CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2009年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
『面白南極料理人』西村淳(新潮文庫) [2009年06月30日(Tue)]
 なにが楽しくて南極なんてところに2度も行くんだろう。ましてこの本の越冬日記はマイナス70度というウィルスさえも生存しない世界だという。南極はペンギンさんやアザラシさんがコンニチハと時々挨拶に来てこその南極だろう。それが・・・これは白い地獄ともいうところだろう。

 小生、集団生活は苦手である。著者の西村氏も含めた越冬隊員にも相当なワガママ親父がいるみたいだけど、試しに小生の身近な人間と1年間越冬生活を想像してみた。
 石田、コウヅマッチ、あおちゃん、ウッチー、ナダッチ(以上文化本舗スタッフ)、他は宮大のムーミンにゴジラ後藤に舎弟のジニアス、これで越冬隊員9名になった。隊長は本来代表の石田だろうがトラブルアーティストなのでここは除外。表面上は温和なムーミンかゴジラにしよう。最も大事な料理長は意外なセンスをみせる青ちゃんで決まり。
 しかし、多分1ヶ月で大喧嘩が始まるだろう。

 無理、不可能、絶対に行きたくない!!

 でも、このこの南極越冬隊40年以上続いているんだから、仕事以上(学術的使命感だけではとても持たない気がする)のすさまじいなんらかのエネルギーがあるんだろう。

 で、感想だけど・・・、もともと変な人が多いのか、極限状態が人を変えるのか?微妙な部分はあるが、登場人物が妙に魅力的である。俗世間で常識人(多分エリート?)として評価されている人がつまらない。

 基本的にそれぞれがエンターティナーである。どこの誰が、零下70度の「グローブはカチカチになり、ボールもたちまち凍り付いて鋼鉄の塊りになり、金属バットは金属の剛柔性がなくなるせいか球が当たると「バキッ」と鈍い音がしてへこむ・折れる・ひびがはいる」という状況で三角ベースのソフトボールの試合を行うのだろう。(これは石田はやりそう)

 焼けた肉を皿にとったらすぐにカチカチの冷凍になる零下40度でバーベキューをするのは誰だろう。(これは小生トライするかも・・・)

 「雪って暖かいらしいよね・・・ここではどうか試してみよう」とマイナス66度で生き埋めを志願する輩の精神構造はどうなってるのだろう・・・(結構ジニアスあたりが志願しそうだけど・・・)
実際に埋めるのはいかがなもんか???

 とにかく変な親父達が大活躍。今は夏だからクーラーの効いた部屋でのんびり笑える1冊です。
誕生祝い [2009年06月28日(Sun)]
 読書中の本は南極越冬隊の料理担当退院の体験記である。

 場所は南極でも昭和基地よりもさらに厳しい零下70度の世界。極限社会で隊員たちはよくパーティーを開いている。特に誕生パーティーは大きなイベントのひとつらしい。超豪華なメニューが並んでいる。

 それに引き換えというのではないが、人生50年を過ぎると誕生日なんて・・・となるのだが、今年の小生の誕生日の献立は、肉全然なしの野菜カレー+お茶  のみ。ケーキもなし。これではあんまりではないか???と和太郎とマキの介が異議を唱えたが、実情は二人ともケーキが食べたかっただけなのは明白だった。

 こんなもんだよな・・・と翌日は東京に向かった。NPO事業サポートセンターの総会出席と総会参加者を捕まえての研修事業の講師依頼 &講座打ち合わせ & 飲み会と大忙しのスケジュールだった。

 飲み会の梯子も行ったが、相手はこのブログではおなじみ日本財団のおぎちゃん。今回異動でカンパンを離れたが、そこは長い付き合い、とにかく飲もうよ・・・的なノリで宴会が始まった。

 まじめな話からいつものヨタ話と時間はどんどん過ぎていく。お開きにしようというところで誕生ケーキが運ばれてきた(歌のプレゼント付き)。考えてもいなかった展開にびっくり。おまけに周囲のお客も一緒になってハッピーバースデイの大合唱 + お店からはシャンパンの差し入れ付き。

 照れくさいが一番だったけど、気持ちに感謝。しばらくは日本財団への文句は封印されてしまった。
長崎のお土産 [2009年06月27日(Sat)]
長崎市に行ってた代表理事がお土産を届けてくれました。

 昨日、一昨日と小生東京に行ってました。文化本舗の代表と事務局長は同日に長崎でした。それぞれがそれぞれに動いていて、あまり顔を合わす機会も少なくなっているというのはいかがなものかと思っていますが・・・。

 昨年、小生長崎市の市民協働推進室のお招きで講演をしてきました。今年は長崎大と長崎市役所の共催で代表と事務局長がCB推進の講演でお邪魔しました。

 そうかそうか・・・俺はお役ゴメンなのか。来なくて良いということなのね・・・と不貞腐れしていたのですが、室長と元気元気姉御係長の「のぼせもん」お二人から「忘れてはいないからねぇ〜」という優しい心遣い。人と人との縁、大切にしなくてはとあらためて思います。心から感謝です。

 ※長崎とのご縁これからも続きそうですね。また会いましょう。
マイケル・ジャクソンやすらかに [2009年06月26日(Fri)]
 多分80年代のポピュラー音楽シーン最大のスターの一人、マイケル・ジャクソンが亡くなった。
 個人的には兄弟グループ「ジャクソン5」の頃のレコードは持っているがソロのマイケル・ジャクソンのアルバムは1枚も持っていないし興味もなかったから、音楽的にもゴシップ的なスキャンダルにも関心がなかった。

 ただ、昔マスコミなどからよってたかってバッシングを受けたときに「僕は普通の人が家族そろって楽しんだり、大切な時間を一緒にすごすときに、自分はずっと子供のときから自分の家族の団欒という時間は全然なくて仕事をし続けていたんだ。普通の人が楽しむことを供給する側にいたんだ」みたいなことを言っていた。うろ覚えなんだけど大筋はこんなことを言っていたのを記憶している。

 度重なる整形手術や白人になりたい(のだろう)という行動や、チンパンジーを異常に可愛がって遺産相続に指定したり(すぐに遺言は書き換えられたらしいが)と奇行が目立っていたが、大スターというプレッシャーや家族・友人との関係の希薄さなどが重なって、自分の壁の中に隠れこんで震えていたのだろう。

 死という人生の最後で初めて普通の人間に戻れたのだろうか、平穏を手に入れられたのだろうか? マイケル・ジャクソンの魂が安らかであることを祈りたい。
自民党と東国原知事 [2009年06月24日(Wed)]
 昨夜から宮崎県の知事がマスコミ報道の前面に出てきている。

 なんだかなぁ〜と思う。

 宮崎県知事は公人であると思うのだが、どうも一タレントなんですかね?少なくとも自民党はそう考えているようですね。

 地方分権だとか地方自治だとか地方の活力とか言っているが、少なくとも宮崎県を尊重する地方の一つには加えてないようですね。
 知事個人が何を考えようと自由だし、その判断に対してもYESなりNOなり意思表示をすればいいんだけれど、少なくとも国を預かる政権与党が、私利私欲(自民党の指示率が回復すれば地方である宮崎県はどうでも良い)という意思表示はマズイんじゃないの?と宮崎県民として思ってしまう。

 
 宮崎県民さんには置き土産として東九州自動車道早期着工という空手形を発行すれば良いんじゃないの?選対委員長は自民党道路族の親分だし・・・

宮崎県知事は当選1期目でしかもまだ、1年半の任期を残す自治体のトップである。地方の時代を理念に掲げる政党が自らそれを反故にしたら、自分の首を絞めることになるだろうにと思って、自民党のHPを初めて見たのだが、この政党、何をしたいのか見えなかった。
 
 だからなんですね。東国原知事に出馬要請しても良いんだと改めて気づきました。理念も実態もブレブレなんですね。わかんない政党だなぁと思いながらシンボルマークを見たけども、これもなんだかわかんないですね。今回初めてマジマジと見たんだけど、何を訴えてるのでしょうか?このマークは??

疑問だらけの1日です。
『退職刑事』都筑 道夫 (徳間文庫) [2009年06月23日(Tue)]
友人にはいろんな型があるが、話題を共有して一緒に盛り上がろう・騒ごうという輩がいる。そんな仲間の一人に僕の鼻の頭に人参をぶらさげようとする読書おたくの友人がいる。

 「おいちゃんは落語好きじゃないですか・・・、江戸の風情っていいっしょ・・・、それがミステリー、それも極上のミステリーであると聞いたらどうします?知らないでしょ?」なんて話をして、翌日から探しているのだがまだ見つからない。書名はわざと書かない。多分○○シリーズだろうなどと訳知り顔をしてればいい。

  そんな話をしていて「安楽椅子探偵」の話になった。ミス・マープルって結構いいよねぇ〜などと話をしていると、日本のミステリーをほとんど読んでないのを知っている奴は「都筑道夫の『退職刑事』はいいっすよ・・・都筑道夫は当然しってるっしょ?」
「ミステリ・マガジンの元編集長で、田中小実昌なんかとも仲の良かった作家でしょ?」
「読んだことあります???」

 というわけで、読みました。

 恍惚の域に入りかけているといいつつ頭脳明晰の元刑事が、息子である現役刑事が扱う、ちょっとした不思議な事件を、捜査状況を聞きながら犯人を推理していくという設定。非常にオオソドックスな安楽椅子探偵である。ただ、舞台はおそらく公団アパート(息子の刑事が住んでる)だろうし、浴衣を着てハイライトかしんせいを吸いながらの会話だから「安楽椅子」というよりも座布団探偵である。

 「写真うつりのよい女」では、殺された女という起こってしまった事件ではなく、これから起こると思われる事件から推理して犯人像を割り出すし、「理想的な犯人像」では理想的な犯人を追う視点ではなく、被害者の性格を推理することからまるっきり違う推理を重ねていく。

 「考え方に枠をはめないように」とか「柔軟な思考」とか常々講演などでは口走る小生が、いかにそれが自分に身についていないのかを実証(自分の頭の中だけだから誰からも指摘はされないが)してしまった。
本屋さんがなくなる・・・ [2009年06月22日(Mon)]
 ちまたでは村上春樹さんの新刊本が売れに売れているそうだ。出版業界にとっては久々の明るいニュースらしい。今日、チェーン店の本屋さんで話題の本を見たが手には取らなかった。以前だとイの一番に購入したんだと思うんだけど・・・。

 宮崎市では僕の知ってる範囲で今年になって3件の本屋さんが閉店した。昨年は宮崎県庁のまん前の書店が閉店した。ジニアスが「宮崎県庁職員の恥ですよ!」と吼えていたが現代では行政職員が本を読まなくなった!と断言することは出来ない(ネット販売などいろいろあるからね)ので、うなづくことは出来なかったが、内心は・・・

 新聞も含めて紙媒体はおしなべて苦戦をしているそうだ。でも、本屋は単に本を売るだけではなく文化を売る仕事だと思っているので、本屋さんの閉店は本が買いづらいという実利だけではなく悲しい気がする。

 今日から少し本でも読もう。
やる気ないよねぇ〜 [2009年06月21日(Sun)]
 どうしたことだろう?蒸し暑い。ただ座っていても汗が流れてくる・・・こんな日は無理をしちゃいかん!!と休養日。2時まで寝てました。

 昨日?一昨日が午前様だったので、疲れて1日寝てました・・・

 てなわけで体調不良で休養中!!と看板だそうかと思ったけど、仕事しないとなぁ〜と昼過ぎから事務所で頑張ってます。

 こん日、だれも仕事してないと思うでしょ?ところがここNPOハウスには沢山いたんです。まず、例によってヌーノさんがやってきた。今日は珍しく愚痴話。大変なんすよ。市民活動も。
簡単に意見の集約なんて言うけどこれが聞くとやるとでは大違い。まして金銭なんかがからむと・・・。

 ミッションの共有・・・これもNPOの大前提!!でもね、大変なんすよね、とおじちゃん二人が妙に納得、意気投合。たまにはいいか?!

 それが済むとわれ等が仲間、若き会計マンのハマチャン登場。なにやってんの?「いやぁ〜ちょっと遣り残したことがあったから・・・」とお仕事に。

 その後は、てるはの姉御の舎弟、フジ君登場。「いい若いもんが休みの日にデートもせずになにやってんだ!」と親父モードで説教たれた。

 そんなこんなで今年の「父の日」も過ぎていった・・・
なんかわけわからん [2009年06月20日(Sat)]

 一昨日セネガルから来たボーカリストのライブに行こうと誘われたんだけど、どんな音楽なのかもわからずとりあえず行ってみた。

 古くから知ってるピアニストに「着て下さってありがとうございます」などと挨拶され、ますますわけわかんなくてとりあえず満席状態で席を確保。2年ほど前に宮崎在住していたミュージシャンのLIVEだったんだけど、JAZZ VOCAL を聴くじゃなくてジャズの雰囲気を楽しむお客さん向けのLIVE。正直どへたのしろうとさん(ボーカル練習中)がステージにあげられデュエットなんてのもあったんだけど、みんな気心知れてるというか音楽を楽しんでいる。友人と「これはこれでいいよねぇ〜」

 友人は美容師なんだけれど、お客さんを見ていても人と人の繋がりが薄くなってきていると感じていて、来月フォト・カフェというイベントを美容室をクローズにしてやるらしい。「写真を媒介にした合コンみたいなもんになればいいかなぁ〜」と本人の弁。よくわかんないけどいいんじゃない!!と軽いノリで賛同。

 10年来一緒にライブなんかを企画している仲間同士だから当然のように「なんか楽しいことが減ったよねぇ〜」という話から、「楽しいことや今必要なことを一緒にやろうよ」という話になった。

 そこで「トヨさんにチケット3枚売らせるコンサート」というJAZZ LIVEをやることが決まってしまった。トヨさんとは現在病気療養中のイベント仲間。病室のベッドの中からでも電話はできるのだからチケットを売らせようという鬼のような企画。

 自分達の手で出来ることをしたい人に声をかけるつもり。一緒にどうですか?

 
 
JAZZ LIVE [2009年06月18日(Thu)]
ジャズのライブで初めてのはこ(会場)に来てます。

 オーナーも知って話をしたことはあるのだけど初対面と変わらない。とりあえず音楽を楽しみます。
| 次へ