CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
びっくり本箱(28) [2014年11月06日(Thu)]

題名「サンコン少年のあふりか物語」

作者 オスマンサンコン

 アフリカの気候と日々の暮らしのドキドキワクワクが子どもたちに読むのにぴったりだと思って選びました。
 この物語には、イスラム教の大家族で主食はお米、子どもにも動物の世話をまかされ自然と共存している生活が描かれています。
 お人好しで、がんばり屋で、おっちょこちょい。そんなサンコン少年の学校や友達、家族との関わりのお話です。
 にぎやかなパワーに満ち溢れたサンコン少年が身近に感じられて楽しい物語です。
 日々の暮らしの感謝の心は日本でも同じだと思いました。

 読んでみて感じたことは、子どもたちは、生活習慣の違いに「へぇー」と思うところと、学校や友達との話には共感するところも多く、楽しく聞いていました。
 身近にいたら頼もしいサンコン少年、心に残ったでしょうか?
(N)

Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
読み聞かせ学習会 [2014年11月04日(Tue)]

こんにちは

昼間はぽかぽか陽気ですが、朝晩冷え込むようになりましたね。

さて、先週対馬初音さんを講師に迎えて「読み聞かせ学習会」が行われました。
読み語りに熱心に取り組んでいらっしゃるみなさんと2時間の勉強会となりました。

 まず初めに、講師が読み語りに大切なこと、特に小学校に出向いて行う場合に留意しておきたいことを話されました。

 その後、受講者の中から数名に読み語りをしてもらい、講師から助言していただく実践形式が行われました。
 
 読み語りをした人は「緊張した」と話していましたが、普段本人が気付かない点、こうしたらもっとよくなるという助言をたくさん頂けたのではないでしょうか。

 とても実のある充実した2時間の勉強会でした。
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL