CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
「全部、やって帰るからね」 [2016年10月28日(Fri)]

 今日は、クラブ(新棟)の学習の様子を紹介します。

 職員の読み語りの後、概ね5時頃から始まり、学年×10分の学習をしようということに
なっています。
 
 誰も早く帰る人がなく、16人全員で学習する日もあれば、この日のように一台の机に一人などということもあります。もちろん、声をかける人もいないので、宿題を黙々としています。

P1010327.jpg

 今日は、3年生の3人は“みる学”(自主勉強)で、ローマ字の練習をしていました。
 小文字と小文字を合わせて、ka ki ku ke ko と書くと、「大文字ではどう書くの?」と聞いてきました。「この列のKと横の列のAIUEOを続けて書けばいいんだよ」
 小文字と大文字を区別するために、赤の線を引いて、とても丁寧に書いています。

 4年生は、漢字100問テストの直しです。前に座っている男子がさらさらと終えたので、聞いてみると、1学期よりもずーっと良い点だったそうで、直しも少なく、喜んでいました。

 最後に音読をして、今日の学習を全部終え、家ではゆっくりしたいそうです。
(毎日、鉛筆もきちんと削って帰ります・・・)           K
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
レッツ 将棋 [2016年10月25日(Tue)]

 子どもたちの室内遊びは、お人形ごっこ、折り紙、ボードゲーム(将棋、オセロ、人生ゲームなど)、トランプ、カルタ、けん玉、製作(びゅんびゅんこま、空き箱利用)、積み木やブロックです。

 特にボードゲームは皆大好きです。

 シーサー将棋は、1年生も、男の子も女の子もできるようになり、将棋盤と駒を使った”まわり将棋””くずし将棋””お金将棋”は、3年生まで一緒になって遊んでいます。
 最近は、2年生の男の子がお金将棋で千円を出して、おおいに盛り上がりました。

 日常的に遊びの中で、男の子女の子を問わず「将棋」にふれることが多くなっています。雨の日は、登室後、将棋セットをいち早く取ろうと、「ただいま、将棋だして!」と声を掛けてきます。そこで、新たに職員が駒の動きの書き込みがある将棋を準備すると、2年生の男の子たちは職員に聞いたり、テキストを見ながら本将棋をはじめました。

 先日、3年生は将棋の先生から”将棋体験”の指導を受けると、それまであまり興味のなかった女の子たちもやりはじめました。

 新たな体験は、子供たちの遊びや、友達関係を広げています。そして、保護者の方からは、「兄妹のふれあいになっている」と好評でした。

 ”さあ、レッツ将棋”まずは、どんな形であれ将棋にふれてみませんか?(SA)

P1010310.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
お弁当の日 [2016年10月20日(Thu)]

 こんにちは。
 今日、1年生から4年生は社会科見学に行きました。残る5年生と6年生は自分でお弁当を作る日です。

 昨日、学校から帰ってきてからお弁当の献立を考えて、買い物に行きました。

 「つくね、ウインナー、とりの唐揚げ、ミートボールに卵焼き・・・」

 かなり偏りのある献立です。

 「肉ばかりだし、なんだか茶色いお弁当になりそうだよ?」

 やる気を削がないように、慎重にアドバイスします。
 
 「じゃあ、ウインナーじゃなくて野菜のベーコン巻きにして、ポテトサラダも追加しよう」ということになりました。

 朝早く起きて、お弁当を作ります。すべてを子ども一人で作るのは時間も技術も足りませんので、さりげなく”お手伝い”します。
 3、4年前にクラブの親子料理教室で習った卵焼きは、今ではとても上手に作れるようになっています。
 完成したおかずとごはんをお弁当箱に詰めて完成です。

 おかずがたくさん余ったので、私の分もお弁当を作りました。
 今日のお昼は、子どもと同じお弁当です。なんだかお昼が待ち遠しいです。

 みなさんはお子さんとどんなお弁当を作りましたか?
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
13、14、15日とお団子づくり?? [2016年10月18日(Tue)]

 今年はちょうど、十五夜が9月15日、十三夜が10月13日でした。
片見月にならないように、クラブでは両日お団子を作り、お供えしました。
さらに14日、前日将棋の体験活動が延びて、お団子を作ることができなかった新棟の子どもたち(3年生以上)が、十五夜に続いて2度めのお団子作りをしました。

 「もう少し、大きくして。そう、それくらい」

 3、4年生の男の子の班では、4年生の男の子がお団子の大きさをそろえようと、作った物を一つずつ点検しています。なるほど、お皿に並べられたお団子は大きさ、形もよく、お供えのように揃っていて、美しいです。

P1010317.jpg

 今回のお団子作りはどの班も大きさが揃い、つやつや光っていました。皆、腕が上がったようです。普段は食べないという子も、ぺろりと平らげました。

 そして、翌々日の10月15日。
 隣の絵本館の体験活動では、お月見の絵本に合わせて、炭酸まんじゅうを作りました。
この時期、埼玉県では祭りなどでよく作られるそうです。
お団子を作る要領で、混ぜて、こねて、ちぎって、あんこをいれて閉じます。
少しいびつだけれど、大丈夫かな?
 蒸しあがって、お皿に盛られた炭酸まんじゅうは、ひび割れることもなく、ふっくらしてやさしい味でした。(もちろん、お供えしました)

 日が沈んで、この日の月は満月に限りなく近く、大きく綺麗でした。
 来年の十五夜は10月4日、十三夜は11月1日です。元気で、またお月見をしましょう。
                                   K
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
十三夜は、豆名月 [2016年10月17日(Mon)]

 10月13日は、十三夜。クラブの1・2年生はお団子をつくりました。

 十五夜の日は、上級生が作ったお団子をいただいたので、今度は自分たちで作ります。
そっと覗いてみると、上新粉にお豆腐を入れたり、砂糖を加えたりして、練っています。
どれが柔らかいか、試しているそうな・・・

 結果は、加えたものの優劣ははっきりわかりませんでしたが、上新粉に一気にお湯を入れて混ぜたものが柔らかかったそうです。
 
 十三夜は豆名月。豆は枝豆だと知り、三種類のお団子の脇に枝豆のあられも添えました。(この時期、枝豆は手に入らないので・・・)近所の方にいただいた十五夜花(シオン)、りんどう、姫リンゴと秋映リンゴも供えました。

P1010313.jpg

 外遊びから戻って、玄関の戸をあけた子どもたち、「いいにおーい!」
部屋には、みたらし団子の甘辛いたれの匂いがあふれています。お団子をお皿にとり分けてもらって、皆でおいしくいただきました。

P1010316.jpg

 この日は曇り空で月は見えないかなと思っていたところ、夜11時過ぎ、南の空に左上が少し欠けた月が見えました。日が変わる頃には、おぼろ月夜でした。
 ところで、満月は16日(日曜日)だそうです。大きな月が見えたでしょうか?
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
「いた、いた! カエル!」  [2016年10月13日(Thu)]

 小学校の運動会の振替休日に、クラブでは1日ゆっくりと城址公園に出かけました。
アリオバスで深谷駅まで行き、市役所通りを歩いて、深谷小学校を通りすぎ、公園へ。
秋日和にめぐまれて、26名が歩きます。

 子どもたちはリュックサックを置いて、1日の予定や注意を聞き終わると、一目散に走っていきました。
 水路で、男の子たちが何かいないかと探しています。棒で枯葉を探ったり、水たまりを見たり・・・・

「あっ、いた!」「どこ、どこ?」「あそこ」
「つかまえた!」
「なに?なに?」
「かえるだよ、つかまえたよー」

 一緒に探していた仲間が集まってきて、虫かごに入れたカエルを愛おしそうに見ています。
その後、石を入れたり、藻をいれたりして、住みやすそうなカエルの家が完成。
一匹いるとわかると、他の子どもも目を凝らして、探します。そうこうするうちに、虫かごの中には6匹のカエルがいました。

1475830787515.jpg
 
 お昼の後は、水路で小さなザリガニを捕まえたので、「かわいい」と言って、みんなで代わる代わるつかみました。

 生き物が好きな上級生とは別に、1年生はちょこちょこ水道に来ては何かを洗っています。
覗いてみると、石です。きれいな石を集めていたのです。

 さあ、ハンカチに並べて・・・・・、いかがですか?

1475830842927.jpg

 城址公園は緑が豊かで静かで、とても素敵な公園だと来るたびに思います。
「次くるのは、来年?」
そうねえ、春休みにまたザリガニ釣りに来ましょうか。(K)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
この本の折り紙、全部折りたい! [2016年10月06日(Thu)]

 こんにちは!
 今年は台風の影響もあり、雨の日が多いですね。さわやかな秋晴れが待ち遠しいです。

 そんな雨の日、本館では折り紙をする子が増えています。
 折り紙の本を見ながら、次から次と苦戦しながら折っています。 
 どうしても解らないと「あぁー、ここわからない。教えてぇー」と職員の元へ本と折り紙を抱えてやってきます。そして、職員が折っている横で、真剣な眼差しで覚えます。
 「そっか、わかった、わかった」「ありがとう」「また教えてね」と元のテーブルへ戻ります。
 「この本の折り紙全部折りたい」と意欲的です。(I)

P1010309.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
「おはなしと音楽を囲んで」 [2016年10月04日(Tue)]

 10月1日(土)午後2時より、Lフォルテにて「おはなしと音楽を囲んで」が開催されました。
 語り手の三人は、緊張の面持ちで「ドキドキね」と言いつつも、練習の成果あり!上手に語ってくれました。
  
 予定されていた上柴東小学校の運動会が雨のため延期になったので、数名の小学生もきてくれました。元職員も1歳のお子さんを連れてきて、とても暖かな雰囲気でした。

 第2部は、さくら弦楽四重奏団の演奏です。
 ヴァイオリンの伊藤康平さんはユーモラスな語り口で、私たちを音楽の世界に連れて行ってくれます。
 ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの「大きさ」「音色」の違いもあらためて知ることができました。
 代表的作曲家、モーツァルトやドボルザークの作品はもちろんのこと、日本の情緒あふれる秋の歌、全員で歌った「涙そうそう」。特にアンコールで演奏してくださった”フーテンの寅さん”ジャズ版には、みなさんノリノリで、最後は大拍手と笑いに包まれました。
 楽しいひとときをどうもありがとうございました。(T)

P1010305.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL