CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
6年生ありがとう [2015年03月31日(Tue)]
 
 こんにちは!

 はじめに、6年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
先日、当クラブの6年生も小学校を卒業し、同時にこのクラブも卒業していきました。

最後の日、6年生のY君I君は普段通り帰室してきました。

 「Y君、I君おかえりなさい!」
 「あー、疲れた。でさぁー」

ただいまも忘れて、2人は話の続きに夢中です。

 「あ、今日俺たち最後だから!よろしく!」

先に帰室していた4年生は突然言われてきょとんとしています。
 
 「え、今日が最後なの?ふーん。別にいいけど。」と4年生のK君。でもどこか寂しげです。

 おやつの時間、いつもなら好きなおやつで揉めたりするのですが、3月に入ってからは「6年生に先に決めてもらおうよ!」という声がよく出ました。
 学校の行事でも6年生を送る会などがあり、子どもたちも少しずつ心の準備が出来てきた様子でした。

 おやつの最後は6年生2人からみんなにメッセージをもらいました。
2人に共通していたことは「努力する」ということ。

 I君は「(下級生に)今のうちにコツコツ努力をしたほうがいいと思う」

 Y君は「中学校に行っても、勉強に部活に努力していきたい」

 先輩として、同じクラブの仲間として、常に下級生たちの先頭に立ち、引っ張っていてくれました。
 中学校に行っても、感謝の気持ちを忘れずに、未来に向かって頑張っていってほしいと思います。

DSC02747.JPG
最終日、外遊びから帰る姿。

6年生、ありがとう!!
(S)

Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
砂絵制作 [2015年03月30日(Mon)]
 こんにちは!

 先週の雨の日、新棟では砂絵制作を行いました。
今回は特にテーマを決めず、子どもたちに自由に作ってもらいました。

DSC02742.JPG

DSC02745.JPG

 「砂って混ぜてもいいの?」と5年生のK君。白とピンクと赤を少しずつ混ぜて、単色では出せないとてもキレイな色を作って、桜の木を描いていました。

 4年生のRちゃんは春の風景を描いていたのですが、何度も砂を重ねて厚みを出し、少し立体的に作っていました。
 
 友達の名前を入れていたり、大好きなサッカーやキャラクターを描いたり、花や景色を描いたりと個性溢れる作品が出来上がりました。「絵なんてやだー」と言っていた子も、砂をのせる工程になると、どの色にするか悩みながら作っていました。

 また、その後のお片づけも5、6年生の中心に協力して行うことが出来ました。
特に5年生の女子は洗い物を率先してやってくれて、とても助かりました。

 こういった作品制作は、子どもたちにとって良い刺激になったり、また見ている側も普段とはちょっと違った子どもたちの姿や成長が見たりすることが出来ます。

 今後また機会があれば実施していきたいなと思います。
(S)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
卒業式 [2015年03月27日(Fri)]

 3月24日(土)小学校の卒業式が行われました。
 6年間通った小学校とお別れです。

 入場してきた子どもたちの姿を見て、6年前同じ様に入場してきた入学式を思い出し、この6年間で本当に成長したなぁと感じました。

 壇上にあがり卒業証書を受け取る姿は、みんな堂々としていました。
 
 校長先生からの式辞、来賓の方々からの祝辞、在校生からの贈る言葉、すべてから温かいお祝いの気持ち、応援する気持ちが伝わってきました。たくさんの方々に見守られ、6年間を無事過ごすことができたことを改めて感じ、感謝の気持ちで胸がいっぱになりました。

 これからもたくさんの方々に支えられ、見守られていることを忘れず、中学生になってもいろいろなことに挑戦していってもらいたいと思います。 


 
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
4月のおはなし会 [2015年03月26日(Thu)]

 こんにちは

 4月のおはなしの会を次の通り開催します。

   日時:4月4日(土)午後2時から
   場所:深谷市上柴町東5−18−1(上柴東小南、向かい)
   
   語り手と題目:

     大矢千雅子さん  「まめ子とまもの」
    
     福島千恵子さん  「とめ吉のとまらぬしゃっくり」

     小幡洋子さん   「マリアの子」

     日下部ふみこさん 「かにむかし」

     石塚清子さん   「こすずめのぼうけん」

   参加費:無料(終了後の交流会は300円、お茶とお菓子付)
   
   問合せ先:NPO法人こどもとおはなしの家
         電話048−574−9665
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
今月読んだ本(10) [2015年03月25日(Wed)]

題名 いっすんぼうし
作者 いしいももこ 
絵  あきのふく

 あきのふくさんの絵が「いっすんぼうし」のお話のもつ、雅な世界を美しく表現されていて、温かさを感じます。遠目がとてもきれいです。
  
 特に「たんぽぽよこちょうつくしのはずれ・・・」と「ひめがてならないをするとき・・・」のフレーズのページは春の陽ざしと桜が美しいところです。

 子どもたちは何度か聞いているお話ですが、静かに、集中して聞いています。(特にいっすんぼうしが、都に出かけてから鬼退治をした後、若者になるまで)
(A) 
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
暖かい放課後 [2015年03月23日(Mon)]
こんにちは!
少しずつ暖かくなってきましたね!いよいよ春がきたかなーと日々感じています。


 先週は最高気温が23度(熊谷)もあったそうで、子どもたちも「暑いよ―」と言いながら帰ってきました。
 外遊びが始まる前、半袖になって校庭に出掛けようとする子もいて、おもわず「半袖にまでなって大丈夫?」と声をかけると「動くんだから全然平気っしょ!」とあっさり返されました。

 ですが、半袖は大正解!
高学年のサッカー組はあっという間に半袖姿や袖まくり。砂まみれになって走り回っていました。
DSC02739.JPG

 1年生の女の子達はのんびり縄跳び。1年生は、最近、子どもたち同士のやりとりや姿を見ていると、大きくなったな成長したなと感じます。
DSC02740.JPG

 2年生の女の子達は最近ハマっているドッジボール。白い洋服を着ていても、スカートを履いていてもお構いなしでとても楽しそうです。
DSC02741.JPG


 この日はクラブ以外の子どもたちもたくさん来ていて、校庭中が子どもたちの元気いっぱいの声でとてもにぎやかでした。
(S)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
3月生まれのお誕生日会A [2015年03月20日(Fri)]
 
 前回の続きです。

楽しいゲームの後は、黒澤さんによる二胡の演奏を聴きました。
二胡が持つ独特の音色が室内に響き渡ります。
 DSC02735.JPG 

 以前も聴いたことがある2年生のAちゃんは「あぁ、これこれ、懐かしいー」と目をうっとりさせて聴いていました。

 最後にもう一度ハッピーバースデーの歌を唄ってお誕生日会は終わりました。
3月生まれのみなさん、お誕生日おめでとう!そして司会のYちゃん、お疲れさまでした。

お誕生日会後のおやつは・・・、
 DSC02738.JPG
中国繋がりの「杏仁豆腐」と「プチシュークリーム」でした。
イチゴも添えて、子どもたちは各々自由にトッピングしていただきました。
ご馳走様でした!
(S)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
3月生まれのお誕生日会 [2015年03月18日(Wed)]

 こんにちは!

 先日、3月生まれのお誕生日会が行われました。
 これまでずっとお祝いする側だった3月生まれのみんな、司会の5年生Yちゃんに呼ばれて嬉しそうに前に並びます。
 自己紹介、手作りのお誕生日カードを受け取り、みんなでハッピーバースデーの歌を唄ってお祝いします。

次は読み語りです。今回は「旅人馬」でした。
DSC02716.JPG


 そして、みんな大好きなゲームの時間です。
 今回は「中国語で早口言葉」です。ゲームの最後には、挙手制で前に出て早口言葉を披露し、採点してもらいます。
 みんなの前に現れた中国語に「読めなーい」と声があがります。
 以前二胡の演奏をご披露していただいた黒澤さんに読み方を教えてもらいます。
 DSC02718.JPG

 「難しいー!」
 「読み方が似てて全然覚えられない」
 「僕はもういい・・・」と上着で顔を覆ってしまう子も・・・。
 みんなの練習の声が室内に響きます。

 日本の早口言葉のように似ている言葉ばかりなうえ、日本語とは違う読み方があり、大人までも悪戦苦闘です。

 ゲームの最後になり、下級生と上級生でハンディを付けて発表しました。下級生は好きな文章を選択出来ますが、上級生は全部です。1年生3人と5、6年生が1人ずつ、手を挙げて前で披露してくれました。この短時間でよくここまで出来たなぁと思うほど、上手でした。
 初めはみんな恥ずかしがったり自信がなかったりで、5人しか披露しなかったのですが、仲間が一生懸命やる姿を見たこともあってか、「やりたい!」という子どもたちが増え・・・、

 DSC02732.JPG
 順番に並んで採点していただきました。(ゲームに景品があったことも大きいかと思うのですが・・。)


続きます!(S)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
今月読んだ本(9) [2015年03月16日(Mon)]

 題名 おおかみと七ひきの小ヤギ
 絵  フェリクス・ホフマン
 訳  せたていじ

 悪いオオカミがお留守番をしていた子ヤギたちをだまし、七匹の子ヤギのうち六匹を食べてしまいます。残った子ヤギは悲しみにくれるお母さんヤギと協力して、六匹の子ヤギを救いだし、最後にオオカミを全員でやっつけます。

 おなじみのグリム童話で「知ってる〜」の声もあがりました。

 全体的に暗い色調の絵が、オオカミの悪だくみを助長しているようでしたが、ドキドキ、ハラハラしたあとには、ハッピーエンドを迎え、ホッと胸をなでおろすことができました。

 子どもたちは知っているお話、といいながら静かに耳を傾けていました。
(T)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
今月読んだ本(8) [2015年03月13日(Fri)]
 
 題名 えぞももんがのよる
 作者 手島圭三郎

 手島圭三郎さんの版画が素晴らしい絵となって、物語をより良く語っているので皆にも、それを感じてほしいと思って読みました。
 
 北海道に住むえぞももんがの生態と5ひきの仲間の生活が生き生きと描かれています。
 執拗なふくろうから知恵をしぼって上手に逃げるところが好きなとことです。
 
 子どもたちはえぞももんがという名前が気に入ったようで、楽しそうに見て、真剣に聞いていました。
(O)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
| 次へ