CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

おひさま進歩エネルギー(株)さんの画像
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
本の表紙.jpg おひさま進歩の本が発売になりました! お問い合わせ、詳細はこちら
最新記事
最新コメント
リンク集
飯田自然エネルギー大学 第2年次第2回授業が開催されました [2017年06月27日(Tue)]
 飯田自然エネルギー大学第2年次の第2回授業が、6月10日(土)11日(日)に開催されました。
  
 P6100006.jpg

 1日目の講義は、立命館大学国際経営学科教授のラウパッハ・スミヤ・ヨーク先生を迎えて「再生可能エネルギーによる地域経済効果」というテーマで行いました。
 90分講義を2コマ行い、1コマ目は再エネや省エネが地域経済にもたらす付加価値の試算モデルや、実際に付加価値分析をしたおひさま進歩エネルギー社、鳥取県北栄町の風力発電事業、長野県環境エネルギー戦略の事例が紹介されました。
 2コマ目は質疑応答と、付加価値試算ソフトを用いたシミュレーションを行いました。

 P6110016.jpg

 2日目は、徳島地域エネルギー事務局長の豊岡和美先生を迎えました。
 徳島県内で手がける再エネ事業の実例を挙げながら、事業体の立ち上げからメンバー集め、太陽光、小水力、木質バイオマスの事業展開が紹介されました。
「再エネ事業に取り組むのに、身近な身の丈でできる範囲から始めてはいけない」
「ハイキングと登山は別物。最初から登山を目指して取り組んで」
 など、実体験に基づいた力強いアドバイスが多く、受講生からの質問の途切れない講義となりました。
 第3回授業は7月8日(土)、9日(日)に開催されます。
第9回竹宵まつりが開催されました [2017年06月23日(Fri)]
「第9回竹宵まつり〜100万人のキャンドルナイトin南信州」が6月3日(土)、飯田市りんご並木と売木村うるぎ星の森オートキャンプ場で開催されました。

 IMG_5804.jpg

 当日、りんご並木には飯田市の川路、麻績、長野原地区の竹宵の会が制作した竹宵1600本が設置されました。

 IMG_5685.jpg

 あいにくの強風となりましたが、午後6時から来場者とスタッフが力を合わせて一斉に点灯。
 7時半からは、並木周辺の公共施設や店舗にも協力いただいてライトダウンを行い、会場は竹宵の幻想的な明かりに包まれていました。

 IMG_5676.jpg

 IMG_5726.jpg

 IMG_5729.jpg

 IMG_5739.jpg

 当日は、竹ボイラーでお湯を沸かした足湯や蜜ろうキャンドル制作ワークショップ、地場産品を販売するフードマイレージゼロ市などもあり、家族連れなど多くの人で賑わいました。

 IMG_5649.jpg

 IMG_5690.jpg

 売木会場では竹宵づくりワークショップも開催されて、住民やキャンプ場利用者が竹宵まつりを楽しみました。

 またイベントに合わせて、地域の家庭や職場での一斉ライトダウンの呼びかけも行いました。
 このような機会を通じて、一人ひとりが地球環境やエネルギーのことを考えて、CO2削減の行動につなげていければと思います。
おひさま通信第18号を発行しました [2017年06月22日(Thu)]
 おひさま進歩エネルギーおよびグループ会社の実施事業を紹介する「おひさま通信」の第18号を発行しました。
 飯田自然エネルギー大学第2年次の始業や、おひさまファンド事業報告、おひさま発電所訪問レポートなどを掲載しています。
 おひさま進歩エネルギー社HPのおひさま通信ページから閲覧できますので、ぜひご覧ください。

 IMG_3857.jpg
6/3(土)第9回竹宵まつり〜100万人のキャンドルナイトin南信州 [2017年05月29日(Mon)]
第9回竹宵まつり〜100万人のキャンドルナイトin南信州」は6月3日(土)、飯田市りんご並木と売木村うるぎ星の森オートキャンプ場で開催されます。
 「でんきを消して、スローな夜を。」をテーマに、竹宵(竹灯篭)に明かりを灯した幻想的な風景をお楽しみいただけます。

また、この日は19:30からライトダウンをおこないます。
ご家庭や職場でもライトダウンにチャレンジしませんか?
各会場ではイベントも盛りだくさんです。ぜひご来場ください!

 2017 takeyoi-fes.jpg

 竹宵まつりチラシ(表面)
 竹宵まつりチラシ(裏面)

P_フォトコン結果_竹宵_今村(5写真刊賞).jpg

2017フォトコン大賞.jpg

【第9回竹宵まつり〜100万人のキャンドルナイトin南信州】
開催日時:2017年6月3日(土)15:00〜20:45 ※19:30ライトダウン
会  場:飯田市りんご並木、売木村うるぎ星の森オートキャンプ場
※交通規制/りんご並木(知久町〜中央通り)および本町1丁目 15:00〜22:00

<飯田市りんご並木>
◆お楽しみ製作「パクパク ししまい」 15:00〜16:00 (りんご庁舎2階市民サロン)
廃材を使って自分だけのオモチャを作ろう!定員30名(材料がなくなり次第終了)。就学前の子ども対象。
◆IIDA WAVEライブ 16:00〜 (りんご並木ライブステージ)
◆天竜川鵞流峡復活プロジェクト「竹ボイラーの足湯など」 16:00〜20:00頃 (りんご並木噴水付近)
竹ストーブによる焼き芋、竹ボイラーによる足湯が登場!
◆キャンドルづくりワークショップ各種 16:30〜18:30
・廃食用油でカラフルアロマキャンドルづくり (事前予約制)と展示
・願いごとキャンドルづくり、お絵かきキャンドルづくり、蜜ろうキャンドルづくり
◆フードマイレージゼロ市 16:00〜
地元産品を使った飲食物等を提供して、食料調達におけるCO2削減に取り組みます
◆参加者による竹宵の一斉点灯タイム 18:00〜
りんご並木に並べられた竹宵に点火します(エコハウス前の本部でライターを貸し出します)
◆アコースティックライブコンサート 19:00〜20:00 (りんご並木ライブステージ)
◆江戸の灯りで楽しむ人形芝居・今田人形座 20:00〜20:20(川本喜八郎人形美術館前)
和蝋燭の灯りで人形芝居「伊達娘恋緋鹿子〜火見櫓の段〜」を上演
◆閉会セレモニー 20:30〜
和太鼓奏者・塩原良さんによる篠笛演奏

<売木村うるぎ星の森オートキャンプ場>
夜はキャンプ場内をライトダウンして、竹宵(竹の灯篭)のほのかな灯りで彩られます。
◆竹宵づくりワークショップ 15:00〜

【6/3はライトダウンの一斉チャレンジ】
 6月3日(土)は竹宵まつりに合わせて、ご家庭や職場でもライトダウンにチャレンジしませんか?
 夜、1時間だけ家の電気を消したり、明るさを落としてみてください。
 あるいは、いつもより少し早めに寝てみましょう。

 実施時間 19:30〜22:00
 □この間に1時間、灯りを消してみましょう
 □少し早めに消灯して寝てみましょう

問合せ:百万人のキャンドルナイトin南信州実行委員会(おひさま進歩エネルギー鞄焉j
    (TEL0265-56-3711)
飯田自然エネルギー大学第2年次スタート [2017年05月17日(Wed)]
 太陽光や小水力、バイオマスなど地域に根ざした自然エネルギー事業の起業者を育成する「飯田自然エネルギー大学」の第2年次第1回授業が、5月13日(土)14日(日)に行われました。

第2年次始業式.jpg

 始業式では、本大学学長を務める京都大学大学院経済学研究科の諸富徹教授、おひさま進歩エネルギー株式会社の原代表取締役があいさつ。
 諸富学長は「2年目となる今年は更に実践的なプログラムになる。再エネでビジネスを起こして地域の所得や雇用に貢献することが最終目的であり、修了後の出口をどうするかも見据えて考えていきたい」と語りかけました。

講義1.jpg

 始業式後は、諸富学長から2年目のカリキュラム説明や、日本の電力システム改革、ドイツを中心とした欧州の電力状況について講義がありました。

 第1回授業は「飯田市とおひさま進歩エネルギー株式会社が取り組む再エネ事業」を全体テーマとして、事業者と行政、金融機関から講師を迎えました。
 諸富学長に続いて、おひさま進歩社の原代表取締役が「おひさま進歩グループの12年+α」と題して講義を行いました。
 事前に受講生から寄せられた質問に応じる内容で、会社立ち上げからファンド事業や「おひさま0円システム」など各事業の展開について語りました。

講義2.jpg

 14日(日)は飯田市の牧野光朗市長、飯田信用金庫の上沼俊彦常務理事にお越しいただきました。

講義3.jpg

 牧野市長は、昨年のエネルギー大学開校式で特別講演をしていただきました。
 今回は「イノベーションが起こる地域社会創造を目指して」をテーマに、飯田市の環境施策をはじめ、提案型に切り替えた市政懇談会や、地域住民が募金活動などに取り組んだ菱田春草生誕地公園の整備事業を挙げながら、住民自らが課題解決のために知恵を出し合い、地域と行政が協働していくことの重要性を語りました。

講義4.jpg

 上沼常務は「飯田信用金庫の再エネ支援活動」として、おひさま進歩社の立ち上げ時からの支援を説明しました。
 飯田信用金庫で2000年に太陽光発電専用ローンを発売した際、採算が合うまで15年掛かるにもかかわらず多数の申し込みがあったこと、04年におひさまファンド第1号を募集した際、全国から2億円の出資金が集まったことは「こちらの読み違いだった」と振り返り、「環境という言葉には人の心を動かす力があることが分かった」「金融機関も地域における企業市民としての役割を果たしていこうと考えた」と語りました。

 飯田自然エネルギー大学は、2年間のカリキュラムを通じて自然エネルギー事業で起業を目指す受講生を後押ししていきます。
 今年度は、自然エネルギー研究者を迎えての講義のほか、受講生の事業構想をもとにした事例研究、事業計画の作成などを予定しています。
 第2回授業は6月10日(土)、11日(日)に開催されます。
| 次へ