CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«神楽見学 | Main | 大田小学校三瓶学習»
農家の野焼き [2018年10月10日(Wed)]
理事長からのレポートです

昨夕、BSSのニュースを見ていたところ、兵庫県三田市の一般住民から稲の刈り取り後等に行われる農家の野焼きについての苦情が殺到しているというニュースのなかで、草原再生ネットワーク会長 のコメントが紹介されていました。
もともと農家の年中行事を理解しない新興住宅地の住民と、農家との生活の違いもあって問題になっている所を取り上げた番組でしたが、箱根の仙石原や、東伊豆の野焼きなども取り上げられていました。
伝統的な農法の野焼きと産業廃棄物扱いを逃れるための野焼きと混同されがちですが、昨日の放映は割と良心的な解釈の放映でした。
テレビの中では阿蘇草原協議会会長の肩書でした。

181009_1732~01.jpg
Posted by ginmori at 09:16 | この記事のURL