CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年10月25日

農山漁村コミュニティビジネスセミナーとは

スライド1.JPG
農山漁村において、コミュニティの資源を活用して、コミュティの維持発展の役割を担う活動を農山漁村コミュティビジネスと呼びます。
農山漁村地域が活性化するためには、農山漁村のコミュティビジネスが持続可能であることが重要です。そのためには、補助金や交付金になるべく頼らず自ら収益を確保して持続しなければなりません。
一方、通常のビジネスと異なるのは、利益を出すことが優先事項ではなく、地域への貢献という使命も課せられるところにあります。ゆえに地縁、知縁を総動員した取り組みが求められます。

そこで、当機構では、農産物直売所、農家レストラン、農家民宿、廃校活用、市民農園、鳥獣害対策、地域資源を活用した特産品開発、子どもを対象とした農山漁村生活体験活動、グリーン・ツーリズム等の取り組み事例や人材育成、IT等の情報発信方法、交流活動の集客方法など都市農村交流に関わるノウハウなどテーマとして、
オーライ!ニッポン大賞受賞者を含む多様な、実践者をお招きし、コミュニティビジネスの健全な発展を目指して、必要となるノウハウ、話題等をフレキシブルに取り上げつつ農山漁村コミュニティビジネスセミナーを平成22年から、これまでに131回開催してまいりました。

最近の農山漁村コミュニティビジネス・セミナーの開催結果については、
下記のサイトから発信しています。
ご興味あるかたはぜひご覧ください。

https://www.kouryu.or.jp/events_seminar/machimuraseminar_reports.html

平成30年度 既開催の以下の結果をPDFでご覧いただけます。

第1回 2018年5月31日(木)開催
【古民家を活用した農家民宿のコンセプトは「奥三河で暮らすように遊ぶ」】
体験型ゲストハウス「danon」
オーナー 金城 愛 氏(愛知県東栄町)
第2回 2018年7月3日(火)開催
【農業で食えなかった村が生き残る手立てとしてとったのは『ほっとステイ事業』】
株式会社 信州せいしゅん村
 代表取締役 小林 一郎 氏(長野県上田市)
第3回 2018年9月12日(水)開催
【移住者が拓く、農泊と交流事業】
   NPO法人 美しい村・鶴居村観光協会
事務局長 服部 政人 氏(北海道鶴居村)
第4回 2018年10月4日(木)開催
  【まだまだ若いものには負けられない!素敵な仲間と美味しいトマトで地域再生】
企業組合遊子川ザ・リコピンズ 
代表理事 辻本 京子 氏(愛媛県西予市)

※ 併せて、平成29年度の第7回、第8回の結果もPDFで提供しています。
第7回 2017年12月5日(火)
【日本で唯一の畑ガイドが案内するガイドツアー会社】
  株式会社いただきますカンパニー
代表取締役 井田 芙美子 氏(北海道帯広市)
第8回 2018年1月25日(木)
【田舎暮らしや田舎での起業など学びの交流人口創出で地域の誇りも再生】
特定非営利活動法人 土佐山アカデミー
事務局長 吉富 慎作 氏(高知市)

posted by オーライ!ニッポン会議 at 12:04| コミュニティビジネス