CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年10月 | Main | 2014年12月»
クリスマスピザ [2014年11月30日(Sun)]
竹下成果工場でクリスマスマルクトの最終日にピザ屋で出店しました。
NICEの週末ワークキャンプに登録し岡山市からの参加者もありました。

CA3J0685.JPG

CA3J0686.JPG

会場ではクリスマス向けの雑貨などが中心のショップが展開されましたが、緑と水は入口最初のところにテントを建てて、食べ物や。
ドラム缶ピザ窯や 今日もつれて行った「きりんさん」が関心を集めました。

クリスマスバージョンのピザのトッピング、どうでしょう?

CA3J0692.JPG



Posted by ginmori at 16:10 | この記事のURL
第5回子育て座談会 [2014年11月29日(Sat)]
さとしからのレポートです。

IMG_2124.JPG

第5回子育て座談会が無事に終わりました。
本日は10名と少なめの参加でしたが、あちらこちらで話が盛り上がっていた様子で、和気あいあいとしていました。スイーツも好評で、体調不良の最中にもスイーツの心配をしてくださった純子さんと、代わりに届けてくださった旦那様に感謝です。
槇原先生からは、座談会初のプロジェクターを使ったミニレクチャーをして頂きました。本当に皆さんありがとうございました。
色々な方に支えられて継続できている子育て座談会やゆきみーるの活動ですので、少しでもその皆さんにお返ししていきたいなと思います。

IMG_2125.JPG
Posted by ginmori at 19:59 | この記事のURL
リース [2014年11月29日(Sat)]
国際ボラのメンバーがわんぱーく保育園のデコレーションに クリスマスリースを手作りしてくれています。
本場!なのでクオリティーが高いです。

CA3J07160001.jpg
Posted by ginmori at 12:50 | この記事のURL
静間川の源流域探訪 [2014年11月28日(Fri)]
久々の10年前シリーズです。
これから もいちど川関係の活動が始まりそうなので、ちょうど10年前だったかと感慨があります。

khkaede2004.jpg

第232回 静間川の源流域探訪 2004/11/09

 この町でいちばん大きな川の源流域を訪ねる連続企画をNPO事業としてやってみた。市域のほとんどが静間(しずま)川の流域と重なる上、源流地点も市域である。マイクロバスでまっすぐ走れば30分の山奥?に行って、その地のお年寄りから昔の暮らしや風景がどんなだったかをインタビューしてくるのである。
 本流および主な支流を3回に分けて探訪した。意外と近くに小さな秘境がたくさんある。そうして、川沿いで見つけた珍しい物件をデジカメで撮って、Web−GISのマッピングシステムに投稿して地図にリンクさせる作業もあわせて行った。
 地元のお年寄りが語る昔話はそれぞれ興味深かったので、今後テープを起して発表する予定である。それに、一人で出かける予備調査は、いつもの「目玉の散歩」と一緒で、カメラ片手にウロウロするのだから嫌いなわけがない。ネタを見つけて紹介していく仕掛けとしては成功だったと思う。ただし、キーワードだった「川」を軸にして、それら流域資源が互いに繋がっているということをうまく示すことはできなかった。
 配布資料の地図のとおり、川に沿う道をずっとたどって走ってるはずなのに、車窓からほとんど川が見えない。江川みたいな大河と違い、ここは2級河川である。川幅が狭いうえに草木が茂っている。アシのとぎれた隙間にたまに水面が見える程度。河原に下りて風景を楽しみましょうと、おすすめできるスポットもどこかにはあったんだろうが、調査不足。参加者の元少年釣師Mさんは、腰までの長靴を履いて源流まで川を遡ったことがあると聞いて驚いた。よくこんな藪の中に糸を投げられたものだ。
 私の記憶で言えば30年以上前なら、たしか川面はずっと見えていた。川に下りる小道はどこにでもあった、近所の人の手作りの木の橋もあちこちに架かっていた。
 農家に牛がいなくなって草刈をしなくなり、洗濯や行水や野菜洗いに川に下りることもなくなり、子供が釣りや水遊びをしなくなり、農薬や家庭排水が流れ込み、そのうちに田んぼがなくなり農薬だけは減り蛍は一部で復活したが、ほとんどの人の意識は川と離れるばかりであった。
 川が親しかった世代が行政や土建の現役を引退して自由な発言ができるようになると、これまでの防災土木一本槍から手のひらを返し、「川の文化」とか「親水空間」とか言っている。いちど壊したものをとりもどすのは大変なのにね。
 景観の保全はみてくれだけのものではない。使って役に立つから川に親しんだのである。日常生活(生業:なりわい)と結びついていなければ、書割(舞台セット)でしかないだろう。使い続けることが一番難しかったから消えてった。私のように弱気な者は「そもそもぜんぶは無理だからね」と断っておいてからでなければ、景観保全なんて口にしないが、自分自身の楽しみのためにボランティアでできる範囲にしぼって、そこだけはなるべく完璧に景観復元をやってみたい夢がある。そういうフィールドをさがしているところ。(2004/11/09)
マリオンの日本語 [2014年11月27日(Thu)]
えっちゃんからのレポートです フランスから初来日のマリオンは日本語初挑戦です。

image1.JPG

ボランティア達の夜は時間があるようで、夜な夜な色んなことをしているようです。
これもその跡。マリオンの日本語の勉強。
少しずつですが、確実にひらがなを覚えています。
夕方のミーティングでの1日の報告も日本語で頑張っています。
すごい!
Posted by ginmori at 20:02 | この記事のURL
るろうに剣心 [2014年11月27日(Thu)]
さとしからのレポートです


ゆきみーるの漫画に『るろうに剣心』が仲間入りしました!
9月末に実施した居場所アンケートで第1位になった漫画です。ゆっくり読み直したいと思います。いや、そうじゃなくて、居場所のみんなに読んでほしいです。

IMG_2116.JPG
Posted by ginmori at 19:59 | この記事のURL
市立病院でロシア語通訳 [2014年11月27日(Thu)]
大田市立病院のスタッフさんからのオファーで、緑と水ウクライナからの研修生のタラスとシュウチャンに通訳のボランティアが入りました。

CA3J0679.JPG

大田市立病院へ初めての海外研修生として来ておられる カザフスタンのお医者さんお二人について、日常生活の困りごとなどないか聞いてもらう仕事です。
カザフスタンの先生たちも久々のロシア語会話でなごんでおられました。
大田は自然環境が素晴らしい、とくに困ってることはない、日本海に入ってみたい というような話題でしたが、コミュニケーションの機会を提供できたのはうちのウクライナ研修生のお手柄だと思います。この大田の町に「ロシア語の通訳」がいるという、あるいみ千載一遇のチャンスでありました。

CA3J0680.JPG




Posted by ginmori at 19:41 | この記事のURL
居場所の模様替え [2014年11月26日(Wed)]
えっちゃんからのレポートです

image1(16).JPG

もうすぐクリスマス。
マリオンが段ボールで手作りのツリーを作ってくれました。
クリスマスが待ち遠しくなりました。
Posted by ginmori at 21:16 | この記事のURL
学校林調査 志学中学校 [2014年11月25日(Tue)]
学校林調査 つぎは、大田市立志学中学校、こちらも三瓶の麓です。学校から徒歩10分。

CA3J0675.JPG

広葉樹の植栽をして、毎年、中学生が下刈りをしているそうですが、蔓性の植物の勢いがあって、苦戦しておられるようです。こちらも応援が必要でしょう。
何十年も続いてきた環境教育のフィールドですが、生徒数の減少に加え、学校林を支えていた地元のボランティアも高齢化しているので、私たちも何か応援をしたいと思います。

CA3J0674.JPG

Posted by ginmori at 17:03 | この記事のURL
学校林調査 北三瓶中学校 [2014年11月25日(Tue)]
もりふれ倶楽部の野田さんが、県内の学校林の実態調査をしておられるのに同行しました。
大田市立北三瓶中学校は、校庭に隣接するスギ林の中でシイタケを育てておられます。

CA3J0663.JPG

全校で20名弱なので、食べきれないくらい収穫できるそうですが、数十年前はもっともっとたくさん作っていたようです。周囲には枯れた立木もあり、竹も侵入し始めているので整備が必要です。

CA3J0664.JPG
Posted by ginmori at 16:57 | この記事のURL
全国草原サミットin阿蘇 [2014年11月24日(Mon)]
第10回の全国草原サミットには全国から14の首長さんが集まりました。
市長村長さんのうち8名は阿蘇関係、大田市からも市長代理で小野部長が参加しています。

CA3J0661.JPG

サミット宣言では「残したい日本の草原100選」という具体的プランも明記して、かつ昨日は環境省の局長さんも立ち会っておられたので、ことが進んでいくような気がします。
Posted by ginmori at 20:52 | この記事のURL
熊本の神楽 [2014年11月24日(Mon)]
全国草原サミット・シンポジウムの交流会のアトラクションで神楽を見せていただきました。
演目は「大蛇」なのでしょうが、面が違う、衣裳が違う、所作が違う、
首を取られたおろちは胴体をそのまんま残して去るとか・・
なにより、囃子の編成が一緒なのにまるっきりリズムが違うのです。

CA3J0650.JPG

草原のスケールでは全く負けていますが、神楽なら石見の勝ちだと内心思いました。

Posted by ginmori at 20:46 | この記事のURL
全国草原シンポジウム阿蘇 [2014年11月23日(Sun)]
2日目は全国草原シンポジウムです。
「ヒヤリハット集」を作った関係で、第4分科会「火入れの安全確保について」に参加しました。

CA3J0637.JPG

子どもサミットも開催され、小学生がすすきのふくろうを作って募金活動をしていました。

CA3J0642.JPG

たくさんのボランティアが集まる魅力があり、県知事も熊本(九州)の宝だと思っている阿蘇ならではの スケールの大きな第10回全国サミットとなりました。

CA3J0645.JPG



Posted by ginmori at 18:03 | この記事のURL
青少年カフェ・委員会201411 [2014年11月23日(Sun)]
さとしからのレポートです。

写真 1.JPG

本日は第4回青少年カフェ•青少年委員会。
視察先の話合い(自動的にテーマの話合い)でしたが、予想通り難航>_<
昨年度からこれまで少しずつ青少年の発言が増えていましたが、今回は控えめ。

でも、このくらいの困難さは想定の範囲内なので、少し浅く広く視察をして、掘り下げたいテーマを探そうという方向となりました。それ自体はみんなヤル気です。
ということは、スタッフ側に大きな宿題ができましたとさ。
Posted by ginmori at 00:06 | この記事のURL
阿蘇エクスカーション [2014年11月22日(Sat)]
阿蘇に来ています。
全国草原サミット・シンポジウムのオプショナルツアーに参加しました。

草千里は中学校の修学旅行以来40年ぶりです。
草原再生=景観向上のため、50年前に植えた杉の植林を伐採したそうです。

CA3J0705.jpg

夜峰山では急傾斜の輪地切をするボランティアの皆さんを見学。
天気が良いので素晴らしいパノラマです。標高900メートル。

CA3J0618.JPG

最後は北外輪山の草泊りの見学。3年前によっさんといっぺいとデビットと三瓶でもつくったことがあります。南小国では小学生が体験で制作して実際に泊まってみるのだそうです。いいですね。

CA3J0629.jpg


Posted by ginmori at 17:45 | この記事のURL
竹ぼうき [2014年11月21日(Fri)]
9月に石見銀山で切った竹の枝を持ち帰って、庭ぼうきを試作してみます。

CA3J0482.JPG

自然のあるがままの素材なのでそれに合わせたサイズにしかならないことがよくわかりました。
もっと小ぶりなものを作るにはもっと小ぶりの竹を選ばないとなりません。
Posted by ginmori at 15:52 | この記事のURL
もしも魚だったら [2014年11月20日(Thu)]
としのぶさんに勧められた図書『水辺の小わざ』(山口県土木建築部河川課2008)
レイアウトも写真も素敵で、行政がつくった本とは思えません!

CA3J0702.jpg

この本の肝となる第5章「水辺の小わざの種類と適用」は一気読みしました。

CA3J0701.jpg

魚が溯上できる角度と水流、思いやりのあるちいさな工夫の積み重ねで、よい魚道がつくれるということの実証。理屈だけじゃなくて思いのある人が実際にやってみせた施工例なので説得力あります。
私がもしも魚だったら、山口県の川をさかのぼりたいと思いました。
そんな工夫を大田の川でもやってみたいですね。




Posted by ginmori at 20:11 | この記事のURL
グリーンワーカー三瓶最終日 [2014年11月20日(Thu)]
最終日は精鋭4名で残った区画を片付けます。もう残せないので、いつもよりスピードアップ。

CA3J0582.JPG

環境省さんの事業により、10日間にのべ71人を投入して、三瓶西の原16ヘクタールのイバラを刈ることができました。
Posted by ginmori at 16:57 | この記事のURL
11月居場所スポーツの日 [2014年11月19日(Wed)]
さとしからのレポートです

ball.jpg

今月の居場所スポーツはボウリング!
昨年のリンとケリーを思い出します。
今年はペアでのチーム戦!ベストペアには賞品ありです(^^)

ボウリング後には1時間弱カラオケ!
みんな盛り上がっていて、歌い足りないようなので、来月カラオケを企画することになりました!

写真 2(7).JPG
Posted by ginmori at 17:16 | この記事のURL
竹の杖追加 [2014年11月19日(Wed)]
石見銀山世界遺産センターの竹の杖立が空になっていたので、昨日の島根中央高校の作業のなかから、使えそうな竹を持ち帰って、国際ボラたちに杖をつくってもらいました。

CA3J0576.JPG

杖立が空になるとゴミ箱にしてしまう不心得者がいるようなので、入口をネット加工しました。

CA3J0578.JPG
Posted by ginmori at 13:26 | この記事のURL
島根中央高銀山ボラ2014秋 [2014年11月18日(Tue)]
ユネスコスクールの島根中央高校の石見銀山ボランティア活動に国際ボランティアたちと協力してきました。本谷で伐採した竹を運びだしてチッパーで処理します。
120名でリレー。 毎回、がんばってくれる若者たちです。
小雨の中、作業時間を延長して最後まで運んでくれました。

CA3J0572.JPG

CA3J0571.JPG

Posted by ginmori at 17:05 | この記事のURL
歓迎ボウちゃん [2014年11月17日(Mon)]
2年5か月ぶりの来訪です 香港のボウちゃん。
緑と水の中長期国際ボランティアの4代目(・・今は21代目となってます)。
今度は彼氏をつれて来て「ここが日本で一番紹介したかった場所」なんて言ってくれます。

CA3J0700.jpg

リピーターさん いつでも歓迎ですよ。

Posted by ginmori at 21:30 | この記事のURL
鮭の溯上 [2014年11月17日(Mon)]
えっちゃんからのレポートです

image1(15).JPG

昨日の森山さんの報告を見て、居ても立ってもおられず、静間川に遡上した鮭を見に行きました。
初めて見る野生?の鮭に青少年やスタッフも感激。
まさか大田市にも鮭がのぼる川があるとは知りませんでした。
とても嬉しい発見でした。
Posted by ginmori at 21:22 | この記事のURL
草原カード [2014年11月17日(Mon)]
「ダムカード」に倣って、草原カードをつくろうと、全国草原再生ネットワークの事務局でモデルを制作してみました。
「三瓶山」バージョンです。

CA3J0699.jpg
Posted by ginmori at 13:10 | この記事のURL
静間川にサケ [2014年11月17日(Mon)]
としのぶさんからのレポートです

n1.JPG

島根県内、今年はサケの遡上が多いという情報があり、
「もしかして、静間川にも!?」
と思い、川に行ってみると、いる!いる!!いる!!!
例年のアユ調査で、障害になる堰などの位置は把握しているので、
目星をつけて行きましたが、水しぶきが上がって、あっさり発見。
その数、100匹以上。これはビックリ!

n2.JPG

じゃれるように泳ぎ回る、サケたちに見とれていると、
足元には、産卵の終わったと思われるメス個体が、ひっそりと。

n3.JPG

早速、ぎんざんテレビさんに連絡し、撮影していただきました。
後日、 写真ではお伝えできない、躍動感がを映像でお届けできるでしょう。

n4.JPG

既に、絶命しているオス個体。
全長70cmの大物です。
長旅お疲れ様でした。
もう1〜2週間ほどは観察できるでしょう。
長久小の児童には、川学習をした場所なので、是非、見に行ってもらいたいな〜。

※捕獲は県規則違反の恐れあり、食べてもおいしくないのでやめましょう。
Posted by ginmori at 09:54 | この記事のURL
しまねの子ども・若者支援を考えるみんなの集い [2014年11月16日(Sun)]
さとしからのレポートです

写真 4.JPG

「しまねの子ども・若者支援を考えるみんなの集い(平成26年度青少年育成関係者総合研修会)がサロン・ド・ゆきみーるにて開催され、30名近い参加者があり、パネルディスカッション・ティータイム・ワールドカフェと有意義な時間を過ごせました。
様々な職種・立場の方々の意見を聞くことができたことも良い経験になったと思います。個人的には、「それぞれの機関がまずベストを尽くすこと。それが前提としてないと連携が機能しない。」というご意見が一番のヒットでした。これは正に現場での実感で、何だか連携が上手くいかないケースの違和感の正体の一つがこれであることは以外と多い(私の勝手な実感ですが)と気付きました。そしてその先にあるのが一個人、一機関のバーンアウト等ですね。不真面目な私は大丈夫ですが、抱え過ぎには気を付けましょう。
私自身初参加だったのですが、このような活動を何十年と続けてこられた青少年育成アドバイザーの皆さんのモチベーションと使命感、そして会場でのホスピタリティには頭が上がりません。皆さん本当にありがとうございました。

写真 3.JPG
Posted by ginmori at 23:48 | この記事のURL
亀淵 [2014年11月15日(Sat)]
ふだんは看板を見て気になりながらも、車で通過するばかりのスポットでしたが、休日で、隣に国際ボラのタラちゃんが乗ってるので、今日は降りて探索してみる気になりました。

CA3J0549.JPG

CA3J0546.JPG

渓流の脇には、地元のおじいさんたちの作った「隠れ家」的なものが・・・
シニアになれば、もいちど少年ですから。(なぜか北海道土産の木彫くましゃけ)

CA3J0545.JPG

こういうところにわたしが行ってみたくなるのは 国際交流効果に間違いありません。



Posted by ginmori at 19:57 | 小ネタ | この記事のURL
思春期のこころとからだ啓発パネル [2014年11月15日(Sat)]
さとしからのレポートです

写真 1.JPG

16日の「しまねの子ども・若者支援を考えるみんなの集い(平成26年度青少年育成関係者総合研修会)」(12:50〜16:30、ドタ参加OK)で掲示しようと、県央保健所から思春期のこころとからだ啓発パネルを借りてきました。

これは、県央保健所が事務局をしているネットワークの大田圏域思春期保健連絡会で今年度作成したものです。ゆきみーるやあすなろ教室も企画会に参加しています。冊子も配布用に頂きました。良くできたパネル・冊子というだけでなく、実はこのネットワークは県のモデルになるような先進的な取り組みらしいので、多くの人に知ってもらう機会になればと思います。

写真 2.JPG
Posted by ginmori at 11:39 | この記事のURL
グリーンワーカー三瓶9日目 [2014年11月14日(Fri)]
最高人数を更新 本日は12名を投入。全体の95%まで到達しました。
寒くなったので、頑張っても汗をかきません。

CA3J0532.JPG

Posted by ginmori at 17:33 | この記事のURL
ゆきみーる駐車場案内 [2014年11月13日(Thu)]
えっちゃんからのレポートです

image1(14).JPG

緑と水の連絡会議が管理する「サロン・ド・ゆきみーる」
駐車場がわかりにくいのを解消するために、案内表示を書いて見ました。ボランティアの吉田さんの協力の元、見易く分かりやすく出来ましたよ。
まずお試しで紙に書いて掲示しています。
見かけた方はご感想をよろしくお願いします。
Posted by ginmori at 20:46 | この記事のURL
| 次へ