CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
涼しいですね! [2017年07月29日(Sat)]
 
 ここ何日か、涼しい日が続いています。昨日は、新棟ではエアコンをいれず、窓を開けて
過ごせました。ありがたいです。
 5時を過ぎて校庭で遊ぶ時も、心地よい風が吹いてきて、子どもたちもにこやかです。
 ここ数日、4・5年生の女の子たちは全員で鬼ごっこ、登り棒からジャングルジムのあたりを走り回っています。男の子たちは、東側のビオトープ付近でバッタ探しやサッカーをしています。
 
 大きなバッタを両手に捕まえてきて、女の子に見せると、「キャー!」とか、「嫌だ」とか言われ、楽しんでいる様子。とてもきれいな緑色をしているのですが、触れない女の子が多いようです。
 クラブに帰る時に、バッタたちを草の上に放してあげます。優しいのですね。

 木曜日、バッタを探していた草むらから虫の声が聞こえてきました。立秋前だというのに、秋の気配が・・・・。
 そして、校庭からクラブに戻る時、

 「ああ、おもしろい虫の声〜〜」と、女の子たちのフルハーモニー。
 「最後のえを変な音にしよう」
 「さんはい」
 「ああ、おもしろい虫のこえエ〜」
  
 何度も何度も繰り返し、たのしい歌声は道に響いていました。     (K)

P1010670.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
基地づくり [2017年07月28日(Fri)]

 7月26日は朝から雨でした。雨の日は室内遊びが長くなります。
 本館の男の子たちはダンボールで基地づくりをはじめました。
  
 P1010668.jpg

 男の子の戦いの基地に「女の子は入れない」と言われた女の子たち。
 「私たちにもダンボールをください」と、別の基地を作ることになりました。

 女の子が作りはじめると、「玄関を作ろう」とか「お花を飾ろう」と、アイデアを凝らして折り紙を素敵に綺麗に飾った基地になりました。(I)

P1010667.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
たい焼き屋さんに、お寿司屋さん [2017年07月21日(Fri)]

 こんにちは!今日から夏休みですね。クラブに通ってくる子どもたちは暑さに負けないくらい元気です!!

 先日のこと、夕方になり外に出ようと思っていたところに雷がゴロゴロ鳴りはじめたので、急遽室内遊びをしました。

 新棟では、早速5年生の女の子達が「たい焼き屋さん」と「お寿司屋さん」をオープンしました。
 どちらのお店も元気な呼び込みで、お客さんを獲得しようとしています。
 
 「こちら期間限定商品もございますよ〜」と接客も上手で...

 甘いたい焼きには「しらす」もオススメらしいです。

 「すごい!これ本物みたいだね」と職員が言うと、

 「消しゴムのカスで作ったんだよ」と、にっこりRちゃん。

 よく考えたなぁと感心してしまいました。

image1.JPG

 お寿司屋さんの方は、メインのお寿司の他に、サイドメニューにケーキがあったりと、品数豊富です。
 
image2.JPG

 2店舗共通に使えるポイントカードらしく、一日にしてかなりたくさんのポイントをゲットして、お得な気分になりました!(SU)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
放課後児童支援員認定資格研修を終えて [2017年07月20日(Thu)]

 こんにちは。毎日暑い日が続きますね。

 先日、4日間にわたり、国立女性教育会館で、研修を受けてきました。
 1講義1時間半の4講義で、毎時間レポートを提出するという厳しい研修でした。
 講師のはなしは内容が濃く、「なるほどなあ・・・」と考えさせられることがとても多かったです。

 印象に残ったのが、「子どもを主体とする、子どもの意見を尊重する」ということです。私たちはそれを見守りながら支援していく。とても難しいことです。私も子育てをしている一人の母親です。つい、口を出してしまうこともあり、後になって反省する...なんてことも。
 そして、ただ見守っているだけでもダメで、子どもの危険を回避できるように、その子にわかりやすく伝えなくてはいけないということ。
 学童支援員も同じだと思います。

 一日一日を振り返り、記録を取ることが大事だと、多くの先生が言っていました。記録を取るのが難しくても、一日一日を振り返ることで、次のステップになるのではないでしょうか。
 
 この研修で学んだことを生かしながら、これからも頑張っていきたいと思います。(SU)
 
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
道具は大事です。 [2017年07月19日(Wed)]

 7月10日(月)、午後から熱中症注意報がだされ、子どもたちは夕方から校庭に遊びに行くことになりました。学習時間までは室内で各々好きなことをして遊びます。

 以前にも紹介しましたが、クラブでは入室すると将棋にふれ、親しむ機会が増えます。まずはお金将棋からといった具合です。

 今年度は、職員が将棋の駒に動きが示してある将棋を用意したところ、入室4ヶ月目の1年生も2、3年生の力を借りながら、本将棋に挑戦している姿が見られます。藤井四段の影響でしょうか。。。それも少しあるかと思いますが、道具(将棋セット)のわかりやすさ、使いやすさが将棋を身近なものにさせているように感じます。

 今日もクラブに「将棋だして〜!!」と子ども達の声が響きます。今年も夏休みに将棋の先生を招いて、体験教室がおこなわれる予定です。
 3年生以上が対象のため、本館の3年生たちは今から楽しみにしているようです。(S)

P1010655.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
「とうもろこし おばあさん」 [2017年07月18日(Tue)]

 アメリカ、インディアンの民話です。

 秋野亥左牟(あきのいさむ)さんの独特な色彩とおばあさんの個性に驚かされました。

 はじめは気味の悪いおばあさんですが、ほんとうはインディアンに実りの喜びを与えてくれる神様のような人なのです。

 日本人にも身近なとうもろこしですが、インディアンの人たちにはこんなふうに語られていたのですね。(T)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
夢をのせて [2017年07月14日(Fri)]

 もうすぐ夏休みです。
 下校時刻も早くなりますが、連日熱中症注意の警報がでているので、学習の前には涼しい部屋で遊びます。

 本館では、3年生の女の子たちが折り紙でカーペットや屋根を作り、カラフルな建物を並べています。
 
P1010651.jpg

 「まぁ、ステキなお家ね」と声をかけると
 「もう!!みんな”家”って言う!これは”船”だよ」という答えが帰ってきました。

 「『こども旅行船』だよ」

 残念ながら大人は乗れないのだそうです。トイレやハシゴもついて快適な旅ができそうです。(T)

P1010658.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
保護者の方に、ワークショップを開きました! [2017年07月12日(Wed)]

 高気圧の影響で、暑い毎日が続いています。
 水不足から取水制限になったはずですが、今はどうなのでしょうか?
 大雨、地震と続いている九州地方のことを考えますと、災害が少ない埼玉県はありがたいです。
 
 先日(日曜日)、クラブでは保護者の方向けに、ワークショップを開かせていただきました。「脳とこころ」をテーマに、本物の感情と偽物の感情、脳の働きとストレスなどを講義の後、2人1組でそれぞれ振り返り、言葉にします。
 例えば、感情には〜悲しみ・怒り・恐れ・喜び〜があります。自分が感じている感情は本物だと思っていますが、本来の感情と違うように感じる癖がついてしまっていることがあります。
  
  腹が立つ  →  泣く
  怖 い   →  怒り出す
  悲しい   →  ひょうきんにニコニコしている

 小さい頃、感じたままの感情を表現した時、周りの大人から受け入れられないと、このように次第に別の感情にすり替えて使うようになります。これを「偽物の感情」といいます。「偽物の感情」は、気持ちが整理されず、ストレスになっていきます。

 仕事、子育て、家事と忙しい毎日ですが、たまには自分の感情にゆっくり向き合う今日のような時間も必要かもしれません。
 最後にセルフ-リペアレンティングについて、読んでくれました。
「私たちは親からのしつけや、ものの考え方、行動などを自分の中にたくさん取り込んで暮らしています。中には効果的でないものも混ざっています。必要のないものを手放し、必要な新しい概念を取り込むこと、つまり自分の中に新しい「親」を作り、なりたい自分に再び養育していくこと 〜私がわたしを育てることができるのです」

 クラブの3分の2の方が参加してくださいました。ありがとうございました。  K
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
浴衣を着て、七夕! [2017年07月12日(Wed)]

 7月7日夕方、クラブでは、七夕の“おはなしと音楽”を催しました。

P1010649.jpg

 今年は、デザイン輪のライブラリーでおこなうことにしましたので、初チャレンジ!浴衣を着てみよう!!
 講師は、茶道講師の福島さん。夕食後、新棟で、女の子は着替えです。浴衣を羽織り、前合わせを教えてもらいます。

 4年生の女の子5人は、なんと全員が浴衣を着ました。水色、紺、黒、それぞれの地模様に色とりどりの花が描かれ、とても綺麗です。4年生の男子2人が参加しなかったので、「見せたかったのに」とつぶやいていたとか・・・・
 ちなみに、新しい浴衣はネットで注文し、お母さん曰く「すごく迷っていて、なかなか決まらなかった」
 
 他にも、甚平を着た男の子、女の子。家から浴衣を着てきた子どももいて、20人近くの人が普段と違う装いを楽しみました。

 催しが終わった後、新棟では、「ワーッ、可愛い」と言って、お母さんたちが5人並んだ写
真を撮っていました。                     K

P1010644.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
開店しました、「パルシェ」です [2017年07月11日(Tue)]

 今日は、1〜4年生が5時間授業、5,6年生が6時間授業だったので、新棟では4年生だけ室内遊びをしました。

 男の子は「ジェンガ」を出してきて、はじめのちは”積んだタワーから1つずつ引き抜く”いつものルールで遊んでいましたが、数回やると、今度はドミノのように並べたり、だるま落としのように叩いて抜いたり。だんだんにぎやかになってきました。

DSC_1071.JPG

 一方、女の子達はとても静か!!
 何をやっているのか見ていると、〜ケーキ屋さんから何でも屋さんまで、便利なお店”ぷっちゃ”〜が先日閉店しましたが、ついに新しいお店ができそうです。

 〜人形andアクセサリーのお店”パルシェ”〜
 まずは、大量の空箱の中からお店に使う箱を厳選。

DSC_1072.JPG

 空箱はカウンターやらレジに、ラップの芯は人形へと変わっていきます。
 白い紙はペンで色を塗り、輪にしてプレスレットに。同じ紙を使って、お金やレシートもできてきました。

DSC_1074.JPG

 子ども達の発想は豊かで、「次は何をするのかな?」と成長していく姿がとても楽しみです。(M)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
| 次へ