CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年07月 | Main | 2009年09月»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2009年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
http://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
ASEAN伝統医学国際会議始まる [2009年08月31日(Mon)]
8月31日(月曜日)
朝9時15分。ASEAN伝統医学国際会議が始まった。参加者は約200人。うち、タイ側の参加者が約半分。残りの約100名は、ASEAN10カ国の代表団、及び、オブザーバー参加の、日中韓、とインド、スリランカ、ネパールの6カ国である。


    <初の伝統医学国際会議は地元マスコミも注目>

(8月30日の記述からの続き) 1970年代の後半に入り、このような潮流が大きく変化した。そのきっかけとなったのが、1978年にWHOがアルマータ宣言。この中で、初期治療(Primary Health Care)における薬草の活用を呼びかけたことに呼応し、早速、タイ保健省は第4次健康開発長期計画(1977−81)で、初期治療(Primary Health Care)における薬草の活用を打ち出した。
その後、1979年にはシルラート病院に、伝統医療師や学者、医師が集まりタイ式伝統医学の復活と促進をテーマにタイ式伝統医療会議が開かれた。また、1986年には保健省保健計画局などが主催して、タイ式伝統医療発展セミナーが開かれた。
そして、1989年には、保健省の一部局としてタイ式伝統医療医薬品発展協力センターが設置された。1993年にはこの組織は部レベルに格上げされ、タイ式伝統医療研究院(Institute of Thai Traditional Medicine, ITTM)が設立された。そして、2002年には保健省内に、新しく、専門の組織として、タイ式伝統代替医療開発局(Department for the Development of Thai Traditional and Alternative Medicine, DTAM)が設立された。
シルラート病院の有名な教授で、タイ国民の健康増進と医療コストの軽減の観点から、タイ式伝統医療の活用を訴えたウアイケツシン(Dr. Ouay Ketusingh)教授の呼びかけによって、1982年には、タイ式伝統医学振興財団(Foundation for the Promotion of Thai Traditional Medicine)が設立された。そして、この財団によって、タイ式伝統医療を西洋式近代医学で補完、補強した新しい伝統医学(Applied Thai Traditional Medicine)を教える教育機関として、3年制の伝統医療学校が設置された。
さらに、1987年に改正された医療行為規制法(Practice of the Arts of the Healing Act, 1987)では、資格試験に合格したこの学校の卒業生には、初めて聴診器や血圧計などの医療器具の使用が認められるようになった。しかし、彼らといえども、患者に処方できるのは伝統医学の生薬やマッサージなどの伝統療法に限られた。

     <笹川会長と談笑するスリンASEAN事務局長>

そして、今日では、国民の医療サービスにおける、タイ式伝統医学に基づく生薬や伝統医療技術の活用は、タイ政府の一貫した政策となっている。その理由は、以下の5つ。
1.WHOの呼びかけ
WHOはUNICEFとともに、1978年、アルマータ宣言を発表。その中で、2000年までに達成することが目標とされているHealth for Allを実現するために、Primary Health Care (PHC) を加盟各国の包括的保健衛生制度の中の重要な要素として位置づけ、その促進のための、国家計画、実施戦略、行動計画を策定することを呼びかけた。具体的には、コミュニティーや個人の主体的参画と、伝統医療知識に基づく薬草や民間療法など既存のあらゆる有用な資源の活用である。
2.近代医療コストの高騰
タイでも近年医療費の膨張が大きな問題になっている。近代医薬品は高価なものが多いが、単純な病気であれば、国産で安価な生薬でも十分効果が期待できる。また、病気になったあとで治療にコストをかけるより、伝統医学が重視する健康増進や病気の予防に注力する方がトータルの医療コストを下げることが出来る。
3. 近代医学の限界
近代医学の有効性は疑うべくもないが、一部の薬品では深刻な副作用があったり、慢性疾患(高血圧、糖尿病)には必ずしも有効ではない、などの限界がある。
4.タイ式伝統医学の経済効果
過去10年来の世界的な生薬や、医療マッサージブームによって、タイの伝統医学に基づく、生薬や、医療マッサージの経済効果、雇用創出効果が注目されるようになった。
5.インドや中国における伝統医療の活用
両国では、伝統医学を国民保健制度にうまく組み込むことに成功。それが、大きな刺激となった。

西洋式近代医学と並んでタイ式伝統医学が拡がりつつあるが、過去60年余り、忘れさられていたことによって、現在の生薬や医療技術の品質には一部に問題があり、その改善が急務になっている。

    <開会式でスピーチするスリンASEAN事務局長>

このような背景のもとに、日本財団の呼び掛けに応じて、ASEAN事務局とタイ保健省が協力して開かれたのが今回の会議である。ASEAN事務局との合意では、今回を含めて5年間5回にわたり、ASEAN加盟国回り持ちでこの会議を開くことになっている。
今回の会議では、ASEAN事務局長は事務局のスタッフからの報告には勿論のこと、日本財団が何らかのかたちで保健省と組んで実施中または実施を検討中の国々、即ち、タイ、ミャンマー、カンボジア、ラオスの各国から、日本財団との協力事業に対する言及があるなど、日本財団一色の会議になった。
尚、私は、タイ保健省の全医務サービス支援局長スパチャイ博士と組んで、プレゼンテーションを行った。


  <日本財団との業務提携協定を説明するASEAN代表>

8時50分 笹川会長・スリンASEAN事務局長会談同席
9時15分 ASEAN伝統医学国際会議開会式 
16時 日本財団事業プレゼンテーション
18時半 スパチャイRangsit大学医学部長らと夕食会
| 次へ
ブログパーツ レンタルCGI