CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

おひさま進歩エネルギー(株)さんの画像
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
本の表紙.jpg おひさま進歩の本が発売になりました! お問い合わせ、詳細はこちら
最新記事
最新コメント
リンク集
6/15(金)7/13(金) 休業のお知らせ [2018年06月05日(Tue)]
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
おひさま進歩エネルギー(株)及びおひさまエネルギーファンド(株)は、計画休日のため以下の日程で休業させていただきます。
ご繁忙の折、皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

休業日:平成30年6月15日(金)、7月13日(金)
飯田自然エネルギー大学 連休中のお問合せについて [2018年04月26日(Thu)]
 太陽光や小水力、バイオマスなど地域に根ざした自然エネルギー事業の担い手や、新電力など地域のエネルギー経営に携わる人を育成する「飯田自然エネルギー大学」は、5月26日(土)の第2期開校に向けて、ただいま全国から受講生を募集しています。
 詳しくは、下記の「受講生募集要項」「飯田自然エネルギー大学のご案内」をご確認ください。
 応募書類は、5月7日(月)必着です。

【連休中のお問合せ】
大学事務局は、大型連休のため以下の期間、休業となります。連休中の電話やメールのお問合せには、折り返し職員からご連絡させていただきます。
(電話は、留守番電話にメッセージを残してください。職員が録音内容を確認しています)

休業期間:平成30年4月28日(土)〜5月6日(日)

自然エネルギー事業にチャレンジする皆さまの応募をお待ちしています!

エネルギー大学第2期生告知.jpg

受講生募集要項
飯田自然エネルギー大学のご案内
応募用紙(pdf)
応募用紙(word)
飯田自然エネルギー大学第1期カリキュラム(参考資料)

【申込み・お問合せ】
〒395−0027 長野県飯田市馬場町3−411
一般社団法人飯田自然エネルギー大学事務局 宛て
電話0265-56-3713/FAX0265-56-3712
メール support(a)enedai.jp ※(a)を@にしてご利用ください

※飯田自然エネルギー大学第1期授業の様子
P6100006.jpg

P7090032.jpg

PA300024.jpg

測候所外観.jpg
連休期間における休業のお知らせ [2018年04月05日(Thu)]
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社は以下の期間、休業とさせていただきます。
ご繁忙の折、皆様にはご不便をおかけいたしますが、
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

休業期間:平成30年4月28日(土)〜5月6日(日)
飯田自然エネルギー大学 第2期生を募集します【募集要項】 [2018年04月04日(Wed)]
 一般社団法人飯田自然エネルギー大学は、太陽光や小水力、バイオマスなど地域に根ざした自然エネルギー事業に取り組む起業者や、新電力事業など地域のエネルギー経営に携わる人の育成を目的として、飯田自然エネルギー大学の第2期生(2018〜2019年度)を募集します。

 2年間かけて自然エネルギーの専門家による講義(総論・各論)と実地研修、事業化に向けて力を養うための事例研究などを段階的に進めて、最終授業では受講生全員が事業計画を作成して発表会を行います。
 受講生は、居住地域や年齢、経歴不問で応募を受け付けています。
 主会場は長野県飯田市の旧飯田測候所。定員20人です。

 受講を希望される方は、「受講生募集要項」「飯田自然エネルギー大学のご案内」をご確認いただき、所定の応募書類(応募用紙、小論文2点)を提出してください。
 応募書類の締切は、5月7日(月)必着です。

受講生募集要項
飯田自然エネルギー大学のご案内
応募用紙(pdf)
応募用紙(word)
飯田自然エネルギー大学第1期カリキュラム(参考資料)

【申込み・お問合せ】
〒395−0027 長野県飯田市馬場町3−411
一般社団法人飯田自然エネルギー大学事務局 宛て
電話0265-56-3713/FAX0265-56-3712
メール support@enedai.jp

◆飯田自然エネルギー大学(第1期)講義
 P6100006.jpg

 P7090032.jpg

◆飯田自然エネルギー大学(第1期)実地研修
 PA300024.jpg

 小水力研修.jpg

◆飯田市旧飯田測候所(主会場)
 測候所外観.jpg
飯田自然エネルギー大学第2期生 4月から募集開始を予定 [2018年03月07日(Wed)]
 太陽光や小水力、バイオマスなど、地域に根ざした自然エネルギー事業に取り組む人を育てる飯田自然エネルギー大学は4月上旬から、5月にスタートする第2期生(2018〜2019年度)の募集開始を予定しています。
 大学は2年間のカリキュラムで、自然エネルギーや金融、法律などを学ぶ講義、自然エネルギー現場を訪問する実地研修、受講生の事業計画をもとにした事例研究等を組み合わせた2日間のプログラムを年10回、飯田市旧飯田測候所を主会場として開催します。
 2016年に始まった第1期では、長野県内をはじめ全国から受講生24名が参加しました。
 第2期カリキュラムは、新たに自然エネルギー事業に取り組みたい方や、新電力など地域のエネルギー経営に関心のある方向けの内容を予定しています。
 募集要項などの資料を希望する方は、事務局までご連絡ください。
 第2期生募集告知チラシ

 エネルギー大学第2期生告知.jpg

<飯田自然エネルギー大学 第2期生の募集について>
募集期間:2018年4月上旬〜4月下旬
定員:20人
※受講生の年齢、経歴、居住地は不問。応募者は小論文による選考を行います。
授業開始:2018年5月中旬〜

カリキュラム:2年制
※環境経済学、財政学の観点から地域に根ざした自然エネルギー事業を研究する諸富徹教授(京都大学大学院経済学研究科)と、2004年から自然エネルギー事業に取り組んできたおひさま進歩エネルギー(株)が監修しています。
※自然エネルギーや金融、法律などを学ぶ講義と事業現場を訪問する実地研修、事例研究等を行います。
※内容は、新たに自然エネルギー事業に取り組みたい方や、新電力など地域のエネルギー経営に関心のある方を対象に構成します。

講師陣(予定)
諸富徹(京都大学大学院経済学研究科教授)
高橋洋(都留文科大学社会学科教授)
竹濱朝美(立命館大学産業社会学部教授)
東愛子(尚絅学院大学総合人間科学部環境構想学科准教授)
竹ヶ原啓介(日本政策投資銀行産業調査部長)
水上貴央(NPO法人再エネ事業を支援する法律実務の会代表弁護士)
木村啓二(公益財団法人自然エネルギー財団上級研究員)
安田陽(京都大学大学院経済学研究科特任教授)
相川高信(公益財団法人自然エネルギー財団上級研究員)
ラウパッハ=スミヤ・ヨーク(立命館大学経営学部教授)
榎原友樹(E-konzal代表取締役)
原亮弘(おひさま進歩エネルギー株式会社代表取締役)
※このほか自然エネルギー事業者、行政、金融機関などの講師を予定

主会場:飯田市旧飯田測候所(長野県飯田市馬場町3-411)
問合せ:おひさま進歩エネルギー株式会社
電話0265-56-3711/FAX0265-56-3712/メール info@ohisama-energy.co.jp
担当:伊藤、菅沼