CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2014年06月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
サッカー大好き! [2014年06月06日(Fri)]

こんにちは!

ここ最近、真夏のような暑さですね!
私事ですが、深谷の夏はほとんど初めてでして・・。
「深谷の夏はこんなもんじゃないからねー。」と子供たちにも言われ、この先ちょっと心配です。。。

 さて!
先日、1〜4年生で近くの公園へ外遊びに出かけた日のことです。
3、4年生の男の子たちは暑さにも負けず、元気にサッカーをやっています。

 すると、1年生のS君がサッカーボールを蹴りながら一人で私のところへやってきました。
 「ねぇーサッカーやろうよ〜。」

 サッカーが大好きなS君、こうやってたまに私を誘って、一緒にパスをし合ったりしていました。でも、本当は高学年の子たちのようにサッカーの試合をしたいのだと思います。

 高学年のサッカーは毎回白熱していて、みんな楽しそうで、そして一生懸命です。
ボールも速いし、勢いもあるので低学年にはまだ危険で、ハードルが高そうでした。

 でも今日は公園、コートも狭め、そして3,4年生が中心だったので、
 「混ぜてーって言ってきてごらん。」と背中をおしてみました。

 数分後、サッカーを覗いたらS君が元気いっぱい走り回っていました。
どうやって混ざったのか、肝心なところを見逃してしまったのですが、とても楽しそうでした。

 「S――!パス、パス!!こっちだって!」
 お兄さんたちの大声が飛び交います。
心なしか3、4年生がいつもより頼もしく見えました。

DSC02146a.jpg


 またちょっと気温が下がるみたいですね。
皆さま、体調には気を付けて下さいね!
(S)

Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
よく遊びます! [2014年06月04日(Wed)]

こんにちは。

 毎日暑い日が続きますね。最近は過ごしやすい時期が短くなってきたように感じます。

 さて、クラブにはテレビも、もちろんテレビゲームや携帯型ゲーム機もありません。
ですから、最近よく見かける「公園でゲーム」なんてことはありません。

 天気がよければ校庭や公園で遊ぶのが日課ですが、こどもたちは本当によく遊びます。
 「ただいま!」と同時に「いつ(外遊びに)行く?」が毎日繰り返されます。
 最近は暑くなってきているので外遊びは夕方涼しくなってからです。すぐにでも外に行きたいこどもたちは少々不満気味です。

 外遊びでは、虫取りに興じる子、砂場で遊ぶ子、鉄棒で遊ぶ子、ボールで遊ぶ子、それぞれ好きなことをして遊びますが、みんなでサッカーやドッジボールをすることもあります。

 ここでは、さまざまな学年が混ざって遊ぶとき、子供たちなりに大きい子も小さい子も遊べるルールを考えて遊びます。それは低学年にはやさしくする気持ち。高学年を尊敬する気持ちを自然と身に付けてくれるように思います。

 no-title

Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL
このみかんは何みかん? [2014年06月02日(Mon)]
DSC02135a.jpg
こんにちは!

 先週のおやつの時間のことです。
外遊びから帰ってくると、甘酸っぱい良いにおいが・・・。
美味しそうなみかん達がテーブルに並んでいました。

 「えーー今日のおやつ、みかんなのー??」
と6年生の男子たちからは不満の声が・・・。

 
 各テーブルにみかんが配られます。
 「えーー皮が固いみかんじゃん!」とため息が聞こえてきます。
 「晩柑」「はっさく」「夏みかん」
 「ねーねー、このみかんは何みかん?あれは何?」
と4年生のH君が聞いてきました。
 「これは晩柑だよー、あっちははっさくかなぁ」
 
 皮が固く、6等分に切ってもほとんどの子供たちが食べるのに苦戦しています。
 「固くて剥けないよー」
 「種があるから食べずらーい」

 苦手な子には職員が剥き方を教えたり、子供同士で教えあったりしていました。また、さっき不満が出ていた6年生ですが、さすが6年生、上手に食べていました。

 I君は「俺剥いてあげるー」と大きな晩柑を丸々剥いて手伝ってくれました。
 
 4年生のYちゃんは「夏はアイスもいいけど、こういうフルーツも嬉しいなぁ」と夢中で食べていました。

 「冷えてて美味しいー!」
 切るまで冷蔵庫で冷やしていたので、冷たくて、そしてなによりジューシーでとても美味しかったです。
 いつもお菓子が多いですが、フルーツは子供たちにとって良い刺激になったようです。

 しかし、皮が剥けない子がちらほらいて少し驚きました。
やっぱり、剥きにくいみかん達は嫌厭されてしまうのでしょうか。
(S)


Posted by こどもとおはなしの家 at 13:00 | この記事のURL