CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2013年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
床掃除 [2013年05月31日(Fri)]
 床のカーペットはとっくに取り払われ、代わりに、仕舞っていた扇風機が取り付けられた暑い日。

 最初に出されたおやつはアイスキャンデーです。「イチゴが良い人、バニラは、チョコは?」と希望のアイスを配り、「お母さん座りだよ」「腰骨を立てて」と職員が1年生に注意した後、全員で「頂きま〜す」。この日、アイスの棒に当りマークがあったのは、職員のだけでした。「ずる〜い」。

 出されたおやつを全員が食べ終わったら、「H君、自分のところを台布巾で拭き終わったら、隣りのAちゃんに渡してね」と、順繰りに台布巾を回してテーブルを綺麗にしてから「おいしいおやつごちそう様でした」。

 そして次は床掃除です。
おやつの時間も楽しいけど雑巾掛けはもっと楽しみです。2年生くらいになるとふざけ合う子もたまにはいますが、1年生はまだそこまでいかず、嬉々として床掃除に取り掛かります。職員がぼさっと見ていると「邪魔だからどいて」と叱られてしまいます。でも中には、ふざけて、めくりあがった背中を雑巾で拭いてあげる子もいて、キャアキャア言いながら、部屋を数往復して綺麗になった所でおはなしの時間になりました。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
4・5月の合同お誕生会 [2013年05月30日(Thu)]
 いつもはお誕生会が始まる前まで騒がしい高学年の男の子たち、どういうわけかこの日は静かに開会を待っています。そのうちに低学年の子が来たので、あわててK君が「Y、1年生を案内して」と頼みます。これまでは、高学年の子が低学年を迎えに行っていたのをすっかり忘れていたのです。「なんで俺なんだよ」と文句をいっても、「はい、こっちへ来て」と低学年の子を部屋に案内するのがY君の良いところです。

 司会の5年生 I 君が「これからお誕生会を開きます。司会は I です」と開会を告げました。
今月が誕生月なのは、4年生のS君、3年生のT君と1年生のSちゃんです。いつものように、司会者が3人に好きな食べ物や季節を尋ねた後、みんなでHappy birthday to youを唄ってお祝いしました。

 第2部はOさんの語り「ハリネズミのヘンリ」です。魔法でハリネズミにされたヘンリが、魔法を解かれるまでのお話です。ここでも高学年の男の子たち、私語もなく、全く静かです。どうなったのでしょう。

 賑やかさが戻ったのは、第3部のゲームの時です。
今回は、以前にも遊んだ風船ゲームです。班ごとに分かれて、風船に貼られた数枚のセロファンテープを早く剥がし終えた班が勝ちです。風船が破裂したらそこでゲームオーバー。

 早速、一騒動が持ち上がります。「〇〇がいない!」「△△、こっちこっち!」と班全員を集めるのに忙しい5年生N君の班、かと思うと、「Tの班4人?それなら1人やるよ」とゲームに慣れない低学年の子を押し付けようという魂胆のK君。そして風船が配られると、「青い風船が良い」と色を指定する班。ようやく風船が行き渡るとゲーム開始です。

CIMG6283a.jpg 「早く剥がせよ!」「ゆっくりゆっくり」「力を抜いて」「これ取れない!」「こんなの難しいよ」と、応援・悲鳴・抗議が飛び交います。
 初めてゲームを体験する1年生ですが、落ち着いて慎重に剥がしていきます。1回戦はどの班も風船を割りませんでしたが、一番はI 君の班で二番は4年生のYちゃんの班でした。成績発表に歓声をあげる班、黙りこくる班。2回戦で挽回を期します。

 「2回戦始め!」の合図の代わりに、職員の風船が破裂してゲーム開始。今回は時間制限があるので、誰が何枚剥がしても良いことになりました。となると、どうしても高学年が風船を独占しますが、2年生のK君は、4年生と5年生と3人がかりで頑張っています。

 窓際では、5年生のY君が立ち上がって「時間がないから俺が全部やっちゃお」と1人で風船を抱えています。バ〜ンと大きな音がして、K君たちの風船が破裂したところで制限時間となりました。「あ〜あ、あと一枚なのに」と口惜しがるY君。結局2回戦も、1回戦と1・2位が入れ替わっただけでした。

 ゲーム終了後、誕生月の3人にお祝いのカードが贈られ、もういちどHappy birthday to youを唄ってお祝いした後は、職員手作りのおやつを頂いて、お誕生会が終りました。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
6月のおはなしの会 [2013年05月29日(Wed)]
 6月のおはなしの会を次の通り開催します。ご案内が大変遅れてしまい、申し訳ありません。
今回は、長い間お休みしていた日下部さんが復帰します。ご期待ください。

   日時:6月2日(土)午後2時
   場所:こどもとおはなしの家(深谷市・上柴東小前)
   語り手と題目:
     石塚清子さん「せみになった坊さん」
     鹿島由美子さん「ねずみじょうど」
     福島千惠子さん「へそもち」
     日下部ふみ子さん「かにかにこそこそ」
     小幡洋子さん「おんば皮」
     関口敦子さん「ももたろう」        
   参加費:無料(終了後の交流会は300円、お茶とお菓子付)
   問合せ先:NPO法人こどもとおはなしの家
        電話048−574−9665
Posted by at 07:00 | この記事のURL
読み聞かせ学習会のご案内 [2013年05月28日(Tue)]
 当NPOでは、昨年に続いて「小学校での読み聞かせガイドブック」の共同執筆者である対馬初音さんをお招きし、次の通り、読み語りについての学習会を開きます。

 講座は、前回の内容を踏まえ、実践を中心としたプログラムですので、読み語りボランティアをされている方、学習に関心をお持ちの方は、ふるってご参加ください。

  期日:6月17日(月)13時〜15時
  会場:上柴公民館大会議室A(深谷市)
  講師:対馬初音
  内容:前回の読み聞かせについての内容を深める
     ・参加者が「小学校での読み聞かせガイドブック」の中から
      選書して読み語りを行い、講師が助言する。
     ・高学年のクラスで読む本またはお話の紹介
  参加費:1,000円 
  申込:こどもとおはなしの家に葉書又はFAXで申込下さい。
  主催:NPO法人こどもとおはなしの家
      366-0051 深谷市上柴町東5−18−1
      TEL/FAX 048-574-9665          
Posted by at 09:00 | この記事のURL
総会すべて終了 [2013年05月27日(Mon)]
 私事ですが、3月から続いていた総会が、5月半ばで全て終了しました。

 初めは地元のボランティアグループの総会です。10数人の小グループで、活動内容自体毎年大きく変わるわけでないので、総会後の懇談がメインです。

 2つ目は高齢者のハイキングクラブで、例会を兼ねて枯れ草の上で弁当を広げながら行いました。会員から、あまり無理をするなと労わられました。

 3つ目は、一番緊張した高齢者の“いきがい大学”の総会です。
会員半減・高齢化に伴う色々な問題が顕在化し、これからも組織を長続きさせるために大幅な構造改革と規約改正を提案し、承認を頂きました。

 4つ目は既に報告した、当NPOの総会です。

 5つ目は、前述の高齢者団体の連合会の総会です。私は代議員として出席しました。執行部に対してかなり厳しい質問が出ましたが、他団体で役員を務める立場の者として、参考になりました。

 最後は、元勤めていた会社のOB会で、一年に一回顔を合わせて懇親を深める場でもあります。顔は覚えていますが、会った瞬間、名前が思い出せない人でも、話をしていくうちに思い出す嬉しい総会です。

 最近の体調から、果たして1年後に全部に出席できるかやや自信がぐらついてきましたが、あまり無理をしないで務めていくつもりです。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
お手紙 [2013年05月25日(Sat)]
 1年生のAちゃんとH君・T君が、ディズニーランドの絵を描いています。

CIMG6264a.jpg T君が「これ、観覧車。下手だけどみんなが大丈夫と言ったのでうれしかった」とニコニコしていると、AちゃんとH君が、描いた絵に一言添えてT君にプレゼントしました。

 「みんなからお手紙貰ったんだ」と大喜びのT君、大事そうにロッカーに仕舞いました。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
校庭で [2013年05月24日(Fri)]
 初夏のような日、半袖姿の子どもが目立ちます。

 3年生の男の子は、いつものように3人でサッカーです。
校庭の中央では5年生の I 君が1年生のH君とボールを蹴りあっています。やがて3年生たちとは反対側のネットに移ってシュートの練習です。GKはH君です。
 
 I 君がボールをそっと蹴るので、1年生でもキャッチできます。次はGKを交代してH君が蹴る番です。空振りしたり、ボールがとんでもない方に行くことがありますが、I 君黙々と取りに行きます。
 クラブに戻る時間まで、いつまでも2人で蹴りあっていました。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
投球練習 [2013年05月22日(Wed)]
 5年生のN君が、筒を的にして一人黙々とテニスボールを当てています。

 大きく振りかぶって、スリークォーターから速いボールを投げます。綺麗なホームですがコントロールがいまひとつです。的を大きく外して校庭のネットを飛び越え道路にボールが飛び出してしまい、通りかかった友達に拾って貰います。

 N君が投げたボールの球拾いは、1年生のH君の役です。あっちへ走り、こっちへボールを追いかけます。N君、数回に1回はH君に投げさせてあげます。N君の半分の距離から山なりの緩いボールですが、たまには当たります。N君も段々とコントロールがついてきました。

 クラブに戻る頃には、2人に当てられたテニスボールの筒は、可哀想にぼこぼこに凹んでいました。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
monkey girl [2013年05月20日(Mon)]
 1年生のSちゃんとAちゃんが校庭でまず向ったのは雲梯です。2・3本の棒までは進みますが、腕の力が弱いので、4本目辺りで地面に落ちてしまいます。両腕で棒を必死に握ってなんとかこらえようとしますが、残念、疲れて落下。
 「手が痛い!豆が出来ちゃう!」
 「少し休んでみたら」と職員。
 「いや!」
 なかなか良い根性しています。

 落下を繰り返すうちに、少しずつ先に進むようになりました。
Aちゃんは5本、Sちゃんは7本まで進みました。この辺でやめるのかと思ったら、Sちゃん最後の挑戦で10本まで行きました!あと少しで反対側に行きます。

 それを見ていた上級生がお手本を示してくれました。最初は3年生のH君です。片手でリズミカルにひょいひょいと、しかも一本ずつ飛ばして反対側まで行き着きました。まるで猿のようです。次は2年生の番です。Sちゃんも一本ずつ飛ばして軽々と進みます。

 続いてK君。しかし見事に失敗。口惜しがったK君、「monkey girl !」
Posted by at 07:00 | この記事のURL
1年女児は元気 [2013年05月18日(Sat)]
 1年生のAちゃんが2年生のS君に馬乗りになって遊んでいます。1年女児相手に取っ組み合いするわけにいかないので、S君おとなしく、やられるままにしています。
 
 でも、Aちゃん手を緩めません。S君迷惑顔で反撃しようか迷っていると「外遊びにいくよ」との職員の声に救われました。

 校庭に行くと、この日もNちゃんが3年生のI君を追いかけています。
今年の女の子は元気な子が沢山います。
Posted by at 08:00 | この記事のURL
| 次へ