CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2013年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
木の葉の再利用 [2013年12月31日(Tue)]
 ここ最近は、銀杏の葉ももうほとんど木に残ってませんね。

 そんな地面に落ちた葉を集めだしたのは、3年生男児たち。
 あんまりいっぱい落ちてるものだから、みんなで集めたら小さいタイヤは埋まるんじゃないかしらというわけでせっせと運んでいました。

 案の定、5分と掛からずタイヤは見えなくなってしまいました。
 「おお〜」「すげー!いっぱい集めたぁ!」

 そしてそのあとは勿論・・・落ち葉投げ!
 集めた落ち葉を空に向かってポーーーーイ!! ひらひら落ちてくる葉っぱが綺麗でとても楽しい!
 しかもそれが段々エスカレートして・・・落ち葉合戦に進化。雪合戦の落ち葉バージョンです。

 落ち葉が顔面に投げつけられると視界が金色に!なんとも幻想的です。

 さて、3年生のそんな様子を見ていた5年生3人組。K君 I 君N君。
 校庭に出てきた時から「つまんなーい」を連発しておりました。いつもやっているサッカーの気分ではないのだと、校庭の端をうろうろ。

 最初こそ、3年生の行動をバカにして見ていましたが、落ち葉合戦が始まると、うずうずしてきたのでしょう。いつのまにやら参加しているではありませんか!(しかも職員一点集中で狙ってくるという)

 かき集めていた落ち葉がなくなると、落ち葉合戦はいったん落着き、3年生はサッカーをしに去っていきましたが、今度は5年生が落ち葉に夢中になる番でした。

 投げて散らばった落ち葉をせっせと運びます。
「ジャングルジムの下を落ち葉でいっぱいにする」計画だそうです。

 「ジャングルジムのてっぺんまで落ち葉を入れられたらすごいけどそれは無理だから下だけにする」と言うK君は、みんなが集めてきた落ち葉を均等に敷き詰める係です。
 「ああっ!風で思い通りの場所に落ち葉が置けない!」と、なかなか大変な役回りです。

 N君と I 君は落ち葉を集める係。
ジャングルジムの近くの銀杏の葉は「国産」。ちょっと離れた木やビオトープの落ち葉は「輸入品」なんだそう。

 N君は、職員から大きな袋をもらってビオトープに「出張」に行きました。
 I 君は「いやぁ〜、やっぱり国産品はちがうわぁ〜」とジャングルジム付近の落ち葉を集めています。

 「あと何分遊べる!?」
おやおや、校庭に出てきた時にあれだけ暇だ暇だを連発していたとは思えない夢中さです。

 そんなこんなで彼らが1時間近くかけて完成させた「落ち葉の家」をご覧ください!
image1.jpg

 3年生の落ち葉合戦、5年生の落ち葉の家。

 こんなことができるのは、秋から冬に変わるまでのとても短い期間。しかもこんなに素敵な発想が実行できるのは、小学生の彼らだからこそ・・・・なのかもしれません。今しかできないことが目一杯出来た、ある夕暮れの日でした。
(Mu)
Posted by at 07:00 | この記事のURL
ちょっとしたお手伝い [2013年12月30日(Mon)]
 どういうわけか、25日(水)からブログの閲覧者が急に増えました。
 みなさん、年末でお忙しいはずなのに、何故でしょうか? 小生もそこそこ忙しいのですが、ブログを書く時間はありますので、予定を変更して休み明けまで、古い記事ですが毎日アップしますので、時間のある方はご覧下さい。

   xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

 新しいクラブの建物の建築が着々と進んでいます。

 子どもたちから作業されてる方への「頑張ってください!」のあいさつは恒例です。5年生から3年生までみんな共通のようです。

 さて、クラブのポストや入口に針金が積まれているのをお気づきでしょうか。
 話が変わった?いいえ、これは「クラブの建築」と、「恒例行事」と密接です。

 実はあれは3年生が、校庭に遊びに出る際に毎日欠かさずちょっとずつ拾っているものなのです。
 全員並んだら校庭に出発ですが、戸締りをしている間や、誰かが靴を履いてる間などに砂利の中から探すのです。

 作業員の人が集めているのをみて、ちょっとしたお手伝いのつもりなのでしょうか?
時には、
  I 君「これ、どこに置けばいいですか?」
  業者さん「ポストのところに・・!」
なんて会話をしつつ、こつこつと集めているのです。
 勿論、日課ですから業者の方がいなくても、彼らは毎日ちょこちょこ探しては隔離しているのです。

 近頃では、最初入れていた緑の容器もいっぱいになり、ポストの上も超満員。
 そろそろ箱でも準備しようかなと思うのでした。
(Mu)
Posted by at 07:00 | この記事のURL
1月のおはなしの会 [2013年12月28日(Sat)]
 新年第1回目のおはなしの会を次の通り開催します。日にちが定例日と変わっているのでご注意願います。
  
   日時:26年1月11日(土)午後2時
   場所:深谷市上柴町西3−17−4 アーバンKS
   語り手と題目:
     福島千惠子さん「山の上の火」     
     鹿島由美子さん「手なし娘」
     日下部ふみこさん「つるにょうぼう」
     関口敦子さん「ルンペル・シュツルツヘン」
     大矢千雅子さん「おいぼれズルタン」    
     小幡洋子さん「バラの花とバイオリンひき」       
   参加費:無料(終了後の交流会は300円、お茶とお菓子付)
   問合せ先:NPO法人こどもとおはなしの家
         電話048−574−9665
Posted by at 07:00 | この記事のURL
年末年始お休みのお知らせ [2013年12月27日(Fri)]
 当法人は、12月28日(土)から1月5日(日)まで、年末年始のお休みとなります。

 この1年、いろいろな面でご支援・ご協力いただき、厚くお礼申し上げます。

 来年度は、改築なった建屋を中心とした活動が始まりますので、これまでよりいっそう充実したサービスを提供したいと考えております。

 また、ブログのご愛読に対してもお礼申し上げます。来年も、クラブでの子どもたちの元気な様子や当法人の活動状況をご紹介していきます。 

 なお、休み中のブログについては、毎日のアップは無理として、古い記事ですが、なるべく掲載していきたいと思います。正月のTVを見飽きたら、ブログでもご覧ください。

 みなさま、良いお年をお迎えください。

  平成25年12月27日
  NPO法人 こどもとおはなしの家
Posted by at 07:00 | この記事のURL
残りはいくつ? [2013年12月26日(Thu)]
 Aちゃんの隣でおやつをお相伴しました。

 1年生は足し算や引き算が毎日の宿題です。
「ほらクッキーが5つある」とお皿を見せるので、質問してみました。
 「Aちゃんが2つ食べたら残ったのはいくつでしょう?」
 「え〜と3つ!」

 1年生だけでおやつのテーブルを囲むので、Y君のように上級生が答を横取りするようなことはありません(20日付ブログ参照)。

 おやつが終ると、床に落ちた食べかすを拾い、「15個集めた!」と数を競うので、また、問題を出してみましょう。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
きいと [2013年12月25日(Wed)]
 皆さんは「きいと」をご存知でしょうか。

 「生糸」ではありません。「木糸」と書きます。この時期、職人が木の皮(木皮/きかわ)を剥いで、細く長く紡いだものを言います。質の良い木糸はとてもしなやかで、織物やかご細工など、剥いだ皮の太さ・木の種類によってさまざまな工芸品へと姿を変えていきます。
 木糸職人になるには、長い修行を積まなければなりません。素材となる木の種類や特性を覚えることから始まり、名人は一目で木の良し悪しを見分ける必要があります。

 ・・・・・・・というのは、全て子どもが作った設定上のお話です。

 椿公園で4年生のT君が考えた設定なのです。実際にありそうな話ですよね。
 というわけで、この日のT君は黙々と公園を探索して木を集めていました。

 彼が作った木糸細工が国宝になる日も近いッ・・・!?
(Mu)
Posted by at 07:00 | この記事のURL
クリスマスの飾り [2013年12月24日(Tue)]
 子どもたちが過ごす2つの建物に、それぞれ小さなツリーを買って置いてみました。

 どちらの子どもたちも興味津々。でも、2本とも飾りはありません。
「ごめんね〜Muさんの財布にお金がなくってこうなった!」

 ・・・・というわけで子どもたちに飾りを作ってもらいました!

 まずは低学年のツリー。

 雪だるまに、サンタさんに、プレゼントの箱とてっぺんにはお星さま!うんうん!クリスマスっぽさが満点の内容です。
CIMG7477a.jpg

 続きまして高学年の作品。

 ふむふむ。サンタに、星に・・・・・チョッパーとポケモンが数体。こちらはなんとも自由な内容になっているようです。
CIMG7482a.jpg

 小さなツリーだけど、飾り作りは、どの子も楽しそうに参加してくれました。
(Mu)
Posted by at 07:00 | この記事のURL
写真撮影 [2013年12月21日(Sat)]
 毎月のお誕生会では、誕生月の児童に記念のスナップ写真が贈られます。

 写真は校庭などで職員が撮りますが、あるとき、職員に代わって4人の児童の写真撮影を頼まれました。「ああ、いいですよ」と気軽に引き受けましたが、少々、手間取りました。

 1人の女児は休みなので、まず、3年と4年の2人の女児から撮ることにしました。1人ずつ撮ろうかと考えましたが、友だちを入れた3人で撮った方が素敵なので、友だちを中にした2人の写真を撮りました。

 女の子は喜んで撮影に協力してくれましたが、男の子には断られました。お誕生会の写真を撮らせて欲しいと頼むと、「いや」と首を横に振ります。「そんなこと言うなよ、お誕生会で君にあげるのだから」と言っても駄目です。

 カメラを向けたら走り出し、とうとう見えなくなってしまいました。でも、心配は要りません。「いや」と言っていても、顔は「いや」と言っていないからです。私は無理に追いかけません。やがて戻って来ると確信していたからです。

 暫らく高学年のサッカーを見物していたら、やって来ました彼が。私が話し出す前に「校庭を一周してきた」と話しかけてきました。「じゃあ撮ろうか」と言うと、黙ってポーズを取ります。2、3枚撮ると、「ブランコをしている所」でも撮ることになり、元気に漕いでいる写真を数枚撮りました。後日、休んでいた女児の写真を撮って、お誕生会用の写真が揃いました。

 これで準備は終わり、あとは、24日(火)のお誕生会を待つばかりです。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
分数 [2013年12月20日(Fri)]
 最近、高学年の宿題の時間に必ず聞こえてくる言葉があります。
「分母」「分子」「全体を〇個に分けたうちの1こは何分の何?」

 そう、分数です。

 3年生がはじめての分数、4年生が帯分数と仮分数、5年生が約分です。やっている宿題は違いますが、分数に頭を悩ませてるのはみ〜んなおんなじ。

 そこで宿題の時間が終わった後に、さりげなくクイズ形式で問題を出してみることに。
 「ねぇ(3年生の)K君。6分の1が3つで、何分の何?」
不意打ちでしたが、K君は「うーんとね・・!」と答える気満々で思考をめぐらせます。
 「6分の3!!!!!」

 大正解・・・ってあれれれれれ? 今のはK君の声じゃないぞ!!!??

 どうだ!と言わんばかりのポーズつきで、5年生のY君が答えてるじゃありませんか!
 「もうっ!答えないでよ!!!!」
これにはK君もお怒りです。しかしY君は「簡単♪簡単♪」と余裕の表情。

 ・・・。・・では、気を取り直して次は4年生。
 「じゃあ4年生。8分の1 と 3分の1、大きいのはどっち?」
 さっきまでみっちり見直しと復習をしていた問題だけあって、トランプを片づけていた4年生もぴたりと止まって、考える態勢に入りました。

 「3分の1!!!!!」
「おい、言うなよ〜!!!!」
 ああっ!またしても答えたのはY君でした・・・。
「なんで答えちゃうんだよ!」「Y君じゃないでしょ〜!?」

 正解してはいるけど、これには4年生からも他の職員からも非難殺到です!
 様子をみていた同じ5年生の I 君は、「まったくー、大人げないなぁ」と笑っています。

 ではお待ちかね、今度は5年生に問題です。

「6分の4 と 3分の2 大きいのはどっち?」
「えっ・・・・・・・・・・・・・・・・。」

 ありゃりゃ、さっきまでの勢いはどうしたのでしょう?部屋がシーンと静かになりました・・・。

「6分の4・・・!」「そうだ、6分の4だ!!!」

 I 君もK君も勢いよく答えました!!!!・・・が、残念、それは不正解です。
「えっ、なんで?」「どういうこと?」

 簡単そうな問題を不正解と言われて、ちょっと戸惑う5年生コンビ。一見、先ほどの4年生の問題と同じようですから、彼らもそう思ったのでしょうが・・・。
 なかなかピンと来ないようなのでちょっとヒントを出します。
「さっきまで君たちがやってた宿題はなんだっけ〜?6分の4って、もっと小さい数字にならないかな?」

「あっ!6も4も2で割れるから・・・・」
「3分の2だ!3分の2になるでしょ!?」
ということは・・・・
「同じだ!!!!」

 正解です!!!やっと正しい答えが出たので5年生は満足げです。

 5年生にとって簡単な分数でも、3年生は今一生懸命頭を悩ませて勉強しているもの。
 それと同じように、5年生が今やっている分数も、5年生が頭を悩ませて一生懸命勉強してるもの。

 各学年、頑張って分数をマスターするぞー!
(Mu)
Posted by at 07:00 | この記事のURL
PK戦 [2013年12月18日(Wed)]
 その日の校庭では、4年生のM君と5年生のY君・I 君が、キッカーとGKを交代しながらPK戦をしていました。

 最初に蹴るのはY君で、GKはM君です。
Y君が蹴ったボールをM君、両手ではじきましたが、ボールはそのままネットの隅へ。これはまずいと思ったのか、Y君から手袋を借りて両手を広げ、M君が身構えます。でも、今度のY君のボールは、M君の頭の上を越してまたもネットの右隅に入る、見事なシュートでした。

 次は I 君が蹴る番です。蹴るのと同時にM君左へ飛びましたが、読み間違えてボールはネット右隅へ。GK・M君散々です。

 ここでGKがY君に交替します。汚名挽回とばかりにM君、GKの頭を越す見事なシュートを見せました。

 最後のGKは I 君です。これまで好調だったY君、右左と外してボールがネットを揺らしません。そこでGKに文句をつけたため、一発でレッドカードとなりました。

 もう1人のキッカー・M君に期待が寄せられました。慎重に蹴ったボールがGKの頭を越してゴールかと思ったら、惜しくもバーに当って得点になりませんでした。

 最後に退場が解けたY君が蹴ると、今度は左ポストに当たって失敗。結局、このゲームは I 君の勝利に終りました。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
| 次へ