CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
スィーッスィー [2017年01月31日(Tue)]

 金曜日の子どもは、どこか違ってくるようです。
 じょじょにやわらかくなり、くつろいできて、ほっぺもつるんとしてきます。

 いろんな風に負けじと、今週も、小さな羽根にグッと力をいれて、動かし続けていたのだろうと思います。

 金曜日になると、その羽根は背ビレに変わり、魚になっていくのです。
 
 宿題のおしまいのほうでは、もうほとんどの子が魚に変身して、次々ときらめく川の流れの中に、スィーッスィ・・・と入っていくのです。

 
 じゃぁ、また来週。
 たのしい休みをすごしてね。バイバイ。


 スィーツスィ・・・
 スィーツスィ・・・
 スィーツスィ・・・    (OH)

Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
絵本と同じ、双六 [2017年01月25日(Wed)]

 1月24日は気温4℃の寒い日だったので、外遊びのつばき公園から早めに帰りました。
 
 「おやつまで30分くらい室内遊びができます」と伝えると、

 「すごろくがやりたい!」と何人もの子から声がかかり

 ”エルマーのぼうけん” ”14ひきのあさごはん” ”じごくのそうべえ”などの双六で遊びました。

P1010465.jpg

 「え〜 ふりだしだぁ!」「よっしゃ、35へすすむだ」「あっかんべーをする。だって」と楽しんでいました。

 しかし、次第に他のテーブルの双六も気になり、「これが終わったらやらせてー」と。

 「時間が無いから今度だね」と次回を楽しみにしていました。(I)



 
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
平成29年 新春かるた大会 [2017年01月17日(Tue)]

 今年も、放課後児童クラブでは『彩の国21世紀郷土かるた大会』が1月10日(火)に1〜6年生までの10チームのトーナメント戦で行われました。
 
 1年生は冬休みに入る少し前から「ん(シンボルはさいたまアリーナ新都心)」。「を(女医1号未来をひらいた荻野吟子)」の札は読みあげる初めの言葉を違うと覚えました。そして、冬休みに入ると本格的なルールで取り組み、慣れて行くにつれ、真剣な顔つきに変わっていきました。

 大会当日、各チームの対戦相手が決まり、子どもたちは相手を目の前にするとやや緊張した表情で座りました。
 46枚の取り札の記憶時間が終わると「まがたまは〜♪かことみらいのくびかざり〜♪」と真剣勝負が開始。
 勝ちあがっていくチームはもちろん、負けたチーム同士での対戦は約1時間の激闘を繰り返しました。
 
 ある対戦では、取った札が28枚(28点)チームと18枚(18点)+シンボル札の加点10点の28点で同点となり、「ま」の札のあったチームが勝つという大接戦もありました。

 そして、今年の優勝は6・5・3年生の男女混合チーム、2位は2年生女子チーム、3位は3・4年生男子チームという結果になりました。

 「来年はがんばるぞ〜!!」と年明けの楽しい行事がお開きとなりました。(S)

P1010443.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
ことばのストック [2017年01月16日(Mon)]

 仕事を同じくする先輩のことばというのは、そのひとことひとことが心に止まり、ストックされていきます。
 それは、自分の日々の仕事のエールとなり、力を貸してくれます。

 ”この仕事は、経験を積めば積むほど、いい仕事だなーと、思える仕事”

 ”何といってもいちばんの喜びは、ひとりひとりの子どもの成長を、この目で見ていくことができるーーということ”

 幸福そうな表情といっしょに、私の心に刻まれました。(HO)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
平成29年、新年会のゲスト [2017年01月11日(Wed)]

 1月5日、午前のNPO主催の「初釜」に続いて、クラブでは新年会を催しました。

 今年は、生きがい大学「熊谷座」の皆さんを招き、南京玉すだれを披露していただきました。結成2年。会員の皆さんは、加須、長瀞、熊谷、深谷とさまざま、男女混合です。

 初めて見る私たちに、南京玉すだれの基本、スカイツリーやしだれ柳などを披露した後(ほ〜っ!)、「きよしのズンドコ節」に合わせて演技、1曲挟んで、子どもたちの手をとり、玉すだれの体験をさせてくれました。
 
 「自分のやりたいものを一つ見つけておいてね」という言葉に、体験では難しい技に挑戦する子どもたち。4人のおじいちゃんとおばあちゃんが、列ごとに何回も手をとって、教えてくれました。

CIMG9972.jpg

 最後に、玉すだれのひごがどんどんほぐれて、長縄のようになると、こどもたちもびっくり! 圧巻です。
 華やかなお正月、ありがとうございました。

 その後、クラブの子どもたちによる“かくし芸”があり、和やかに新年の1日を過ごしました。                                 K
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
初釜 [2017年01月10日(Tue)]

 こんにちは。
 今日から新学期。寒い中、元気に登校する姿がみられました。

 5日(木)は初釜でした。1年生は初めての体験に、こちらまでドキドキが伝わってくるほど緊張した様子でした。
 2年生が先にお菓子とお茶をいただきました。落ち着いた様子で、美味しそうにいただいていました。1年生はその様子を真剣に見つめていました。
 1年生も2年生も普段の元気さはどこ?というほど静かに、真剣に取り組むことができ、先生に素晴らし!とお褒めの言葉をいただきました。

IMG_0937.jpg

 2席は高学年。今回はお茶を点てる体験もおこないました。
「手首を、こう上手に使って点ててみてくださいね」とアドバイスを受け、みんな上手に点てることができました。
 
IMG_0949.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL