CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ドイツ視察報告A | Main | 立山池田小水力発電所が発電開始»
プロフィール

おひさま進歩エネルギー(株)さんの画像
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
本の表紙.jpg おひさま進歩の本が発売になりました! お問い合わせ、詳細はこちら
最新記事
最新コメント
リンク集
ドイツ視察報告B [2017年10月19日(Thu)]
 ドイツ視察、最後の訪問先はケルン市。
 ネクストクラフトベルケ社では、IoTを活用したVPP(仮想発電所)事業について話をうかがいました。
 ネクストクラフトベルケ 図表.jpg

 同社は、自社開発した「NEXT BOX」で、広域に分散している発電所の発電量をコントロール。
 バランシンググループを組み、グループ全体をひとつの発電所のように市場連動させて、スポットの利益を上げています。
 
 「NEXT BOX」の外観。
 コントローラとSIMモデム、アンテナで構成されています。 
 ケルンNEXTBOX.jpg

 おひさま進歩社の太陽光発電見守りサービス「おひさまモニター」にも通じるシステムで、モニターを発展させた次の事業展開としてとても参考になりました。

 続いて訪問したのは、エネルギーゲビナー市民エネルギー協同組合。
 2010年に設立されて、集合住宅での屋根貸し太陽光事業やメガソーラー、風力発電事業を手がけています。 
 ケルンエネルギー協同組合.jpg

 ドイツのエネルギー協同組合は法的に認められた企業形態で、組合員は出資額に関係なく一人1票の議決権をもっています。
 協同組合は誰でも作ることができて、ドイツで住民主導で進む自然エネルギー事業の受け皿となってきました。

 同組合は475人会員がいて、事業決定に会員が関わり提案も出すなど、住民の意志を反映した運営を行っています。
 おひさま進歩社と事業内容や規模がとても似ていて、今後も交流していくことになりました。

 ちなみに、一緒に視察した名古屋おひさま自然エネルギー(株)の佐藤さんが、日本人初の組合員として組合に入会しました!
 エネルギーゲビネー sato.jpg
 
 ケルン市では、世界遺産に登録されているケルン大聖堂にも立ち寄りました。
 今回の視察ツアーで唯一の観光スポットです!
 塔の頂上まで螺旋階段で登れるのですが、大都市を見下ろす風景も絶景でした〜。
 IMG_6050.jpg 
コメントする
コメント