CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
クラブの花だより [2016年05月26日(Thu)]

 クラブに咲く花は、少しづつ、いろいろです。まるで子ども達の様に。
 色も形も匂いも様々で、きれいに咲く時も、それぞれです。

 毎日クラブのどこかにきれいなかわいい花が咲いているといいですね。

 今、本館の前に2鉢のアマリリスが赤とピンクの大きな花を咲かせています。
 その隣で、サボテンがたくさんのつぼみを膨らませています。どんな花が咲くでしょう。

 花かおる春は過ぎましたが、夏の花も負けていません。(O)

DSC_0111.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
6月のおはなし会 [2016年05月26日(Thu)]
こんにちは
 6月のおはなしの会を次の通り開催します。
 今月は2部構成となっております。

   日時:6月4日(土)午後2時から
   場所:深谷市上柴町東5−18−1(上柴東小南、向かい)
   
   語り手と題目:
  
    ○ 1、2年生のお部屋で
      
      「とりのみじい」
      「ブドーリネク」    関口 敦子

    ○1.「ホットケーキ」       大矢千雅子さん 
     
     2.「金色とさかのおんどり」   山下千津子さん

     3.「ネコの家に行った女の子」  鹿島由美子さん   

     4.「とりのみじい」       小幡洋子さん
 
     5.「狩人と花の精」       福島千恵子さん

     6.「いばらひめ」        日下部ふみ子さん
      
     
   参加費:無料(終了後の交流会は300円、お茶とお菓子付)
   
   問合せ先:NPO法人こどもとおはなしの家
         電話048−574−9665
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
「小さな恋のものがたり」 みつはしちかこ [2016年05月17日(Tue)]

 4年生の女の子たち。
 
 何をそんなに、取り合いっこしながら読んでいるの?
と思ったら、あのなつかしい、チッチとサリーのマンガでした。

 学校で借りてきたという、いかにも古本というかんじの、うす黒く汚れた「小さな恋のものがたり」です。でも、中味はまだまだ現役続行だって、証明してくれています。

 ページを操る真剣なまなざしは、算数の問題を解いているときとはちょっと違った熱っぽさ?があるのです。

 時代や世代の垣根を越えて、乙女心というものは、難なく共感できてしまうもののようです。

 チッチの目線でつづった詩も、やさしいタッチの絵とともに、今も色あせず、キラキラしています。(OH)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
『二分間の冒険』(岡田淳) [2016年05月13日(Fri)]

「これ、おもしろそう!」と4年生の女の子が本棚から抜いてきた本。

「たったの2分間なのに、すごい厚さだよ!」と愉快そうに言う4年生の男の子。

「それ、おもしろいよ!」と、ずっと昔の女の子(わたし)。ーと言ったものの、中味を覚えていない。

 そこで、すぐの日曜日。
 図書館で借りると、いきなり読み始めた。みるみる異世界へ突入し、竜と戦う運命に!
 タイムリミットまでになぞを解き、確かなものを見つけることがきでるのか?キーアイテムは、とげぬき・・・

 課題をクリアした先に、何か爽やかなプレゼントをもらったような気持ちに包まれる〜子ども時代に出会ってほしい、そんな一冊です。(OH)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
お店屋さん出現! [2016年05月12日(Thu)]

 連休明け、天気があまりよくなく、外遊びに出ても雨が降ってきてしまい部屋に戻る日が続きました。「えー︎もう帰るの?」の声が響きます。

 でも、部屋に入るとすぐに遊び道具を出し始め、この日は4年生の女の子達がお店を開き始めました!
 ケーキ屋さんにレンタル本屋さんまで、途中から気になり始めた高学年の男の子達も加わり、お店が大繁盛していました。(S)
 
image1.JPG 
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
花冠 [2016年05月02日(Mon)]

こんにちは。
先日、校庭に遊びに出た日のこと。
2・3年生の子ども達が、シロツメクサの花を摘んでいました。
何をするのかな?
と眺めていると、
せっせとお花を編んで、繋いでいきます。

わぁ、誰に教えてもらったの?

「Oちゃん!それからIさんだよ」
話している間も、手はとまらず。
夢中で動かし続けています。

シロツメクサは、ほとんどが真っ白な花ですが、
なかには、レンゲのようにピンクがかった花もあるんですね。
クローバーやタンポポも、ポイントに織り込みます。

10分たち、20分たち・・・、
30分もすると。
みごとな、大きな花の輪ができあがりました!

「できた〜!」

一番大きな花冠は、普通にかぶれば体を抜けるほど、大きなわっかです。
二重にして、ちょうど子どもの頭のサイズにぴったり。
そんなゴージャスな花冠をかぶって、大人に見せにきてくれたRくん。
よく似合って、妖精の王子さまのようでした。

写真は、Mちゃんがくれたお姫さまサイズの花冠です。ありがとうね。(KU)

IMG_8006.JPG
Posted by こどもとおはなしの家 at 12:00 | この記事のURL