CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
コミ・レスの講演会 [2010年01月11日(Mon)]
 昨日は、県立西都原考古博物館で 

街づくりの活動に通じる場
〜コミュニティ・レストラン®〜
 
 という講演会を開催しました。西都原考古博物館の運営支援スタッフは全員若葉マーク初心者。一人ひとりに講座やLIVEなどを振り分け担当してもらってます。昨日はその第1回目でした。

 
 初めての経験で悪戦苦闘する担当者をスタッフ全員でバックアップ。50名弱の参加者で大成功でした。参加人数もさることながら、参加者に大きな気付きや活動への取り組み姿勢の変化などがを感じることが出来ました。

 告知など側面援助で理事も大きく動いてくれ、法人としてまとまりを強くしていっているような手ごたえも感じ心強く思っています。

 さてこの事業、実は今年度の行政の街づくり活性化事業の公募(市民による審査委員会が審査)で落選した事業なのですが、法人として必要な事業だと判断して自主事業で開催しました。2月にはスクールコンサート(これもヒアリングで市民審査員からスクールコンサートは公益性が薄いという指摘を受けた)も自主事業で行う予定です。こちらも担当者が高校生などを巻き込んで一流の音楽を聴くイベントを一緒に作り上げようと奮闘しています。

 ただ、一つ付け加えると先の公募事業の担当課は、講演会の告知等に積極的に支援をしていただきました。

 法人のミッションとして必要だと思うから、自主事業で行う。手弁当で行うので結果スタッフの労働に負荷がかかるのだが、一生懸命それに応えてくれている事に感謝しつつ、理事会としてもそれにどう応えるのかを考えていかなくてはいけないと思っている。

 ドラッカーではないがNPOはその活動で評価される。机上の空論で批判だけしている声に関わっている暇(地域課題に対する認識の共有を行う努力は必要だが)はない。頑張っているスタッフに拍手拍手
補助金申請のヒアリング [2009年12月21日(Mon)]
 ある市の補助金申請のヒアリングに出席した。事業遂行(補助金が確定したら)予定の理事が出席してプレゼンする予定だったが、急用で代理出席だったが、審査員からの質問が気になったので一言。

 質問者の第一声が予算案の算出額についてだった。

 まず、事業遂行スタッフの時給について。企画では@800円/時間。まずこれが高すぎるという指摘であるが、宮崎県の最低賃金は時給が629円。全国平均は713円で最高値は東京都で791円である。繰り返すがこれは最低賃金である。質問者がどんな仕事をしている(していた)人なのかは知らない(予想は出来る)が、彼の現役の時の時給はいくらだったんだろう?
 行政職員向けの研修などでも人件費が問題になることがある。曰く「高すぎる」。素直に質問するが「あなたの時給はおいくらですか?」まともに答えた人は今まで一人もいない。

 講演料もしかり。この方の講演料は高すぎる気がしますが・・・。専門家である。知的財産で仕事をしている方である。行政が持つ講演料のおおよそ(自治体によって差があるので)の額は知っているのだが、その額が適正かどうかの検討はやられているのだろうか?基準額でよべない講師を招聘するのにどのような裏技を使っているのだろうか?

 以上はよく話題になることである。このブログを読んでいらっしゃる方は僕が意識的に書いている事なども、多分わかっていらっしゃる事(裏技についても)であると思う。今回気になるのは上記の質問が民間側の審査員から出たことである。
 制度にのっとった質問の是非については今回のヒアリングでとりあげる問題ではなく、別のところで議論する問題なのだが、事業効果についての質問など一切ないうちに単価についての質問が飛んできたことに???という気がしている。