CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
マイケル・ボンド『パンプルムース氏のおすすめ料理 (創元推理文庫) [2011年11月27日(Sun)]

 「クマのパディントン」シリーズの作者が書いた大人向けのライトミステリーといわれてもクマさんが頭に浮かばないからどうしようもない。

 元パリ警視庁刑事のパンプルムース氏は敏腕刑事だったらしいが、オンナへんのスキャンダルで退職し、元警察犬ポムフリットを相棒にグルメガイドブックの覆面調査員をしている。
 ミシュランの覆面調査員がすぐに浮かぶが、この表紙のように凸凹コンビ。単純な美食ガイドにはならないところが面白い。

 小生「一生に一度は三ツ星レストランで食事したい」などと思うグルメとは程遠い。まして今回の特別料理は鶏をまるごと使った料理でパス(小生実は生きた鶏が大嫌い。パーツパーツの鶏料理ならOKだけど・・・例えば韓国のサムゲタンなんて卒倒します)。読みたくもない。

 じゃあ何故読んだの?表紙です。この凸凹コンビならなんかやらかしてくれそうという変な期待を持たせてくれます。
 少々のお色気(実際はドタバタ)や推理小説の範疇に入るかどうかスレスレの謎解きでちょっと肩透かし気味だけど、笑えます。クルーゾーのエキセントリックさを中和した可笑しさでしょうか。
『探偵になりたい』パーネル・ホール(ハヤカワ文庫) [2011年11月04日(Fri)]
 探偵とは名ばかりで事故専門の調査員の主人公は実は凄腕だった!なんてことは本のカバーを見ればわかる。「ない!!」

 実はこの小説、小生をミステリー中毒に引きずり込んだ1冊である。何が面白いのか?粋である。
 会話がとてつもなく楽しい。そして事件の解決までのスピード感も良い。ただし楽しいのは事件解決への一本道ではなく、ちょっとわき道、回り道。人生そんなものだろう。

 麻薬密売をめぐるトラブルに巻き込まれ命を狙われている、と訴えた男は翌日には冷たくなって発見された。出番は全然来ない。
 同じ理由で探偵ヘイスティング君には依頼人はいない。依頼人をおちゃらけて追い返した悔恨だけが残り、メラメラと正義の炎が燃えるのだが、火のつき方は軟弱でメラメラというよりもチラチラが正解。でも何故か頑張る素人探偵の運命やいかに??!!。

 疲れたときの頭休めには最適です。ハマリマス。
デイヴィッド・ハンドラー『ブルー・ブラッド』(講談社文庫) [2009年07月02日(Thu)]
  
 気鋭の映画評論家は愛妻に先立たれ、ある種引きこもり状態で鬱々と仕事をこなしている。先鋭的だった批評眼も少々怪しくなっている。
 転地療養も兼ねて片田舎でのレポート記事の仕事をこなすことになるが、どうも招かれざる客のような待遇を受ける。

 一方、ドレッドヘアーで野良猫保護の活動家でもある女性警部補は、所轄内でも注目を浴びるマイノリティーの星でもある。

 ハンドラーの前シリーズのゴーストライターはキャット・フードが大好物というゴールデン・レトリバーのルルを飼っていたが、このシリーズは猫がいい場面で登場する。今回は出番はあまりなかったが、野良猫の大ボスが次回以降にどう活躍するのかにも興味津々である。

 最初の被害者はシングルマザーのウエイトレスだが、何故?何の為に殺害されたのか皆目わからないのだが、どこに伏線があるのかも手がかりがない。

 太っちょでちょっと中年の批評家は家庭菜園づくりを始めるが、ここで死体を発見するのはお約束。
 行方不明のはずの被害者が他殺死体で発見されたのはまちがいなく現代の事件なのだが、それは30年前の忌まわしい事件の亡霊を呼び起こしてしまった。
 殺人事件にコミュニティーの住人ほとんどが何らかの関わりを持つという構図は、決して新しくは無いが結構新鮮でもある。

 殺人を追いかける警部補は異能の画家でもあり捜査を展開していく過程でその隠れた才能は、世捨て人的生活を行う批評家を引き付けてしまう。
30年前の事件の真相は?新たな事件の犯人は?人知れず殺されたウエイトレスの事件はどこかで結びつくのか?3つの謎がシンクロしながら絡み合っていく。
『退職刑事』都筑 道夫 (徳間文庫) [2009年06月23日(Tue)]
友人にはいろんな型があるが、話題を共有して一緒に盛り上がろう・騒ごうという輩がいる。そんな仲間の一人に僕の鼻の頭に人参をぶらさげようとする読書おたくの友人がいる。

 「おいちゃんは落語好きじゃないですか・・・、江戸の風情っていいっしょ・・・、それがミステリー、それも極上のミステリーであると聞いたらどうします?知らないでしょ?」なんて話をして、翌日から探しているのだがまだ見つからない。書名はわざと書かない。多分○○シリーズだろうなどと訳知り顔をしてればいい。

  そんな話をしていて「安楽椅子探偵」の話になった。ミス・マープルって結構いいよねぇ〜などと話をしていると、日本のミステリーをほとんど読んでないのを知っている奴は「都筑道夫の『退職刑事』はいいっすよ・・・都筑道夫は当然しってるっしょ?」
「ミステリ・マガジンの元編集長で、田中小実昌なんかとも仲の良かった作家でしょ?」
「読んだことあります???」

 というわけで、読みました。

 恍惚の域に入りかけているといいつつ頭脳明晰の元刑事が、息子である現役刑事が扱う、ちょっとした不思議な事件を、捜査状況を聞きながら犯人を推理していくという設定。非常にオオソドックスな安楽椅子探偵である。ただ、舞台はおそらく公団アパート(息子の刑事が住んでる)だろうし、浴衣を着てハイライトかしんせいを吸いながらの会話だから「安楽椅子」というよりも座布団探偵である。

 「写真うつりのよい女」では、殺された女という起こってしまった事件ではなく、これから起こると思われる事件から推理して犯人像を割り出すし、「理想的な犯人像」では理想的な犯人を追う視点ではなく、被害者の性格を推理することからまるっきり違う推理を重ねていく。

 「考え方に枠をはめないように」とか「柔軟な思考」とか常々講演などでは口走る小生が、いかにそれが自分に身についていないのかを実証(自分の頭の中だけだから誰からも指摘はされないが)してしまった。
クレオ・コイル『名探偵のコーヒーのいれ方』(ランダムハウス講談社) [2009年04月07日(Tue)]

 コーヒーが好きだ。一日何杯飲むだろう。好みはアメリカンとエスプレッソの中間くらいだろうか。どちらかといえば深か煎りよりは浅めが好みである。

 舞台はニューヨーク、グリニッジ・ビレッジに100年以上続く老舗のコーヒー・ハウス、店名が「ビレッジブレンド」とくればロケーションは満点である。「どこが?」と聞かれても困る。僕的に満点、それでいい。 

 その昔見た「グリニッジ・ビレッジの青春」という映画を思い出してしまった。ポール・マザースキー監督作品でBGMにJAZZがうまく使われていた。この小説で店内に流れる音楽はいただけないのだが、主人公で店のマネージャーの名がクレアなのは正解。「ビレッジブレンド」というコーヒーハウスをきり盛りするのは「クレア」でなければならない。

 さてミステリーだが、こちらはちょっとばかりコクが足りない。アシスタント・マネージャーでダンサーでもある女の子が階段から落ちて倒れているのを不審に思うクレアだが、「ダンサーだから階段から落ちたりしない」ではひねりがない。
 作者はクレアの観察眼などを随所に強調しようとするのだが、これはうまくいってない。まあこれがコージーミステリーのコージーミステリー所以なんだけれどやっぱりコクが足りない。
 せっかくエスプレッソをうまく書いているんだから、事件そのものや登場人物(脇役の設定は結構魅力的で、次回作が非常に楽しみ)の書き込みにもう一工夫が欲しかった。

 コーヒーを飲みながらミステリーを読む楽しさを思い出させてくれたのと、あまり苦くない後味を評価してC+。

 蛇足だが、一工夫といえば表紙の絵はこれでいいのだろうか??? 判断に迷うところだ。
『死体は沈黙しない』キャサリン・エアード(ハヤカワ文庫) [2008年12月21日(Sun)]

主人公の警部が奥方の出産検診にオロオロしながら(本音は行きたくないが山ノ神を怒らすと怖い)病院を訪れるシーンから始まる推理小説をはじめて読んだ。たしか「87分署」シリーズでキャレラが出産に関係するシーンがあったような気はするが・・・

産科病棟で落ち着かない時間を過ごしていると、糖尿病で死んだ定年直前の女教師の検死に立ち会うことになったのだが、彼女は質素な暮しをしながら巨額の預金を遺していた。人間性と家計と貯金残高があまりに食い違う点を、署長が不審に思っての検視だった。

検死の結果ははっきりした病死だったが、あまりに絵に書いたような不審の入る余地のない報告に大きな穴がすっぽりあいていた。

簡単な病死が殺人事件と故人の飼犬の失踪事件と遺産相続人の一人が行方不明になるという展開で、息をもつかせぬ大推理劇が展開するのかと思えば文体は軽く、飲酒運転の常習者の医者や子どものようなインターンが登場したりと、大騒ぎが展開する。

軽いユーモアが全体にまぶされ、アルコール度数は高いのだが飲み口が良い上質のスコッチのような読後感が良い。
『クッキング・ママの名推理』ダイアン・デヴィドソン(集英社文庫) [2008年12月07日(Sun)]
 ケータリング業を営むゴルディー・ベアが主人公の3作目。

 主人公のゴルディーは前夫のハンサムなお医者さんにDVを受け離婚し、生意気盛りの男の子と二人暮らし。見よう見まねで始めたケータリング業もどうにか軌道にのって、今回は息子の先輩(卒業真近で目下大学進学問題で苦悩中)が下宿人件ケータリング助手として登場する。

 前夫に受けたDVが原因か男性(恋人)拒絶症状を呈していた主人公は、趣味がよく親身に愛情をそそぐ警察官に、そのかたい心の扉を徐々に開いていくのだが、折も折り息子の通う名門校で殺人事件が起こる。被害者は学年1優秀な生徒で動機は不明。
 名門校というラベルは最高だが内実は多くの問題を抱えているらしい。その証拠に息子にも悪質ないたずらが仕掛けられたりしている。

 アメリカの推理小説を読むと気になるのが、女性のヒステリックさと子どものクソ(失礼!)生意気さとそれに対する大人の狼狽や過剰な反応である。子どもの人権=当然でしょう。男女同権=当たり前です!でも小説だからと言って結構度が過ぎている気がする。真綿でくるんでくるんでるほうが疲れてるようナな気する。

 アメリカのストレス社会が原因なんかなぁ〜

 今回の事件はどうも教育(進学)問題がKEYのようだが、尚更ヒステリーと子ども至上主義みたいなものが顔を出して、どこの親も親ばかなんだけどこれってどうかなぁ〜?と思ってしまった。
『フロスト気質』R・D・ウィングフィールド(創元推理文庫) [2008年09月21日(Sun)]

 待ちに待ったフロスト警部が帰ってきた。しかも上下2冊の分量で。ということは中身が薄っぺらになるか、事件が大事(おおごと)になりかつ、登場人物たちも生き生きと動き回るかの二つしかない。

 小生、自分ではけっこう忙しいと思っているのだがフロスト警部の仕事ぶりをみるとまだまだアマチュア、仕事への取り組み姿勢を根本から考え直さなければならない気がしてきた。
 
 そう言えば昨日電話で聞いたけど、先日開催された大掛かりなフォーラムのスタッフは2日に1日は徹夜だったらしいし、7○歳の女性ボランティアスタッフが毎晩11時近くまで仕事をしていたらしい・・・。ん〜ん、俺は甘いのかもしれん!!

 でも、それでもフロスト警部の部下にだけはなりたくないし、イギリスの片田舎デントン市の住民にもなりたくないなぁ〜。

 2〜3日の間に、子どもの誘拐事件に、幼児刺傷事件、偽装誘拐に小悪党の殺人事件。幼児3人の殺害とその母親の殺害事件に、空軍の名パイロットだった未亡人宅から発生した勲章の盗難事件等々。大都市ニューヨークなら話がわかるが、片田舎の小都市でこれだけの事件が次々に発生するんじゃ世界でもっとも治安の悪い街であることは間違いない。

 まして、デントン市を含む広域警察連合(こんな言葉は本書にはないけど)の幹部連中はあろうことか酔っ払い運転で事故を起こして入院中。その事件を警察署長達が口裏を合わせて隠蔽工作までやっている。すごいねデントン市。どこかの国の農水省と社会保険庁とドッコイどっこい、いい勝負してる。

 そんなこんなで、もろもろの大小事件は休暇中のフロスト警部の担当となった。部下にはワンダー・ウーマン部長刑事と虫唾が走る程の上昇志向のイヤナ警部代行が付き、署長のマレットのイヤナ奴度は天文学的に増長している。

 でもお立会い! フロストのいい加減、下品、出鱈目、出たとこ勝負、猪突猛進ぶりも格段にヒートアップ。下ネタジョークも磨きがかかっている。丁々発止の舌戦や化かしあいがフルスピードで展開している。ちょっと残念なのはお色気のトーンダウンだけかな。

 もともと気のいいおっさんだったフロスト警部は、その人の良さは周囲に理解されず厄介者扱いされ、部下達からも嫌われてたはずだったんだけど、いつのまにか一握りのイヤナ奴集団に唯一対抗する希望の星になっていたようだ。
 他人に理解されるには長い年月が必要であるという見本なのかもしれないのだが、傍迷惑は変わらないのだから、マレット署長以下のイヤナ奴度アップの反作用と見たほうが良いのかもしれない。

とにかくお勧め!!読まないと損をする!!

『青チョークの男』フレッド・ヴァルガス(創元推理文庫) [2008年09月10日(Wed)]
 夜毎パリの街の路上に描かれる青い円。その中に置かれる意味不明のガラクタの数々は、「ヴィクトール、悪運の道、夜の道」というサインが残され不吉な雰囲気を醸し出していた。

 パリ第五区警察署長アダムスベルグは偏執狂の仕業でないとすれば、裏に黒い意思があることを感じ取っていた。

風采のあがらない地方出身の天才肌の警察署長の周囲は、超個性的な役者が脇を固めている。実務派で論理的な部下はアル中で夕方以降は仕事にならない5人の子どもを育てるシングル親父。
 狂言回しは人間観察が生きがいで尾行魔の天才海洋学者で、その同居人も一癖では語れない。

 主役も脇もきっちりとした人物像が描かれ、活き活きと活躍する舞台で青いチョークをめぐる憶測は様々な方向に捻じ曲げられていく。

 事件の不穏な陰は現実となり円の中の小道具に死体が混じるようになった。

 重要参考人として浮かび上がったのは歴史学者だが奇妙な癖を持つ老婆が失踪することで、新たなトリックと隠された青チョークの意図が明らかになる。

 大きなトリックに無理があるのだが登場人物を丁寧に書くことで臨場感があるサスペンスに仕上がっている。特にパリという街の息遣いが感じられる。
『不運な夜』ジム・シーニー(ハヤカワ文庫) [2008年08月03日(Sun)]

 マフィア御用達のレストラン経営者は、結果的には抗争絡みの賭博ポーカーに巻き込まれる。イカサマ(最初は本人も知らなかった)で大勝ちしたのはいいが、相手はマフィアの大物だった。当然結果は仕掛けたほうからも仕掛けられた方も、両陣営から命を狙われる。
 
 巨大な組織をどう操って乗り切るのか?罠に嵌めた美女もその妹も魅力的だし、登場人物が生き生きと動いている。

 命を賭けた駆けた、全然ヒーローじゃない男と本当に怖い男たちの綱引きが面白い。(本当の悪は手を汚さないもののようだ)
| 次へ