CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもとおはなしの家

 NPO法人こどもとおはなしの家では、次のような活動をしています。

  *放課後児童クラブの運営 
  *交流事業 
  *学習会 
  *相談・情報提供
  *講師派遣 
  *調査・研究 


プロフィール

特定非営利活動法人こどもとおはなしの家さんの画像
<< 2011年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ohanashinoie/index2_0.xml
冷や汗たらたら [2011年07月20日(Wed)]
 クラブの子どもたちを前にして、初めて読み聞かせをしました。
読み聞かせのなんたるかも知らず、練習をしたこともないので、「絵本を読んであげた、いや読んだ」と言う方が正しいかもしれません。

 その日、職員から「子どもたちに“じいちゃんのよる”を読んであげて下さい」と言われ、本の内容から「男の私が読むのもまあいいか」「読み聞かせの基本は知らないが、一生懸命やればなんとかなるさ」と安請け合いしました。

 いざ、始めようと前を見渡すと、沢山なつぶらな瞳、興味津々の顔々、し〜んと静まり返った部屋。まず、ここでどぎまぎ。本を持てば「見えな〜い」、頁は飛ばすし、読むスピードも一定でない等々しどろもどろの連続。終った後は冷や汗たらたら。

 拙い読み聞かせでしたが、ひどいブーイングがなかったのは、子どもたちからの武士の情けかもしれません。
 それにしても疲れました。

Posted by at 08:08 | この記事のURL
おはじき [2011年07月19日(Tue)]
 その日は、児童全員が午後2時で下校でした。

 クラブに戻るなり1年生がおはじきを始めました。
私に「おはじきできるの?」と訊くので、「無論できるよ、君たちよりずっと上手だよ」と威張ると、「本当?じゃあ、やろう」となりました。

 子どもの尊敬を集めるには結果が肝心と、手抜きはしませんでした。昔取った杵柄、当然、私がだんとつ1位で、2位はYちゃん、3位は男児たちでした。

 Yちゃんが私の指の使い方に興味を示したので、人差し指一本でやるより、親指と人差し指で輪にして親指で弾く方が、確実で遠くまで飛ぶことを教えてあげました。

 やがて子どもたちは外遊びに行きましたが、お迎えが早いSちゃんと私が、クラブに残りました。
 さて、なにして時間を過ごそうかと考えていたら、Sちゃんがおはじきを持ち出しました。先ほどは加わらなかったので、やりたいようです。

 今回は1:1なので、少し手加減しましたが、案外上手で、一勝一敗になったところで、保護者がお迎えに来ました。
Posted by at 08:10 | この記事のURL
7月のお誕生会 [2011年07月17日(Sun)]
 7月から、お誕生会の進行役を上級生の女の子が務めることになりました。

 1・2年生を会場に迎えるのは、NちゃんとYちゃん、司会進行は、EちゃんとSちゃんです。

 7月が誕生月の3人、Sちゃん・Yちゃん・I 君が前に出、子どもたちが静かになったのを見計らって、司会者が3人にクラスと名前を尋ねます。みんな、元気な声で答えます。

 いろいろ質問したあとは「Happy Birthday to you」の合唱ですが、今回は、司会者が演奏するリコーダーにあわせて、全員で合唱しました。子どもたちは、伴奏つきなので、今まで以上に大きな声で3人のお誕生を祝いました。

 学校で習ったリコーダーを取り入れるとは、Eちゃん・Sちゃん、良いアイディアですね。

 これから、上級生たちがどんな誕生会を計画するのか楽しみです。
Posted by at 10:48 | この記事のURL
動きが遅い! [2011年07月15日(Fri)]
 8日(金)、学校のグラウンドに着くと、Eちゃんから「バスケットボールをしよう」と誘われました。
 サッカーより激しいのでどうしようか迷っていたら、Sちゃんが「おじさんでは・・・」と不満そうな表情を見せ、チームメートのNちゃんまで「いやだぁ〜」と同調します。

 「失礼な、やってみないとわからないよ」と始めましたが、4・5年生にもなると動きが敏捷なのでついていけません。のろのろしていると、Sちゃんから「遅い!」と叱られてしまいました。
 結局2:1で負けました。

 「やれやれこれでお役ごめんか」とほっとしていたら、休む間もなく、今度はサッカーをしようと言い出しました。数人ずつでやるなら、プレーせずに立ったまま休むことも出来ますが、2人ずつのゲームではそうもいきません。

 炎天下、10分ほど走り回りいささかくたびれた頃、職員の、「近くの公園でおやつの時間よ」の声に救われました。
Posted by at 06:30 | この記事のURL
クワガタ [2011年07月14日(Thu)]
 8日(金)は、久しぶりに、一日、上級生と付き合いました。

 男の子たちが昆虫に夢中なことは以前にも書きましたが、今は、クワガタです。
下の写真は、「ぜひ、ブログに載せて」とのM君の強い希望です。

 児童は優しいので、昆虫を暑さから守るために傘で虫かごを覆ったうえ、Y君はジョウロで水をかけてあげます。朝顔の水遣りよりクワガタが先です。

 シャツに止まらせて「勲章だ」と得意顔のN君、近くの木の上の方に止まらせたら「ありゃ、下に降りてきちゃった」とびっくりしたM君。


 屋内に戻ってM君が昆虫図鑑を読み終わったあとも、Y君が続いて読みます。どこまでも、“昆虫”ずくしです。そこで一句

  クワガタの 大きなはさみ  かっこいい    N君の作です。
Posted by at 08:00 | この記事のURL
ドッヂボール [2011年07月13日(Wed)]
 1年生が3人でドッヂボールをしています。

 そこへ4年生のR君が「僕も入れて」と声をかけると、1年生たち「いいよ、足りなかったから」とOKしました。
 さらに、1年男児と2年男児が「入れて」と加わりました。最後に入ったのが、4年男児と5年女児。

 大勢になったので、動きが激しくなり、声も飛び交うようになりました。
途中から入った1・2年男児たち、さっそく「あたり!」で外野へ。

 ボールを支配するのは、どうしても上級生の男の子ですが、4年男児、ボールをとっても、相手チームの1年男児に緩いボールを投げて、何度もボールを取らせました。 
 他の上級生も、本気になって下級生を追い詰めません。下級生も機敏に逃げます。

 下級生にキチンと挨拶し、弱い者を思いやる気持ちを育てそして下級生の運動能力を鍛える、楽しみながら遊べるドッヂボールは、とても素晴らしいゲームです。 
Posted by at 07:37 | この記事のURL
朝顔が咲きました [2011年07月12日(Tue)]
 クラブのプランターに植えた朝顔が、5日(火)、3輪開花しました。

 日よけ用朝顔の発芽が心配されたので、プランターでも育てていたのが先に咲きました。
 
 このままでは伸びていく所がないので、クラブ入口に移して、訪れる皆さんに楽しんでいただくことにしました。
Posted by at 11:43 | この記事のURL
学校から帰るなり [2011年07月11日(Mon)]
 学校からクラブに帰ってくるなり、1年生が始める遊びの最近の順位は、次の通りです。
  1.折紙
  2.お絵かき
  3.ブロック組立
  4.将棋
  5.トランプ
  6.双六

 その日も、SちゃんとH君は折紙、T君とI 君はお絵かき、W君とK君はブロック組立、Yちゃんは職員とオハジキ、HちゃんとRちゃんははしゃいで室内を駆け廻っていました。

 Sちゃんは、すらすらと“ダブルアイス”を作り、職員に壁に貼って貰いました。

 H君は、チューリップとそれを挿す花かご作りに苦戦し、とうとうギブアップ。

 T君とI君は愛犬の絵を書いています。名前は“こはるちゃん”と、“えいと”だそうです。


 オハジキには、絵を書き終わったI 君たちが加わり、賑やかです。

 2年生が学校から帰って来て、全員でグラウンドに遊びに行くまでの時間を、それぞれ、思い思いに楽しんでいます。
Posted by at 08:25 | この記事のURL
海釣り [2011年07月10日(Sun)]
 新棟の玄関では、いつものように上級生が虫籠の虫と遊んでいます。クワガタ、蟻、カマキリのほかに、最近は、蜘蛛をせっせと探しています。

 ハナミズキやキンカンの木、そして隣家の植木にまで手を伸ばして、巣くっているのを小枝で巣ごと捕まえます。

 見ると、とても小さな蜘蛛が一匹います。M君、そこへ蟻を一匹置きました。どうやら、蜘蛛の餌にするようですが、蟻の方がとても大きいのでちょっと無理です。

 しばらくは蜘蛛探しが続くようです。

 暑いので屋内に入ったら、K君が虫探しをせずに釣りの本を読んでいます。以前、ビオトープの池で、枯枝を餌にしてザリガニを捕まえようとした太公望のK君、釣りが好きなようです。

 早速、私に質問を浴びせます。
  Q「釣りをしたことある?海釣りそれとも川?」
  A「海で釣ったことがあるよ」
  Q「浮きはどんなのを使ったの?丸いのそれとも細長いの?」
  A「細長かったね」
  Q「竿は?餌は?」
  A「餌はゴカイ。知ってるかい」
 ようやく、私が質問する番が来たので「釣りをしたことあるの?」と訊いたら、「うん、防波堤で釣ったことがあるよ。今度の夏休みに海釣りに行くの」と、うれしそうに答えてくれました。

 さて、どんな魚を持ち帰ってくるでしょうか。楽しみにしています。
Posted by at 08:19 | この記事のURL
ドミノ倒し [2011年07月09日(Sat)]
 学校菜園で採れたキューリとナスが、4日(月)に、まず、I ちゃんのクラス全員に配られましたが、I ちゃんは、2本のキューリの内1本を、お母さんの好きなナスに代えてもらったそうです。

 わが家の家庭菜園のキューリは、畑が離れていることもあって管理が行き届かず、時には、大根のように太いものが採れますが、児童たちが毎日見守っている学校のキューリは違います。

 そのI ちゃん、1年男児と女児3人で、ドミノ倒しを作っています。
「さあ出来上がった」と、W君が1つめを倒しました。見事に全て倒れましたが、不思議なことに、二方向から倒れていきました。


 よくみると、ドミノを作る際楕円形にしてしまったので、始まりと終わりが重なってしまったため、二方向から倒れたのでした。
 でも、これは大人の発想です。これはこれで面白かったです。


Posted by at 06:39 | この記事のURL