CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«みーもスクール仁摩小クラブその2 | Main | 地域づくりをふんわり考える»
バームクーヘンの出来ばえ [2016年06月30日(Thu)]
焚き火でバームクーヘンやるのは私も実際には10年ぶりくらい。ひさびさにやると決めて後から気が付いたのがミハエルの存在。スイーツ好きのドイツのミハエルが生地の材料選びから下ごしらえまでこだわりを見せてやりきってくれました。

IMG_3603.jpg

IMG_3604.JPG

この美しい仕上がり、14層もあります。
こどもたちが熱さと煙と戦いながら回し続けた汗の結晶が皮いちまいずつです。

ちなみにバーム・クーヘン=樹(tree)のケーキ なのだそうです。
こうやってバームクーヘンをやった子は木の年輪のしくみが理解しやすいのじゃないでしょうか。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント