CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2006年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
日向市ひまわり塾 [2006年03月31日(Fri)]

日向市では人材育成事業として、13年間「ひまわり塾」を開催してます。ワークショップや視察を通して、まちづくりへの提言や実際の活動に繋げています。

 昨年から関わっていますが、昨年は日向市の代表的な祭りの「ひょっとこ祭り」をテーマにした班と情報発信に取り組んだ班に別れ提言を行いましたが、塾終了後日向市初のフリーペーパーを発行しました拍手

 今年度の塾生は市街地を盛り上げるイベントを定期的に開催することに取り組む班と、アートを機軸にしたフリーマーケットの開催に取り組む班に分かれました。

 卒塾した後の活動がとても楽しみですが、閉会の挨拶の中で塾生が「この仲間は一生もんだよね」と言った言葉が強く印象に残りました。

 慰労会乾杯では商店街の方や行政職員、塾のOBやサポーターなども加わり、熱く盛り上がっていました。塾生が塾を卒業後に実地の活動に踏み出すという流れが定着しつつあるようで、今後の展開がたのしみです。今年はOBが集まって新しい流れを模索し初めていますし、当分日向市の熱い人々との交流が続きそうです。
西都原、桜情報 3 [2006年03月31日(Fri)]

満開です。昨日の風がすごかったので、心配してましたが大丈夫です。週末はぜひお楽しみ下さい。

写真は男狭穂塚の陪塚、170号墳と桜。
重要文化財の「子持ち家形埴輪」と「船形埴輪」はこの170号墳で発見されたというのが定説でしたが、昨年夏の発掘調査で、隣の169号墳で船形埴輪の一部と子持ち家形埴輪の一部と思われる破片が発見されました。従来の説は覆られそうです。

埼玉スタジアムでのワールド・カップはここの芝が使用されました。

ヴィム・ヴェンダース監督『ランド・オブ・プレンティ』 [2006年03月28日(Tue)]
 

 「ベ平連」(「ベトナムに平和を! 市民連合」)という言葉が忘れ去られてどのくらいの年月がたつのだろうか。覚えているのは多分50歳台以上の人たちで、40歳台はもう危ない。しかし「ベトナム戦争」という歴史は風化させてはならないと思う。

 ある人が言った。「私たちが知っているアメリカという国が私たちの知っている通りの国だったら、ブッシュは再選されなかっただろう。」でもブッシュは再選された。そこには少なくとも僕の知らないアメリカという国がある。

 ヴィム・ヴェンダース監督の『ランド・オブ・プレンティ』という映画は「ベトナム戦争」という封印された悪夢を、「9.11」という悪夢で解放された男と、アフリカとイスラエルで育った少女が見るアメリカの物語だ。ここにも僕の知らないアメリカという国が映し出されていた。

 ベトナム戦争の後遺症に苦しむ男は必死で母国防衛の戦いを続ける。10年ぶりに祖国アメリカに降り立った少女はホームレスの支援活動を行う。二人の関係は「叔父」と「姪」だが、まったく異なる活動の接点で殺人事件が発生した。男は国際テロの阻止を目的に、少女は遺体を届けることを目的に、二人で「トロナ」という被害者の兄の住む町に向かう。二人の間に感情の交流はない。ただ、目的に沿った二人の旅は結果的に自分探しという旅に向かう。二人はアメリカを変えてしまったニューヨークのあの場所に向かう。

 映画タイトルはレナード・コーエンの名曲「THE LANDO OF PLENTY」からつけられた。その歌詞にはこう歌われている。

僕が立っていなければいけないところに
立つ勇気がない
救いの手を差し伸べる気質も
持ち合わせていない

誰が僕をここに遣わしたのか分からない
声を上げて祈るようにー
この豊かな国の光がいつの日か
真実を照らしだすように

 映画は二人の静かな決意に満ちた表情で終わる。
 平和について考えたい。

西都原古墳群、桜情報 [2006年03月28日(Tue)]
曇り空に、天気雨が降って来ました。
平日に関わらず、たくさんの花見客で賑わっています。
今週末までが見頃かな・・・
考古博物館ボランティア研修会 [2006年03月24日(Fri)]
宮崎県立西都原考古博物館の展示ガイドは、すべてボランティアの手によって運営されてます。
今日は今年度最後の研修会(月一回開催)が行われてます。

博物館のガイドボランティアは、博物館内の展示ガイドと古墳群(日本最大の帆立貝形古墳ー男狭穂塚(おさほづか)ー、九州最大の前方後円墳ー女狭穂塚(めさほづか)ー、他311基の古墳が群在)のガイド、そして古代体験館での勾玉などの制作指導補助の3つの仕事を行っています。現在の登録者数はおよそ100名。実働者は60名位でしょうか。各自楽しく活動を行っています。

今日の研修内容は「土器の文様」と「律令制時代」の二つの内容でした。
西都原考古博物館のボランティア活動については今後も報告していきます。
西都原古墳群は花が満開 [2006年03月24日(Fri)]
西都原古墳群に来てます。先週あたりから菜の花が満開で、黄色いジュータンを敷きつめたようです。桜は八分咲き。明日明後日は満開です。
清々しく、きれいです。まして、古代の風。ロマンですよ。
blog再デビュー [2006年03月22日(Wed)]
宮崎でNPO活動一般に従事してます。おいちゃんと申します。

実は小生、他のところにblogをもっておりまして、勝手なことを書いていたのですが、情報発信という観点からこのサイトに移行させようかと思ってます。

ただ、この公益サイトという代物に恐れをなしてもおります。困った どんなブログにするか思案中で、見切り発車 ロケット です。