CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
高学年の男の子、サッカー断わられる [2013年03月31日(Sun)]
 3人の1年生が、高学年の女の子たちとサッカーをしています。初めて見る光景です。
 不意にボールが当たって怪我しないように、「蹴る前に『蹴るよ』と言って」と職員が注意します。

 GKは1年と3年の女の子で、横一列に並びます。まず、4年生のYちゃんがキックしましたが、ネットを大きく外しました。続く1年生S君のボールは緩いので、1年生のSちゃんでも捕れます。3人目も1年生のK君です。狙ったわけではありませんが、見事、コーナーにゴール。

 2回目のS君、今度は慎重にボールの位置を代えたり、蹴る方向を思案しています。それを見ていたGKの3年生Mちゃんが「そんなに格好つけなくてもいいから早く蹴るの!」と催促します。せかされたためか、ネットを外してしまいました。

 ここでGKが交替です。K君「絶対に守ってやる!」と張り切って、「あ、手を使った使った!」と相手に抗議します。

 遠くに転がって行ってしまったボールを追いかけるのは、どういうわけかMちゃんの役で、蹴った本人の1年生は「早く捕ってきて!」と上級生に命令しています。
 Sちゃんのシュートを、K君が倒れながらキャッチ。「K、ナイス!」と上級生が誉めます。ここでハーフタイム。

 後半が始まると、高学年の男の子たちが「入れて」とやってきました。
 職員が「あなたたちが蹴るボールは強いため、1年生が怪我するといけないので、別の所でサッカーしてね」と頼みます。いつもなら一言二言反発するのに、何も言わず、渋々ネット裏で見学です。暫らく低学年のプレーを見ていましたが、諦めたN君は鉄棒の方へ行きましたが、T君は「こっちが空いてる空いてる」と、シュートする方向を教えてあげます。

 サッカーが終って低学年が他所へ移ってしまった無人のネット裏には、未練ありげな高学年の子どもたちが、黙って座り込んでいました。
Posted by at 09:00 | この記事のURL
花粉症 [2013年03月30日(Sat)]
 クラブの児童に花粉症が猛威を振るっています。

 Sちゃんが眼鏡をしてきたので、「あれ、目が悪くなったのかな」とよく見てみると、ゴーグルのような花粉症用眼鏡でした。他にも2人使用している子がいます。

 かわいそうにYちゃんは重症です。眼鏡・マスク姿で外遊びにも行かず、一人、部屋で本を読んでいます。いつもは外で飛び回っているのに元気がありません。

 実は、もう一人被害者がいます。それは私です。
Yちゃんと同じくらいの重症患者です。うっとしい季節が、早く過ぎ去ることをひたすら待ちわびています。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
4月のおはなしの会 [2013年03月29日(Fri)]
 25年度第1回おはなしの会を次の通り開催します。

   日時:4月6日(土)午後2時
   場所:こどもとおはなしの家(深谷市・上柴東小前)
   語り手と題目:
     福島千惠子さん「鳥のみじい」
     石塚清子さん「ありこのおつかい」
     関口敦子さん「牛方やまんば」          
     鹿島由美子さん「かえるの王さま」
     小幡洋子さん「クリスマスローズの伝説」                     
   参加費:無料(終了後の交流会は300円、お茶とお菓子付)
   問合せ先:NPO法人こどもとおはなしの家
        電話048−574−9665
Posted by at 07:00 | この記事のURL
校庭で [2013年03月28日(Thu)]
 暖かになった3月の校庭では、クラブの子どもたちが思い思いに遊んでいます。

 縄跳びの縄が絡まってしまった2年女児「ねえ外して」と職員に頼みます。「知恵の輪のつもりで自分でやってごらん」と手を貸しません。

 Yちゃんが「“はやぶさ”ができるよ」というので、「はやぶさ?新幹線の?」と職員が訊くと、真面目に「違うよ、2重綾跳びのこと」。
そこで“はやぶさ”を見せてくれました。2,3回しか成功しませんが、一応できています。。

 むこうではW君と I 君がサッカーです。この日はGK役のK君が休みなので、2人でGKを交替しながら厭きもせず、いつまでも続けています。

 3年男児2人は、砂場でいまブームの穴掘り。今日は弟子はいません。

 EちゃんとMちゃんは、ずっと2人で話しこんでいます。

 GちゃんとシーソのT君。「(僕の方が重いので)足で蹴らないといけないのでくたびれる」と言いながら、それでも、にこにこしながらこいでます。

 やがて女の子たちは、校庭の周囲を走り回り始めました。

子どもたちは、思い思いに遊んでいます。 
Posted by at 07:00 | この記事のURL
穴掘り [2013年03月27日(Wed)]
 穴ほりほりほり・・・。

 3年生の最近のブームは、砂場の穴掘り!黙々と穴を掘っています。先日は、穴掘り・・・の横の木の棒ジェンガについて書きましたが、本日はメインの穴掘りについて。

 夏休みの時期の穴掘りと言えば、4年生5年生が主体で行われていましたが、最近は3年生の中でブームになっているようです。

 上級生がいると、言われるままにサポートに回るのが3年生の運命でしたが、この穴掘りでは、メインの「トンネル貫通」の作業を自分たちでやっています。
 手順は上級生のを見ていたので、予習ばっちりです。

 棒を使って土をほぐしてから手で掻き出す方が楽なこと、浅めに掘るより、面倒でも一旦深く掘ってから横に伸ばした方がトンネルが崩れにくいこと、掻き出した土はどこかに掃けるのではなく、その湿りを利用して崩れやすい表面の土に重ねて足場を固めること。

 全部上級生から、(怒られながら)学んだことです。

 今日は全学年短縮授業で早めにクラブに戻ってきたため、時間はたっぷりありました。砂場に直行した3年生のT君とM君。2人で今日も黙々と穴を掘ります。

  M君「Muさんも手伝ってよ!1時間10円で雇うから!」
  職員 「え〜それはきついなぁ」
  M君「5円でもいいよ」
  職員 「安くなってるよ!じゃあ、いっぱい掘ったら時給をあげてもらおーっと。」
  M君「ダメだよ、もう10円で契約しちゃったから」
 ・・・、なかなか厳しい会社です。

 ちなみに砂場での約束は3つ。
  ・砂を激しく掘るときは後ろに人が居ないか確認すること。
  ・使った棒や石はきちんと持ち帰ること。
  ・掘った穴は埋めて平らに慣らすこと。

 そう、最後は綺麗に埋めるのに、それでも延々掘り続けます。そんな3年生の下に今日は小さな弟子がやってきました。
 「なにやってるの〜」と覗きに来たのは1年生のO君とS君。楽しそうだと仲間に入ります。

 3年生はさっそく、1年生に指示を出します。
上級生から怒られ怒られ掘っていた3年生が、今度は1年生相手に「違うよ〜!そこちゃんと掻き出せよ〜!」と厳しい指導です。もちろん厳しさだけでは人は雇えないので、時々「OK!よくやった!」というのも忘れません。う〜ん飴と鞭の使い分け。

 しかし、3年生と1年生は、普段はいる建物も違うので触れ合う機会が少ないので、名前もうろ覚えです。
 「S、こっち手伝え!」「違うよそいつはOだよ!」「S,こっちだってば〜」「違うんだってOだよっ!」
 そんな間違いが何度か繰り返され、3年生が名前を憶えたその頃・・。

 「あれ、なにやってん?」と4年生と近所の子どもたちが寄ってきました。
「俺も掘りたい」「どこほりゃいいの?」という穴掘り初心者に対して、「こうするんだよ〜」と先陣を切ったのは4年生のY君でした。3年生の政権もここまでか?!とみていると、そこは最初に土台をつくった3年生の権力が揺るぎません。
 今回はあくまで3年生主体に、雇われ穴掘り作業員たちが動きます。最初は2人だった穴掘り組が9人の大所帯です。そこに4年生の I 君も加わって10人!

 3年生が作った2つの穴を中心に、増え続ける穴、穴、穴・・・。
穴と穴をを繋ぐ無数のトンネル、トンネル、トンネル・・・。

 頑張って掘って掘って、向こう側と貫通した時の喜びは格別で癖になります。
 「やったー!できたぞ!」「もうちょっともうちょっと!」「俺こっち掘ろーっと」「ばか,そこ掘ったらここが崩れるだろう?」大賑わいです。

 4年生のY君は土砂補正係。崩れそうな橋や、埋まりそうな穴をケアする係です。穴だらけなので迂闊に歩き回れませんが、Y君は丈夫そうな足場を見つけては飛んで移動します。

 おかげで最後には・・・・・・・なんと16本のトンネルが開通。穴の数は大小合わせて13個。
 子どもの作ったものだと侮れません。トンネルの上の橋は大人の足よりもでっかいのです。そんな橋と穴ぼことトンネルだらけの砂場。

 う〜ん、今日はよく掘った!圧巻です。
ですが、最後は勿論お約束の3つ目。掘った穴は埋めて帰ります。

 「勿体ない!」と言う子どもたちに「誰かが落ちたら危険でしょう」と諭すも名残惜しげです。
 「約束だしね。よし、じゃあ最後に自分で作った橋にそっと乗ってご覧!」
これを合図に、みんなで橋に乗って体重測定。
 大半はぐしゃりとつぶれる橋ですが、ごくまれになかなか落ちないものもあって、2人がかりでつぶします。一度壊しはじめるとそれも楽しくなったのか、「俺、犬かきで土運ぶかかり!」「じゃあ俺は平らにする〜」「俺はプレスね!」
 そんなこんなで今度は遊びながら、穴を埋め・・・。

 最後の最後は、何もなかったような真っ平らな砂場が残りましたとさ。

おまけ。

 おやつの時間。
3年生のT君に聞いてみました。
 「働いた後は格別おいしいでしょ〜」
するとT君。
 「うん。このクラブで16本って記録はある?」

 3年生主体で掘りに掘った一日。どうやらT君は誇らしげです。1年生の名前も、しっかり覚えていましたよ。                 
(Mu)
Posted by at 07:00 | この記事のURL
卒業式 [2013年03月26日(Tue)]
 春の暖かい日差しの気持ち良い朝でした。「こどもとおはなしの家」からの最初の卒業生、Eちゃんの卒業式に出席させていただきました。

 胸は期待でドキドキしていました。体育館の式場への入場から、卒業生は皆とても立派でした。4,5年生たちが拍手する中、はにかむように、誇らしげに整然と席に着いて行きます。これが昨日迄の6年生と同じ子どもたちなの?と驚きました。本当にどの子どもたちも、頭からつま先迄特別なおしゃれをしているのが分かりました。そして特別な想いを胸に秘めていることも。

 来賓の方々や校長先生の言葉、在校生の送る言葉、卒業生の応える言葉、どれも心に響くものがあり、知らず知らず涙を拭いていました。そして、この子どもたちの心に、この沢山の言葉がいつまでも残りますようにと願いました。
(O)
Posted by at 07:00 | この記事のURL
昼食後 [2013年03月25日(Mon)]
 春休み前なので学校給食は終わり、昼食はクラブで食べます。お弁当の子、クラブで用意したのを食べる子、いつもと違っておしゃべりもせず静かです。

 昼食が終ると30分ほど自由読書の時間です。

 1年生は職員が用意した本の中から選び、2年生は本棚から本を取り出すと、思い思いのスタイルで読み始めます。20分ほどすると、少し厭きてきた1年生が職員と一緒に小声で読んでいます。

 3人の2年生は、ひとつ本を顔を寄せ合って読んでいます。一人で6冊も読んだ子や、時間内に読みきらなかったので家に借りて行く子もいます。

 読書の次はおはなしの時間です。

 その日のおはなしは「ロッタちゃんのじてんしゃ」です。「寝てても良い?」と職員に訊いて、「いいよ、おしゃべりしなければ」とOKもらったので、ほとんどの子がゴロリ。
 ここでも、10分ほどすると、寝転んでいるのがくたびれたのか、身体をおこします。おしゃべりしだすかなと思ったら、前を向いて静かにおはなしを聴いています。長いおはなしが終ると「う〜ん」と背伸び。みんな静かに聴いていました。

 2冊目は短いおはなし「きつねにょうぼう」です。素ばなしでも聴いたことがあるので、「あっ知っている」と声があがります。今度は最初から最後まで正座で聴いていました。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
一人だけ [2013年03月24日(Sun)]
 気温が26℃の真夏日になった日、「暑い暑い」と言って外遊びから帰ってきた子どもたちは半そで姿です。
 長袖で出かけたので、帰ってきて半そでに着替える子もいます。

 この日、最初に出されたおやつは、今年初めてのアイスキャンデーです。「わ〜い」と一斉に手が伸びます。そして直ぐにし〜んと静まり返り、「ぺろぺろ」だけが聞こえます。

 続いて、どなたかのお土産?の五家宝、さらにあんこ玉・・・。次々にお皿に乗ります。「五家宝はどうかな?」とみていると、黄な粉が気に入ったのか、一人を除いて首を横に振る子はいません。

 次はあんこ玉。和菓子の餡が苦手の子がいますが、あんこ玉は別のようです。「もう、ないの?」と、3つも食べたのにまだ催促する子がいるのに、ここでも、一人だけ手を伸ばさない子がいます。

 2年生のH君です。

 いつもは出されたものは殆んど食べるのに、この日はどうしたことでしょう。おやつの後の掃除を終え、子どもたちがふざけあっている時も、一人、テーブルで読書です。

 別に体調が悪いようではありません。こんな日もあるのでしょうか。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
ジェンガ [2013年03月23日(Sat)]
 4年生のI 君と3年生のN君がこんな遊びをしていました。

 穴を掘るために集めてきた木の枝。砂場に建てた枝の分れ目や突起に、別の小枝を乗っけてどんどん組み立てているんです。
 最初は職員が枝がなくならないように立てただけだったのですが、気がつくとこんな遊びを見つけていました。

 どことどこを繋げばいいのか。
 この細さなら乗るかな?
 この枝は横に使った方がいい?
 縦の土台にする?
なかなか頭を使います。

 そーっとやらないと、「あー!くずれた!」
 1本乗せたのに、別の3本が衝撃で倒れました。手持ちの枝を全て使い切ったら完成なのでしょうか。延々、枝を積んでいきます。
 しかし、1本乗せては別のところが倒れ、1本乗せては倒れ・・・。苦戦する I 君。

 見兼ねた職員が「この1本はこっちに・・/」と手を出すと横の枝が倒れました。
 I 君「ほーーーらみろー!〇〇さんがたおしたぞー!」
 職員 「・・・・失敗しちゃった」
 I君「まったく。駄目だなぁ。こーやってこーやって・・・そーっと・・・そーっと・・・」
 職員 「いやいや、I 君手の下みてごらん。4本倒れてるよ。」
 N君「あはははははは」
N君大爆笑です。

 形が揃ってない自然な枝のジェンガ・・・なかなか癖になりそうですよ。
(Mu)
Posted by at 07:00 | この記事のURL
2人の名人(2) [2013年03月22日(Fri)]
 2人目の名人は、けん玉名人 I 君です。

 何しろ、高学年含めたけん玉大会で優勝した実力の持ち主です。でも、最近は他の遊びに夢中で、あまり人前で業を見せてくれません。

 いま、熱心に取組んでいるのはW君です。
K君が独楽を回している隣でけん玉を持ち出して、「もしもし亀よ♪」の練習を盛んにしています。

 この間は「もしもし亀よ亀さんよ♪」まで成功しました。「その次はなんて言うの」と訊くので、「世界の内にお前ほど♪だよ」と歌詞を教えた瞬間、顔を横に向けたので、ポロリと玉が落ちてしまいました。

 それでも懲りずに、また、やりだしました。
その内に名人の交代があるかも・・・。I 君もうかうかしておれません。

 名人位争奪戦は熱を帯びてきそうです。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
| 次へ