CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 市民ファンド | Main
プロフィール

おひさま進歩エネルギー(株)さんの画像
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
本の表紙.jpg おひさま進歩の本が発売になりました! お問い合わせ、詳細はこちら
最新記事
最新コメント
リンク集
飯田自然エネルギー大学 第2年次第6回授業が開催されました [2017年11月16日(Thu)]
 飯田自然エネルギー大学第2年次の第6回授業が、11月11日(土)12日(日)に開催されました。
 今回は、7月から取り組んだ受業生の事業構想をもとにした事例研究の最終回として、発表会を行いました。
 発表資料仕上げ.jpg

 事例研究は、ソーラーシェアリング、小水力発電、マイクロバイオマス発電、賃貸物件での太陽光発電、地域新電力の5グループで行われてきました。
 1日目はグループごとに事業計画を最終確認して発表資料を仕上げ、2日目の発表会で、事業構想を提案したグループ代表者がコンセプトや事業内容、資金計画等を30分の持ち時間で発表しました。
 1.jpg

 3.jpg

 発表後は他の受講生との質疑や、事例研究を指導した榎原友樹先生(株式会社 E-konzal)からの講評がありました。
 榎原先生からは
「事業の必要性を裏づける調査結果を丁寧に探して、数字を盛り込んで人に説明すると説得力が増す」
「自分の思いを論理的にまとめて示すことで、より関心を引くことができる」
など、事業計画のまとめ方や他者に説明する上でのアドバイスがありました。

 今回の事例研究を踏まえて、来年3月の最終授業では、受講生全員が自身の事業計画を発表します。
 次回の第7回授業は12月9日(土)、10日(日)に開催されます。
池内了先生講演会&「触れる地球」体験会を開催しました [2017年11月13日(Mon)]
 飯田自然エネルギー大学特別企画として10月29日(日)、池内了先生講演会と「触れる地球」体験会を飯田勤労者福祉センターで開催しました。

 PA290037.jpg

 講演会は、宇宙物理学者の池内先生が「宇宙から見た地球環境〜素晴らしい循環系としての地球の未来は?〜」という演題で講演しました。

 PA290044.jpg

 池内先生は“循環”をキーワードに挙げて、物質の最小単位である原子循環、地球の熱エネルギーを調整している水循環、地球上に酸素を生み出す炭素循環、地球の寒暖調整機能を持つ海流の大循環を紹介。
 「このような循環系は循環が止まると死んでしまう」と語り、現在の環境問題は循環システムを壊していることになりはしないか問いかけました。

 また「悪循環が加速すると資源獲得競争が激化したり、自然災害が増加して、弱者への死の強制が起こる」として、ソフトランディングさせるため自然エネルギーの活用や、ごみ削減、リサイクル推進など、私たちにできる取り組みが紹介されました。

 別会場で行われたデジタル地球儀「触れる地球」の体験会には、子どもを連れた家族連れが多く来場しました。

 PA290025.jpg

 「触れる地球」は直径80センチの球体の画面に、雲の動きや偏西風、地震の発生回数などの気象現象や気候変動のシミュレーション、二酸化炭素の分布、クジラや渡り鳥の移動ルートなどのプログラムを投影することができます。
 参加者はスタッフの説明を聞きながら画面に触ったり、地球を自由に回したりして、球体の画面に映し出される映像に見入っていました。

 PA290026.jpg

 このような講演や体験会を通じて、参加された一人ひとりが地球環境やエネルギー、自分に何ができるのか関心をもつきっかけになればと思います。
立山池田小水力発電所が発電開始 [2017年10月25日(Wed)]
 ただいま募集中の「11(ワンワン)おひさまファンド」出資金を活用して事業を行う立山池田小水力発電所(富山県立山町)は、工事が完了して9月末に発電を開始しました。
 この発電所は、地元企業の株式会社エコテム(同町)が事業者となって実施します。
 10月11日、現地を訪問して運転状況を確認しました。

 発電機.jpg

 パワコン.jpg

 クロスフロー式水車(5kW)2基や発電機が設置されて、どちらも正常に運転していました。
 パワコンは物置内に、発電機は屋外に設置されています。

 導水管.jpg

 導水管2.jpg

 取水口から道沿いに土盛りして水圧管が設置されていました。
 11月までは調整運転をして、沈砂池への砂の溜まり具合などを確認していきます。
 その後、1年間は毎日スタッフが発電所へ来て、水量や掃除などをしっかりチェックします。
 
 立山池田小水力発電所では、11ファンド出資者への感謝の気持ちとして、出資者の名前を記した記名板の設置を計画しています。
 (出資される皆さまには、記名の確認用紙をお送りしています。)
 11おひさまファンドについて詳しくは、おひさまエネルギーファンド社HPをご確認ください。  
ドイツ視察報告B [2017年10月19日(Thu)]
 ドイツ視察、最後の訪問先はケルン市。
 ネクストクラフトベルケ社では、IoTを活用したVPP(仮想発電所)事業について話をうかがいました。
 ネクストクラフトベルケ 図表.jpg

 同社は、自社開発した「NEXT BOX」で、広域に分散している発電所の発電量をコントロール。
 バランシンググループを組み、グループ全体をひとつの発電所のように市場連動させて、スポットの利益を上げています。
 
 「NEXT BOX」の外観。
 コントローラとSIMモデム、アンテナで構成されています。 
 ケルンNEXTBOX.jpg

 おひさま進歩社の太陽光発電見守りサービス「おひさまモニター」にも通じるシステムで、モニターを発展させた次の事業展開としてとても参考になりました。

 続いて訪問したのは、エネルギーゲビナー市民エネルギー協同組合。
 2010年に設立されて、集合住宅での屋根貸し太陽光事業やメガソーラー、風力発電事業を手がけています。 
 ケルンエネルギー協同組合.jpg

 ドイツのエネルギー協同組合は法的に認められた企業形態で、組合員は出資額に関係なく一人1票の議決権をもっています。
 協同組合は誰でも作ることができて、ドイツで住民主導で進む自然エネルギー事業の受け皿となってきました。

 同組合は475人会員がいて、事業決定に会員が関わり提案も出すなど、住民の意志を反映した運営を行っています。
 おひさま進歩社と事業内容や規模がとても似ていて、今後も交流していくことになりました。

 ちなみに、一緒に視察した名古屋おひさま自然エネルギー(株)の佐藤さんが、日本人初の組合員として組合に入会しました!
 エネルギーゲビネー sato.jpg
 
 ケルン市では、世界遺産に登録されているケルン大聖堂にも立ち寄りました。
 今回の視察ツアーで唯一の観光スポットです!
 塔の頂上まで螺旋階段で登れるのですが、大都市を見下ろす風景も絶景でした〜。
 IMG_6050.jpg 
ドイツ視察報告A [2017年10月18日(Wed)]
 ドイツ訪問4日目は、ドイツ南西部のシェーナウ市にあるシェーナウ電力会社を訪問しました。
 シェーナウ電力は、1986年のチェルノブイリ原発事故をきっかけに、原発に依存しない電気を求めて住民が始めた市民活動から立ち上がった電力会社です。
 シェーナウ全景.jpg

 シェーナウ電力 社屋.jpg

 「自然エネルギー社会を子どもたちに」という理念のもと、ドイツ初の「市民の市民による市民のための」電力供給会社として発足しました。
 2008年には、その足跡を描いたドキュメンタリー映画『シェーナウの想い』も制作されて、日本でもたびたび上映会が開かれています。

 今回の視察では、同社の創設メンバーであるスラーデック夫妻と、エネルギー専門家のエヴァさんにお話をうかがうことができました。
 シェーナウ電力 集合写真.jpg

 シェーナウ電力は1997年創設で、今年20周年を迎えました。
 現在は水力・風力による自然エネルギー100%電気の小売を行い、18万人の顧客がいます。
 グループとして小売以外に風力パーク15MW、ソーラー6.5MWなどの発電所も所有しています。
 シェーナウ電力.jpg

 顧客がドイツ全土に広がったことについて、
「お客さんは、ただ風力や水力の電気を買っているわけではない。シェーナウが困難を乗り越えてきたストーリーに共感した仲間として買ってくれている」
「いわゆるマーティング的な広告は打っていない。講演会を聞いて共感した人たちが、口コミやボランティアで宣伝イベントを開いてくれたりして広まってきた」
 と説明してくださり、顧客は単なるお客さんではなく、エネルギーシフトをする仲間、という意識を強く持っていました。

 また「地域のお金を大電力へ流さない仕組みを作ることがもっとも大事」として、地域電力会社が新たな選択肢として小売事業を始めることの重要性も話していただきました。

 社内には、これまで同社が受賞した表彰状やトロフィーの展示スペースも。
 シェーナウ電力 社内.jpg

 市民活動を始めた当初を振り返って、スラーデックご夫妻は  
「最初は知識も技術もなかった。“勇気”だけがあった」
「こんなに大変だとわかっていたら、やらなかったかも(笑)」
 と笑顔で語ってくれました。

 脱原発と地球温暖化防止を素人の市民が自ら切り開いてきた20年間の集大成として、シェーナウ電力の広がりがあることがわかりました。
 原発事故が起こってしまった日本のエネルギーシフトを応援したい! という気持ちも伝わってきました。

 3人からは、そんなエネルギーシフトの取り組みだけでなく、それを通じて人生を豊かに作り上げていくことも大切だよとメッセージをいただきました。
 エネルギーシフトをライフワークにする大先輩との出会いは、とてもありがたい体験で、これから日本で生かしていきたいと思います。

 シェーナウ中心部にある教会の前で。
 ここにも太陽光パネルが設置されています。
 シェーナウ 教会.jpg 

※そのBへ続く
| 次へ