CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2015年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
12月のおはなし会 [2015年11月26日(Thu)]
こんにちは

 12月のおはなしの会を次の通り開催します。

   日時:12月5日(土)午後2時から
   場所:深谷市上柴町東5−18−1(上柴東小南、向かい)
   
   語り手と題目:

     1.大人のための日本のおはなし       日下部ふみこさん
        ・かさじぞう
        ・かにむかし
        ・きつねにょうぼう  
  
     2.「ミアッカどん」          俵智恵子さん
 
     3.「なまけもののボヅダンカ」     福島千恵子さん

     4.「とら猫と和尚さん」        山下千津子さん

     5.「古いトランク」          小幡洋子さん

     6.「こびととくつや」        大矢千雅子さん


   参加費:無料(終了後の交流会は300円、お茶とお菓子付)
   
   問合せ先:NPO法人こどもとおはなしの家
         電話048−574−9665
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
折り紙に夢中です [2015年11月26日(Thu)]

 子どもたちは室内遊びやあき時間を使って、おり紙を折っています。

 最近は、特に2年生の男の子たちが紙相撲から始まり、昆虫シリーズのおり紙で、カマキリやカブト虫を本を見ながら折っています。
 わからない所は、おり紙名人の職員に教えてもらい、緑や黄色、青のカラフルな虫たちができあがっていきます。
 その様子を見ていた1年生と3年生も加わり、皆、自分で昆虫を折り、それを使って戦いごっこをしています。

 女の子たちはクリスマスが近いので、ツリーやお星さま、飾りなどを折り、ビーズなどもはりつけて、おり紙ツリーを完成させています。(SA)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
すごろく作り パート2 [2015年11月24日(Tue)]
 
 先週に続き今日も研究授業のため、3時限で下校し、元気に登室しました。

 昼食後、先週下絵を書いたすごろくの仕上げをしました。

 色が入ると、それぞれの班の特徴や工夫が見えてきて

 「ちょっとこわすぎるかな〜」とおばけやしき。

 「楽しんでいる人も書こうよ」と遊園地。

 「ふわふわした感じにできた」と空の上。

P1000796.jpg


 できあがると、さっそくサイコロを使って、すごろくゲームで遊びました。

 他の班のすごろくゲームも見て「今度やらせてね」と予約していました(I)


Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
朗読会 [2015年11月18日(Wed)]

 11月の朗読は「かしこいブタのロリポップ」でした。

 おる王国の手の付けられない「わがまま王女」と、王様から8歳の誕生日のプレゼントにもらった「小ブタ」と小ブタの元の持主「ジョニー・スキナー」の物語です。

 お城の中の人々が、王女のかんしゃくにはらはら、どきどき、あきれはてています。

 小ブタはとても賢く、ジョニーにしつけられてりこうな犬の様にいろいろできます。

 でも王女のペネロペはブタのロリポップを宮廷ブタにするつもりです。そこでジョニーはジョニーはロリポップとペネロペを宮廷人らしくしくけようとします。

 さて、ジョニーは事をうまく運べるでしょうか?

 子どもたちは目をキラキラさせて、ロリポップ(ペロペロキャンディー)をなめながら真剣にお話に聞き入っていました。(O)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
すごろくつくりパートT [2015年11月16日(Mon)]

 早い下校の日は、子どもたちはたっぷり遊べます。

 今日は、先生方の研究授業のため、3時限授業で、午前中に登室でした。

 そこで、お昼ごはんのあと、本館では「すごろくつくり」にチャレンジしました。

 1年生から3年生までを3人から4人のグループに分け、初めにどんな「すごろく」を作るか話し合います。

 「おばけやしき」や「遊園地」など、人気の遊び場が登場した中で、変わっていたのは「空の上」です。

 夢があり、楽しそうです。どんなすごろくになるのでしょう??

 子供たちは一生懸命、道や絵を描いて、今日は下絵までで終わりました。

P1000793.jpg

完成は次回に。。。(T)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
11月のおはなし会 [2015年11月04日(Wed)]
こんにちは

 11月のおはなしの会を次の通り開催します。

   日時:11月7日(土)午後2時から
   場所:深谷市上柴町東5−18−1(上柴東小南、向かい)
   
   語り手と題目:

     1.小学校のお部屋で       大矢千雅子さん
        1.なら梨とり
        2.長ぐつをはいたネコ
        3.こびととくつや  

     2.「とら猫と和尚さん」     山下千津子さん
 
     3.「犬と猫とうろこ玉」     福島千恵子さん

     4.「みつけどり」        鹿島由美子さん

     

   参加費:無料(終了後の交流会は300円、お茶とお菓子付)
   
   問合せ先:NPO法人こどもとおはなしの家
         電話048−574−9665
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
研修を受けて [2015年11月04日(Wed)]

 先日、放課後児童支援員認定資格研修を受けました。その研修の中で、印象に残った言葉がありました。

 「この20年から15年の間に子どもの体が変わってきている。」

 花粉症、うつ症、アナフラキシー、アレルギー、ぜんそく、アトピー、偏頭痛等、体が悲鳴をあげている。

 「人間の体は野性的にくらすようにできている。」

 社会・環境の大きな変化に、子ども達の生活や体もつられてしまうのでしょう。

 研修は、8名の先生方の講義で、いろいろな事を教えていただきました。
 これから私たちは放課後児童支援員として、全身全霊でクラブの子ども達の健全な育成を図っていかなくてはならないと決意しました。(O)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL