CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2006年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
『映画で戦争を考える』 [2006年11月29日(Wed)]

 宮崎文化本舗は映画を機軸に文化の香るまちづくりをミッションに掲げるNPO法人である。日本で初めてNPO法人で常設の映画館「宮崎キネマ館」を経営するという事で、設立当初は予想以上の反響が全国からあった。しかし、ここ2年間は郊外に出来た大型ショッピング・モール内のシネコンに押され、観客動員数も減少し経営的には苦しい戦いを続けている。

 シネコンでは絶対(多分?)上映されないだろう良質の作品を上映し続け、徐々に映画を愛するファンを開拓している「宮崎キネマ館」は真にNPOが運営する映画館と全国にも胸を張る企画を実現した。
 第1弾の『トンマッコルへようこそ』の前宣伝に入ったときに、丁度北朝鮮の核実験が行なわれた。マスコミは企画については非常に好意的に取り上げてくれたが、『トンマッコルへようこそ』という作品にはあまり言及されなかったと思う。題材が「なまなましすぎる」という理由ではなかったと勝手に想像している。だからこそ・・・と思ったのは僕だけではなかったろう。

 『映画で戦争を考える』と題して、戦争をテーマにした映画5本が連続で上映されるという企画は、過去の作品ではなく2006年に封切される作品が5本(日本映画4本、韓国映画1本)のラインナップである。太平洋戦争は遠くなりつつあるが、今年このような秀作が国内で4本も封切られる重さを私達は受け止めなければいけないのではないだろうか。

 そのチラシには「常に時代を映し出す鏡であり、社会に対するメッセージを表現するもののひとつに、映画がある。なかでも「戦争」は普遍的なテーマであり、今回選んだ5本の作品にも、それぞれ「戦争」に対するメッセージがこめられている。(中略)5本の映画にこめられたメッセージを、どうか受け取ってもらいたい。そしてあなたの隣にいる誰かに伝えてもらいたい。この“負の記憶”を伝えることで、映画が世界を変えられる可能性を夢見てみたいと思う。」とある。

 チラシの文章の筆者、猫バス・谷口や「ヨコハマメリー」の監督、中村高寛氏を招聘しトークショウを実現させた映画担当スタッフのスマイル・名田、シネマ大好きっ子・小田原、縁の下・青松、IT・伊福らは20代〜30台の若いスタッフである。時には休み返上で宣伝活動に走り回ったりしている。自分達の大好きな映画をたくさんの人に伝えたいという思いで突っ走る彼らに拍手を送りたい拍手
 自分の身内の話ではあるが、つぎつぎに素晴らしい作品を上映してくれるキネマ館のスタッフに心から感謝している。

 PS.自分が文化本舗の理事をしていながら、映画にはほとんどノー・タッチなのでヨイショしとかないとね困った。作り手と観客が大切なことは勿論ですが、送り手(届け手)がいないと作品は観れないですからね。
環境NPOと市民の集い [2006年11月29日(Wed)]
 北海道ではさんまが岸に打ち上げられてますね。群れを追ったイルカの存在も確認されてるそうですが、原因はまだ解明されてないようです。
 水温が1℃下がるだけで、魚には大きなダメージになるそうです。直接地球環境の変化と結び付けられることかどうかは断定できませんが、なんかいやですね。

 そこで、下記のフォーラムが宮崎で開催され、九州各県の環境係NGOが宮崎に集まります。環境保全活動やボランティア活動に興味のある方は是非ご参加下さい。

 おいちゃんもコーディネーターとして参加してます。「皆んなこんね。まっちょっよ!!」


あんたもやっちみらんね! 環境にやさしいこつ

〜メディアも伝えたい! 環境NGO活動のすばらしさ〜
 
環境NGO活動に参加している人たちの生の声をきいてみませんか?


平成18年度地球環境市民大学校 
「環境NGOと市民のつどい」九州・沖縄ブロック フォーラムが開かれます。

日 時: 2006年12月9日(土)13:00(受付12:30〜)より17:00まで
会 場: 宮崎県立図書館2F 研修ホール
参加費: 無料
連絡先: (NPO)宮崎文化本舗 
電 話: 0985(60)3911  FAX:0985(28)1257
 



きこり体験報告 [2006年11月28日(Tue)]
先週、11月23日に行なわれた「照葉樹林復元ボランティア事業」、おいちゃんいわく「きこり体験ボランティア」は生憎の雨模様だった。募集定員20名の参加希望があったが、悪天候で参加者は15名。スタッフ15名の30名で作業が行なわれた。

 おいちゃんブログ特別特派員「ダニっ子・野崎」は、翌日「木が倒れて日がパァッと射すのはスッゲェ気持ち良いですよ。おいちゃんも体験すればよかったのに!!」と言ってきた。

 実は小生、きこりは体験済みなのである。もう10年近く前に、知り合いから「山の間伐をするから遊びに来んね」と誘われ手伝ったことがある。ものすごく暑い日で、フラフラヘロヘロで作業をしていたら、きこりのおじさんが突然四方に向かって口笛を吹きだした。理由を聞くと「風を呼びよっとよ」との返事。しばらくして本当に風が吹き出すと「ね、吹き出したやろ」とニコっとおじさんが笑った。「風を呼ぶ」という言葉と口笛に、自然と折り合いをつけて生きるという事に感動したものだった。

 以下は特派員「ダニっ子・野崎」の報告。

<写真解説>

写真@作業スタイル:ミキティとわたし(腰ナタ二丁差&腰ノコでワイルド〜)

写真A伐採中(最初にノコで1/3位引き、そこに斜めにナタを入れて、最後に反対側からノコでギコギコ。伐るほどにヒノキの香りが漂い爽快〜。下手なナタ入れに、木が無駄に痛そうで「ごめんなさい」を連呼。)


写真Bエラそうな代表理事(ナタはまぁまぁだけど、ノコが超へたくそということが判明。小刻みにギコギコ引く割には切れてなく、自分までギコギコ大揺れしている様は、県庁相手に仕事してる時みたいでした。)



写真C伐られた針葉樹と芽生えた照葉樹(木が倒れる時の「バキバキ、メリメリ」という音には「うおーっ」という感じで血が騒ぎ、暗かったその場所がぱーっと明るくなった時は、「すごいー、ほんとに明るくなったー!」と感動。
「暗い林内を明るくすると新しい芽が生える」ということが、なんだか実感として入ってきました。)



写真D作業終了(「綾の照葉樹林プロジェクト」では、人の手で植えることはしません。本当の綾の照葉樹林を復元するために、自然萌芽にゆだねます。作業地では、復元過程を調べるためにモニタリング調査も併せて行なっていきます。次回の調査の時に、この明るくなった場所にどんな変化が起きているのか、とても楽しみです。)

<事務局コメント>
マスコミ向け→
「昨年5月に協定を結び、議論と調査を経て、人工林から本来の照葉樹林の植生に戻すというプロジェクトの根幹となる作業の第1歩が始まった。森の復元に参加していることを実感し、自分が関わった森が未来に引き継がれる喜びを、これからも多くの人達に体験してほしい」

ぶっちゃけ→
「実際にやってみないとわからないいことってあるよなぁと、改めて思いました。
山に登り、木を伐るという作業がどういうことなのか、逆に、植え、育てるという作業もどれだけ大変なことなのか・・・。せっかく植えた木を切って元の植生に戻すというこのプロジェクトの趣旨について、人間という生物のやることについて、色々と感じることがありました。」
上田正樹のライブ [2006年11月27日(Mon)]
宮崎のある食品メーカーで積極的にメセナ活動をしている会社があります。
今回はNPOとの試験的タッグマッチです。心に染み入るブルースが演奏されてます。
10,000アクセス突破!! [2006年11月27日(Mon)]
 祝!! 10,000アクセス突破乾杯

 ものごころついて日記なるものを書いたことのない人間が、半年以上も継続して書いているのは、読んでくださる相手がいるからだと心から思います(まさか一人で10,000回アクセスするわけはないので)。心から感謝です。

 実は一昨日くらいから今日で10,000件を超えると予想していたので、「平和」について書きました。「死んだ男が残したものは」という曲は僕が1番好きな曲ではありません。詩も谷川さんの作品で最も好きというわけでもありません。でも今一番忘れてはいけない曲の一つだと思います。そんなメッセージのつもりです。

 読んでくださった皆さんに感謝します。
平和への祈り「パリャーソ」LIVE [2006年11月27日(Mon)]
 

 ピアノの谷川賢作さんとハーモニカの続木力さんのユニット「パリャーソ(ポルトガル語で道化師)」&フレンズの宮崎公演は5年目になる。3年目からはフレンズはボーカルのさがゆきさんとパーカッションの山村誠一さんが固定して、他の楽器が加わるという形になった。

 宮崎公演スペシャル・パリャーソ・ユニットはどこの会場でも暖かく歓迎されている。昨日の綾町でのライブではさがさんは「ただいま」の挨拶からボーカルを始めた。綾町の会場は不登校の子ども達の避難場所としての活動に有機農業を取り入れた実験農園で「賢治の学校」の2階の集会室で行なわれた。毎年11月に5年連続での公演だが、だいたいここが楽日になる。昨夜は今年10月にバングラディッシュの砒素汚染に取り組むNGO アジア砒素ネットワークの事務局に入った女の子(栃木からやってきた)が宮崎市内から2時間半かけて自転車で手伝いに来ていた。

 「いらっしゃい。元気だった?」「ただいま! 今年もよろしく」といった挨拶が当たり前に交わされるこのライブは人と音楽の幸せな関係が築かれている。主催者と演奏者、聴衆といった関係だけではなく、人と人との触れ合いが確実に感じられるライブはそんなにはない。綾町の例もあるように会場は普通のライブ・ハウスやホールもあるが、普通の人家を開放して行なわれたこともある。心から聞きたい人と聞かせたい人の交流が生まれ、場所場所によって手触りの違う演奏が行なわれていく。当然と言うか結果として二次会の打ち上げがライブより盛り上がるということもよくあった。

 今年は西都原古墳群にある喫茶店「古代の風」からライブがスタートした。ここは九州最大の前方後円墳「めさほ塚」と日本最大のほたて貝型古墳の「おさほ塚」の真横にあり、本業は芝生農家である水本さんが経営している。水本さんはブルーベリーの体験農園や農家民泊にもチャレンジし、西都市の文化発信の基点にもしたいと夢を語られていたので今回の企画をお願いした。地元のNPO「iサイト」も全面協力しての公演だった。以前にも芝の上で神楽の上演もお願いしたことがあり、今回はそのロケーションと主催者の熱意で何かが創造される事に自信があった。

 西都のライブはご当地初見参ということもあり、観客とのジャブの交換から始まると予想していたが、しょっぱなからボーカルのさがさんにスイッチが入り、フリージャズの演奏から始まった。テンションは落ちない。バラード「死んだ男の残したものは」ではぼろぼろ涙を流しながら唄い綴っていく。演奏曲目も予定にない曲が挿入されていった。宮崎を代表する民謡「刈り干し切り唄」がソロパートで歌いだされ、最後まで演奏された。アンコールも曲が入れ替えられ、1曲追加された。

 古代の人たちが眠る西都原古墳群のコンサートは平和を祈るコンサートだったかもしれない。平和は僕達の日常の中にある。人と人が触れ合い、互いが相手を尊重し尊敬することで成り立っている。「星に願いを」のメロディーに乗せられて歌う歌詞は父親が子どものすこやかな成長を願う歌詞に変えられていた。


「死んだ男の残したものは」

【作詞】谷川俊太郎
【作曲】武満徹


1.死んだ男の残したものは
  ひとりの妻と ひとりの子ども
  他には何も残さなかった
  墓石ひとつ残さなかった

2.死んだ女の残したものは
  しおれた花と ひとりの子ども
  他には何も残さなかった
  着もの一枚残さなかった

 3.死んだ子どもの残したものは
  ねじれた脚と 乾いた涙
  他には何も残さなかった
  思い出ひとつ 残さなかった

4.死んだ兵士の残したものは
  こわれた銃とゆがんだ地球
  他には何も残せなかった
  平和ひとつ 残せなかった

5.死んだ彼らの残したものは
  生きてる私 生きてるあなた
  他には誰も 残っていない
  他には誰も 残っていない

6.死んだ歴史の残したものは
  輝く今日と また来る明日
  他には何も残っていない
  他には何も残っていない

  
トンマッコルへようこそ [2006年11月26日(Sun)]
 平和な日本だからこそ、イラクでの戦争がその惨禍を生々しく伝えている今だからこそ、北朝鮮をめぐる問題が、日本や国際社会に暗い影を落としているからこそ見て欲しい。感じて欲しい映画である。 

 現代の寓話だと思ってた。ファンタジー仕立てのコメディー映画だと思ってた。『七人の侍』をはじめとする名画のオマージュだと思っていた。確かに断片的にはどれも正しいが・・・。

 朝鮮戦争の真っ只中、子どものように純真なという村名の「トンマッコル」に連合軍の飛行機が不時着する。完全に周囲から遮断されたその村にはおそらく「悪」の概念は存在しない。米兵に献身的な看護をしているところに北と南の兵士が村にたどり着く。互いの憎悪が、一触即発の危機が村を巻き込むのだが、国家や思想、イデオロギーはなんのその、食料の確保の方が大切な村人は日常の生活に戻っていく。

 誤って爆発した手榴弾は大切な食糧貯蔵庫を吹き飛ばし、空に舞ったとうもろこしはポップコーンとなって雪のように村に降って来る。そんな幻想的なシーンも多いのだが、現実は平和と言う幻想を打ち砕くように押し寄せてくる。兵士のエピソードとして挿入される戦争の一局面や、米兵の救出作戦などが平行して語る現実はこの日本の現実ではないと言い切る自信は僕にはない。

 確かに日本は今どこの国とも戦争をしていない。しかし北朝鮮の核開発疑惑や、憲法改正論議など、どこか遠い国の出来事のように感じている人の方が多いのではないだろうか。映画は解決方法は与えてくれないが、少なくとも考える契機にはなる。

 今だからこそ、まじめに平和について考える必要があると思う。
横浜メリー監督 [2006年11月25日(Sat)]
映画でみる戦争 特集を宮崎キネマ館でやってます。
そのいっかんで、横浜メリーを上映しますが、今日は監督をおまねきして、トークショーをしてます。
田中尚輝氏との意見交換会 [2006年11月25日(Sat)]
市民協の専務理事で、NPOの仕掛け人の一人として有名な田中尚輝氏を囲んで、NPO関係者、行政職員20名が意見交換会を行なった。

 高齢者福祉の世界では特にその名は有名だが、今回は「地域創造ネット」と連合など労働団体との意見交換の来県だった。連合が進めるワン・ストップ・サービス構想は、その進捗状況に地域差があり宮崎の具体化はこれからのようだった。

 団塊の世代の優秀な人材の受け皿にNPOがなれるかは今後の大きな鍵となるだろうし、これからの事業展開のパートナーとして労働界との連携は大きな位置を占めるようになるかも知れない。

 意見交換会は最初に田中氏から、現在の地域創造ネットの活動状況や、連合など労働団体との協力状況などの説明があり、話はNPOを取り巻く環境の変化などにもおよんだ。その後自由な意見交換に移った。

 収益事業や会員獲得、ファンドレイズ活動を行い、経済的にも自立したNPOでないと安定した活動は難しいとの視点から、活動についての振り返りや反省なども出された。地域住民に密着した活動の中からビジネスチャンスが生まれるが、どのようにプランニングするかが重要だなどの意見も出た。

 みやざきNPOハウスの入居団体の一つに「宮崎県マンション管理組合連合会」というNPO法人がある。ハウスに入居した3年前は人件費の捻出にも苦労していたが、今年度は年4回のフリー・ペーパーの発行など活動の幅を広げ、事務局スタッフも1名増員して活動している。

 活動報告で、理事長の布谷氏は「宮崎に競争相手が無く、運が良かった」と謙遜するが、マンション管理に特化した活動は氏の地道な活動が評価され、周囲にも認知されてきている。また、ここは行政からの委託等の事業を行なっていないのも注目点である。今後は「マンション」の冠を外して「住」一般までその活動を広げるビジョンも持っているようだ。

 形だけではなく、本当の意味でのネットワークの必要性はますます大きくなってくる。
リハーサル [2006年11月22日(Wed)]
西都原古墳群にある「古代の風」。西都のGTの拠点になろうと頑張ってます。文化の発信基地にもなろうと、ライブも年4回くらいやってます。
今回はパリアソ。
| 次へ