CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年01月 | Main | 2011年03月»
回想法 [2011年02月28日(Mon)]
認知症の方への介護の方法を学んでいる、高橋理事長(こちらも本業)
が回想法が有効だということを知り、早速 七色館でやってみたそうです。

昔の写真をみて、記憶をよみがえらせて、脳を活性化する効果があるとか。

この写真、昔の遠足の様子ですね 昭和30年ごろか?
お母さんが羽織を着ていて、当時は幼稚園の正式行事はこのように
正装でついていくのがふつうだったようです。
男性はスーツです。  撮影は宮城県あたりのどこか。



この子↑ いわせやすこさん 5歳 (今の高橋泰子さん) 
Posted by ginmori at 16:02 | この記事のURL | コメント(3)
ジェンカ [2011年02月28日(Mon)]


昨年夏に、ゆきみーるで使ってもらおうとお土産に買ってきていたゲーム、
どこにいったかと思っていたら、最近再発見されました。
本物のガムだと思われていたのかも?
このロッテのガムをデザインしたジェンカ、
出た目の色のをはずしていくバランスゲーム。

事務局のみなさんは上手なので、すぐに最後までやってしまいます。
片手でやるとかルールを厳しくしないといけません。
Posted by ginmori at 15:00 | この記事のURL | コメント(1)
白銀の舞 [2011年02月27日(Sun)]
かんぬしからのレポートです



「今日は、七色館の職員さん&利用者さん3人&かんぬしの5人で
大田市民会館大ホールに「白銀の舞」神楽大会を見に行きました。

観劇前は3年半前から大田に通い、神楽なんて何度も見ている私には新鮮な感じは
しませんでしたが大ホールならではの演出があってとても楽しめて大満足でした。

余談ですが、観劇前にチケット代を請求されて意外で驚きました。
考えてみれば、当たり前のことなのにこの3年半、祭やその他のイベント時、もしくは練習中に
お邪魔して見させてもらうなどしたため神楽はタダで見るものと思い込んでいました。(恥)

しかし、チケット代の支払いは七色館でしていただいたので、やはり今日もタダでした。(笑)

ありがとうございました。(喜)」
Posted by ginmori at 14:33 | この記事のURL | コメント(3)
男はつらいよ 1974 [2011年02月27日(Sun)]
聞き書き本の取材で、温泉津のおばあさんの話を聞いて、寅さん(渥美清)の『男はつらいよ』の撮影が温泉津であったことを聞きました。知らなかったので、その後、ネットで調べて、ついに今日レンタルしてきましたよ。1974年の作品。寅さんシリーズ第13話。
舞台は温泉津、益田、津和野です・・・

実は、こうした地方ロケよりも、吉永小百合と絡む東京が話の中心を占めるのではありますが、前半にしっかり温泉津の風景があったので、切り取ってみました。
たぶん、著作権の問題あるかも・・ご指摘あれば、画像削除しないといけないね。



寅さんと妹のさくらと たこ社長が温泉津駅に降り立つシーン。なんとSLです。ホームに転てつ器とかあって、国鉄黄金時代をしのばせるにぎやかさです。



小浜と温泉津の境は「橋の階」。こないだ山口さんに教えてもらいました。向こうに漁協が見えます。寅さんらが乗ってるタクシー。



タクシー、温泉津温泉街を通過中。山県屋の前あたり。
・・寅さんは旅館「後楽」に泊まったそうです。



マドンナの絹代さんは、温泉津の登り窯で働く女性という設定。
これって、いまのゆのつ焼き物館の前身だろうか? ”はんど”が並んでいます。



さくらと たこ社長が帰る日の温泉津駅プラットフォームのパン映像。
駅裏にある温泉津小学校は当時は木造で、今と反対側の位置に建っていたのね。
生徒たちがブラスバンドの練習をしているのが、泣かせる設定です。

1974年は私、中学2年生で、そのころ大田町と温泉津町はとっても遠かったので、温泉津では常識の伝説が伝わってこなかったのでしょう。
懐かしい風景が見れて、映画のおかげです。
温泉津 あれから35年たっても、実はあんまり変わってないから、すばらしい。
Posted by ginmori at 00:04 | この記事のURL | コメント(4)
雪が消えた [2011年02月26日(Sat)]


ふと時間の余った休日にはさんべ荘の露天風呂に行くのが大田町民のたしなみです。
今日もすてきな快晴でした。

こないだまで真っ白だった西の原も、今週の好天ですっかり雪が融けていました。この調子なら来月の野焼き大丈夫でしょう。
昨年は焼けなかったので、例年より今年は枯草が多い印象です。焼けば壮観かも。

でも去年だって、野焼きの直前作業で防火帯草刈したあとで、急に大雪となって中止になっちゃったから、今年もどうなることやら、予断を許しません。
Posted by ginmori at 21:10 | この記事のURL | コメント(1)
琴の鳴る浜 [2011年02月26日(Sat)]
大田市の琴が浜に伝わる伝承を、市民が舞台にしたものです。
昨年度の上演が好評だったため、再演されます。
劇・合唱・ソロ・生演奏  バージョンアップしているそうです。

聞き書きのなかまの松本さんが、準主演クラスで登場されるので、楽しみです。
国際ワークキャンプのなかまもひきつれて大田市民会館に参りますよ。
3月13日(日)1400-

としのぶさまチケットのご提供ありがとうございました。


Posted by ginmori at 10:47 | この記事のURL | コメント(3)
読み聞かせ [2011年02月25日(Fri)]


みーもスクール 本年度の最終回は五十猛小学校の5,6年生です。
富良野自然塾のプログラムに学んで、環境問題って何?の 授業です。
みつは先生いたについてきました。

最後は絵本の読み聞かせ『こいぬのうんち』
植物が育つのに必要な微生物のやくわりを得心させる題材の選び方
この部分はみつはオリジナルでした。
ハートをつかんでるようすでしょ。



五十猛小学校の校長先生とはぜひ来年度も!とお約束しました。
Posted by ginmori at 16:41 | この記事のURL | コメント(2)
ボーリング [2011年02月24日(Thu)]
3本立ての最後はもっちゃんのレポートです。

「寿司のあとはスポーツ。ボーリングにいきました。
始めてみて、4人のレベルの低さに、心なしか不穏なムードが漂っていたような。。(笑)

にもかかわらず、2ゲーム目は、意外にも白熱したチーム戦に!!
かんぬし・みつはチーム vs Nくん・もっちゃんチーム。
お互い大幅なリードをゆるさぬ激しい攻防の末、
9回のみつはのスペアが効いたのか、3ピン差でかんぬし・みつはチームに軍配があがりました。
Nくん、悔しかったね。

なにはともあれ、いい運動になりました。」


Posted by ginmori at 20:49 | この記事のURL | コメント(3)
回転寿司 [2011年02月24日(Thu)]
おつぎは、かんぬしのレポートです。



「今日の昼食は出雲のカッパ寿司です。

みつは&もっちゃん&かんぬし&N君で行きました。

回転寿司屋なんて久しぶりの一同はお茶の入れ方や注文の仕方
がわかんなかったり、それらの方法に驚いたりでコントしてるみたい。(笑)

一皿90円のサービスデェイということもあり、いつもより多めに食べました。

N君は、朝ご飯を抜いたわけでもないのに一人で15皿以上食べて皆、びっくり!(笑)

美味しく楽しいひと時でした。」


Posted by ginmori at 20:44 | この記事のURL | コメント(4)
ぷらりねっと2011 [2011年02月24日(Thu)]
今日は豪華3本立て、さいしょはみつはのレポートで写真はかんぬし



午前中は出雲市の思春期・青年期の居場所「ぷらりねっと」に行きました。一部屋が広くてこたつがあり、3人の方が寝転んで寛いでいました。

優しいすてきな雰囲気のスタッフの方2人が会話形式でゆったりご説明して下さり、そのおかげで私達もまったり寛ぎながらお話できたように思います。

ああいう場だったら疲れた時や傷ついた時も寄りたくなるなぁ…。聞きたいことを聞いたり、緑と水の紹介もしたり、とっても良い時間でした。また、ぜひ相互交流しましょうというお話をしたので、いつか卓球大会やいろんな活動を一緒にできたらすてきですね。
Posted by ginmori at 20:30 | この記事のURL | コメント(3)
別れを惜しむ会 [2011年02月23日(Wed)]

田舎で働き隊!かんぬしが 「別れを惜しむ会」を、自分で提案したので、みんなで集まりました。別れはずいぶんと来月ですが、呑みがは早いのには全員 異存がありません。
たぶん、こんな呑み会が、来月まで延々と続くでしょう。  歓迎!!


Posted by ginmori at 23:14 | この記事のURL | コメント(3)
快晴 [2011年02月22日(Tue)]


ようやく春めいてきました。
一日中雲ひとつない快晴って、山陰ではとてもめずらしいです。
石見銀山の要害山中腹から、三瓶山が望めます。
西の原はまだ真っ白ですが、野焼きまでにはとけてくれるといいですね。

もっちゃんのレポートによると、ふろしき山も雪が消えたようです。
国際ワークキャンプに間に合います。
Posted by ginmori at 18:15 | この記事のURL | コメント(3)
日登の郷 撮影 [2011年02月21日(Mon)]
山陰中央テレビさん島根県政番組「まちの笑顔を未来につなごう!」座談会
雲南市木次町 日登の郷のかやぶきレストランで 撮影がありました。
レポーターは 山陰では有名な すやまとしおさんと、石原美和さん。
放映は3月5日(土)1100-1130 TSK です。

美都60の小川さん、エコビレッジかきのきむらの三浦さん、ホスト役の日登の郷 本田さんとおいしい田舎料理を囲んで座談会という設定です。
緑と水の連絡会議も全体の1/4の時間をもらって紹介されます。聞き書きプロジェクトやゆきみーるについて語ってきました。



料理がほんとおいしくて、日本酒やどぶろくに合いそう。
撮影中はあんまり箸を動かせないので、”おあずけ”状態でした。



田舎料理バイキング、どぶろくつき 2000円、要予約だそうです。
Posted by ginmori at 17:12 | この記事のURL | コメント(5)
桂浜にて [2011年02月20日(Sun)]


ゆうべは、百業づくり全国ネットワークにて、澁澤さん、結城さん、甲斐さん、寺谷智頭町長などのお歴々と親しくお話しできた懇親会でした。
これまでの森づくり系の全国集会研修会とちがうのは、各地の地域おこし協力隊などの若者の参加が多かったこと。画期的だと思います。
聞き書きの実績を持っていったので、もっちゃんは一目おかれています。



20日 午前中は、吾北町で軽架線と林道のエクスカーションにいってきました。


せっかくなので、さいごは太平洋も拝んできました

Posted by ginmori at 15:29 | この記事のURL | コメント(5)
四国へ 2011β [2011年02月19日(Sat)]

快晴になりました。行きのルートはしまなみ海道。
もっちゃん初四国です。よしか町の山口くんと3人旅しています。

会場は高知県仁淀町観光センター。
四国ならではの急峻な斜面にはりついた集落が見渡せます。


農山村再生百業づくり全国ネットワーク設立総会
意外とたくさん70名以上の参加です

Posted by ginmori at 10:09 | この記事のURL | コメント(3)
プランテーション [2011年02月18日(Fri)]
事務局の面々今日もみな忙しく活動してるんだけど、私が一日山に行ってる日はネタの仕込ができてないぞ。
例によって、私の10年前の文章であなうめとします。



『地球白書2000-01』を一年がかりで読んいた。そこに、「急増する紙需要に応じながら、炭素吸収レベルを守るためには、パルプ用の原生林伐採を止め、森林プランテーションを拡大したらいい」という論旨(賛否両論併記あり)があった。なるほどね、と思うが、”プランテーション”という言葉の使い方に違和感がある。
 20年前、私が学生時代には、「”帝国主義”は第三世界の農民に対して、プランテーションのモノカルチャー(輸出用単一作物栽培)による苛烈な搾取を行っている」、というような文脈だった。プランテーションは、経済・文化・環境、全面的にワルモノだった。
 立派なプランテーションが、日本国内に既にある。茶畑やミカン園じゃなく、全森林面積中の40%が人工林なのだ。ヒノキやスギが綺麗に整列して植えてある山がプランテーション=植林地。 実は私もプランテーション労働者だったのか。
 私としては、いい木(=材木)を生産したいんじゃなくて、いい山(あるいは森林)にしておきたい。売らずに仕事ができれば一番。そういうのはプランテーションとは言わないわな。(2001/02/20 木霊の国から)

Posted by ginmori at 21:15 | この記事のURL | コメント(2)
百業づくり [2011年02月17日(Thu)]


週末は高知へ出張予定です。山越えで車で行くので天候が心配でしたが、どうやら最悪なことにはならない見通し。

農山村再生百業づくり 全国ネットワーク設立総会
土佐の森救援隊はじめ、志をおなじくする方々にお会いに行ってきます。
2009年12月に高知で現地視察して
2010年1月に大田に中嶋さんをお呼びして、バイオマスの地域循環を語り
2010年5月には丹羽さんのフィールド岐阜でまたお会いして,そこでは聞き書きを知り
2010年9月には土佐の森方式を大田で指導してもらい実行し
・・
大田だけでもこれほどスピーディーに展開しています。
全国各地にももっと広く深く展開している仲間というか先達がいます。
ということで、毎回お会いする面々との懇親会を楽しみにしています。
Posted by ginmori at 19:50 | この記事のURL | コメント(2)
島根の田舎で働き隊!交流会 [2011年02月17日(Thu)]
もっちゃんからのレポートです。

「 昨晩は雲南市で開かれた田舎で働き隊!の交流会に参加してきました。
と言ってもNICEではない団体のコーディネートによるメンバー6人だったので、みんな初対面。
1ヶ月間で美郷町や川合町、江津市を移動して働いてるそうです。
他にも、地域コーディネーターさんやゴウコン(江津ビジネスコンテスト)チャンピオンなど、いろんな方がいて、熱い田舎トークで盛り上がりました。平均年齢は20代後半。」



いいことしてるじゃないの。どちらさまの声掛け??
次はゆきみーるに会場誘致してほしいな。
Posted by ginmori at 12:57 | この記事のURL | コメント(2)
岡山へ [2011年02月16日(Wed)]


田舎で働き隊!の後継事業の交付金説明会、岡山へ日帰り出張でした。
農林水産省 中国四国農政局。

いい天気なのに、やくもで片道4時間の移動はもったいない。

今年はNICEさんにまかせてましたが、こんどは地元で協議会を立ち上げて受け入れないといけません。たくさん書類がいるようです。燃えます。

育てる会の山本さんや、島根県職員でおととし緑と水に派遣研修にきてくれた栗原さんとも会場でお会いしました。
Posted by ginmori at 16:50 | この記事のURL | コメント(4)
TSKゆきみーる取材 [2011年02月15日(Tue)]
昨夜深夜まで聞き書き本のゲラの校正をこたつでやってて腰がいたくなり・・
朝方の雪で、大森小学校のみーもスクール竹炭づくりが中止になり・・
もっちゃんと、聞き書き本ちらしを市役所に運搬して・・

午後のイベントは、TSK(山陰中央テレビ)さんの取材です。
ひさびさにうっかり、取材風景を取材するの忘れてて、画像がありません。
しょうがないから えいっとくん。



ゆきみーる事務所や、居場所や、自習室や、ドラムや、卓球や、作業風景をひととおり映して
あとは、21日の座談会撮影を入れて、3月5日(土)1100−1130
「まちの笑顔を未来につなごう! コミュニティービジネスで地域づくり」
県内4団体のひとつで登場します。
私録画できないからどなたかお願いします。


Posted by ginmori at 20:05 | この記事のURL | コメント(5)
チョコの家 [2011年02月15日(Tue)]
みつはワールドの投稿です。

「N君と堤さんがチョコのお家を作ってくれました。ありがとうございます♪

今日はカラフルなお菓子を付けてみましたよ。





テーマは「お菓子の家に忍び寄るオウム(風の谷のナウシカより)」

ストーリー:
この家に住んでいる魔女は、オウムの子どもの血を実験に使ってしまいました。どうしても我が子の病気を治す薬に必要だったからです。
仲間を傷付けられたオウムは一斉にお菓子の家を襲いますが、ナウシカがオウムに理由を伝えるとオウムの心は静まります。煙突の近くからオウムの赤い目が青い目に変わっていく様子を表しました。」



ついかの画像もおいしそうだね。
一日おくれのバレンタイン。
Posted by ginmori at 12:35 | この記事のURL | コメント(7)
大田市お年寄りからの聞き書き集ちらし [2011年02月14日(Mon)]
大田市お年寄りからの聞き書き集ちらし が公開されました。

『明日に伝える暮らしの記憶』大田市 お年寄りからの聞き書き集
2011年3月刊行予定 約200ページ 定価1000円 送料別
書籍の概要に関する紹介チラシです



成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
Posted by ginmori at 15:46 | 成果物 | この記事のURL | コメント(3)
こたつで仕分け [2011年02月14日(Mon)]



ついに 聞き書き本のチラシが完成しました。

つぎの記事で 成果物登録します

来週の大田市報への折込配布にむけて、居場所の作業として、Nくん、Tさんにも協力してもらって、各町の配布部数の仕分け作業をしています。
Posted by ginmori at 15:33 | この記事のURL | コメント(4)
合同役員会 [2011年02月14日(Mon)]
森林を守ろう!山陰ネットワーク会議の合同役員会に、高橋理事長とともに参加しました。松江 東急イン。
先月の5周年事業の反省会と、来期以降の方針について・・
1月23日はのべ800人の来場者をカウントしたそうです。
山陰中央新報の19日土曜日の紙面で、シンポジウムの特集記事が掲載される予定です。
来期以降、小中高校との協働企画とか、若手での企画会議などのアイディアが提案されました。

Posted by ginmori at 15:25 | この記事のURL | コメント(2)
万年筆 [2011年02月13日(Sun)]
週末の小ネタ。
こないだのLPに続いて レトロねたです。
最近の若いこは、さわったことないらしいです。
わたしらおじさんの若いころは高校・大学の入学お祝いとかでしたよ。




(上)年末に東京に行って、デパートで暇をつぶすのに、わたしらおじさんは文具売り場がいちばん。おしゃれなラミーのサファリ、ジャパンバージョンが気になって、つい買ってしまいました。かきあじが懐かしいね万年筆。

(下)引き出しの隅っこに眠っていた、30年前のシェーファーも思い出して・・。当時は愛用してました。(ワープロ、パソコン以前の時代だったから)カートリッジの新品も残っていたので、30年たってもちゃんとよみがえって使えました。さすが万年筆。
Posted by ginmori at 20:47 | この記事のURL | コメント(2)
定例理事会1回目 [2011年02月13日(Sun)]
12日は理事会でした。
事情により画像はありません。

理事長の発案で、毎月第2土曜日に集まれる理事だけでも集まって情報交換しようということで、今回が1回目。みつはの案内が効いたのか、例年の正規の期末理事会よりたくさん来てくださって、事務局ふくむ11名で開催。
したがって、しっかり資料もつくらなくちゃと、「活動記録」と「事業別決算予測」を1日がかりでまとめました。活動記録はこのようなみっちり書き込んだものが3ページも。
(この画像を拡大しても読めません。)
今年は毎週なんかしてたからね。


この詳細の活動記録はCANPANのサイトで情報公開してます。
Posted by ginmori at 20:32 | この記事のURL | コメント(1)
さいそくではありませんが [2011年02月13日(Sun)]
催促するわけではありませんが、かんぬしからのレポートです。



明日はバレンタインデーということで七色館の職員さんのZさんから緑と水の事務局男性陣4人(事務局長&室長&もっちゃん&かんぬし)に一日早いですが手作りチョコレートをいただきました。Zさんの娘さんが作ったそうです。
ありがとうございます。
Posted by ginmori at 12:32 | この記事のURL | コメント(4)
英語の勉強 [2011年02月12日(Sat)]
つづいて、かんぬしからのレポートです



「今日、アマゾンで取り寄せたボス(理事長)の英語教材が届きました。
来月の国際ワークキャンプでは是非英語を話したいそうです。

緑と水のイギリス会員のたえこさんも言ってましたが中学英語で英会話は結構大丈夫。ワークキャンプで使う程度の英語なら尚更中学英語で大丈夫。そういうわけでボスの依頼を受けて私が選んだのが黄色の一冊。
青色の一冊は私のお薦め本で世界のリーダー達の名言集。「リーダーシップ論やビジネス論は経営者でもあるボスには使えるんじゃないですか?英語の勉強にもなって一石二鳥ですよ。」今思うとちとおこがましいアドバイスでした。

来月10日から第8回国際ワークキャンプが開催されます。熱く深く濃く語るボスの英語でのスピーチに期待。」
Posted by ginmori at 16:20 | この記事のURL | コメント(4)
ジャスコでPR [2011年02月12日(Sat)]
みつはから昨日の活動のレポートです。



「昨日は、ジャスコの黄色いレシートの日11日で、さとしさん、ゆうかちゃん、かんぬし、みつはで店先に立ってアピールしてきました。
黄色いレシートを回収するだけでなく、緑と水ののぼりを持ち、パンフレットとゆきみーる通信を配って、少しでも大田の人へ活動を知ってもらおうという大切な活動でした。
とても寒かったですが、建国記念日で祝日、しかもバレンタイン前という好条件で人が多かったです。

言うセリフは色々試して、初めは率直に「おはようございます!黄色いレシートを下さい。」でしたが、ストレート過ぎていまいち。最終的には「おはようございます!黄色いレシートキャンペーンにご協力下さい!」になり、レシートをもらったら「ありがとうございます!ありがとうございました!」になっていました。

やはり、松屋で鍛えたかんぬしの落ち着いていて且、よく通る声は効果的で良かったなぁ(笑)また、ゆうかちゃんが居ることで「あらお子さんも連れて…」という人情を集めていました。(ゆうかちゃんありがとう)

ジャスコの方も、アピールできる場を作って下さったり、色々アドバイスをして下さったり、とても有難いです。」
Posted by ginmori at 11:16 | この記事のURL | コメント(1)
竹やぶの地ごしらえ [2011年02月11日(Fri)]


とんでもないことになっていますが、これが石見銀山の標準的な竹やぶの現状です。おそらく日本中こんなことになっています。

この竹をひたすら切って 横にならべて片づけるというのが、地ごしらえ作業です。
空いたスペースに木を植えることになります。



これだけ開けるのに、一人で半日がかりです。
根気と元気があれば、のこぎり1本でできない仕事ではありません。
Posted by ginmori at 17:58 | この記事のURL | コメント(3)
| 次へ