CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«竹林景観整備 | Main | 巡礼の旅15»
巡礼の旅14 [2017年04月21日(Fri)]
よっちゃんからのレポートです

都市田舎問わずスペインでは英語が予想以上に通じません。毎日たくさんの外国人と接してるはずのカフェやアルベルゲ(巡礼宿)のスタッフですら全く英語を喋りません。

当然の如くスペイン語でメニューや宿の説明をして、たとえ理解せずとも気にしない様子。日本のような接客マナーは一切ありません。サービスする側の方が強いです。CafeやBarではこちらから話しかけるまで完全放置。誰も助けてくれません。

こうなると必要最低限の言葉は覚えざるを得ないので自然とスペイン語が上達します。英語喋ると難しい顔をしますが、スペイン語喋ると嬉しそうな顔をします

IMG_2974.JPG
Posted by ginmori at 08:55 | 巡礼の旅 | この記事のURL