CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月30日

田舎だからこそできる豊かな生活を目指しつつ、秋田の山菜の魅力、 山の名人たちの暮らし、田舎の素晴らしさを伝えるため日々活動中

スライド8.JPG12234927_1084530591560183_4172184964292876179_n.jpg
食欲の秋である。まだ台風がやってくるようだが、秋はキノコが採れる良い時期だ。
山菜採りやキノコ採りは、何をどうとってよいのか、経験・知識が無いと不安だが、季節の旬を食べたい人には、「あきたの森の宅配便」という大変便利なサービスがある。
https://akita-mori.com/?pid=122939625
自分に変わって深山奥深くのキノコ等をその道の名人が採って宅配便で自宅に送ってくれる代行サービスである。
キノコ鍋セットもあるので、興味ある人気に入ったら注文されたし。
このサービスを運営する株式会社あきた森の宅配便の代表の田中奈津子(旧姓 栗山)さんは、1988年、秋田県小坂町生まれ。大学卒業後、食品会社に入社するも3年で退社。
小坂町へUターンし、あきた森の宅配便の2代目社長へ就任した。
第2創業として「天然山菜採り代行サービス」を本格化。山菜を採ってくる地域の年配者「山の名人」は30人以上。田舎だからこそできる豊かな生活を目指しつつ、秋田の山菜の魅力、 山の名人たちの暮らし、田舎の素晴らしさを伝えるため日々活動中である。このユニークなサービスを開発し運営したことを評価されて環境省グッドライフアワード2015環境大臣賞最優秀賞受賞した。
彼女の開発したサービス内容や山菜採り名人のお母さんたちの活動は、2017年9月7日開催の農山漁村コミュニティ・ビジネスセミナーで紹介した。
その詳細は、下記のサイトからご覧ください。
https://www.kouryu.or.jp/events_seminar/machimura/H2904seminar_report.html
スライド1.JPG
posted by オーライ!ニッポン会議 at 16:12| コミュニティビジネス