家」です。
| 次へ