CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2014年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
びっくり本箱(24) [2014年09月03日(Wed)]

題名「大どろぼうホッツェンプロッツ」

作者 オトフリート=プロイスラー

選んだ理由
  夏休みに入り少し長い読み物を数回に分けて読みたいと思い、
  おもしろい冒険のある話を選びました

好きなところ、内容
  仲良し二人の男の子、カスパールをゼッペルが大どろぼう
  ホッツェンプロッツにも大魔法使いペトロ・ジリウス・ツアッケルマン
  にも負けず、知恵と勇気をもって、大好きなおばあさんのコーヒー引き
  を取り返すところが、とてもわくわく、どきどき楽しいおはなしです。

読んでみて
  子ども達は三章位づつを毎日良く聞きました。
  カスパールをゼッペルが入れ替わって、話が進む、仲々難しいところが
  多かった様に思いましたが、子ども達は長い名前も話の進展もよく理解
  していて、私が最後に「おしまい」と言った時は
  「ああ、おもしろかった」と喜びました。
(O)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
びっくり本箱(23) [2014年09月01日(Mon)]
題名「鉄のハンス」

選んだ理由
  山男が王子を支え、助けるところや王子が世の中に出て自分の力で
  運命を切り開き幸せを掴むところに惹かれました。

好きなところ、内容
  子ども達への読み聞かせの時には、お話のおもしろさにグイグイと
  子ども達が引き込まれていくのを感じます。

読んでみて
  山男が入っている鉄のおりの鍵を王子が開けてしまう場面や
  泉の中に指をいれてしまう場面など、王子の姿と聞いている
  子ども達の姿が重なりハラハラドキドキと展開を楽しんでいる
  様子がわかりました。
(T)
Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL