CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
小さな助手 [2012年01月31日(Tue)]
 1月21日(土)、3ケ月ぶりの定例ヨーガの後のお茶の時間に、E ちゃんが温めたマカロニに黄粉をまぶしたのをご馳走してくれました。
 ヨーガの参加者は「美味しいわね」とお代わりをしたそうでした。

 その後、PC使った、新着本の図書目録作成でも、E ちゃんが手伝ってくれました。
はじめはラベル貼り、そして数字の入力だけでしたが、「文字入力もやってごらん」と言うと、ためらっていましたが、興味を持ったのか、キーを打ち始めました。

 ローマ字入力を時どき間違えますが、次第に慣れて、カタカナ変換もマスターし、お陰で、予定した仕事が時間内に終りました。

 お手伝い、ありがとうございました。
Posted by at 09:00 | この記事のURL
雪の日のカルタ大会 [2012年01月30日(Mon)]
 朝から初雪です。ちょっとドキドキ、雪で遊べて嬉しい。昼過ぎには小雨となって、外遊びに行けません。

 さあ、けんだま大会、お手玉、かるた大会のはじまり。
なにやら、1位から3位までは、賞品が出る様子。先日のお誕生会でのカルタでは3・4年生もいたが、今日は、1・2年生のみ。どうなるかな。

 手をひざに置いてカルタが始まりました。途中で「あ〜だめだ」と諦める2年生。「最後まで諦めない」と励ます。
 
 なんと優勝は、お誕生会のカルタでは1枚も取れなかった、1年生の男の子だった。よかったね。リベンジ成功。

 次のけんだま大会は、以下の通りでした。
   優勝 26回 2年男児
   2位  23回 1年男児
   3位  16回 2年男児2人
 普段の練習の成果がよく出ている。

 お手玉は最近始めたので
   優勝 16回、2位 15回、3位 11回
 K君のおばあちゃんに、お手玉3個を見せてもらったね。みんなも、2個から3個へ進みましょう。
(1月20日、S)
 
Posted by at 08:52 | この記事のURL
百升計算 [2012年01月28日(Sat)]
 いつものように、2年生は宿題の百升計算から始めます。

 ストップウォッチを持った職員が「よ〜い」と声をかけると、「まだだよ、みんなが揃ったことを確かめるの!」と、児童から注意されました。よくみると、まだ、名前を書き終えていない子がいます。

 暫らく静かな時間が過ぎると、「終った」とあちこちから声が上り、職員がタイムを告げると、「やったあ!3分切った」と歓声をあげる子がいます。

 足し算・引き算・掛け算といろいろありますが、「俺は引き算より掛け算の方が早くできる」そうです。九九を暗唱しているので、そうかもしれません。

 宿題を早く終えた1年生たちが隣室で騒いでいると、2年生が「うるさい!静かにして!」
 2年生の宿題はまだまだ終りません。
Posted by at 08:00 | この記事のURL
標本作り [2012年01月27日(Fri)]
 私が部屋に入るなり、昆虫が好きなM君が「ねえねえ、見てみて」と一枚の紙を持ってきました。
 
 何かなと見ると、一匹の虫がセロテープで止められています。「ん?」とM君を見ると、「標本」。なるほど、ピンの代わりにセロテープを使った、虫の標本です。

 「この虫はなに?」と訊くと、 学校の図書室で捕まえた“アブ”だそうです。

 それを見ていた3年男児たちが、標本作りをはじめました。紙コップに糊を大量に入れて
  「早く糊をかき混ぜろ!」
  「固まるよ」
  「あと数分待つだけ」
 
 K君とN君が大騒ぎしている傍らで、Y君が静かに紙を切っています。「君は作らないの?」と尋ねると、「俺がやると変なのになっちゃうから、手伝いだけ」。
 製作中の2人に、「標本にする虫はどこにあるの?」と訊くと、「これから」。まず、入れ物の用意から始めるとは、準備周到です。標本の対象は昆虫と植物だそうです。

 どんな標本ができるのでしょうか。本棚には昆虫図鑑があるので、しっかり調べて作ってください。
 それにしても、随分散らかしたものです。

Posted by at 09:15 | この記事のURL
全員でおやつ [2012年01月26日(Thu)]
 おやつの時間、いつもは1年生と2年生が別々ですが、その日は、テーブルが1台具合が悪いので、3台を繋いで、1・2年生16人がテーブルを取り囲みました。

 大勢で座るので少し窮屈ですが、「もう少し詰めてあげて」「ここの間に座ったら」と、お互いに声を掛け合って譲り合い、全員が座りました。

 普段と違って、全員が集まってのおやつなので、いつも以上に和やかな雰囲気です。
 
 テーブルが壊れるのも、いいですね。
Posted by at 08:00 | この記事のURL
目だけで話す [2012年01月25日(Wed)]
 本読みが始まった。口をモグモグ、クチャクチャしている2年生がいるぞ。

 「口の中に何が入っているの、さっき配った飴?」とジェスチャーを混ぜて訊くと、「うん、そうだよ」と頷く。「あと何?」「うん、もういいよ」と、まあ、こんな会話ができた。心が通じたような気がした。

 本読みは10分間。「おはなしばんざい」が良く聴けた。
(S)
Posted by at 08:41 | この記事のURL
24年度入室説明会開催 [2012年01月24日(Tue)]
 NPO法人こどもとおはなしの家では、放課後児童クラブの平成24年度入室説明会を次の通り行います。

  日時:2月5日(日)、午前10時
  場所:こどもとおはなしの家
      深谷市上柴町東5−18−1(上柴東小、南向かい)
  問合せ先:電話048−574−9665 
  他:お子様連れでお越し下さい。筆記具持参。
Posted by at 08:23 | この記事のURL
足が出た [2012年01月23日(Mon)]
 大きい子とぶつかって怪我した子は、一日でずいぶん腫れも引いて、カサブタができたので、痛そうなのも減った。

 「転んだら先に手を出そうよ」と言うと、「手を出そうと思ったら先に足が出た!!」??という事情でした。

 病院でレントゲンを撮って、「大丈夫」とお医者に言われたと教えてくれた。
やれやれ一安心です。
(S)
Posted by at 08:05 | この記事のURL
2月のおはなしの会 [2012年01月22日(Sun)]
 2月の定例おはなしの会を次の通り開催します。今回は、会始まって以来初めて、語り手が6人です。たっぷりとおはなしをお楽しみ下さい。

 練習のため、初めてお話しする方がおります。お気軽にお越し下さい。

   日時:2月4日(土)午後2時
   場所:こどもとおはなしの家(深谷市・上柴東小前)
   語り手と題目: 
     関口敦子さん「三枚のお札」
     持田智子さん「ねずみのすもう」
     鹿島由美子さん「おおかみと七匹のこやぎ」
     玄地泉さん「牛方とやまんば」 
     因藤淳子さん「小石なげの名人タホカム」             
     福島千惠子さん「ラプンツェル」     
        
   参加費:無料(終了後の交流会は300円、お茶とお菓子付)
   問合せ先:電話048−574−9665
Posted by at 07:20 | この記事のURL
将来の夢は? [2012年01月21日(Sat)]
 1月のお誕生会で、1月生まれの私と職員Oさんも、2人の児童と一緒に祝ってくれることになりました。

 司会の児童が2人にいろいろ質問した後、私に「将来の夢は何ですか?」と訊いてきました。「えっ、将来の夢!」「そろそろお迎えが来るこの歳で将来の夢!」

 暫し答に窮しましたが、100歳になっても活躍されている方がいることを思うと、私など、まだまだパリパリの現役です。正月の門松を見るたびに、冥土の旅がまた一里近づいたと時たま考えることがあるこの頃、それを吹き飛ばしてくれる、明るい質問でした。

 幾つになっても、夢を持ち続けることの大切さを教えてくれた質問でした。ありがとう。
Posted by at 08:11 | この記事のURL
| 次へ