CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
全国俳句大会で入選 [2014年01月31日(Fri)]
 4年生K君の俳句がNHK全国俳句大会で入選し、19日(日)にNHKホールで行われた表彰式に出席したそうです。

         節分の鬼役なかなか決まらない

 「お父さんやお母さんと出かけたの?」と訊いたら、「おばあちゃんも入選したので2人で行ったんだ」。「えっ!2人とも入選!」「それはまた素晴らしいね」と驚きの連続です。

 湘南新宿ラインのグリーン車で渋谷まで行き、ハチ公の銅像の前で記念写真を撮り、NHKホールへ向かいました。会場は全国からの出席者でいっぱいで、島根県や長野県の人もいました。

 式が終った後、父母と妹へ記念のお土産を買い、行きと同じくグリーン車で帰りました。

 表彰式の壇上に上れたのは特選の人だけでしたが、次は、佳作や特選を目指して俳句を続けよう。

 
Posted by at 07:00 | この記事のURL
回り将棋 [2014年01月30日(Thu)]
 将棋に負けた2年生のK君が「今度は回り将棋をしよう」と言うので、それなら1年生のH君も出来るので、私と3人でやることにしました。

 最初はK君が飛び出して桂馬まで行きましたが、H君が、4枚の金が全て裏返しになる百を連発して直ぐに追い越しました。まだ駒の字を読めないH君が、その度に「(俺)何番?」と訊くので、「1番だよ」と答えると、にこにこしています。
 私は2人の後を牛歩で追いますが、離されるばかりです。

 トップに立ったH君ですが、百糞を出すなど出入りが激しく、また、K君も1回にひとつかふたつしか進めず「俺、調子が悪いんだ」と嘆いている間に私が追いつき、3人が飛車で並びました。

 3人で盛り上がっていると、隣で絵を描いていた3年生のSちゃんから「うるさいから静かにして」と注意されてしまいました。「叱られちゃった」と首をすくめ、暫らくは静かにしていましたが、K君が王将になってスタート点に戻ったら勝ちの所まで進み、続いてH君も王将で並んだので、またしても騒がしくなりました。

 隣のSちゃんが睨んでいますが、2人とも目に入りません。暫らくはふたつ進んだり、しょんべんだったりと一進一退でしたが、K君がH君を振り切って勝ちとなりました。ラストは私でした。

 K君、将棋の敵を取って満足そうでした。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
これ、頂き [2014年01月29日(Wed)]
 2年生のK君が私に「将棋をやろう」と言うので相手をしました。

 間違えないで駒を並べ、飛車や角も分かっています。「誰に習ったの?」と訊くと、「自然と覚えた」そうです。低学年で将棋ができる子がいないので退屈なようです。私が飛車先の歩を進めると、K君は角道を開けます。「ほ〜少しは知っているな」と感心していると、開けたままなのでたちまち私の飛車に成られてしまいました。

 大駒の使い方をマスターしていないのでなかなか攻められず、また、駒を動かすと相手がどう指すかを考えないので取られたりと、手加減はしていますが私が一方的に優勢です。

 そこへ、隣で観戦していた1年生のH君がK君に加勢します。駒の空箱を「バリヤーだ!」と盤上に置いて、私の駒を遮ります。かと、思ったら、今度はK君が、私に取られてしまった沢山の駒から、「俺の番だね、これ、頂き!」と角を持って行ってしまいました。「そんな手はないよ」と抗議しても返してくれません。

 でも無論、劣勢を覆せず、王将が逃げ出しましたが、最後はどこにも逃げられず、K君、素直に負けを認めました。彼の実力は3年生のK君とはいい勝負なので、「こんどやってごらん」と言っておきましたが、さて、どんな勝負になることやら。まさか、「これ、頂き」とはやらないと思いますが・・・。
Posted by at 09:00 | この記事のURL
4月から中学生 [2014年01月28日(Tue)]
 17日(金)は、4月から中学生になる児童と保護者への説明会でした。昨年4月、クラブ初の卒業生Eちゃんが入学したのがついこの間のように感じます。

 この日、中学校の近くを通ったら、最近までクラブに在籍した6年生のK君とR君がお母さんと中学校へ向うのに出会いました。心なしか2人とも足取りが軽いように感じます。

 親子を校門まで見送った後、今度は、登校時の交通安全見守りで毎朝顔を合わせる6年生の女の子とお母さんに逢いました。やはり、説明会に出かけるようです。「4月から中学生だね、おめでとう」とお祝いの言葉をかけたら、「ありがとうございます」と嬉しそうに頭を下げました。

 そろそろ梅の便りが聞こえてきます。そして桜が咲く頃には中学生です。新しい友だちと中学校生活を楽しんでください。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
お手製のロールケーキ [2014年01月27日(Mon)]
 今年初めてのおはなしの会の出席者は6人で、少し寂しかったですが、寒い中、出席された6人は大変ラッキーでした。

 何故ですかって?

 この会のために、時々、日下部さんがお手製のケーキを持参してくれますが、この日は美味しそうなロールケーキを参加者に振舞ってくれました。ケーキが運ばれると「うわぁ大きい」「見事ね」「美味しそう」と出席者から驚きの声があがりました。
    CIMG7761a.jpgCIMG7762a.jpg
 ケーキを切り分ける段になって、「6人」が利いてきます。まず半分に切って、さらに2回包丁を入れれば「均等」に分けられるからです。まあ大人ですから、「7人」になっても、「大きい」「小さい」と取り合うことはありません。ひとつずつお皿に取り分けられたケーキを、「あら、中に苺が入っているのね」「とっても美味しいわ」とご馳走になりました。

 無論、ケーキを頂いてこの日の会は終わりではありません。その後は、いつものように素話ごとに感想を述べ合う反省会をしっかりと行いました。.
Posted by at 07:00 | この記事のURL
都道府県名調べ [2014年01月25日(Sat)]
 4年生のYちゃんが地図を開いています。

 白地図の各都道府県には番号が振ってあり、地図帳を使ってその名前を調べるのが宿題です。「簡単だな、北から順に北海道、青森・・・と答えればいい」と思ったら、白地図と解答用紙に書かれている番号がバラバラなので、簡単にはいきません。「解答用紙の番号確認→白地図でその番号を探す→地図帳で都道府県名を調べる」という手順を47回も繰り返します。

  「え〜と21番ってどこ?あ、ここか!」
  「琵琶湖の近くだ、大きな湖」
  「琵琶湖がある県って滋賀県」

 と、大きな目印があるところは楽ですが、白地図で大よその場所が分かっても地方別の地図帳の頁をめくるため、日本全体のイメージとやや異なっているので混乱してしまいます。
 「あれ、島根県ってさっき書いたよね」と気づき、それを消して「岡山県」と書いたら「あれ、岡山県もさっき書いたよ。兵庫県だ」ようやく正しい答が出ました。

  「あ〜疲れる」
  「あ〜頭が痛い!死んでしまう!」と、地図と格闘しています。

 職員が「都道府県はいくつあるの?」と訊くと「47」。「そうだよね、47も調べるのだから大変だね」「日本全体をひとつに表した頁があるから、そこで調べると楽だよ」と職員が教えると、「あっ本当だ!ここならいいや」と表情が弛みました。

 それからは、調べるスピードと正解率があがり、「先生はいじわるだ。問題をちゃんと番号順にしてくれればいいのに」とぼやきながらも、鉛筆を動かしていました。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
俺だったら言わないな [2014年01月24日(Fri)]
 3年生のK君とW君が、一時期、クラブで流行った将棋を始めました。

 2人とも駒の動かし方は知っていますが、勝つための駒の動かし方はまだまだです。駒を動かしたかと思うとまた戻したり、飛車が成れるのにひとつしか進まなかったりと、相手の王将を詰ますというより、駒を動かすことを楽しんでいるようです。

 中飛車のW君の飛車道に、K君の角が勢いよく飛び出してきました。角に利いているK君側の駒はありません。只取りですがK君、気がつきません。W君「頂き」と取るかと思ったら、にこにこしているばかりで飛車を動かしません。そればかりか「K、いいの?」と、K君に訊きます。それでもK君、まだ、気がつきません。

 傍らで見ていた職員から、「K君、角を取られてしまうよ」と言われて初めて気づきました。「あっ、ちょっと待って」と“待った”です。「W君、やさしいから」と職員から言われたK君、「俺だったら(いいの?と)言わないな」。

 K君、勝負に厳しいようですが、やや押され気味で、居玉のままどこにも逃げられず、W君の勝ちとなりました。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
お祝いのカード [2014年01月23日(Thu)]
 学習の時間が終った自由時間に、1年生の2人のSちゃんが何か、手紙のようなものを書いています。

 「何を書いているの?」と尋ねたら、担任の先生に渡す、お誕生祝いのカードだそうです。そっと覗くと「〇〇せんせい、おたんじょうびおめでとう。わたしたちにべんきょうをおしえてくれてありがとう・・・」と、お祝いとお礼の言葉と2人の名前が書かれています。その下には、先生と2人の似顔絵がある、素敵なお祝いのカードです。

 クラス全員からカードを貰った、嬉しそうな先生の顔が目に浮かびます。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
お正月のおやつ [2014年01月20日(Mon)]
 公園に着くなり、地面にいた鳩を追いかける2年生のR君とS君。低空で逃げる鳩をどこまでも追いかけますが、木の幹に停まられてとうとう諦めました。その大木の根元の落ち葉を棒できれいに除いているのは、1年生のT君です。

 1年生のSちゃんは、2年生になるまでに縄跳び150回が学年の目標だそうで、「冬休みに100回跳べた」と嬉しそうに職員に話しています。

 他の1年生の女の子たちは、砂場の縁石を渡って反対側から来た子とジャンケンし、負けた子は20mほど離れた街灯にタッチしてまた砂場へ。

 風が吹く寒い日の午後、職員はコートで丸くなっているのに、子どもたちは元気に遊んでいます。

 思い切り遊んだ後は部屋でおやつです。
 この日のおやつはお餅で、最初は黄な粉餅です。お餅が出されると「わあ〜」と歓声が上りました。「(お皿)いっぱいがいいな」「いっぱいいっぱい」「見ているだけでおいしそう」と、みんな、黄な粉餅が大好きなようです。「あけましておめでとうございます」の挨拶をして頂きます。

 次は餡子餅です。「やった〜」と喜ぶ子がいますが、苦手な子も2人います。苦手な子には黄な粉餅を配ってみんなでおいしく頂き、お正月のおやつが終りました。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
1月のお誕生会 [2014年01月18日(Sat)]
 今月は新年会と同時開催です。

 1月生まれは最多で、子どもが8人で職員も3人います。前にずらりと並んだ誕生月の子どもたちに、バースデーカードや♪ハッピーバースデ−の歌をプレゼントし、みんなでお祝いしました。いつものようにお話しも静かに聴きました。

 その後は「新年会」。司会は5年生のY君です。

 全員参加で、グループに分かれて催し物を披露しました。ピアノ伴奏付きの「キラキラ星」合唱、ご存知「ジュゲムジュゲム・・・」を唱える、「今年の抱負」を1人ずつ発表、しっかりはっきりと「詩」の暗唱、澄んだ声で「デュエット」、TV番組の寸劇?を替え歌にして笑いを取るなど・・・。緊張で頬を紅潮させながらも、みんな芸達者でした。

 そしてメインは、中学生のブラスバンド5人組!!
 昨年、クラブを卒業したEちゃんが、中学校の吹奏楽部の仲間と演奏しに来てくれました。初めて目にする楽器と良く知っている曲に、「泣きそう」という1年生の感想もありました。

 新年会の後はおやつの時間です。グループに分かれて班長さんを中心に、メニュー、買い物、盛付けまで自分たちで用意します。スーパーでは電卓片手に、予算ギリギリまで使おうと苦心していました。

 新しい年も楽しいことが沢山ありますようにと願う1日でした。
(T)
Posted by at 07:00 | この記事のURL
| 次へ