CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2015年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
けん玉あそび [2015年02月27日(Fri)]

 こんにちは!

 学習の時間が終わり、お迎えが来るまで、わずか20分くらいなのですが、子どもたちは遊びを始めます。

 もう人数も少なくなり、もうすぐ6時になる頃・・、
 
「あと、10分で6時だよ。55分には片づけて、6時になったら本館に移動だからね。」と職員から声をかけられたのは、6年生のY君、5年生のM君とMちゃんです。
 
 職員の声が届いていないのか、3人は楽しそうにけん玉に夢中です。
時間も手間もかからず、1人でも遊べて、いろいろな技にチャレンジ出来るけん玉は、常にみんなの人気者です。

 「よし、じゃあさ、3人で順番に1発でとめけんに入れたら終わろうよ」とM君。

 「いいねー!俺はいいよ」とY君。

 「え〜、もういっぱいやってるからなぁ〜(疲れちゃって)出来るかなぁー。まぁいいいよ」とMちゃん。

とめけんは、玉をけん先入れる技です。
けん玉が得意な3人、一発で入れられるのでしょうか。職員も片づけを終えて、見守ります。

 さて、大事な1回目。

 「じゃあ、俺から!」とM君がひょいと玉を上げて・・、カツン!惜しい!外してしまいました。

 「なんだよM〜。最初から外すなよー!じゃあ俺から」とY君。カン!お見事!入りました!

 「じゃじゃ、次私ね!」とMちゃん。

 室内がシーンと静かになります、集中して、・・カツン!「うわぁ、ごめんー」

 「おぉーお前たちしっかりしろよー、じゃあ俺からね」とY君が引っ張ります。

 2人まで入って、3人目で外す・・というのがしばらく続き、集中力が無くなってしまったのでしょうか、だんだん2人目すら入らなくなってきてしまいました。

 「あ、もう6時になるよ!おしまいにだね」と職員が声をかけますが、「ちょっと待って!今入れるから!」と続けます。
 M君、Y君と技が決まり、最後はMちゃんです。

 「頼むー!M、入れてくれー!」と2人が見つめます。職員もじっと見守ります。
シュ・・・、カツン!惜しい、外してしまいました。もう時間なので終了です。
 するとM君が「きっと糸が短いからだ!これ使え!」と糸が短いけん玉で頑張っていたMちゃんに、自分が使っていたけん玉を渡しました。

 そして、シュ・・、カン!見事、技が決まりました!
「うぉー!やったー!!」みんなで喜びました。

DSC02707.JPG

仲間と力を合わせて頑張る姿は、見ている側にも元気や感動を与えます。
(S)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
今月読んだ本(8) [2015年02月23日(Mon)]

題名「きつねにょうぼう」
絵  片山 健
再話 長谷川 摂子

 シッポシッポと雨の降る晩方、いとおしげな若い女が貧乏な独り者の男の後をついて来て、家に泊めてもらいました。やがて二人は夫婦になり男の子も生まれて幸せに暮らしていました。
 ところが、ある春の日、女は椿に見惚れてきつねの正体を現してしまい。。。

 山へ帰る前に子こもに歌う子守唄に母親の愛がこもっています。また、満開の椿の挿絵は見事です。

 子どもたちは絵の素晴らしさと子守唄に引き込まれていました。
(I)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
地震への備え [2015年02月20日(Fri)]

 先日、4年生以上が在籍する新棟で、ワークショップを開きました。

 テーマは、
 @ 学校からクラブまたは自宅に帰る途中、大きな地震が起きたらどうするか
A 新棟で、一人で残っていた時に(保護者の方に残してくださいと言われた場合)、大きな地震が起きたらどう行動するか

 この2つのテーマについて、A4の用紙に行動を順序立てて書き、順番に発表します。
休み2人を除いた14人の児童と3人の職員全員が取り組みました。
記入する時間は10分程、皆真剣に書いています。(こちらも考えます)

 ほとんどの人が書き終えたところで、早く終えた人から順番に発表していきます。
 トップバッターは、6年生です。
 
 「学校に戻り、校庭の真ん中に行く」と発表しました。

 一人ずつ聞いていくと、
 「気をつけてあせらないで」
 「ランドセルなどで身を守る」
 「倒れてくるものがないか気をつけて」など、細部にまで注意が払われています。

 集合場所や誰の指示を仰ぐかという点について、子どもたちは次のように決めました。

 @の学校からクラブに帰る途中に地震が起きた場合は、学校に戻り、校庭の中央の学年ごとの集合場所に行き、先生の指示を待つ
 
 Aの場合は、クラブの職員と他の子どもたちは校庭にいるので、毎月おこなっている避難訓練の通りに、出口を確保し、揺れがおさまったら校庭の南側鉄棒前に行き、皆と合流する

 最後に、もう一人の6年生が手本になるような行動の手順を発表し、終了しました。
職員につけ加えることを尋ねましたが、何もないほど・・・。おやつの後の読み語りをやめて開いた25分程のワークですが、短時間に大人顔負けの作業でした。
(K)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
ダンゴムシのお家 [2015年02月18日(Wed)]
 
 こんにちは!

 先日の外遊びの時間のことです。
学校の隅っこで4年生のK君、Rちゃん、Gちゃんの3人が、テーブルの周りをなにやら忙しそうに動き回っています。
 何をしているのかなーと尋ねてみると、
 Gちゃん「ダンゴムシのお家を作ってるの」とのこと。

 実はこの3人、先週は「ダンゴムシのお墓」をそれぞれで作っていたのですが、今回は3人で話し合って、1つの大きな家を作ることにしたそうです。

 「3人のほうが速く、立派なものが作れるかなぁって」とK君。

 「これ可愛いんじゃない?」と落ちていた花びらをRちゃんが並べていきます。


 しばらくして、再びダンゴムシのお家の様子を見に行ってみました。

 「もうすぐ完成しますよー!」と3人で微調整をしていました。

 「よし、完成!」

DSC02698.JPG
 
 「ここが寝るところ、ここから入るところ、この葉っぱが滑り台にみたいになってて・・・」
Gちゃんが細かく説明してくれました。
 とても賑やかで、3人の個性が詰まったお家が完成したようです。
 
 「そういえば、肝心のダンゴムシはどこにいるの?」と聞いてみると、

 「あ、ダンゴムシはまだいないんですー。募集中なんですー。」とのこと。

 主役がいなくても、想像を膨らまして、遊びはどんどん広がっていきます。
(S)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
2月のお誕生日会A [2015年02月13日(Fri)]

 こんにちは。
 前回に続き誕生日会のお話です。今月はどんなゲームだったのでしょうか。
----------------------------------------------------------------

今回のゲームは「お箸名人!」
学年ごとに集まって、制限時間内にお箸でお豆を移動させ、その個数を競います。
「よーい、スタート!」

DSC02685.JPG

上手にお箸を使えるかな?

 見ている子も身を乗り出して応援しています。
終わったら、率先して年上の子どもたちが数を数えてくれました。
感想を聞いてみると、

 「自分のお箸だったらもっと出来たのに・・。」

 「(お箸に)滑り止めがなかったから上手く出来なかったよー。」

 うーん、やはり使い慣れたお箸と割り箸とでは差が大きかったのでしょうか。
『お箸は日本人のたしなみのひとつ』
小さいうちに、正しい持ち方を身に付けて、しっかり食べてほしいなと思います。
(S)

Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
2月のの誕生日会@ [2015年02月12日(Thu)]

 こんにちは!

 先日、2月生まれのお誕生日会が行われました。
主役は2年生のRちゃんと1年生のYちゃん、司会は5年生のT君。
 司会のT君に呼ばれて、少し恥ずかしそうに2人がみんなの前に出てきます。
 職員手作りの写真入りのお誕生日カードを受け取ると、「わぁー!」と言いながらとっても嬉しそうに見つめていました。

 おはなしは「魔法使いのチョコレートケーキ」です。
少し長めのおはなしでしたが、みんな静かに集中して聞いていました。
DSC02682.JPG

 ゲームをして最後に、ハッピーバースデーの歌を歌ってお誕生日会は終了しました。
(ゲームのお話は「2月のお誕生日会A」としてUPしますので、お楽しみに!)

 そして、お誕生日会後のお楽しみのおやつ!
DSC02693.JPG
おはなしに出てきた「チョコレートケーキ」でした。

 Rちゃん、Yちゃんお誕生日おめでとう!そして司会のT君、お疲れさまでした。
(S)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
今月読んだ本(7) [2015年02月09日(Mon)]

 題名「おばけのジョージ」
 
 オイッティカーさんの家の屋根裏に住む、小さいおばけのジョージーは毎晩同じ時間に階段をミシリッ、広間のドアをギィーといわせます。

 その音でオイッティカー夫妻は寝る時間が、猫のハーマンはネズミを捕る時間が、ふくろうのオリバーは起きる時間が解り、万事うまく回ります。

 ところが、ホイッティカーさんが階段の板と、ドアのちょうつがいの手入れをしたために、音がしなくなってしまいます。
 さてその後、お話はどんな展開をみせるでしょうか。

 最後には元通りにもどってめでたしめでたし。
 
 こんなおばけなら、家にいてもいいかな?
 モノトーンの絵本で、ジョージーはユーモラスに描かれています。

 子どもたちも良くきいてくれました。

(N)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
鬼は外、福は内ー! [2015年02月05日(Thu)]

 こんにちは!
暦の上では立春ですが、まだまだ寒い日が続いていますね。
本格的な春はまだ先ですが、時折少しずつ季節が変わっていく様子に触れると、暖かい気持ちになります。

 さて!
2月3日は節分でしたね!
 皆さまも豆まきをしたり、恵方巻を食べたり、もしくは鬼に変身したりしたのではないでしょうか。
 クラブでも豆まきが行われ、本館も新棟も子どもたちのにぎやかな声でいっぱいになりました。

 子どもたちが帰室してくる前に「高学年の子どもたちはもう豆まきはしないかな」と高学年担当の職員は思っていたのですが、下校してすぐに
 「今日豆まきするよね?するよね?」と質問攻めに。


 豆まきのルールを確認し、さぁ豆まきの始まりです。
DSC02677.JPG

DSC02678.JPG

「鬼はー外ー!福はー内ー!!」

 鬼役の子も豆を投げる子もとても楽しそうです。
窓を開けていたにもかかわらず、室内は子どもたちの熱気でいっぱいになりました。

 子どもたちの元気いっぱいの声で「鬼(邪気)」をしっかり払ってもらいました。
(S)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
2月のおはなし会 [2015年02月02日(Mon)]
 
 こんにちは

 寒い日が続いていますね。
 2月のおはなしの会を次の通り開催します。

   日時:2月7日(土)午後2時
   場所:深谷市上柴町東5−18−1(上柴東小南、向かい)
   
   語り手と題目:

     日下部ふみこさん 「雪おんな」
     
     関口敦子さん   「へやの起り」

     石塚清子さん   「からすととげ」
 
     福島千恵子さん  「とめ吉のとまらぬしっくり」

     大矢千雅子さん  「かしこいモリー」

     小幡洋子さん   「あくびあや太郎」

   参加費:無料(終了後の交流会は300円、お茶とお菓子付)
   
   問合せ先:NPO法人こどもとおはなしの家
         電話048−574−9665
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL