CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
スライム作り [2015年08月28日(Fri)]

 新棟(3年生以上)では、スライム作りをしました。今回で三度めです。
 
 スライムは、ホウ砂(粉末で、水に溶かす)・洗濯のり・水(絵の具で色を付けておく)。この三点を混ぜ合わせるという、単純なものですが、割合が難しく、前回は経験のある職員が分量を決めました。けれども、残念ながらできませんでした。
 二度めは少人数でおこない、なんとか固まりました。
 
 今回は二度めに休みなどでできなかった子どもたちがどうしてもリベンジしたいということで、三度めが実現しました。
 
 初めに、なぜ失敗したのか話し合い、「水が多かったからだよ」との意見が多くでたので、今回は水を減らしての挑戦です。

 さあ、実験開始。
 紙コップに洗濯のりを入れ、その中に色をつけた水を入れ、薄めます。
 割り箸でグルグル回し、固めるためのホウ砂水を入れます。

 「緊張する〜」の声が・・・

 高学年のグループから「できたー!」との声があがり、次第に他のグループからも「何これー」「おもしろーい」「きもちわるっ」などの歓声があがりました。

 失敗しても、なぜ失敗したのか、失敗を繰り返さないためにはどうしたいいのか考え、チャレンジした結果でした。(N)

2015-08-19-15-37-27_photo.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
埼玉県「青少年夢の配達便事業」 [2015年08月27日(Thu)]

 夏休み最後の月曜日、不思議なさんすう、楽しいさんすうの体験をしました。
 
 絵合わせパズルです。正三角形の六面体で一瞬に早変わり、卵からさなぎへ、さなぎからかえるとなりました。

 次は正方形の窓あきパズルで、線を折って、ひっくり返して動物を作ります。子どもたちは不思議な様子、でも楽しそうに折っていました。
 パンダ、象、馬、カバ、ライオン、コアラ。ピースを様々に組み合わせ、脳をやわらかく成長させてほしいと思いました。

 大人の私も、かたくなった脳が少しでもやわらかくなるように、子どもたちと一緒にせっせと動物合わせをしました。(O)

P1000666.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
9月のおはなし会 [2015年08月27日(Thu)]
こんにちは

 9月のおはなしの会を次の通り開催します。

   日時:9月5日(土)午後2時から
   場所:深谷市上柴町東5−18−1(上柴東小南、向かい)
   
   語り手と題目:

     1.「夏の名残のおはなし会」     鹿島由美子さん
        1.宝化物
        2.小石投げの名人タオ・カム
        3.かえるの王さま    

     2.「ふしぎなたいこ」       関口 敦子さん
 
     3.「聴耳頭巾」          福島千恵子さん

     4.「だれが鐘をならしたか」  小幡 洋子さん

     5.「犬と猫とうろこ玉」      大矢千雅子さん  

     6.「イバラひめ」         日下部ふみこさん


   参加費:無料(終了後の交流会は300円、お茶とお菓子付)
   
   問合せ先:NPO法人こどもとおはなしの家
         電話048−574−9665
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
ひょうたんアート [2015年08月26日(Wed)]

 凧作りや竹馬制作でお世話になっている新井さんが、自分で育てたひょうたんを乾燥させて持ってきてくれました。
 
 「これで貯金箱や置物を作りませんか?」

 みると、きれいな小ぶりのひょうたんです。夏休みの宿題にもなるかな(?)と喜んで、早速作品作りをすることに決めました。内容は子どもたちの自由な発想にまかせ、新井さんは穴あけなどのサポートをしてくれるそうです。

 さて、当日。
 始めは「え〜 何描こうかな」などと言っていた子ども達、徐々にイメージが膨らみ、昆虫や花火、縁起物の富士山を描きはじめました。(どれも個性あふれる絵ばかりです)

 途中、「昔は、ひょうたんにお酒をいれていた」と新井さんが言うと、
「知ってる、織田信長が腰につけてる」との声が上がりました。

 また、「アフリカの楽器に似てるね」と言って、叩きながら踊ったりとても楽しい時間を過ごすことができました。

 描きおわってから窓辺に作品を飾り、それぞれが作品への思いを発表し、鑑賞会をおこないました。(N)

P1000648.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
冷たいSweetづくり [2015年08月24日(Mon)]

 夏休み体験活動の後、午後の時間を利用して、おやつを作ることにしました。

 場所は公民館の調理室です。1年生から6年生まで全員が一斉下校の班にわかれて、メニュー作りから買い物〜調理〜試食〜片付けと一連の作業を行います。

 初めておやつづくりをする1年生は「何をつくろうかな?」とそわそわしています。

 班長とメンバーが決まると、早速、つくるものの相談です。

 「パフェにしよう?」「えーっ!」
 「ゼリーは?」「のみものはだめ?」など、にぎやかなミーティングです。

 その内、しっかりした班から「予算はいくらですか?」と質問がでました。

 「んー、そうね、1人300円くらい。前後なら大丈夫よ。」

 300円に人数をかけて、1,800円とか2,100円とか概算しています。

 中に、3年生の2人が班長と副班長をしていた班が2班あり、1つの班は予算の計算(かけ算や余りのある割り算)に苦労していました。

 1時間後。
 高学年の人が早く帰り、1年生から3年生が多数にもかかわらず、おしゃれで、冷たい、おいしい夏のスウィーツができました。
ご覧ください!(K)

1440383039554.jpg

1440383062225.jpg

1440383082789.jpg

1440383097161.jpg

1440383106876.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
夏の体験活動 [2015年08月24日(Mon)]


 こんにちは。
お盆を過ぎ、朝晩は過ごしやすくなりましたね。

 さて、今年も夏休みの期間を利用して体験活動をおこないました。今年は「陶芸」「クラフト」「染色」そして新たに「粘土」を加えて、2日間に分けておこないました。

 「陶芸」は1回目に粘土をこねて形を作ります。それを先生が持ち帰り素焼きしてくださいます。2回目に素焼きしたものに色付けをします。その後先生が本焼きしてくださり完成です。お皿やカップ、置物を作った子もいて、完成が楽しみです。

 「クラフト」は1回目にサルの顔を付けたカゴ、2回目は取っ手付のカゴを作りました。クラフトテープを切る作業は力が必要で、四苦八苦している子もいましたが、素敵な作品に仕上がりました。
DSCF1879.jpg
P1000641.jpg


 「染色」は1回目にさき織、2回目は藍染をしました。さき織は布を裂いてカゴを織りました。藍染はハンカチを二枚染めました。1枚は大豆を使い、もう1枚は割り箸を使って柄を作りました。みんな手を真っ青にしながらも「気持ちいい〜」と染色液の中に手を入れて布を一生懸命にモミモミしていました。

DSCF1874.jpg
P1000635.jpg




 「粘土」は1回目に形を作り、2回目に色を付けました。学校では作らないような大きな作品作りに挑戦しました。男の子は恐竜やドラゴンを、女の子は壁掛けのかわいらしい作品を作っていました。

P1000622.jpg
P1000619.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
粘土制作 [2015年08月19日(Wed)]

 お盆明けの17日は、朝から雨でした。

 本館の子どもたちは、勉強後の遊びの時間にみんなで油粘土工作をしました。
 最近、学校では紙粘土が主流で、油粘土に初めて触った子どももいました。

 はじめは「きもち悪い〜。」なんて声も聞こえたけれど、作りたいものが決まると夢中で、「あ〜 くっつかない」「むずかしいー」などと言いながら作っていました。

 できあがりはそれぞれ満足のいく物ができあがりました。(I)

P1000562.jpg

P1000563.jpg
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
生きてる!本物だ! [2015年08月13日(Thu)]

 8月に入り、連日の猛暑の中、子どもたちは午前中に木の多い椿公園の砂場でお団子を作ったり、花ももの種を集めておままごとをしたり、けやきの大きな日陰でサッカーをやったりと元気に遊んでいます。
  
 そんな中、虫好きな男の子たちはセミの抜け殻集めに奔走し、木を見上げては
 
 「そこにいた。」「どこだよ。」「わかった。見つけた。」

と木のまわりをグルグルまわって自分の帽子をなげたり、時には職員を呼んで取ってもらったりしたのでアッいう間にポリ袋はいっぱいになりました。

 それを秘密基地?に運んで、落ちていたペットボトルに水とセミの抜け殻を入れて”セミジュース?”をニコニコ笑いながら作っていました。

 材料不足になると、またセミの抜け殻を集めます。その時、偶然にも木の根元を見ていた子どもが穴の中にいたセミの幼虫を見つけました。

 「生きてる!本物だ!」の声に、まるでダイヤモンドでも見つけたかのように、一斉に皆がむらがりました。

 その時、私も子どもとセミつりをして家に持ち帰り、セミの羽化を子どもと一緒に見た時の感動を思い出しました。

 必ずしも羽化が成功するとは限らず、途中で力尽きて死んでしまうものもいます。
 
 きっと持ち帰った子どもも、家族と一緒に夏休みの良い体験となることでしょう(A)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
お盆休みのご連絡 [2015年08月12日(Wed)]

 8月13日(木)〜16日(日)までお盆休みのため休室となります。
 暑い日が続くと思いますが、どうぞご自愛ください。
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
カッコイイ三年生 [2015年08月12日(Wed)]

 今日は二年生で来た子どもは三人だけでした。広々とした部屋に三年生男子二人も加わり一緒に学習しました。

 黙々と学習をする子どもたち(静けさとオーラさえも)。

 終わったあと、T君と同じテーブルだったOちゃんが

 「すごい!ガンバッテやってて。さすが三年生と思った」と感嘆していました。

 帰る時にも「T君、カッコよかったよ〜!」と言われ、照れながらも自信たっぷりのT君でした。(T)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
| 次へ