CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
Sunday コンサート [2017年11月29日(Wed)]
 
 今月、お隣りのデザイン輪では、大人の方向けにコンサートを開きました。
 オープニングは10月22日の予定でしたが、台風のために中止。11月のフルート演奏から始まりました。
 奏者は、写真の川上葉月さん、とても、きれいな方です。クラッシック、日本の秋の楽曲、即興でユーミンの曲と、多彩なレパートリーを披露してくれました。
 おはなしも楽しく、軽やかに・・・
「フルートを演奏するために、25mプールを息継ぎなしで泳ぎます」
「フルートは、持ち運びがとても楽。3つに分解できます」
お母さんときた子どもたちに、フルートを吹く体験もさせてくれました。

 クラブの卒業生は、中学校でブラスバンドに入っている人が多いので、今日の体験が未来の演奏者をつくるかもしれません。
 ぜひ、クラブの子どもたちにも、フルートの音色を聴かせたいと思いました。
 3月に、6年生を送る「フルート演奏会」を開きましょう。         K

P1010831.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
12月のおはなし会 [2017年11月27日(Mon)]
 こんにちは
 12月のおはなしの会を次の通り開催します。

   日時:12月2日(土)午後2時から
   場所:深谷市上柴町東5−18−1(上柴東小南、向かい)
   
   語り手と題目:
  
     1.「ファンタン西天へ行く」      俵 智惠子さん
        
     2.「魔法使いのチョコレートケーキ」  小幡 洋子さん  

     3.「とめ吉のとまらぬしゃっくり」   福島千恵子さん

     4.「ねむり姫」            鹿島由美子さん



   参加費:無料(終了後の交流会は300円、お茶とお菓子付)
   
   問合せ先:NPO法人こどもとおはなしの家
         電話048−574−9665
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
持久走大会 [2017年11月27日(Mon)]

 こんにちは。
 11月25日(土)は東小の持久走大会でした。
 1年生は600M、学年があがると距離はのびて、6年生は1,500Mを走ります。
 1年生は今年が初めての持久走大会です。1年生のK君は練習の度に順位が上がっていったらしく、賞状のもらえる8位入賞を目指し本番に挑む宣言をしていました。


 11月下旬とは思えないほどのぽかぽか陽気の中、5年生からスタートしました。
 どの子もしっかりとした足取りで、ひたすらゴールを目指し走ります。応援の保護者の声援にも力がはいっていました。
 なかには苦しいのか、泣きながら走る子もいました。それでもあきらめず、ひたすら走る姿に「こどもってこんなに頑張れるんだ!すごいんだ!」と胸をうたれました。

 走り終わると、集合して順位の発表です。
 1位から名前が呼ばれ、その場で立ち上がります。呼ばれた子は少し恥ずかしそうな、でもとても誇らしげな顔をしていました。
 クラブに在籍する子も何人も名前を呼ばれていました。もちろん、1年生のK君も名前を呼ばれていました。
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
農林公園に行きました! [2017年11月22日(Wed)]

 「とれたぁ〜!!おおきなにんじん!!」
 と子どもたちの大きな歓声が畑に広がります。

 11月14日(火)県民の日に、路線バスと電車を乗り継いで、川本・農林公園に、野菜の収穫体験を兼ねて行ってきました。

 子どもたちは、農林公園に行く間も、瞳にとび込んでくる色々なものに声をあげていました。

 まずは路線バス。
 「知ってる。降りたい時にこのボタンを押すんだよ。」
 窓の外を見て
 「このお店、ママと来たことがある」

 電車に乗れば、
 「ドアは、このボタンを押すと開いて、閉める時も押すと閉まるんだ」

 熊谷駅前の直実公の銅像を見つけて、
 「あの人だれ〜?」
 「ヒントです。かるたの㋑ですよ。」
 「わかった!”いざ出陣、たいへいめざし、直実公”だぁ!!」
 「はい、当たり。」

 バス停と農林公園までの道では
 「カラスウリがあるよ。」 「それなぁに?」
 「よく山に生えている草で、花がきれいなの。図鑑で観てね。」 「うん、みてみる。」
 「この草は知ってるよ。ひっつき草だぁ」
 「どんぐりがいっぱい落ちてるよ。ここは『どんぐり通り』」
 「わぁ、ミミズがあちこち死んでる。じゃぁ、ここは『ミミズ通り』」
 「ぎんなんがある。クサーイ!!」
 「牛だぁ。鳴いてる。追いかけてくるよ。」 などなど。

 そして、農林公園の広場でも、落ち葉を全身を使ってかき集めたり、色おにやダンボールで芝スキーをやったりと思う存分遊びまわっていました。

 子どもたちにとって、見るもの、聞くもの全てが体験となった一日でした。(S)

 IMG_0220.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
たこ焼きパーティー♪ [2017年11月21日(Tue)]

 こんにちは!先日研究授業で帰りが早かった日に、新棟では、たこ焼き器を3台使って、みんなでたこ焼きをしました!以前から楽しみにしていた子どもたちは、クラブに帰ってくるなり、「いつ、たこ焼きするのー?」と待ちきれない様子です。

 夕方のおやつの時間を使って、たこ焼き作りスタートです。3つの班に分かれ、職員からの説明を真剣に聞きます。何せ、粉をふるうところから、全て子どもたちだけで行います。
 それぞれ分担を決めます。粉をふるう子、卵を割って溶く子、粉に水を入れて混ぜる子、油をしき、お玉で生地を流しいれる子。自分で作るのが初めてという子がほとんどです。

 「たこ入れるよー!」
 「ねぎも入れてね!」
 「あと、チーズだけ入れて作りたい」と5年生の女の子の班はにぎやかです。

 「あれ、何であげ玉も入れるの?」とAちゃん。
 「関西の方では、よく入れたりするのよ。とけるとこってりした味になっておいしいの。」と職員が言うと、
 「そーなんだぁ」とびっくりしていました。

 各自、竹串を使い、生地をひっくりかえして、まん丸の美味しそうなたこ焼きができてきます。

image1 (010).jpg

 「早く食べたいねー。まだかなぁ」との声。
 
 できあがった”たこ焼き”にソースをかけ、青のり、かつお節をまぶします。

image2 (00A).jpg

 各班から「おいしー!!」の声が続出。
 室内はとてもいい匂いです。職員も、それぞれの班が作ったものをいただきました。外はカリッと中はとろっとしていて、想像以上に、とっても美味しいたこ焼きでした!!
 みんなの手つきも上手で、感心しました。
 また、みんなんでたこ焼きしたいね!(SU)

Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
虔十公園林(けんじゅうこうえんりん) [2017年11月20日(Mon)]

 宮沢賢治 作
 伊藤 亘 絵

 虔十(けんじゅう)といういつも笑ってばかりいて、知恵がないと子どもからもバカにされた少年が、家の裏手に杉苗を700本植えるお話です。

 はじめは兄に「あそごは杉植えでも成長(おご)らない処だ」と反対されます。周りの人もバカな事だと言いました。
 しかし、父が虔十の初めての頼みだと助けてくれます。。
 やがて家族の協力もあり、立派な杉林ができます。そこは、まるで仙人たちが碁でもうつ処のようでした。虔十も子どもが集まって行進する姿に満足しますが・・・

 お話の中で「ああ全く、だれがかしこく、だれがかしこくないかはわかりません。ただどこまでも十力(じゅうりき)の作用は不思議です。」と語られます。
 
 一生のうちで何かをのこすことは、誰にでもできることではないけれど、せめて自分の信じることをやりぬきたいと思います。(I)

DSC_1504.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
「かるた」と「将棋」 [2017年11月15日(Wed)]

 11月10日は研究授業があり、2クラスを除き、午前の下校でした。
 ひさしぶりに、にぎやかな昼食のあと、静かな読書タイムも終わると、学習にとりかかることにしました。

 「えーっ 今から〜?」
 「こんな時間にベンキョー!?」と はじめはブツブツ言っていましたが、しばらくすると集中して難なく宿題を終えました。

 その後外遊びに出かけ、「先生方の邪魔にならないように小さめな声でね」と約束して、子どもたちは思いきり体を動かして遊びました。

 お楽しみはこのあとです。
 おやつにチーズやチョコレートを入れた”ベビーカステラ”を作りました。たこ焼き器で作ったので、少し焦げてしまったり、形も不揃いでしたが、みんな「おいしい!」と喜んでほおばっていました。

 そして、「かるた大会」と「将棋」です。
 どちらか好きな方に参加します。
 本館の子どもたちは女の子は「かるた」男の子は「将棋」とスパッとわかれてしまいました。
 ほんとは「かるた」がしたいのか、1年生のK君がかるたの様子をのぞきにきましたが、「オイ、こっちだろ」と呼び戻されてしまいました。
 将棋は新棟から高学年も加わり、静かに対戦が続きました。(T)

P1010812.jpg
P1010815.jpg

Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
「空がレースにみえるとき」 [2017年11月13日(Mon)]
 
 文 エリノア・L・ホロウィッツ
 絵 バーバラ・クーニー
 訳 しらいしかずこ
 ほるぷ出版

 ”ビムロス”って、きれいな、もやみたいな雲のこと。
 その雲がやってくると空がレースにみえて、全部が不思議の世界の紫色に変わってしまう。かわうそが歌い、かたつむりはすねて、ユーカリの木たちはおどりくるい、草たちはグズベリージャムみたいになる、ビムロスの夜。

 何が起きるかわからない。だから守らなくてはいけない約束もある。おもしろい約束、黄色の物は身につけてはいけません。パンティーだってだめなのよ。(ここが子どもの好きな所)
 それから、歌の時間にはかわうそに新しい歌を教えてあげて、その後はプレゼント交換。
 不思議な楽しい事がいっぱいの”おはなし”です。(O)

DSC_1487.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
何ができるかな? [2017年11月10日(Fri)]
 
 今日の室内遊びでは、5年生の女の子が紙とのりとテープを準備し、製作をはじめました。

 まず、細長く切った紙を2枚用意します。2枚の紙をL字になるように交互に折っていくと・・・
 バネのようなものができあがりました!

 切る紙を細くしたり、太くしたりするだけで、違った印象になります。
 そして、いくつか作ったのもを、

 「こうしたらどうかな?」
 「このくらいの長さで平気かな?」と話しあいながら、バネのようなもの同士をつなげたり、輪にしてみたり・・・

 とてもかわいい作品ができあがりました。

DSC_2141.jpg

 「次は色をつけたものを作ってみる!」とアイデアがどんどんあふれてくるようで、楽しそうでした。(TA)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
H30年度入室説明会開催のお知らせ [2017年11月09日(Thu)]

 クラブでは、今年度の説明会を下記の日程で開くことにいたしました。
事前の申し込みはいりませんので、お子さんと一緒にお越しください。
 
  記

 日 時  11月11日(土)10時〜11時
      11月19日(日)10時〜11時

 場 所  深谷市上柴町東5丁目18番地1
      こどもとおはなしの家

 対 象  平成30年度新入学児童、保護者

 *都合のわるい方はお電話でご連絡ください。別日程にて説明いたします。
  電話番号 574−9665


DSC_1488.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
| 次へ