CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
春を持って帰る [2017年02月28日(Tue)]

 春のブーケ作り、第1弾。
 主 役 :野原のアメジスト ″ホトケノザ” さん
 友情出演:小さなサファイヤ ″オオイヌノフグリ” さん

 校庭に着くなり作り手さんたちはかけ出していき、競い合うように摘んで摘んで・・・

 ある子の初摘みは、大好きなおばあちゃんへのプレゼント。喜々と束ねて持って帰りましたが、あくる日意外な報告が。
 
 「あれはダメ。おばあちゃんの敵なんだよ!おばあちゃんの畑に悪いことするから!」
 ・・・思わず苦笑い。

 一方、ブーケなどはどうでもいい男の子は、そのかたわらで、どっしりはった雑草の株を根こそぎ引っこ抜いて、丁寧に水洗い。

 「抜いた証拠に、持って帰ってもいいでしょう?」と聞いてくる。
 やっぱり、苦笑い・・・(OH)

Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
3月のおはなし会 [2017年02月27日(Mon)]
こんにちは
 3月のおはなしの会を次の通り開催します。

   日時:3月4日(土)午後2時から
   場所:深谷市上柴町東5−18−1(上柴東小南、向かい)
   
   語り手と題目:
  
     1.「(花切の)三まいのおふだ」   鹿島 由美子さん   
        日本のぬかしばなし  のら書店
        
     2.「たかにさらわれた子」      山下千津子さん 
        日本の昔話1     こぐま社 

     3.「せみになった坊さま」      俵 千惠子さん
        ろうそく11

     4.「犬と猫とうろこ玉」       日下部 ふみ子さん
        ろうそく15

     5.「金のとさかのおんどりと魔法のひきうす」 福島千恵子さん
        ロシアの昔話     福音館書店
 
     6.「モモの木をたすけた女の子」    小幡 洋子さん
        ファージョン



   参加費:無料(終了後の交流会は300円、お茶とお菓子付)
   
   問合せ先:NPO法人こどもとおはなしの家
         電話048−574−9665
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
ちがうけしき [2017年02月23日(Thu)]

 おなじばしょでも
 ちがうほうこうをみれば
 またちがうけしきがみえる

 ある10歳の少年の言葉です。

 さて、きっかけは何だったのか・・・
 童話作家、安房直子(1943−1993)さんの作品世界に引きつけられています。
 以前読んだ時は、色彩の暗いお話だなぁと感じて、2冊目には手がのびませんでした。
 それが今は、作品のはなつ不思議な色合いに強くひかれ、夢中になっています。
 
 見る方向がちがったのか、自分の感覚が変わったのかわかりませんが、こういったことはよくあることのようです。

 本に限らず、人でもモノでもコトでも、少し角度をずらしてみて、”ちがうけしき”を発見できたときは、うれしくなりますね。

 10歳の少年は、そういうことをもうちゃんとわかっていて、すごいなあと思います。(OH)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
ぴょんぴょんがえる [2017年02月15日(Wed)]

 外が寒すぎて遊びに行けない日は、室内で過ごします。

 1年生は”ぴょんぴょんがえる”がブームです。

 色紙を何回も折りたたまなくてならないので、ちょっとだけ力がいります。
 
 「もうっ!!」と少し怒り気味に。でもなんとか頑張って”かえる”の完成!

kaeru.png

 そして、どこまで跳ぶか競争です。
 スタートラインに30センチの定規をおいてあげると、そのうち立ててみたり、ぐーんと上にあげてハードルのようにして、遊んでいます。

 からだを思いっきり動かしたい男の子は、自分がかえるになったつもりでしょうか??
”かえる”と一緒に、笑いながら何度も何度もジャンプしていました。(T)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
2月の誕生会 [2017年02月14日(Tue)]

 こんにちは。学校の梅の花が満開に咲き、春が近いと知らせています。

 13日は2月の誕生会でした。4年生の女の子2人の司会で明るく始まりました。
 
 今回のゲームは”伝言ゲーム”。
 
 『眼鏡を買った。良く見えた。』が『眼鏡を買ってよく見えた。』になったり、
 
 『電話がなった。お母さんが出た。』が『電話がなった。お父さんが出た。』になったり。

 なかなか正しく伝わらず、「どこで間違えた〜」「おれ、ちゃんと伝えたよ」と賑やかに進みました。

birthday.png

 その後のおやつはたい焼き。「あったかい」「あんこいっぱいだね」と幸せそうでした。(I)
 
P1010495.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
案内「父と子の和菓子手づくりと茶道体験」 [2017年02月08日(Wed)]

 こんにちは。
 こどもとおはなしの家では下記の日程で「父と子の和菓子手づくりと茶道体験」を行います。お申し込み、お待ちしております。

 父と子で2種類、椿と水仙の生菓子を作ります。その後、作った和菓子のひとつをお茶席でいただきます。おひとつはお土産にお持ち帰りいただけます。

日 時 平成29年2月26日(日) 13:00〜16:30

場 所 上柴公民館(キララ上柴)調理室・和室

料 金 父子一組 1,300円 (和菓子4つと抹茶代)

講 師 和菓子 御菓子司 花扇
    茶 道 福島 千恵子

申し込み・問い合わせ
    ハガキまたはFAXにて
    NPO法人こどもとおはなしの家
    〒366-0051 深谷市上柴町東5-18-1
    TEL/FAX 574-9665
    
*先着12組となります。後日、参加証を送付いたします。
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL