CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年07月 | Main | 2009年09月»
プロフィール

大野修一(日本財団)さんの画像
大野修一(日本財団)
プロフィール
ブログ
<< 2009年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ブログ内の検索は
  こちらから ▼
Google 
カテゴリ
最新記事

コメント

トラックバック
犬山城 (01/18)
月別
リンク集
http://blog.canpan.info/ohno/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohno/index2_0.xml
ハノイIL(自立生活)運動センターで記者会見に臨む [2009年08月23日(Sun)]
8月23日(日曜日)

     <ハノイIL(自立生活)運動センターに集まった現地マスコミ>

あすからここで開かれる重度障害者自立生活(IL)運動の当事者カウンセラー講習会のために日本から来ていただいたDPIアジアパシフィックの中西会長と朝食を取りながら打合せ。ホーチミンでのILセンターの開設に向けて意見交換。そのあと、ハノイ自立生活運動センターへ。地元メディアとの記者会見に臨む。

          <中西会長らと記者会見に臨む>

本来の私のハノイ訪問の目的だった、ILセンター用の介護車両の引き渡し式は、又しても車の通関が間に合わず、やむなく、シンボルとして段ボールで作った巨大な鍵を運転手さんに渡して終了。
メーカーである日産自動車の協力により、やっとの思いで、左ハンドルの車両に電動リフトを据え付けてもらい、日本から船便で送り出して既に何カ月もたつ。労働福祉省からとっくに、免税での輸入のための特別許可をもらっているのだが、ハノイの税関を通すのに手間取っている。財務省の許可など次々に新たな手続きを要求されるなど、信じられないほど手続きが煩雑なのだ。
ホテルとILセンターとの往復の際、中西さんたちは車いすのままでの移動のためにレンタルしたマイクロバスへの乗降に一苦労。アルミ板で作ったスロープは今にも滑り落ちそうで大変危険。一日も早く、電動リフト付きの介護車が引き渡されるのを祈るばかりだ。


     <俄か作りのスロープは今にも滑り落ちそうで大変危険>

8時 DPIアジアパシフィック中西会長
9時半 ホテル出発
10時 ハノイ自立生活運動センター
15時 記者会見

| 次へ
ブログパーツ レンタルCGI