CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2008年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
疑問。 [2008年07月31日(Thu)]


 昨夜見つけたニ冊。

 娘その2、マキノスケに頼まれ『ハリーポッター』を買いに行った。一軒目のちょっと小さめ、町の本屋さんは売り切れ。2件目の大型店は山積みだった。

 子どもの本だけではシャクなのでふらふら物色して見付けたのが写真の2冊。他にも2冊買ったのだが、4冊の共通点は初版本であるという事。

 今、村上春樹の人気がどうなっているのかわからないが、『フランス人』は去年の発行だが、『ふしぎな図書館』は3年前に発行されている。初版の印刷部数がどのくらいかなど全然知らないのだが、村上春樹の3年前の初版本がそのまま残っていたのに驚いた。

 本が売れないという話はよく耳にするが、この本が人気がないのか(なつかしの羊男も登場する)、印刷しすぎなのか・・・。

 買った4冊が全て初版ということは僕の趣味が社会の興味と合致してないだけなのか・・・ちょっと疑問を持った一夜だった。
マニュアル人間 [2008年07月30日(Wed)]
 先日、ファミレスに行った。PM8:55分くらい。

 受付で
 「おタバコはおすいになりますか?」
 「喫煙席をお願いします」
 「承知しました。こちらにどうぞ」
と席に案内された。席に着き、灰皿がないので
 「すみません、灰皿を貸していただけますか?」と頼むと、案内したウエィターが現れ、
 「9時までは全席禁煙になっておりまして、9時以前に(この時点で9時は過ぎていた)こられたお客様がいらっしゃいますので、喫煙はご遠慮願います」

 「ちょっと待って。あなたは先程、タバコを吸うことを確認してこの席に案内したんでしょ?」 
 「はいそうですが、当店は9時までは全席禁煙になっておりまして、それ以前に入店されたお客様がいらっしゃいますので・・・」
「僕の言ってる事わかってますか?あなたは喫煙の有無を確認して了解してこの席に案内したんでしょ?タバコを遠慮してくれと言えばこの時代だから遠慮はするけど、自分の言ってる事が矛盾しているし説明不足であることは理解してますか?もっと言えばシステムの説明がなかったんだから、必要のないことをわざわざ確認したんですよ。」

 「入店時のマニュアル通りの対応をいたしました」

 言葉は丁重だけど、誠意は全然ない。また、相手の感情等は一切考慮していないし、自分の判断もそこにはない。本来接客マニュアルとは客に対するホスピタリティーを具現化したもので、万能でもないし接客する側の判断等を縛るものでもないだろう。

 先日友人に聞いたのだが、あるコンビにで1,000円のおつりを戻すのに、紙幣が何枚もあるときにする手順で、しかも最後に指で弾いて渡されたそうである。

 判断とか入らないロボットが接客したほうがよっぽどすっきりする。少なくともこの手合いの人間とは話をしたくない。
体験しの笛ミニコンサート [2008年07月30日(Wed)]


 西都原考古博物館、古代生活体験館の夏休み体験を行ってます。

 まずは「しの笛」製作体験。その後ミニコンサート。

 実技指導もあります。
バージニア視察団 [2008年07月26日(Sat)]
宮崎市立図書館はバージニアの図書館がボランティアを主体に運営されていて、その運営をモデルに運営されてます。

 今年はその本家バージニアのボランティア都市育成の生みの親も参加されて、宮崎市の図書館運営を視察しています。
寄席から落語家が消える!? [2008年07月26日(Sat)]
 「あぁ〜たねぇ、そんなヨタ飛ばすんじゃありませんよ。知らない人が聞いたら本気にするじゃありませんか・・・」
 と六代目円生師匠にギロッと睨まれそうだが、かまうこたぁない。こちとら江戸っ子、坊主のマゲと嘘はゆったことがない!信じられねぇ?なら、横丁のご隠居に聞くか「大銀座落語際」をHPで調べてみな。
 
 てなわけで、来年「大銀座落語際」が趣向を変えて宮崎にやってくる!!

 春風亭小朝が「この落語祭を地方に持って行きたいと考えていたところ決定しました。来年10月の日曜と祝日の2日間、宮崎に東西の落語家と落語好きな芸能人が集まります」と明かしたから間違いない。 

 詳細はまだまだ決まってないが主要メンバーである「六人の会」(春風亭小朝、笑福亭鶴瓶、林家正蔵、立川志の輔、春風亭昇太、柳家花縁)全員が宮崎に来ることは決定している。


下打ち合わせは始まってます。お客さんで好きな演目をはしごしようかな。
「えれこっちゃ宮崎」2008 [2008年07月26日(Sat)]
 
 今日7月26日と27日にかけて、宮崎夏の祭り「えれこっちゃ宮崎2008」が開催される。

 この祭り僕は参画したことも参加したこともない。実はHPも今日はじめて見た。盛りだくさんの内容なのに驚いたのだが、参加ダンスチームのネーミングに興味をひかれた。

 宮崎の伝統校、大宮高校は「OH!見ぃ〜や」というチームが参加するそうだ。なかなか良い名前。高校生らしい。
 ん・・?「健民体操宣伝隊」??これは県庁職員有志だよね?!まさか業務命令じゃない(内容は仕事半分以上だろうけど)だろうから・・・。行政職員がこのようなイベントに参加することは非常に良い事だしうれしく思うんだけど・・・内容はともかくネーミングはどうかならんのかなぁ〜。ちょっとヒネッテみましたが可愛くもなくはないけど・・・

 県外からのダンスチームの参加が多いのには驚いたが、その数に比べたら県内からの参加が少ないような気もするがこれはオーデションでもやったんだろうか?ちょっと気になる。
 長崎県の佐世保市からは3つものチームが参加している。ありがたいことである。結構遠いのに・・・ご苦労様。

 興味もないような事を言ったのに何故くどくど書いているのか。実はここ何年かはときどき会場周辺をうろついているからである。今年もバージニア市の訪問団のアテンドをすることになっている。外国のお客様と宮崎の祭りを楽しみたいと思っている。

PS.訪問団に91歳のおじいちゃんがいるらしい・・・ちょっと気になる。宮崎の夏は暑いよ!!
迷惑コメント [2008年07月25日(Fri)]
 先週から6月26日にアップした記事にだけ迷惑コメントが入ってくる。何故なんだろう??
カンパンの貴公子「荻ちゃん」教えて!!??

 題に「カモ」という単語があったのでそれがひっかかったんだろうか?たいした記事ではないので(それを言えばこのブログのほとんどがヨタ記事みたいなものだけど)削除した。

 結果はどうなるのだろう?
ガソリン高騰の影響? [2008年07月25日(Fri)]
 今月は珍しく車での県外出張が続いた。長崎と福岡であるが両方とも高速バスを使っての移動だった。

 もう5年前だが仕事の関係で最低1度は熊本や福岡を高速で往復していた。その頃は高速道路を軽自動車が走っていることはめったになかったように記憶しているのだが、今回走っている車を見ているとやたらと軽自動車が目に付いた。それも土地土地で県外ナンバーが多い。
 車の性能も良くなっているのだろうが大きな変化だろう。

 今回一番感じたのはとばしている車が極端に少ないことだった。

 高速バスは100km位の速度(多分そんなもんだろう・・・)で走っているだろうと思うのだが、併走している車が抜いていかない。以前はバスは追い越していくと相場が決まっているように抜いていっていったように思う。それが今回はほとんどの車がバスとほぼ同じ速度で走っている。
 まして、以前のように130km、150kmというような高速運転(暴走運転というのだろうが、高速道路ではよく見る光景だったのは事実だ)の車は一台も見なかった。関係ないのかもしれないがポルシェなどのスポーツカーも見なかったように思う。

 変な話だが、速度違反の取り締まりは高速道路ではもう意味がないなぁ〜と不謹慎なことを考えながら眠ってしまった。

 多分ガソリン代の高騰が原因だろうが、市民の台所を直撃し、漁船の出港見合せなど当然負の影響が顕著なのだが、せめて事故が減ればプラスの面一つはもある。
青春 [2008年07月21日(Mon)]


 予備校時代からの時間が止まっている。

 全て変化なしならエアーポケットだが、よく見るとちょっとだけ変化が…(ポスターの破れた部分が大きくなってるとか)、開店して32年。一度も改装もレイアウトも変えてないそうである。「椅子だけは古くなって壊れたので取り替えましたが・・・」とママさんが笑ってた。

 この店には1年間だけだったけど、週に1度は通ってた。
国際ボランティア会議2008 [2008年07月20日(Sun)]

 
 
 と き  平成20年7月27日(日) 午後1時〜5時
 ところ 宮崎市教育情報研修センター
 主催 宮崎市地域コミュニティ課
 企画・運営 宮崎市バージニアビーチ市姉妹都市協会 

 
宮崎市の姉妹都市であり全米屈指のボランティア先進地であるバージニアビーチ市から講師や関係者を招き、宮崎市のボランティアとの交流を図ると同時に、お互いの国の参加者が学びあう機会です。

 ボランティアをされていない方もぜひご参加ください。

基調講演1
「ボランティア活動の価値と重要性」
ジェームス・ウッズ氏(バージニアビーチ市長代理・市議会代表)
基調講演2
バージニアビーチ市におけるボランティアの30年の歩みと将来像
メリー・ルッソー女史(ボランティア活動推進センター ディレクター) 

分科会
第1分科会 : 公園・学校におけるレクレーション等に関する分科会
         メリー・コール女史(市公園レクレーション活動課 担当管理)
第2分科会 : ボランティアのネットワーキングに関する分科会
         リンダ・ミナー女史(バージニアビーチ市広報メディア コーディネーター) 
第3分科会 : ボランティアがコミュニティに与える影響に関する分科会
         ルース・フレイジャー女史(バージニアビーチ市書記長、)
第4分科会 : 災害ボランティアに関する分科会
         メリー・ルッソー女史(ボランティアリソースセンター代表)
第5分科会 : ボランティアと行政の協働に関する分科会
         ジェームス・ウッズ氏(バージニアビーチ市長代理・市議会代表)
全体会


 バージニアは本来石田の担当だけど、また借り出されてしまった・・・

 基調講演の後に分科会が行われるが、その内の一つをやれとのご命令です。というわけで、多くの参加者をお待ち申します。


| 次へ