CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

街がシアター 街がミュージアム

ワクワク・ドキドキする感動を街の中でいっぱいしたい。
大人がいきいき、楽しく遊べる街が好き。
思ったことを自分らしくそんなブログです。


プロフィール

おいちゃんさんの画像
おいちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
最新コメント
高松宮記念 2011
ワックス清掃 (03/19) クロ
盛岡を離れます (12/10) やま
盛岡を離れます (12/10) やま
老舗の居酒屋 (12/09) ほうかごゆうこ
佐賀に来てます (10/17) はなみずき
山の中のお月見 (09/23) チャビン
増殖中! (08/27) チャビン
『僕僕先生』 仁木英之(新潮文庫) (06/24) jin
伊勢海老! (02/23) ナニワ生まれの西都人
日本の古典文学 (02/23)
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/oichan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/oichan/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
新しい公共 [2010年01月18日(Mon)]
 昨日1月17日は阪神・淡路大震災から15年の祈念の日だった。

 激甚災害から、政権交代に代表されるように大きな変化が起こっているが、兵庫県公館で開かれた「1・17のつどい―阪神・淡路大震災15周年追悼式典」で、鳩山由紀夫首相が述べた「追悼の辞」には下記の発言があった。
     ◇
 本日ここに、「阪神・淡路大震災15周年追悼式典」が執り行われるにあたり、政府を代表いたしまして、謹んで追悼の言葉をささげます。

 6400名を超える尊い命を奪い、この地に未曽有の災害をもたらした阪神・淡路大震災の発生から15年が経過をいたしました。この震災により亡くなられた方々の無念さと、最愛の肉親を失われたご遺族の深い悲しみに思いを致しますと、誠に痛恨の極みであり、哀惜の念に堪えません。改めて、心から哀悼の意を表するとともに、すべての被災者の方々に心からお見舞いを申し上げるものでございます。

 阪神、淡路の地域では、この15年の間に、地元住民の方々や自治体、政府などが一体となってめざましい復興が図られました。とりわけ、市民の皆さん、ボランティアの皆さん、NPOの皆さん、皆様方による連携や協力は、人と人とが互いに支え合う「新しい形の公共の姿」を示すものでもございました。多くの方々のご尽力に対し、心より敬意を表します。

 「新しい公共」の表現の仕方が様々で、今一つわからないこともあるのだが、少なくとも「公共」のあり方が変わってきているのは事実だろうと思うが、このような動きが現状に対して反応や感度が鈍いのが行政職員の感性の様に思う。当事者意識が薄いと言い換えても良い。

 昨年末に行った行政職員向け研修のアンケートに今、とてもホットな話題であると思うし、興味ある人は多いと思うというのがあった。書き手は自治体職員で研修に何度も来ている人だが、この文面からは他人事としてしか捉えていないように思うのだが僕だけだろうか?
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/52377
コメント