CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
東日本大震災被災地より [2011年03月20日(Sun)]
3月11日 14時46分 茨城県水戸 震度6強

この時間、私達は水戸市吉沢市民センターにて、ちょうど公演を終えようと

最後のプログラムを行っていました。

ピアノの演奏が終わる30秒ぐらい前に、揺れはやってきました。

初めて感じる大きな揺れ・・・

少しおさまったかなと思った瞬間

ドカンと下から突き上げる大きな揺れで

一瞬にして停電し、立っていられません。

四つん這いになっても、揺れて体の重心がとれません

ちょうどトランポリンで立ち上がろうと四つん這いになっているすぐ横で

誰かがぴょんぴょん跳んで立てない・・・・そんな感じです。

そのままジェットコースターにでも乗っているような轟音

上を見上げると、コンクリート造りの建屋の天井がミシミシと揺れ

あっという間に一面亀裂が入り、埋め込んであるエアコンが落ちてきそうです

炎が出ているわけでもないのに、

コンクリートの飛塵であたりは煙が出たように真っ白に

見る間に2階から茶色い水が漏れ始め

そこにいた50名程の方は、恐怖のあまり声にならない

「ひぃ〜」と声を出すのが精いっぱい

皆一様に、腰が抜けたように立ち上がることができません

ようやく長い長い大きな揺れがおさまって、避難し始めました。

あれほど綺麗に晴れていた空が、変な色に曇って変な風が吹いています

皆さん家路へと急がれました。

皆さんのお家はどうだったでしょうか・・・

道路はうねって、地割れ、塀は崩れ、

そこらじゅうに逃げ出したペットが走り回っています。

信号は止まり、延々と渋滞が・・・・・

水戸は震度6強でした。

こんな感じで、普段は10分かからない家まで

1時間半掛けてたどり着きました。

その晩は、断水停電、真っ暗で寒く、

いつまで続くだろう余震を耐えて耐えて

明るくなるのを待ちました。

しかし、私達よりもはるかに辛く厳しい環境の中で

過ごされている多くの方々がいます。

私共はどうにか立ち直りつつありますので、

これからは、困っている避難所の方々に

少しでも心のケアをと活動を開始いたします。

避難所等で依頼が有ればすぐに飛んでいきます。

よろしくお願い申し上げます。

 さくら前線おはなしの国一同

連絡先 gogonon@hotmail.com




この記事のURL
http://blog.canpan.info/ohanasinokuni/archive/289
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/336235
 
コメントする
コメント
プロフィール

さくら前線おはなしの国さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanasinokuni/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanasinokuni/index2_0.xml