CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
シイの実拾い [2019年09月30日(Mon)]

 今日は全学年が登室後、避難訓練を実施しました。

 地震がおさまると、ヘルメットをかぶり水筒を持って、東小の校庭へ向かいます。きちんと整列し、すばやく行動することができました。

 その後、校庭で遊びます。お天気もよく、吹いてくる風に秋の気配を感じます。

 低学年の女の子はシイの実を拾って割って、中身を取り出していました。
 
 高学年の男の子は草のあるところで、シジミチョウをつかまえていました。

 夏から秋への移ろいゆく季節の中で、自然に親しむ姿が見受けられました。(IM)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
運動会2019 [2019年09月30日(Mon)]

 おはようございます。まだまだ日差しは強いですが、空気はすっかり秋めいてきましたね。

 土曜日は小学校の運動会でした。曇天予報が青空での開催となりました。
  
 クラブの子ども達も運動会の練習でくたくたになって帰ってくる日々でしたが、その顔はとても充実していて、自信に満ちあふれていました。
 「今日は○○を練習したよ。」「ここまで覚えたよ。」と、毎日報告してくれました。前日も、運動会の日に予定があり見に行けない職員のため、つばき公園で披露してくれました。

 さて、今年の運動会は、かけっこからの綱引き。エビカニ体操からの玉入れ。そして、5・6年全員による色対抗リレーとユニークで新鮮な競技がたくさんありました。

 低学年のリズム体操はとても可愛らしく、中学年のソーラン節は力強かったです。そして、なんといっても高学年の組体操。思わず「わぁー」「すごいね」の声が漏れてしまうほどの出来栄えで、とても感動しました。
 とても楽しい運動会でした。子どもたちも、お弁当を朝から作ってくれた保護者のみなさんも、本当にお疲れ様でした。

 6年生は親善運動会が迫っています。けがをしないように、精一杯頑張ってもらいたいです。
Posted by こどもとおはなしの家 at 10:00 | この記事のURL
みんなで、計算! [2019年09月27日(Fri)]

 新棟では、5月から学習の初めに、4年生から6年生の全員が、みる学ノートに5題の計算問題を解いています。9月24日の5問は、下の写真のとおりです。

 20190927-3.png


 終わった人は、さっと手を挙げます。半数以上の人が終えたところで、1番先に終えた人から順に、答えを言っていきます。
間違えると、次の人が答えるのですが、職員は「他の答えを書いた人は?」と聞きます。
すると、単位の計算などでは、同じ間違いをしている子どもがいることに気づきます。
また、1番に手を挙げるのが6年生とは限りません。4年生が早いのです。問題が張られる前に、すかさずノートに、問題の番号や筆算の−や×の基本の式を書いて、待っています。
9月の2週目から、問題は筆算の引き算、3桁×2桁のかけ算、3桁×3桁のかけ算、割り算(暗算)、単位の問題になりました。
3桁×3桁のかけ算は、4年生の2学期2週目に学びました。見ていると、4年生のほとんどが、100の位のかけ算を10の位に書いてしまっていました。毎日、「これは800なので、100の位に書こう」と伝えました。
子どもによっては、プリントの半分を直す人もいました。
 そこで、3桁×3桁の筆算を新棟全員で取り組んだのです。結果、4年生は間違えた人はなく、5年生の2人が10の位に書いていました。やはり、間違えるところは同じなのだと実感しました。
5分ほどの計算練習ですが、間違えてもあまり気にせず、他の答えを言えています。間違って覚えていることが修正されればいいと、これからも続けていきます。             K
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
月見団子つくり [2019年09月27日(Fri)]

 今年の十五夜(旧暦の8月15日)は、9月13日(金曜日)でした。
この日、本館の1年生から3年生は4人ずつに分かれて、お月見の団子をつくりました。


 20190927.png 


 ボールの上新粉に、水を少しずつ入れ、しゃもじで混ぜ合わせ、最後に手でこねます。
力を入れてこねることで、なめらかな団子ができます。
「最後は、手でこねよう」と促すと、ボールに手を入れることを子どもたちは躊躇している様子。
「3年生、やって」
初めに、男の子が手でこね、力を入れはじめました。続いて、他の3年生も・・・
ボールの中に固まりができました。
それを4等分にして、子どもたちは団子に丸めていきます。
「お皿に、はいりきれないよ〜」
「大丈夫、お皿のふちにおいて」
2枚のお皿は、団子でいっぱい。
「手あらってくる」「わたしも」
「おれ、手がガピガピに乾くまで、こうしてるんだ」と手を乾かしている3年生。

粉だらけの部屋を、全員で雑巾がけをして、神様にお団子とススキを供えました。
この日は曇りだったのですが、深夜、空を見上げると大きなまるい月がでていました。
十三夜(旧暦の9月15日)は、4週間後の10月11日(金曜日)です。   K

20190927-2.png
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
何して遊ぶ? [2019年09月25日(Wed)]

 今日は、クラブの避難訓練がありました。
 おしゃべりをせず、すばやく校庭へ避難できました。
 
 ボールなどを持たずに外へでたので、自分たちで何をして遊ぶかを考えます。

 4年生の男の子が、「ジャングルジムで遊ぶ人〜?」と声をかけると、「やるー!!」と1年生と2年生の男の子が返事をします。
 ジャングルジムを反時計回りに1周して、頂上にいる人にジャンケンで勝ったら、一段上に登って、また一周し、ジャンケンする。という遊びをしていました。
 なかなかジャンケンに勝てず、もう一周。
 一年生もスムーズに回ることができています。

20190925.png
 


 一方、女の子たちはタイヤ跳びの所で円陣を組んでいました。

20190925-2.png

 「ラグビーしてるの?」と声をかけると、
 「あははは!ラグビーしてるみたいだった?何して遊ぼうか、相談してたの〜」

 遊び道具がなく、みんなで話して決めることも遊びのひとつになり、とても楽しそうでした。(TA)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
9月のお誕生会 [2019年09月18日(Wed)]

 まだまだ残暑がきびしい日々が続きます。
 学校では、子ども達は、毎日運動会の練習に励んでいることでしょう。

 さて、9月10日(火)、9月のお誕生会が行われました。お誕生者は8名。1年生Tさん、2年生Kさん、3年生Hさん、N君、4年生O君、5年生Iさん、Kさん、Hさんです。
 司会は、5年生のN君です。男子の司会は久しぶりです。いつもは元気なN君も少し緊張した様子です。
 誕生日プレゼントのカードが並べられていると、子どもたちから「すごい!」「かわいい!」と声が。
 今月は低学年はメリーゴーランド(立体)、高学年はやさしいパステルカラーのカード。毎月どんなカードか楽しみのひとつになっています。

 ゲームは「人間大根ぬき」。班に分かれ、抜くチームと抜かれるチームをじゃんけんで決めます。抜かれるチームは、背中あわせに座り、腕を組み、脚を前に出して円陣になります。抜くチームを、足を引っぱり、腕が離れたところで終了。
 抜かれるチームの1年生は、抜かれまいと必死になって、隣の高学年の子の腕をつかみ、高学年はそれに応えるように踏ん張ってこらえていました。

 素ばなしは、石塚さんが「三つの願い」(子どもに語る日本の昔話(こぐま社))を語りました。

 おやつは巨峰のパフェです。子どもたちはいつもと違うリッチなおやつに「わぁ〜!すごくおいしそう!!」と瞳を輝かせて嬉しそうに食べていました。(SA)

20190918-1.png
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
今月のおはなし(28) [2019年09月18日(Wed)]

 題名 めっきらもっきらどおんどん
 作  長谷川摂子
 画  ふりやなな


 夏の終わりに読みたくなる一冊です。

 かんたが、遊ぶ友達がいないのでしゃくだから、おお声でめちゃくちゃの歌を歌うと、どどーっと風がふき、奇妙な声が聞こえてきた。声のするあなをのぞくとすいこまれて、ついたところは夜の山。へんてこりんな3人組がとんでくる。

 1985年の発行ですが、古き良き時代を感じさせます。
 「ふろしきはたはたモモンガー」なんて、今の子どもにわかるかなぁーと思いますが、どの場面も楽しんで聞いています。読み聞かせが終わると、いつも

 「ちんぷく まんぷく あっぺらこの きんぴらこ じゃんがら ぴこたこ めっきら もっきら どおん どん」と読み手の節と同じように歌います。(I)

20190918.png
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
今月のおはなし(27) [2019年09月10日(Tue)]

 題名 うごいちゃだめ
 文  エリカ・シルヴァマン
 絵  S・D・シンドラー

 「こんちは」と、やってきたがちょうと、あひるのおよぎじまん。どちらが速いか競争だ。あひるが「くわっ、あたしが チャンピオンよ!」といえば、「まあね。でも、ぼくの ほうが たかく とべるよ。」とがちょう。
 そしてがちょうはあひるより高くとんで、「ほらね、ぼくが チャンピオンの なかの チャンピオンだ。」とおおいばり。
 
 次は、動いたら負け競争になりました。(あひるとがちょうの根競べ)
 うごいちゃだめ、声を出してもだめ。はちがぶんぶんやってきても、うさぎがいたずらしても、からすがぎゃあぎゃあわめいても、風にふきとばされてもふたりは動かない。

 きつねにつかまって、袋にいれられて、ぐつぐつ煮え立つなべの前に連れて行かれても動かない。どちらを先に食べようかと、がちょうは選ばれ、なべに入れられそう。
 あひるは「がちょうさん、もう うごいて!おねがい!」と心の中でさけんだ。けれど、がちょうは動かない。

 あひるは「ぐわあ〜っ!あたしの ともだちを りょうりしちゃ だめ!」ときつねのしっぽをむしり、はなさきにかみついた。きつねは森の奥へ、すっとんで逃げて行った。

 さて、ふたりはなかよく、なべのやさいのシチューをごちそうになりました。


 絵本を見ている子ども達は、はらはら、どきどき、どちらを応援しているのか、しんけんに見入っています。(O)

20190910.png
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
今日から学校!! [2019年09月04日(Wed)]

 なが〜い夏休みが終わり、こども達は今日から学校でした。
 まだまだ気温も高く、ムシムシした日が続いていますが。。。

 夏休み中、こども達は元気よく遊び、学習をとても頑張っていました。汗びっしょりでつばき公園、または校庭でドッジボールや追いかけっこなどをし、軽いおやつを食べて学習しました。
 夏休み最後の日、びっくりするほど、計算が早くできるようになっていたり、字がとても上手になっていたり。。。子どもの持っている力って本当にすごいなと実感しました。

 始業式が終わり、クラブに帰ってくると、「ただいま」といつもの元気のよい声です。

20190903-2.png

 今日からまた体調管理に気を付けて、頑張りましょう!(KA)

Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
ドミノ倒し [2019年09月03日(Tue)]

 長い夏休みが終わりました。
 
 今年の夏休みの前半は雨が多く、後半は朝から35℃を超える日もありました。

 雨天時は室内でトランプや折り紙などで遊んでいますが、同じ遊びをずっとやっていることはほとんどありません。

 通称‶ピタゴラ(穴やくぼみがある積み木)“をして遊んでいた子どもたちが、うすい板の積み木を並べて「ドミノ倒し」をはじめました。

 職員がドミノ専用の色とりどりのセットを出すと、配色を考えながら、並べては倒して遊んでいます。
 リズムよく倒れる所と、そうでない所があります。すると、ドミノの間隔を狭くしたり、広くしたりと工夫して試行錯誤の結果、やっと最後まで倒すことができました。
 気持ちのよい瞬間です。思わず「ヤッター!!」大歓声です。

20190903.png

 夏休みのクラブでの楽しい思い出になったかな?(SA)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
| 次へ