CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2006年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
太陽光発電施設設置へ [2006年05月31日(Wed)]
 
みやざきNPOハウスは宮崎県企業局の元独身寮として建設された4階建ての建物だが、入居者が居なくなったのを機に宮崎県内で公益に資する活動を行う団体の事務所として転貸することを目的に、(NPO)宮崎文化本舗が企業局から賃貸借している建物です。今年で設立3年目を迎えます。現在22団体が入居し満室だが、そのなかに(NPO)市民ソーラー・宮崎という団体があります。

 宮崎は日本で最も日照時間が長いことでも有名ですが、その地の利を活かし、公益活動を行う団体の集合体であるNPOハウスの屋上に、市民の力でソーラー発電施設を設置しようという計画が始まったのは昨年の夏でした。当然主導したのは(NPO)市民ソーラー・宮崎ですが、建物持ち主である企業局と交渉し許可を得、入居団体の了解を取り付けて設置準備に入ったのですが、資金調達や計画の見直しなどで計画は頓挫したのかと思われた矢先、市民共同発電所の架台部分の大型クレーンにて据付工事が今日おこなわれました。

 朝1番に携帯電話が鳴って「クレーンの使用を建物南側ベランダ側の共用駐車スペースにしたい」との事だった。当初の吊り上げ予定の場所のコンクリートが薄く、大型クレーン車が入るとコンクリートが割れてしまう危険が大きいとの判断だったが、急遽駐車スペースの変更などを行い、午後4時に架台の設置工事を終了。架台は台風時の強風対策と発電効率向上を目指したこれまでにない角度可変方のものだそうで、工事を簡略化するために部品を有る程度部分ごとに成型して設置された。ソーラーパネルの設置工事は8月を予定しており9月にはクリーンな電気が供給できるそうだ。

 
宮崎映画祭 [2006年05月30日(Tue)]
 今年で12回を迎える「宮崎映画祭」が開かれる。
 
 「宮崎映画祭の目的は、宮崎で映画を心から楽しめる場所を年1回、いつもは観客である地元の人たちの手で作り上げ、低料金で、通常の映画鑑賞とは違う空間を演出し、普段映画を観に行かない人たち(障害者の方、小さいお子様を持つ方を含め)に、もっと映画を観てもらい、映画の素晴らしさを再認識してもらう機会を作ることです。
「ニューヨークの舞台は観客がつくった」という言葉があるように、観る目をもつ観客を育てることが文化、芸術の発展につながると考え、その架け橋となるような映画祭を目指しています。
新旧様々な作品を揃え、映画への理解がより一層深まり、観た人の心に映画への愛情が育まれ続けて行くような映画祭を開催します。」
 
 と掲げる通り、開催当初から市民の手作り映画祭として開催されている。
 実は昨年はまるっきり興味が持てず1作も見なかったのだが、今年はジャン=リュック・ゴダールの『アワーミュージック』 やオムニバスの『パリところどころ』、『ローマの休日』、2004年のアメリカ映画『スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと』ETC・・・ 今年は1日仕事を休んで見るぞ!と気合を入れていると、 なんと、先にこのブログで紹介した『100万人の娘たち』の上映が急遽決まってしまった拍手

 
                             
 「元気宮崎を語るのはこの映画から始めんとイカンですよ!」とえらく感激した宮崎大学のN先生の雄叫びに応えるべく、宮崎文化本舗の代表が松竹本社に問い合わせ実現してしまったのです。エライびっくり

宮崎フィルム・コミッション設立協賛企画  と銘打ってますが、元気宮崎を見たい人。「あんな時代もあったねと」と青春時代や少年時代をを語りたいあなた!! 見逃せません。


☆宮崎映画祭(オルブライトホール)
6月17日(土)13:00より特別上映
全ての宮崎映画祭チケット(フリー券、一般券、子ども券)にて鑑賞可能。

☆宮崎キネマ館
6月18日(日)〜30日(金)上映
特別料金1000円にて鑑賞可能
宮崎映画祭チケット(一般券、子ども券)でもご鑑賞いただけます。

詳細は宮崎映画祭のHPで確認下さい。 

 http://www.bunkahonpo.or.jp/mff/
 
 
宮崎県立西都原考古博物館 [2006年05月28日(Sun)]
 

宮崎県立西都原考古博物館は日本でも有数の古墳群である西都原古墳群に建設され、平成16年4月17日に開館し初年度で約15万5000人、17年度で12万7000人の来館者があった。

 博物館内やフィールドの案内業務及び古代体験館の指導補助業務をNPO法人 宮崎文化本舗がコーディネートするボランティアスタッフで運営している。これは県内初めての試みで、宮崎県が推進している「協働」の行政、NPO、市民のパートナーシップの実践事例としても注目されている。全国的に見ても博物館等の案内業務をボランティアが担っている例は多いが、館とボランティアの間にNPOが入っているケースは少ないと思う。

 西都原考古博物館のボランティアの業務内容は、博物館内の展示及びフィールドである西都原古墳群の案内を主にしているが、親切でわかりやすく親しみやすかったなどの高い評価を来館者から受けており、多くのお礼の手紙なども頂戴している。また、昨年度からはガイドマニュアルの作成や開催したシンポジウムの講演録の作成を行うなど自主的な活動が多くなり、考古博物館ボランティアからの情報発信も期待している。

 先のブログでも紹介したが、GWには3階の展望ラウンジの試験営業を行い利用者からは上々の評価をいただいたが、この試験営業は西都市のNPO法人と市民活動団体の共催で行った。考古博物館という場を使っての様々なコラボレートが出来ればますます面白くなると思う。
火おこし体験 [2006年05月28日(Sun)]

 宮崎は上天気。西都原考古博物館の体験館では、親子で火おこしやまが玉つくりをしてます。
 今日はトヨタの労働組合が行う「スマイル・リング宮崎」という、従業員への地域貢献活動の気づきへの第1歩という位置づけのイベントが行われてます。
 第2部の体験活動では「まが玉つくり」や「ネーチャーゲーム」も行われました。
『ダ・ヴィンチ・コード』ダン・ブラウン [2006年05月19日(Fri)]
 
 明日(5月20日)から映画『ダ・ヴィンチ・コード』が全国一斉に公開される。巷ではこの映画の公開が社会現象になりそうな勢いである。原作の面白さをどう表現しているのか? 映画ならではの表現(フラッシュバックなどの表現方法やCGなどは使われるのか)はどのようなかたちで挿入されているのか?などなど興味深い。
また、宗教をテーマにした時によくある、上映反対運動などもニュースで取り上げられるなど、公開前だというのに賛否両論うずまいている。昨年もキリスト教をテーマにした映画が物議を醸しだしたし、一昨年のスウェーデン映画『歓びを歌に載せて』では教条主義で偽善的な牧師が描かれていた。なにか社会的な風潮があるのだろうか?

 今回の騒動を横目で見るにつけ、1973年に公開された『エクソシスト』を僕は思い出している。欧米を恐怖のどん底に陥れた映画として社会現象にもなり、たしか成人指定映画だったように記憶しているが、全然怖くなくてなにか騙されたような気がしたものだった。「キリスト教の原罪や悪魔という概念になじみの薄い日本人にはその怖さが伝わりにくい」という批評を呼んで納得したものだった。宗教を冒涜しているなどの批評はあるが、ミステリー仕立てであり、暗号解読がKEYの『ダ・ヴィンチ・コード』は楽しめそうな予感がしている。

 僕にとっては、むかしむかし美術の教科書(だったろうと思う)で初めて、『最後の晩餐』を見た時にキリストの右隣の人物は女性が描かれていると思った(後にその人物はヨハネで中性的に描かれていると知った時も)違和感が氷解したのは気持ちが良かった。
また、人類史上最大の天才と言われるレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画には沢山の暗号が隠されており、その作品の実像は伝わっていないなど興味深い設定が幾重にも張り巡らしてあり楽しめた。

 古事記や日本書紀に例をとらなくても、いいわゆる歴史は為政者(勝ち残ったものが正当と主張する)の歴史であり、その陰には埋もれた(消された)であろう歴史が沢山存在することは充分予想されていることである。人類最大のベストセラー『聖書』にも異説が多く存在しただろうと想像することは、キリスト教徒でない僕にとっては好奇心を大いに刺激された話だった。

 映画を見てないからなんとも言えないが、「見てから読むか?読んでから見るか?」によって印象が変わるかもしれない。
『不良少年(ヤンキー)の夢』上映会 [2006年05月18日(Thu)]
 (NPO)宮崎文化本舗は宮崎県出身の映画監督 花堂純次氏を応援しています。 
 
花堂監督は全国でただ一人の全盲の中学教師でブラインドスイマーの河合純一さんの半生を描いた「夢 追いかけて」という映画を監督している。
 
 河合氏は17歳でバルセロナ・パラリンピックに初出場(銀メダル2個、銅メダル3個)以来、今回のアテネ大会まで4大会連続出場し、アトランタ以降3大会連続金メダルを獲得した日本の第一人者であるが、映画は少年時代からシドニー大会で金を獲得するまでの半生を描いていて、「障害は軽重ではない。障害を持っている事自体をその人の個性なんだと考える事が必要だ」という台詞が強く印象に残る清清しい映画だった。この映画はビデオ化していない。「見終わった後にサークルが出来る珍しい映画」は花堂監督。全国各地で実行委員会組織が出来、上映会が開催され続けているそうだ。
 
 そんな丹念な心に残る作品を生み出した花堂監督があの「ヤンキー先生」義家弘介の少年時代を映画化した。
 北星学園余市高校に編入して来たある不良少年が、北星の教師や余市の大人たちと出会い、ふれあい、次第に心を開き、やがて母校の教師として再び余市に帰って来るまでの実話をもとに描いている。

 この映画はまず、思春期の子どもをもつ親には是非見て欲しい。18歳という年齢を簡単に子どもと大人が同居する年齢などというが、大人は自分の18歳と言う年齢を忘れてしまっているような気がする。僕はこの映画を見て一人の人間が、こんなにも一つの人格の中に大人と子どもの顔を持つものかと、思春期の年齢が持つギャップに大きなショックを受けた。

 映画の冒頭の主人公の顔と、後半の自転車に乗っての通学風景の顔に注意して欲しい。
大人が忘れた何かを思い出させてくれるし、子どもとの距離を改めて測りなおす機会をなると思う。是非とも子どもと一緒に見て欲しい。


とき:2006年5月19日(金) 午後6時30分開場 午後7時上映開始 
ところ:宮崎市民オウラザ1F オルブライトホール

※ 花堂純次監督による舞台挨拶を予定

入場料(前売り料金):小学生以上 ¥1,000 
お得な親子ペア券(保護者+中学生)¥1,500
前売り券好評発売中! ■お問合せ■ 宮崎キネマ館 TEL 0985-28-1162
NPO法人の設立パーティ [2006年05月13日(Sat)]
精神障害者自立支援ネットワークを作ろうというNPO法人が誕生しました。
自立支援法の施行で、障害者は安心した生活が送れるようになるのでしょうか?
支援の輪がひろがる事を願って、歌声の輪がひろがってます。
国立科学博物館 [2006年05月13日(Sat)]
世界遺産ナスカ展ー地上絵の創造者たちー
に来てます。
地上絵はバーチャル体験で我慢しても楽しかった。 超自然的世界を描いた壺やミイラが伝えるナスカ人など素晴らしかった。
 常設展示も充実していて流石に国立と思わせます。
土曜日ということもあって、家族で来ているお客さんがたくさんいました。
本郷の裏道 [2006年05月13日(Sat)]
ついさっきまで懇親会をしていた居酒屋のお隣さん。
NPOの世界では人が集まると、すぐに議論が始まる。隣の席では学生と教授(らしき人達)が議論していて、久しぶりにコンパ気分を満喫しました。
東京大学にいるよ。 [2006年05月12日(Fri)]
さすがに東京大学。歴史を感じます。実は二度目なんで散策しようと思ってましたができなかった。
| 次へ