CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2006年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
みやざきNPOハウス物語(5) [2006年12月31日(Sun)]
 2006年最後の投稿です。日記なんか書いたこともなかった人間が、ともかく書き続けていけてるのはPCの向こうに読んで下さる人が居るという後押しだけです。心から感謝です。

 NPOの活動の中で、真摯な態度は無論必要だと思いますが、「遊び心」は絶対条件ではないけれど、必要条件の一つではないかと考えてます。「みやざきNPOハウス」の運営開始までは実に様々な事が起こり、実際に企業局を訪ねて開設までほぼ1年間がかかりました。

 怒ったり、無い知恵を絞ったり、仲間に助けられたりと決して文化本舗単体では実現できなかったでしょう。やはり最後には「人」がキイワードになりました。そのような一連のドタバタを書き残そうと思ったのもこのブログを始めた動機のひとつでした。

  
みやざきNPOハウス物語(5)

 宮崎県企業局の閉鎖された独身寮の外観だけ見た石田と僕は、帰りの車中で会話を続けた。
 
 「実際問題どうするよ? 企業局に正式に話をして中を見せてもらうのが最初だけどさ。話しをしに行く? 地の理は最高だけどさ」

「師匠やる? 俺は例の環境の大会がひっちゃかめっちゃかで動けんよ。行政とやるときはきちんとやらんとまずいでしょ」

「俺かよ。話し持ってきたのはそっちだろ」

「いや俺も始めは行くよ。でも、環境があるやん。それとも環境を師匠がやる? コーディネートに師匠の名前もでてるよ。どっちにしてもNPOにとっては事務所の確保は不可欠でしょ。中間支援の活動の拠点があった方がいいのは事実だから一回きちんと検証せんといかんやろ。それにMAMAの事務所もいるし、俺たちの遊び場もあった方がいいやろ?」

「画伯が今度の作品は漆でやりたいって言ってたしな。場所いるよなぁ〜。赤字こいてまでやるほどこっちも余裕ないし。やりました、でも赤字だから撤退しますじゃすまんし、きちんとシュミレートもせんといきおいだけじゃ出来んよ。みなとNPOハウスの例はあるけどね。ところで誰が環境に俺の名前を出してるわけ?」

「そんなの誰でも言いやん。それよりみなとNPOハウスはそっちのルートやから資料なんかは引っ張れるやろ? それに師匠の本業の事務所もそろそろいるやろ?」

「まぁ、事業サポートセンターからは資料はもらえるけどね。大変だったみたいよ、あっちも最初はすったもんだだったって聞いてるけどさ。事務所はいるけど・・・、有限が入るとなるとそれもなんかなぁ・・・」

「俺さぁ、そこなんだけど、インキュベートにせん?」

「インキュベート? 今、思いついたやろ? 確かに宮崎にはその動きもないけどさ。でもハードル高くする気もするな。 公益で攻めようかなと思ってたんだけど・・・」

「やる気やん。どっちにしても中を見て、一回正式交渉してから相手の出方を見らんと手も出せんがね。とにかくアポを取るわ」

 そんなこんなで2日後に石田はアポを取ってしまった。こっちはなんの戦術もなくただ、MAMAの事務所=画伯のアトリエ、文化本舗の分室、小生の本業のコンサル業務の事務所の3団体入居確定状態での滑り出しである。勿論、「大人の遊び場確保」はお互いの胸に「隠れミッション」として掲げられていたことは言うまでも無い。
年末恒例のお餅つき [2006年12月30日(Sat)]
 毎年12月30日に、わがままおじちゃん・おばちゃん集団MAMAはメンバーであるデザイナー萩原さんの親族餅つき大会に乱入している。

 もともとこの餅つきは、萩原一族の兄弟・従兄弟の若いパパ・ママが子どもたちに日本の師走の風物だった「お餅つき」を体験させてあげたいという気持ちから始まった。始めたはいいが誰も餅つきをしたことが無く、見よう見まねだったそうだ。

 当主の萩原さんがいつもニコニコ「お大人」で来るもの拒まずで、デザイナー仲間やテニス仲間などが参集してきて餅つきなのか宴会なのかよくわからない会になっていた。

 MAMAの仲間が乱入し始めても10年くらいが経っている。いつのまにか主役の子ども達は大きくなり、TVゲームや従兄弟達との久しぶりの会話が忙しくなった。
そこで餅つきの主役は当然尾ようにおやじたちや特別参加の外国籍の娘婿などに移行していった。(MAMAのメンバーのトヨさんの長女は今年アイルランドに行ってしまった)「腰が痛い」とか「○○○」(英語だから何言ってるのかわからない。なんせ皆酔っ払ってるし・・・)などと言いながら、日没までにどうにかつきあげるのがここ数年の傾向だった。

 今年小生は打ち合わせがあって、2時過ぎに参加したのだが餅つきは終わり、ゲストは皆くつろいで宴会モードに突入していた。

 今年は上の娘を3年振りに連れて行ったが、東京支部長の通称「画伯」が「いい子だね〜。お父さんのお守りにきたんだね」と開口一番にほざいた。実は画伯の長女は同じ年である。小生の事がうらやましかっただけだと解釈しつつも、「そうかお守りされる立場になりつつあるのか・・・」と少々複雑な気分になったのでガンガン飲んでやった。

 PS.今日は写真撮らなかったので、MAMAで唯一安心して頼み事のできるKさんから写真もらいました。彼は写真愛好家のグループで写真展を開いたり、パソコンのボランティアをしたり、障害者自立支援のNPOの理事をしたりと・・・・ やっぱり少し変な人かな・・・?
全国的に仕事納めのはずだが・・・ [2006年12月28日(Thu)]
 あと4日で2006年も終わると知っている人? はーいウインク

 もうすぐ今年も終わると知らなかった人   はーい 笑い

 もうすぐ新年だとは知っていたが、年末とは知らないふりをしていた人 はーい困った

 今日は12月28日。全国的には仕事納めの日(一般的に)である。常識人であるおいちゃんはちゃんとネクタイをしている。

 代表とあいさつ回りのスケジュールを組もうと文化本舗の本部に電話すると、猫バスが脳天気な声で「自然動物園に日本カモシカの赤ちゃんの写真を撮りに行ってま〜す」と応えた。「・・・・・」
 
 「事務局次長の高妻君は?」「今日、明日と休みで〜す」「・・・・」

 「ちょっと聞くけど、今日は仕事納めだよね?」「だってキネマ館は年末年始は休みはないですよ。知りませんでした?」「・・・」

 という理由でおいちゃんは一人で挨拶回りに行ってきます・・・。

 しかし・・・「日本カモシカの赤ちゃんの撮影」とは何だ?

 照葉樹林の保護活動をやっているので、何かあるとは思うけど・・・・

 後で聞くと何も考えてなかった事が判明する事も多いのだが・・・
フランス憧憬 [2006年12月28日(Thu)]
停電で1時間の休憩時間があったためか、仕事をする気になれない。年明け早々に出さなければならない報告書など年末は仕事になりそうないやな予感までしているのにである。
年賀状もあった。どうしよう・・・。

友人・縁者の皆様! 多分僕の年賀状は元日には届きません。平にご容赦下さい。

ところでである。イギリス事情の本を紹介したら、フランスへの思いをどうしても書きたくなった。これも停電でロウソクの明かりをたよりに、ボーッと外を眺めていた為である。たわごとです。


中学時代からフランスという国は憧れであった。堀口大學訳のアルチェル・ランボー『酔いどれ船』あたりを読んだのが契機だったと思うが、文学への憧れ=フランスだった。(ちなみに好きな時計はオメガでこれは芥川賞の副賞がオメガだったことによる)中学から高校にかけて読み漁った本の作者がフランス文学と関係の深い人が多かった事も主な理由だったろう。永井荷風『ふらんす物語』や金子光晴『ねむれ巴里』など大好きだったし、愛の詩人ミュッセや男装の麗人ジュルジュ・サンド。ユトリロの描くモンマルトル。コラボケールの唄う巴里の下町。誰がなんと言おうと僕にとってのベストの映画マルセル・カルネ監督『天井桟敷の人々』。ジャンルイ・バローが素晴らしかった。そしてゲインズブールの歌う男女の恋のかけひき・・・。

ひどく類型的で乙女チックで我ながら気恥ずかしいが、本当に思っていたのだからしょうがない。「フランスに行きたし、されどフランスは遠し。遠きにあって思うもの」。巴里は大人の街。倫敦は年寄りの街だった。

時代は変わって、僕の周囲にも留学経験者や海外生活の経験者がたくさん居るようになった。娘まで留学したいと言い出す始末で、遠く感じていたフランスが身近(フランスワールドカップの公式ボールも持っている)に感じられるようになっていた。しかし今夜、事務所から見えるマンションの明かりを眺めていると急に巴里を遠く感じてしまった。昨夜の霧の残影があったのだろうか?それともローソクの炎の影響だったのだろうか・・・? 無性に寂しくなってしまった。
『英国の流儀』林勝太郎(朝日文庫) [2006年12月27日(Wed)]

 この10年くらい住んでみたい国はイギリスである。それまで僕のあこがれの国はフランスだった。
以前に、しばらくイギリスに住んでいたことがある友人に「俺、宝くじが当たったらイギリスの片田舎に一人で移住する」と言ったら、「イギリス北部なんか「荒涼」という言葉の本当の意味を感じるような場所だよ。1週間で帰ってくるよ」と鼻であしらわれた。それでもイギリスには住んでみたい。

 僕にとって1番のイギリスは無論BEATLESである。ロックの事を書き出したら止まらないのだが、それは住んでみたいとの思いには繋がっていない。イギリスへの傾倒は「紳士」「トラッド」「フェアプレイ」などイギリス人気質や文化に起因している(全然知らないからかも知れないが)ような気がしている。

 本書に映画『小さな恋のメロディー』の記述があるので1971年くらいに執筆されていると思われるが、当時若者のファッションはVANとJUNの全盛時代で僕は中学生だった。BEATLES旋風後イギリスの価値観が大きく変化しつつあった45年前の本だが、イギリスの若者文化には全然触れられていない。でも、今読んでも大変興味深い。
  
 著者が服飾評論家であるため、イギリスファッションの紹介やその歴史など大変興味深く書かれているが、服飾文化の底流にある風土や歴史をしっかりみつめている文章が素晴らしい。「そこに山があるからだ」の名台詞で有名なヒラリー卿がエヴェレスト初登頂できた陰には、頑固な靴職人の存在があったことからエッセイは始まっている。

 セント・アンドリュースゴルフクラブでは、「フェアプレーは当然だが自然との駆け引きをたのしんでいる」と分析する。ポロゲームに参加したチャールズ王子の「今日はプライヴェートだからね」といわんばかりの気取らないさわやかな態度と、観客の平静な態度にさすがに「大人の国」のなせる業だと感心している。

 フィッシャーマン・セーター探訪の旅では「自然環境に恵まれず、農作物を作ることの出来ない二つの島の住民にとって、手編みセーターは、女たちの手内職として欠くことのできぬものであった。それは、人間が生きていくための、貧しくも悲しい物語である。(中略)人間の怨念や悲しみ、そして家族を想うやさしさがともにこめられていることを知った」筆者は大切に着てゆきたいと一枚のセーターを購入している。

 本当に気に入ったものを大切に扱うイギリス人気質に学ぶことが多く、爽やかな読後感を残してくれた本だが、ネットショッピングで探すと品切れになっていた。読みたい方は古本屋さんか図書館でどうぞ。
みやざきNPOハウスは大停電 [2006年12月27日(Wed)]
みやざきNPOハウスは大停電である。(NPO)市民ソーラー宮崎が屋上に建設した、太陽光発電所の稼動に伴い、館内の電気系統の工事が入ったための停電だった。

 宮崎県NPO活動支援センターは建物の4階にある。窓からの眺めは最高である。夕闇迫る大淀川に架かる天満橋の街灯は水もにも光を落とし、西の空には夕焼けの残光があった。

 最高のロケーションである。さっそくローソク2個と小さな小さなオイルランプを持ち出して、一人だけのブラックナイト.。なんか小道具が足りないと思って、香もたいた。

 準備が整ったところでIポットのスイッチを入れると、フランク・シナトラの「ニューヨーク・ニューヨーク」が流れた。出来すぎである。ニューヨークの大停電はいつのことだっけ?と窓の外に目を向けているとジョン・デンバーの「太陽を背に受けて」が流れてきた。残光は山際にわずかに残っていた。本当の話である。

 仕事は止まったけれど、リラックスした時間が流れた。
出直し知事選、公開討論会 [2006年12月26日(Tue)]
明日27日の夜7時より、宮崎市のオルブライト・ホールで、「’07宮崎県出直し知事選立候補予定者公開討論会」が開催される。

「官製談合事件を発端とした出直し知事選。県民が県のトップとなる人の生の声を聞き、判断する場が求められている」と意義を訴えるのは県民有志による実行委員会である。

前回の知事選挙で、宮崎県では初めて公開討論会が開催された。その時は事務局長として走り回ったのだが、選挙の大変さや立候補予定者や陣営の考え方などに生で接して「大変な事をやっている」と実感したものだった。その時は通常の選挙で準備期間もあったので学生なども多数参加して、大変なりに若い力を感じることが出来て将来も捨てたもんじゃないなどと思っていた。

今回は知事の辞職にともなう選挙ということもあり、準備期間も無く実行委員は大変な苦労をしているだろうと思う(よんどころの無い事情で僕は全然タッチしていない)。頑張れ!!とエールを送るしかないが、実行委員は宮崎の将来を真剣に考え討議を重ねているだろう事に心から拍手を送りたい。

官製談合にしても、結局は選挙に金がかかることに大きな要因がある。利益誘導のために業者などが一致団結して基礎票なるものを積み上げている現在の選挙制度自体を考え直さなければならないはずだが、あいも変わらずの選挙選が展開されようとしている。県民の一人として責任をもって選挙に臨みたい。
雨の古墳群 [2006年12月26日(Tue)]

 宮崎は朝から冷たい雨模様です。
西都原古墳群は冷たい雨の中に凛としたたたづまいです。
草刈りを終り、悠久の歴史を感じさせてくれます。
西都原の研修 [2006年12月23日(Sat)]
 今年最後の西都原考古博物館の講座、第2部手話講座が行われてます。
今日は指文字を習ってます。

 実際に指文字を使うのは難しい。受講者は皆真剣に講習を受けているが、短期で習得するのは大変である。しかし、指文字の存在を知らなかった人がそれを知っただけで大きな前進だと思う。ましてなごやかな中で学習するボランティアさんの前向きな姿勢は、障害についての大きな障壁である「心のバリアー」を取り除いていく上では重要なことだと思う。笑顔があふれる講習会にスタッフの一人として誇らしさを感じたひと時だった。
ツィードのジャケット [2006年12月22日(Fri)]
 初めて背広を作ったのは18歳の時だった。高校の卒業を記念して父が「初めての背広はいいものを」とツィードの背広を作ってくれた。

 昨日から林勝太郎著『英国の流儀』(朝日文庫)を読んでいるのだが、ツィードという言葉がイギリスの土地(川の名)に由来すると言うのを始めて知った。その世界では常識かも知れないがファッションに疎い小生は初耳である。ブリティッシュとトラッドという言葉に強く惹かれていた僕の晴れ着だった。とにかく紳士になったような気分になれた背広だった。

 メルローズの村はずれの橋の下で、ひとりのフィッシャーマンを見つけた。彼は、私の期待どおり、竹竿にツィードのチェック柄の鹿狩り帽というクラシック・スタイルだった。腰がすっぽり隠れるくらいの長い丈のダーク・グリーンのレイン・ジャケットの下は、ワイシャツを着てウールのネクタイを締めていた。しかも、悠然とパイプを銜えているのだ。まさにブリティッシュ・スタイルのカントリー・ジェントルマンである。
 
 上記の本からの引用だが、カッコいい。今なら僕でもさまになるかも・・・。

 この初めての背広はめったに着ないこともあって、42歳まで時々着ていた。品も良かったがこの間に体型の変化はあまりなかった。ところが今では去年買ったスラックスがあやしい。きつくなっている。細面(ほそおもて)といわれた顔が丸顔と評されるようになった。貫禄が出てきたと言われりゃ格好はいいが単に太っただけである。

 もう一度あの背広が着れるように努力してみよう!!
| 次へ