CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«みんなの環境学習講座『ドイツに学ぶ市民主体の地域づくり』 講演会開催のご報告 | Main | 韓国ソウルでの『The 4th ASIA Future Forum』の講演を行いました。»
プロフィール

おひさま進歩エネルギー(株)さんの画像
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
本の表紙.jpg おひさま進歩の本が発売になりました! お問い合わせ、詳細はこちら
最新記事
最新コメント
リンク集
飯田市の地域公共再生可能エネルギー活用事業 第1号の認定を受けました! [2013年11月06日(Wed)]
飯田市では、今年4月に新しい再エネ導入条例を施行しました。その名も「再生可能エネルギーの導入による持続可能な地域づくりに関する条例」です。
この条例では、地域の資源は地域住民が再エネ事業に公共的に活用する権利があると定めた全国初の「地域環境権」に基づき、地域住民や、地域住民と企業が連携して取り組む再エネ事業を支援することにしており、その支援対象になるかどうかは審査会による厳正な審査を経るものです。
このたび、新制度の認定第1号として飯田市駄科区とおひさまグリッド4が連携した太陽光発電事業が認定され、10月30日に飯田市の牧野市長より認定1号の認定書をいただきました。

認定式.jpg

この事業は、駄科区で指定管理を受けている『駄科コミュニティ防災センター』の屋根をメガさんぽプロジェクトで借り受け、太陽光発電パネル(40kW程度)を設置し、屋根賃料は防災センターの修繕費に積み立てられます。またメガさんぽプロジェクトに駄科区としても市民出資をしていただき、配当は区の防災教育や環境教育へ役立てていきます。また、災害時には非常用の自立コンセントとして活用でき、防災センターの防災機能の強化にもつながることが、地域連携事業として審査会で高く評価されました。
弊社では今回の認定事業をモデルケースとして、地域住民組織との連携による再生可能エネルギーの普及と、地域づくりへの貢献を進めていきたいと考えています。
コメントする
コメント