CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

おひさま進歩エネルギー(株)さんの画像
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
本の表紙.jpg おひさま進歩の本が発売になりました! お問い合わせ、詳細はこちら
最新記事
最新コメント
リンク集
飯田自然エネルギー大学第2年次スタート [2017年05月17日(Wed)]
 太陽光や小水力、バイオマスなど地域に根ざした自然エネルギー事業の起業者を育成する「飯田自然エネルギー大学」の第2年次第1回授業が、5月13日(土)14日(日)に行われました。

第2年次始業式.jpg

 始業式では、本大学学長を務める京都大学大学院経済学研究科の諸富徹教授、おひさま進歩エネルギー株式会社の原代表取締役があいさつ。
 諸富学長は「2年目となる今年は更に実践的なプログラムになる。再エネでビジネスを起こして地域の所得や雇用に貢献することが最終目的であり、修了後の出口をどうするかも見据えて考えていきたい」と語りかけました。

講義1.jpg

 始業式後は、諸富学長から2年目のカリキュラム説明や、日本の電力システム改革、ドイツを中心とした欧州の電力状況について講義がありました。

 第1回授業は「飯田市とおひさま進歩エネルギー株式会社が取り組む再エネ事業」を全体テーマとして、事業者と行政、金融機関から講師を迎えました。
 諸富学長に続いて、おひさま進歩社の原代表取締役が「おひさま進歩グループの12年+α」と題して講義を行いました。
 事前に受講生から寄せられた質問に応じる内容で、会社立ち上げからファンド事業や「おひさま0円システム」など各事業の展開について語りました。

講義2.jpg

 14日(日)は飯田市の牧野光朗市長、飯田信用金庫の上沼俊彦常務理事にお越しいただきました。

講義3.jpg

 牧野市長は、昨年のエネルギー大学開校式で特別講演をしていただきました。
 今回は「イノベーションが起こる地域社会創造を目指して」をテーマに、飯田市の環境施策をはじめ、提案型に切り替えた市政懇談会や、地域住民が募金活動などに取り組んだ菱田春草生誕地公園の整備事業を挙げながら、住民自らが課題解決のために知恵を出し合い、地域と行政が協働していくことの重要性を語りました。

講義4.jpg

 上沼常務は「飯田信用金庫の再エネ支援活動」として、おひさま進歩社の立ち上げ時からの支援を説明しました。
 飯田信用金庫で2000年に太陽光発電専用ローンを発売した際、採算が合うまで15年掛かるにもかかわらず多数の申し込みがあったこと、04年におひさまファンド第1号を募集した際、全国から2億円の出資金が集まったことは「こちらの読み違いだった」と振り返り、「環境という言葉には人の心を動かす力があることが分かった」「金融機関も地域における企業市民としての役割を果たしていこうと考えた」と語りました。

 飯田自然エネルギー大学は、2年間のカリキュラムを通じて自然エネルギー事業で起業を目指す受講生を後押ししていきます。
 今年度は、自然エネルギー研究者を迎えての講義のほか、受講生の事業構想をもとにした事例研究、事業計画の作成などを予定しています。
 第2回授業は6月10日(土)、11日(日)に開催されます。
連休期間における休業のお知らせ [2017年04月18日(Tue)]
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社は以下の期間、休業とさせていただきます。
ご繁忙の折、皆様にはご不便をおかけいたしますが、
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

休業期間:平成29年4月29日(祝)〜5月7日(日)
旧飯田測候所の桜 満開です! [2017年04月13日(Thu)]
このところ暖かい日が続いて、一本桜の名所として知られる飯田市も、本格的な花見シーズンとなりました。

おひさま進歩エネルギー社が事務所を置く旧飯田測候所には、2004年まで飯田市の開花標準木となっていたソメイヨシノをはじめ、多くの桜が植えられています。
今週花開き、いま見ごろを迎えています。

IMG_3755.JPG

IMG_3740.JPG

IMG_3752.JPG

IMG_3753.JPG

また測候所から徒歩圏内にある古木の桜も、ちょうど見ごろを迎えています。

◆普門院址糸桜(測候所より徒歩3分)
IMG_3745.JPG

◆黄梅院(測候所より徒歩5分)
IMG_3747.JPG

IMG_3750.JPG

◆正永寺(測候所より徒歩8分)
IMG_3751.JPG

旧飯田測候所や飯田市街地でお花見を楽しみに、ぜひお越しください。
飯田市の桜情報は、桜開花情報「さくらさく」に掲載されています。
飯田自然エネルギー大学 追加受講生の募集 [2017年04月11日(Tue)]
 太陽光や小水力、バイオマスなど地域に根ざした自然エネルギー事業に取り組む起業者を育成する「飯田自然エネルギー大学」では、第2年次(カリキュラム2年目)からの追加受講生を若干名募集します。募集締切は4月21日(金)です。
 受講を希望する方は、募集要項等を確認の上、応募用紙と小論文2点を、指定の締切日時までにおひさま進歩エネルギー株式会社へ提出してください。

募集要項
飯田自然エネルギー大学概要
応募用紙(word)
応募用紙(pdf)

※昨年度の授業内容は、弊社HP「飯田自然エネルギー大学」に掲載しています

【募集条件・応募方法】
(1)募集期間 平成29年4月10日(月)〜4月21日(金)
  ※郵送で応募する場合、4月21日(金)必着
  ※持参、電子メールで応募する場合、4月21日(金)午後5時必着

(2)募集定員 若干名

(3)募集条件
 @地域に根ざした自然エネルギー事業で起業する意欲があること
 A原則として、すべてのカリキュラムに出席できること
 Bカリキュラムで課されるレポート等に取り組み、提出すること
 C自然エネルギーの地域事業について基本的な知識があること
  (昨年度からの受講生と同レベルの知識があること)

(4)選考方法
 応募用紙と小論文2点を提出。
 本校学長の京都大学大学院経済学研究科・諸富徹教授が選考を行います。

(5)応募方法
 応募用紙と小論文2点を郵送、持参、電子メールで提出してください。
 @応募用紙 ※所定の用紙に必要事項を記入して写真を添付する
 A小論文・T(1500〜3000字以内)
 再生可能エネルギーを普及させるためには、電力システムをどのように設計すべきかという点について、すでに始まっている電力自由化も考慮に入れながら、お考えを自由に展開してください。
 ※図表は使用可。ただし文字数には含めない
 B小論文・U テーマ「将来への抱負」(800字以内)
 修了後の展望等について記述してください。
 ※応募用紙は、おひさま進歩エネルギー芥Pからダウンロードするか、郵送で入手してください
 ※小論文は書式自由

(6)選考結果 4月28日(金)以降、すべての応募者に郵送で通知します。

(7)応募書類の提出先
   〒395−0027 長野県飯田市馬場町3−411
   おひさま進歩エネルギー株式会社
   飯田自然エネルギー大学事務局 宛て

◇お問合せ
 おひさま進歩エネルギー株式会社
 電話0265-56-3711/FAX0265-56-3712
 電子メール info@ohisama-energy.co.jp
 担当 伊藤、菅沼
旧飯田測候所の防災訓練を行いました [2017年04月05日(Wed)]
 3月27日(月)、旧飯田測候所の防災訓練が行われました。
 訓練には旧測候所に事務所を置くおひさま進歩エネルギー潟Xタッフと、旧測候所の管理人が参加しました。

 IMG_3709.JPG

 飯田消防署署員を講師に迎えて、前半は火災発生時の対応を学びました。
 消火器で消せる炎の高さや、消火器の使い方の確認、消防署への通報訓練を行いました。

 IMG_3708.JPG

 通報者役のスタッフが、訓練として実際に119番通報して、火元の場所や建物にいる人数、住所などの質問に答えていきました。
 講師からは
「非常時、人間は心理的に“正常性バイアス”と呼ばれる働きが起きて、なかなか逃げようとしない」
「日頃から警報の誤作動があると本当の火災でも誤認してしまう。日ごろから適切な設備管理を」との話がありました。

 IMG_3710.JPG

 後半はAEDの使用方法の確認として、意識を無くした人への声掛けや心肺蘇生法、訓練用AEDの操作を行いました。

 旧飯田測候所は1922年に建てられた木造建築で、建物や展示室を一般公開したり、会議室や露場(広場)の貸し出しも行っています。
 防災訓練は、火災や救護方法など内容を変えながら年2回行っています。
 訓練を定期的に行い、地震や火災、けがなど不測の事態でも落ち着いて対応できるように備えたいと思います。
| 次へ