CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2012年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
よく似てるハンカチ [2012年05月31日(Thu)]
 校庭での外遊びのあとはおやつになるので、クラブに戻る前に、みんなは手を洗います。

 白地にピンクの柄があるハンカチを使って手を拭いている子を見たとき、「アレッ、なぜこの子が私のハンカチで拭いているのかな?」と思う。そこで、自分のポケットに手を入れると、よく似たハンカチがありました。

 クラブに帰って、おやつを食べながら熱い紅茶を飲みました。ハンカチで汗を拭いていると、隣りの子が、思わず私を見て「なんで私のハンカチで汗拭くの?」の表情をしている。

 お互いに自分のハンカチを出して、「よく似ている」と笑いあう。そのあと、ハンカチ自慢がはじまる。
「私は猫がいるのを持ってるよ。リボン耳につけてるよ〜」。

 さあ、このキャラクターハンカチは何でしょうね。来週のお楽しみ。
(5月17日、S)
Posted by at 07:00 | この記事のURL
雑巾掛け [2012年05月30日(Wed)]
 5月になったので、クラブの床のカーペットを片付けました。

 フローリングの床はとても気持ちが良いですが、床拭きが必要です。
でも、子どもたち、特に初めて床掃除を体験する1年生にとっては、新しい遊びの場です。

 大騒ぎしながらの雑巾掛けですが、床が水でビショビショなのは困ったものです。

 使い終わった雑巾を外の水道で洗って絞る役は、その日は2年生でした。おはなしの時間間際まで、丁寧に洗っていました。
CIMG4596a.JPG
洗った雑巾は重ならないようにバケツに掛けます
Posted by at 07:00 | この記事のURL
カッコウの初鳴き [2012年05月29日(Tue)]
 今年はツバメの姿を見かけないと、話題になっていますが、カッコウの初鳴きも遅いなと気にしていたら、昨日の朝、ようやく聞こえてきました。

 調べたら、昨年の初鳴きは5月23日でした。約1週間遅れです。しかも、例年、我家の近くで鳴くのに、今年は遠くから細い声で、すぐに鳴きやんでしまいました。

どうなっているのでしょうか。いつものように「おはよう〜朝だよ」と、明るい声で鳴いて欲しいものです。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
合言葉 [2012年05月28日(Mon)]
 今日は、学校から帰ってくるとすぐ、「昨日の続きを読んでね」と1年生が言ってくる。

 挨拶した後、1年生が自分から話しかけてくるようになった。5月になって1年生も、クラブの生活に慣れてきた様子。

 会うたびに「ケツダケバクダン!!」と、合言葉のように秘密にささやく優しい子がいる。 この子は、絵を書きながら、職員をみ〜んな電車に乗せて書いてくれた。

 早帰りで、もう、お家の人が迎えに来ても、職員にちゃんと「ケツダケバクダン」とささやいて帰った。
(5月15日、S)
 
Posted by at 07:00 | この記事のURL
5月のお誕生会(ジンギスカン) [2012年05月26日(Sat)]
 この日、お誕生会のハイライトは、上級生男児たちの踊り「ジンギスカン」でした。

 誰が「やろう」と言い出したのか聞き漏らしましたが、2組に分かれて、“易しい踊り”と“難しい踊り”を披露してくれました。
CIMG4558.JPG
“易しい踊り”
 会場からは、自然とハミングと手拍子が沸きあがり、広くない室内は歓声に包まれ、司会者も釣られて踊りだしました。観客は大喜びでしたが、それ以上に楽しんだのが、手をあげ、足を広げて笑い転げた踊り手です。
CIMG4564a.JPG
男の子たちの迫力ある踊り
 ひと通り踊り終わったら、「出来る人は立って!みんなで踊ろう」と、今度は観客も一緒になっての踊りです。でも、その熱気に圧倒されたのか、1・2年生は座ったままで、3年生以上でもう一曲、踊りを楽しみました。

 観客も踊り手も、全員が楽しんだお誕生会でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なぞなぞの答は次の通りです。
  1.カステラ
  2.日本人(日本語で叫んだから)
  3.踏切り
  4.食パン(耳がある)
  5.シャベル
  6.ピアノ
6班の子どもたちのうち、全問正解はひとつの班だけでした。皆さんは如何でした?  
Posted by at 07:00 | この記事のURL
5月のお誕生会(なぞなぞ問題) [2012年05月25日(Fri)]
 問題は次の通りです(実際の問題は、子どもにも読めるように「かな」書きです)。制限時間6分、さあ、チャレンジしてみましょう。答は次回のブログで。

  1.お寺を借りる時、持って行くとOKが貰えるお菓子ってなあに?
  2.世界中の人が集まった会議。突然停電がおきました。一番最初に
    「電気をつけろ!」と叫んだのはどこの国の人?
  3.通る時には閉って、通らない時には開いているのはなに?
  4.アンパン・食パン・カレーパン。このうち、人の言うことを聞くのはどれ?
  5.お話をするのが大好きな道具ってなに?
  6.真っ黒黒けのおばさんが、大きな大きな口開けて、朝から晩まで歌
    ってる。上は黒い歯、下は白い歯。ドラ声で歌ったり、きんきん声
    で歌ったり、本当に良く歌うこと。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
5月のお誕生会(なぞなぞ大会) [2012年05月24日(Thu)]
 今月が誕生月のT君とS君をお祝いした後は、“なぞなぞ大会”です。

 通学班ごとに分かれて、班長のリードで6問の謎解きです。
司会Eちゃんから、「制限時間は6分です。大きな声を出すと、隣りの班に答が分かってしまうので気をつけましょう」と説明を受けた後、さあ、開始です。

 問題用紙を床において、子どもたちは頭が触れ合わんばかりに集まって、考え込みます。
CIMG4546b.JPG
1年生も一生懸命考えています

 頃合を見計らって、Eちゃんがヒントを出します。「この問題は学校の給食の時間に放送で流れたよ、大ヒントです」。「え〜本当?覚えてない」。
 「あと1分です」の司会者の声に、K君、「賞品はでるの?」と気がかりなことを尋ねます。賞品の代わりは、手作りの美味しいおやつです。
CIMG4570b.JPG
おやつはシフォンケーキです

 制限時間が来て、問題用紙が回収され、成績が発表されました。
正解なしの班には「がんばったで賞」が贈られ、起立した1位の班は、みんなから拍手で称えられました。
Posted by at 07:00 | この記事のURL
5月のお誕生会(リボンの長さは身長) [2012年05月23日(Wed)]
 14日(月)は、T君とS君のお誕生会でした。

 これまで通り、上級生がそれぞれ役割を分担します。お迎え役のR君とT君が「俺が1年生を(会場に)連れて行く」と譲らず、じゃんけんで決めます。勝ったT君は大喜びです。でも、どうして1年生が良いのでしょうか・・・。

 会場の入口で迎えるのは男の子が5人、ずらりと立っています。中には「知らないけど、俺、立っていれば良いと言われた」と言う子もいて、入るのを一瞬ためらう下級生もいます。

 Eちゃんの司会でお誕生会が始まりました。

 T君とS君に、写真入の色紙とリボンがついたペンダントが贈られました。Eちゃんが「リボンの長さは2人の身長です」と説明すると、「わぁ〜」「いつ測ったの?」と歓声が上りました。

 良いもの頂きましたね。来年のお誕生会では、リボンを作り直さないといけませんね。
CIMG4572b.JPG
Posted by at 06:00 | この記事のURL
生まれた!生まれた! [2012年05月22日(Tue)]
 少し前から、クラブの新棟の玄関に、小さな虫かごが置いてあります。
その中には、4年生の男児が校庭で見つけた“カマキリの卵・・・”らしきものが入っていました。

 一本の枝に固まった薄茶色の泡。校庭に遊びに行った時に発見したものです。クラブに戻る間際に「もう生まれた後かな?」と持ってきた子どもからその枝を見せてもらい、覗き込むと、卵の底に生まれた様子はなく、「まだだと思うよ」と告げると、早速虫かごに入れて「育てよう!」と意気込んでいたのが4月のことでした。

 それから数日は、学校から戻るなり「生まれたかな?」「まだ生まれてないね」と言う会話が玄関の虫かごの前で繰り広げられたのですが、暫くすると、うんともすんとも言わない卵に、「もしかしたら生まれないのかもしれない」という諦めムードが漂いはじめ・・・。
 何より、卵には世話の仕様がなく、ほったらかしになってしまいました。

そうして先週末、掃除をしていた職員が、ふと虫かごを見ると何やら黒い虫が数匹・・・。

 「カマキリが生まれた!・・・」と思ったのですが。

 なんとそれは、羽のついた別物の虫。
もしかしたらカマキリの卵ではなかったのか、それとも駄目になってしまったのか。とにかくこれはもう捨てるしかないかなと、玄関から外のバルコニーに出しました。
 
 「週があけたら子どもたちと相談しよう」、そう思っていました。
しかし、月曜日に、学校から帰ってきた子どもたちが何やら外で大興奮。
何かなと思っていると「カマキリが生まれてる!カマキリが生まれてる!」と言う声が!
 見ると、確かにカマをもった小さなカマキリたちが沢山!

 赤ちゃんカマキリをどうするのか。今度、みんなで改めて相談してみようと思います。
(5月14日、Mu)
Posted by at 07:00 | この記事のURL
金環日食見ました! [2012年05月21日(Mon)]
 いつもは、過去の記事が殆んどですが、今日だけはほやほやのニュースです。
 
 金環日食を見ました!

 朝食の後片付けをしていると、自宅前の道路が騒がしいので窓越しに覗くと、近所の子どもたちとお母さん方が東の空を見ています。「そうか、金環日食だ」と、グラスを手に外へ出て、一緒に日食を見ました。

 リングの時間を少し過ぎていましたが、それでも、一部が欠けた輪をばっちり見ることができました。 オレンジ色のとても綺麗な輪でした。

 子どもが「これを見て」とノートを出すので見てみると、日食の始まりから終わりまで、時間を追って変化する様子が記されていました。
 素晴らしい記録です。

 なにか、幸せになった気分です。
Posted by at 09:00 | この記事のURL
| 次へ