CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年11月 | Main | 2018年01月»
プロフィール

おひさま進歩エネルギー(株)さんの画像
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
本の表紙.jpg おひさま進歩の本が発売になりました! お問い合わせ、詳細はこちら
最新記事
最新コメント
リンク集
1/17 長野市で公開セミナー「エネルギー×信州の地域力」 [2017年12月27日(Wed)]
 自然エネルギー信州ネットが主催する公開セミナーが1月17日(水)、長野市で開催されます。
 移住者と地域住民が一体となった小水力発電や木質バイオマス利活用事業など、実際に地域再生につながっている全国および信州での事例を、ノンフィクションライター高橋真樹さんと、地域政策デザインオフィス田中信一郎さんの視点で紹介します。
 人口減少という社会の大きな変化を迎える今、地域再生の手がかりとなるようなセミナー内容です。ぜひお集まりください。

 公開セミナー@長野.jpg

公開セミナー「エネルギー×信州の地域力」チラシ.pdf

■公開セミナー「エネルギー×信州の地域力」
日時:2018年1月17日(水)13:30-16:30 (13:15開場)
会場:長野市勤労者女性会館「しなのき」多目的ホール(長野市西鶴賀1481-1)
アクセス:
・徒歩  JR長野駅より徒歩15分
・バス  JR長野駅より長電バスで「権堂イトーヨーカドー前」下車徒歩2分
・電車   長野電鉄「権堂駅」下車徒歩2分
※駐車場無し(周辺の有料駐車場をご利用ください)
*参加費:無料 定員40名
<プログラム>
13:15 開場、受付開始
13:30 開会あいさつ
13:40 ノンフィクションライター高橋真樹さんより全国の事例紹介
・西粟倉村の木質バイオマスを活用した地域事業
・岐阜県石徹白の小水力発電を活用した地域事業
・生活クラブの市民風車「夢風」による地域還元事業 など
14:30 一般社団法人地域政策デザインオフィス代表理事 田中信一郎さんより
・長野県における取組紹介
15:25 対談および参加者とのディスカッション
パネリスト: ノンフィクションライター・高橋真樹さん、一般社団法人地域政策デザインオフィス代表理事・田中信一郎さん、NPO法人上田市民エネルギー・藤川まゆみさん
16:30 終了 ※当日は書籍販売も行います

<参加申込み>
以下の申込みフォームにて、お申込み下さい。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/dbde4375549474

<講師・パネリスト プロフィール>
■高橋真樹さん
ノンフィクションライター
放送大学非常勤講師。持続可能な社会をテーマに全国各地で取材、多数のメディアに執筆している。
主な著書に『ご当地電力はじめました!』(岩波ジュニア新書)『そこが知りたい電力自由化?自然エネルギーを選べるの?』(大月書店)ほか。
WEB上で「高橋真樹の全国ご当地エネルギーリポート」を連載中。「エネルギーを通じたまちづくり」をテーマにした新作ドキュメンタリー映画「おだやかな革命」(2018年2月公開)では、アドバイザーを務める。
■田中信一郎さん
一般社団法人地域政策デザインオフィス 代表理事
千葉商科大学特別客員准教授、酪農学園大学特任准教授、博士(政治学)。
国会議員政策秘書、大学講師、横浜市、内閣官房などを経て、2011年10月より5年間、長野県庁の課長級職員として、地域エネルギー政策、地球温暖化対策、地方創生(人口減少対策)を担当。
その後、自然エネルギー財団特任研究員を経て、現在に至る。主な著書は『国会質問制度の研究』(日本出版ネットワーク)、『信州はエネルギーシフトする』(築地書館)。
■藤川まゆみさん
NPO法人上田市民エネルギー 理事長
2005年上田市に移住。震災・原発事故後、市民こそが自然エネルギーを増やさなくてはと、2011年9月上田市民エネルギー設立(2012年2月法人化)。
市民が屋根もお金も出し合って太陽光パネルを増やしていく「相乗りくんプロジェクト」を展開。これまでに約250人の参加で、39ヵ所、466.95kW分のパネルを設置。

<お問合せ>
自然エネルギー信州ネット事務局 担当:浅輪、山田
TEL/FAX 026−217−6450  メール staff@shin-ene.net
主催:自然エネルギー信州ネット  後援:長野県

詳細は自然エネルギー信州ネットHPもご覧ください。
http://www.shin-ene.net/information/4254
1/21 映画『おだやかな革命』上映会 [2017年12月26日(Tue)]
 南信州自然エネルギー普及協議会主催の映画『おだやかな革命』上映会が1月21日(日)、飯田市旧飯田測候所で開催されます。
 日本各地で地域に根ざした自然エネルギー事業に取り組む人々を紹介して、地域や暮らしを緩やかに変革する姿を追ったドキュメンタリー映画です。
 定員30人(事前申込制、先着順)のため、鑑賞を希望される方は事前にお申込みください。

<映画『おだやかな革命』上映会>
日 時 2018年 1月21日(日) 14時00分〜15時40分 ※13時40分開場
場 所 飯田市旧飯田測候所(飯田市馬場町3丁目411番地)
申 込 必要(事前予約制)
参加費 1,000円、中学生以下は無料
定 員 30人(先着順)
申込先 南信州自然エネルギー普及協議会
(事務局 おひさま進歩エネルギー梶j担当:蓬田、伊藤
( FAX : 0265-56-3712、TEL : 0265-56-3711、Mail info@ohisama-energy.co.jp)
 「おだやかな革命」上映会チラシ.pdf

 チラシ表面.jpg

【あらすじ】
原発事故後に福島県の酒蔵の当主が立ち上げた会津電力。放射能汚染によって居住制限区域となった飯館村で畜産農家が立ち上げた飯館電力。岐阜県郡上市の石徹白、集落の存続のために100世帯全戸が出資をした小水力事業。さらに、首都圏の消費者と地方の農家、食品加工業者が連携して進めている秋田県のにかほ市の市民風車。自主自立を目指し、森林資源を生かしたビジネスを立ち上げる岡山県西粟倉村の取り組み。
都市生活者、地方への移住者、被災者、それぞれの「暮らしの選択」の先には、お金やモノだけでない、生きがい、喜びに満ちた暮らしの風景が広がっていた。成長・拡大を求め続けてきた現代社会が見失った、これからの時代の「豊かさ」を静かに問いかける物語。
【スタッフ】
ナレーション:鶴田真由 企画・製作・監督・編集:渡辺智史 撮影:佐藤広一 音楽:鈴木治行 演奏:瀬川裕美子 MA:中野坂上スタジオ  アドザイザー:高橋真樹 製作会社:有限責任事業組合いでは堂
キャスト: 佐藤彌右衛門、小林稔、平野彰秀、平野馨生里、井筒耕平、牧大介、 辻信一、枝廣淳子、広井良典 他
「橋北イルミネーションフェスタ2017」が開幕 [2017年12月19日(Tue)]
 飯田市旧飯田測候所の冬の風物詩「橋北イルミネーションフェスタ」。
 今年は12月17日(日)から始まりました!

 PC180008.jpg

 PC180003.JPG.jpg

 PC180004.jpg

 PC180019.jpg

 PC180013.jpg

 このイルミネーションは、地元で活動する橋北面白倶楽部の皆さんが中心となって、11月から週末ごと集まって飾り付けを進めてきました。
 今年は、なんと広場に帆船とイルカ3匹が登場!
 年々にぎやかに、美しく彩られています。

 PC180016.jpg

 PC180018.jpg

 23日(祝)には、クリスマスイベントも開催します。
 鮮やかなイルミネーションを見に、ぜひ測候所へお出かけください。 

【北斗のまち 橋北イルミネーションフェスタ2017】
点灯期間:平成29年12月17日(日)〜平成29年1月5日(金)
点灯時間:17時〜21時
会   場:旧飯田測候所(飯田市馬場町3-411)東栄公園
駐 車 場:勤労者福祉センター、橋北臨時駐車場(セブンイレブン江戸町店隣)
※旧飯田測候所へは駐車できません

◆クリスマスイベント
日  時:平成29年12月23日(祝)16時〜20時
イルミネーション点灯式
豚汁、甘酒、コーヒー、ココア、軽食販売、ホットワイン・野菜スープの提供あり
主  催:橋北まちづくり委員会
企  画:橋北面白倶楽部
協  力:おひさま進歩エネルギー
問合せ:橋北公民館(電話0265−24−0310)

 PC180015.jpg
新野野立て発電所の工事が始まりました [2017年12月15日(Fri)]
 「11おひさまファンド」事業として実施する阿南町新野の野立て太陽光発電所では、12月1日から工事が始まりました。
 パネル架台と杭の荷受けが済み、8日からは重機を使って杭打ち工事を行いました。

 IMG_6882.jpg

 IMG_6888.jpg

 IMG_6934.jpg

 IMG_6936.jpg

 1月中旬にはパネルが納品されて、1月末に取り付け工事を行う予定です。
 中部電力の外線工事は12月半ばで完了して、事業計画認定の手続き完了後に発電開始します。
 南信州地域ではこのほか、工場やグループホーム、保育所での太陽光発電事業を予定しています。
鳥取小型風力発電事業の説明会 [2017年12月15日(Fri)]
 「11(ワンワン)おひさまファンド」出資金を活用して事業を行う鳥取小型風力発電事業(鳥取県鳥取市)について、鳥取市内で10月に開催された説明会と意見交換会の様子をご報告します。

 鳥取説明会2.jpg

 この事業は、ダブルパワーテクニカル株式会社(同市)が事業者となって実施します。
 同社は、2013年に実施した「おひさまファンド7」からおひさま進歩エネルギー社と協力関係にあるサンライトエナジー株式会社(東京都小平市)が立ち上げた事業会社です。
 小型風力発電機(9.8kW)2基の設置を予定していて、4ヵ所の候補地で風況調査を実施しています。
 年末までの風況を分析して、適地を選定します。
 
 鳥取風車2.png

 風況調査を行っている候補地の一つ、鳥取市伏野の海沿い。
 事業予定地.jpg

 当日の来場者からは、風車がきちんと回るのかや、メンテナンス体制について質問がありました。
 風車の稼働については、隣接する鳥取県の同じ海岸で、すでに発電開始している他社の風車(20kW)の様子を映像で紹介しました。
 こちらの風車は稼働率がよく、予想以上の発電実績となっています。
 メンテナンスは、国産のため部材調達が容易なことや、保険体制を説明しました。
 保険は火災や落雷、風災のほか盗難や電気機械的事故等にも対応しています。

 説明会の様子はこちらをご覧ください。
 
| 次へ